劇空間 徒然模様

「劇空間ホームシアター」500,000ヒット記念大抽選会 結果発表!
0
    「劇空間ホームシアター」500,000ヒット記念大抽選会 結果発表!
    多数のエントリーの御参加をありがとうございました。
    厳選なる あみだくじ の結果、

    ●一等賞 「国内アマゾンのギフト券5000円分」の当選者は、
    エントリー番号【12】のジバゴさん


    ●二等賞 「国内アマゾンのギフト券4000円分」の当選者は、
    エントリー番号【24】の sariさん


    ●三等賞 「国内アマゾンのギフト券3000円分」の当選者は、
    エントリー番号【28】のAKAGIさん


    御当選おめでとうございました!。
    賞品発送を御説明したいので メールにて御連絡ください。
    メールアドレスは この記事の一番目のコメントに入っています。
    ただしジバゴさんは存じていますのでそのまま お待ち下さい。

    後、落選された皆様 残念でございました。これに懲りずに運を御磨きください。
    これからも「劇空間ホームシアター」を宜しくおねがいします。
    それと「劇空間」の意味ですが 「劇的に変貌する空間」という意味です。

    | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:51 | comments(46) | - |
    500,000ヒット達成しました!(抽選会エントリー会場はここ)
    0
      毎度 ありがとうございます。管理人のモリヤンでございます。
      2000年の3月から始めましたホームページの「劇空間ホームシアター
      念願の500,000ヒット達成しました!、最近はブログばかりに力を入れて
      表のホームページの更新はホッタラカシになっているのにもかかわらず
      多数の御訪問をありがたいと思っています。区切りあるごとに御話する
      のですが 私がホームページや掲示板、ブログを始めた切っ掛けは
      同じ趣味を持つ同士の方との交流を切に望んだからに他なりません。
      御陰さまで全国つつうらうらの方々に可愛がっていただき仲良くさせ
      ていただくまでになり 続けてきた甲斐があった と感慨に耽っております。
      どうぞ これからも命の続く限りAV道を邁進いたしたく希望いたします、
      これからも どうか このAVバカを見捨てないで 御付き合いくださいませ。

      そこで 何なんですが500,000ヒットを記念して モリヤンからささやかですが
      いつも御覧頂いている皆さんにプレゼントとして国内アマゾンのギフト券(コー
      ドとなります) を抽選(あみだ)で三名様に進呈させていただこうと思います。
      どなたもエントリーしていただいたらカウントしていきますので 文面に
      「エントリーします」と書いていただければ幸いです。どしどし御参加ください
      、三人しかエントリーが無い場合 それで決定してしまいますので どしどし
      ご参加ください(笑)。で 賞品は、、
      【賞品】
      ●一等 「国内アマゾンのギフト券5000円分」
      ●二等 「国内アマゾンのギフト券4000円分」
      ●三等 「国内アマゾンのギフト券3000円分」

      〆切は3/23(日)の午後0時 発表は3/23(日)の夜、発送はメールにて24日以降
      となります。なお エントリー時にメルアドの提示は結構です 当選者の方だ
      け後ほどメルアドの確認をさせていただきます。うーん おれも 欲しい〜っ(爆)。

      (注)
      御祝いの言葉に「エントリーしない」という意思表示以外の方は「エントリー
      された」と認識してカウントさせていただきますので宜しく御願いします。

      | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:16 | comments(39) | - |
      謹賀新年
      0





















        明けましておめでとうございます。今年も宜しくおねがいします。
        (上の写真はうちの渡り廊下に追いやられたがきつちり保管しているDVD群、今年は
        良い出来な物の再生にもきっちり対応したいと考えている、まだまだ使える)

        今日から業務再開。商売人は元旦しか休めない。これが性というもの。

        昨日の元旦は呑んだ〜っ。朝から発泡酒、チューハイ、ブルーハワイ(こんなのが
        あるのやね(?) サントリーオールド水割り、等など こんなに呑んで大丈夫だろうか?。
        と言っても後の祭り 今日から平常心で元の食生活に戻す事に決めた。正月 めちゃ
        やったら後の数ヶ月後を引いて体調不良が長引いてしまう体験は昨年体験済みだし。

        昨日は息子に宣言したように「映画鑑賞デー」にした。午後から先に手に入れた
        北米盤クライテリオン「椿 三十郎と買ったまま見ていなかったBD「レミーのおいしい
        レストラン」を家族三人で見た(家族四人なのに何でいつも三人なんだろう)。
        「椿 三十郎」は数年ぶりに見るが「シナリオ良い」「殺陣良い」「役者良い」良いとこずくめ。
        画質音質も現在最高のレストアを施した芸術品。映画史に残る 物語の最後の決闘シー
        ン。これは改めてみたが2人が剣を抜くまでの間が「怖い」。息子が感激して特典映像
        のメイキング(これがまた高画質)で出てきたこのシーンを観るときに何秒かかるか
        計ったら「25秒かかってる」と言っていた。このシーンだけでも凄い!そして三十郎
        が言う「良い刀はあの奥方が言ったようにちやんと鞘に入ってるものだ おまえたちも
        一生鞘に入った刀になれよ」そして このシリーズの名台詞「あばよ!」ジャーン。
        「かっこええ〜っ、最高!」見ていた家内も言っていた「凄くかっこいい」と。
        で 考えた この役は亡き三船氏しか絶対にできない、リメイクかなんか知らないが
        あんな軽いイメージの役者には出来ない。三十郎の回転の速い頭の良さとミステリアスな
        過去と剣の腕前は鍛錬され骨格のガッチリした体型でないとあのアクションは出来ない。
        それと殺陣の速い動きに対応できる身のこなしが天才的である。あのひとは凄い!。
        監督も凄いが三船敏郎も凄い!。あー正月から良いものを見た。満足。

        レミーのおいしいレストラン (Blu-ray Disc)
        レミーのおいしいレストラン (Blu-ray Disc)

        で、その後「レミーのおいしいレストラン」 を見た?のだが、、、また寝てしまった(汗)。
        何でなのだろうか?最近のディズニー物を見ると途中で眠たくなる。それも日本語LPCM。
        ブエナのLPCMには眠気を誘う何かがふくまれているのだろうか(爆)。今日 家内に感想
        を聞くと「なかなか良かった」と言っていた。と同時に私はいびきをかいて寝ていたらしい
        。ま、朝から大分酒を飲んでいるので しかたがないかな?。で、感想が書けない。

        追伸。「椿 三十郎」は東宝から1962年1月1日に公開された(お正月映画)らしい。
        奇遇にも46年たった2008年1月1日に我が劇空間にて上映したことにもなる。
        「私の名前は椿 三十郎、そろそろ しじゅうろう ですが」。
        | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 09:51 | comments(12) | - |
        讃岐爆音ツアー
        0
          昨日は約一年ぶりに仕事を休んで徳島県の隣街にあたる香川県のオーディオ
          フアンの御宅を訪問した。徳島からはモトさんとの同行であった。















          まず香川県坂出市に御住まいのタンバさんの御宅へ。
          こちらへ伺うのは実は二回目である。2年ほど以前に伺った時 タンバさんは
          アキュフェーズのパワーアンプとCDプレーヤーを直結なさってヤマハの70年代の
          SPを御使用になっていたように記憶するが 二年後の現在のシステムはSPがヤマハ
          の70年後半のモノながらCDTもDACもプリ、パワーAまでSATRIブランドで
          統一なさっている。この配置の様子は精悍であった。

























          二年前のタンバさん宅の音の印象としては 頬に痛い 感じのかなり硬い音だったと
          記憶したが今回色々聞かせていただいて過去のイメージがかなり解れた音質になったなと
          感じていた。何故なら 一曲メに聞かせていただいた女性ボーカルの音質に違和感を
          覚えなかったのが妙に不思議だったのと私が持参したCDの高域部分の特性も違和感
          の無いすーっと伸びる質感を覚えたからである。定位感や分解能も70年代後半に
          製造されたSPとは思えないほどハッキリした音像として感じられた。これはSATRI
          のCDTとDACによる恩恵が目に見えているのだとも感じられた。かなり手の込んだ秘密
          兵器を手に入れられたのだな と密かに感じられた。またパワアンプ部の抵抗を換えると
          音の余韻に差が出てくる実験も聞かせていただいたが SATRIはこの辺でもユーザ
          ーに音質のカスタマイズを開放しているのだな と感じていた。タンバさんは爆音家で
          有名な方で私が持参したJAZZモノを大音量で掛けていただいたが 皆の噂に反して
          妙に この音量が私には爽快に感じたが 後々 この爆音が体全体を痛めつけていたと
          感じ始めたのは 帰宅した後であった。ただ 床も盛大に振動しているのにもかかわらず
          床置きのタオックのボードの上のCDTを触っても制振されている心遣いは 実はデリケートな個性を御持ちだな なんて意外だったりした。タンバさん ありがとうございました。

          続いて午後から伺ったのは もう御付き合いして七年以上にもなる善通寺市に
          御住まいのkin-yaさんの御宅。kin-yaさんの素晴らしい所はオーディオだけでは
          なくAVにも絶えずチャレンジされているところで その高級感あふるるセンスには
          皆 脱帽である。













          オーディオシステムとしてはSPがPCM MB1、プリとCDTはエアー、DACはハイエンダー御
          用達の超高価なPLATINUM DAC掘▲僖錙璽▲鵐廚魯レル350W。

          まず いつもの様に三菱の三管とパナのBDレコーダーのコンビでBDのイノセンスの序盤を
          見せていただいたが バトーが回し蹴りを食らって次にシヤッターへ殴り返すサラウンド
          の低域が すごい! この低域は家では出ない。なんとkin-yaさんはSWは使ってないのだ。なのに高分解能な低域がPMCからは出てしまうのだ。この分解能だけはKEFの上級機
          でも太刀打できない。いつまでたっても追いつけない くやしい部分である。
          だが?昨日のあの音はLPCMだったのだろうか?。kin-yaさんは海外製のAVプリを御持ちだが
          6Ch分のアナログ入力は備えてあつただろうか?。もし あれがただのDTS音声だったら
          余計に凄いことになってしまう。流石 PMC+クレルのハイパワーだ!。
          その後 色々な音楽を聞かせていただいたが 私にはkin-yaさんのシアターには やはり
          女性JAZZボーカルが一番似合うように感じられた。高級なラウンジを感じさせる照明
          と音の演出はkin-yaさんのシアターの醍醐味だと訪問させていただく度に感じてしまう。















          最後にクレルのパワーアンプがA級駆動の350W出力と聞いて もう一段驚かされ その
          下にしかれているボードが一枚三十万と聞いてもう二段驚かされ スカイラインの本物
          を多数御使いで これでもか とまでも高級ルームアコースティク材が鎮座している
          光景を眺めては溜息が出て 徳島への帰途についた、、、あ〜っ 疲れた〜っ。
          モトさん おつかれさまでした。 また 行こうね?。
           
          | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 16:56 | comments(5) | - |
          ウッドブラインド登場 2
          0
            Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer
            Autumn Leaves: The Songs of Johnny Mercer

            >旨く行けば 我が劇空間で音楽のみ聞きに来て頂く方々は もう あの
            >でかい白いスクリーンを目にすることは無くなるだろう。

            昨日書いた文章である。昨夜ウッドブラインドを110インチの真っ白い幕面上に
            覆いかぶして 女性ボーカルの ジャシンサの「枯葉」を聞いてみた。私の予想では
            使用前より解像感が上がるはずだったのだが、、、結果から先に話すと「モリヤン
            大失敗の巻」である。アルバムの一曲目からジャシンサの声がど真ん中に定位しない。
            声がどういう訳だか左に偏っており向って右側のKEF203の情報量が低下している。
            こういうチューニングって時間をかけたらどうにかなるモノではなく第一印象で
            決める物である。この音場は あきらかにオカシイ。念のためパワーアンプのP-5000
            二台の計器を見たが両方から音は出ているし 右側のスピーカーに近寄っても音は
            出ている。めんどくさいので 全部取り去って もう一度音を出してみた。
            もう一度 結果から言って何も覆わない状態の音のほうがいい。
            ジャシンサの歌声は中央にちゃんと定位し 解像感や奥行きも先程よりは
            かなりよくなった。あちゃーっ 大失敗。18000円がパーか?と悩んでいると
            家内が「ここの通販は返品が効くよ?」との話。あー良かった 早速 返品の手続き
            をとりたいと思う。18000円あればCDが何枚買えて助かることだろうか、、、






















            話はがらりと変わるがXBOX360のアジア盤Call of Duty 4: Modern Warfareの予約が
            プレイアジアで始まり 早速予約した。同時期にUBIもWW曲のFPSを出すそうで
            それのアジア盤の予約も始まっているのだがプレアジの場合 遅い方の発売日
            以後にまとめて発送される形式だから もしどちらかが延期にでもなったら 元も
            子もないのでプレアジではCall of Duty 4のみの予約としておく。しかし 何だな?
            あれだけ近代戦や未来戦に偏っていたUBIがWW曲を出しWW鏡錣吠个辰討いCall of
            Duty シリーズから近代戦が出てくるとは。それも新鮮味があって いいかもしれないな
            ?。どちらにせよ初冬の発売らしい。
            | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:32 | comments(8) | - |
            ウッドブラインド登場
            0










              うちのオーディオ環境は 以前(移設当初)に比べると断然 良い音になった。
              と思っているのだが 後 もう少し前方の解像感が欲しい、、、と言うのも
              以前 香川のハイエンダーのKin-yaさんにもご指摘、御指導いただいたように
              110インチスクリーンを固定してしまっているので その幕面による間接音の反射
              が混雑しているのではないかという疑念は払えないでいる。で ブログには書いて
              いなかったがこの数ヶ月色んな素材を使ってスクリーン面に覆い被せたり 麻生地の
              ロールカーテンを購入して貼り付けて反射音を吸収するような工夫もしてみたが
              麻生地の場合 かえって逆効果でボーカル等はエネルギー感の減少に繋がってしまった。
              とにもかくにも スクリーン面以外では 硬いパイン材を高さ90センチに切って両翼
              の部屋の隅に立てかけその上から暗幕を被せるようにしたら 見事に低域の量感が
              聞きやすくなって効果を得られたのだが この幕面対策は どうしようもなかった。
              以前購入していた雑誌「ステレオ」の臨場感を出す工夫のページで ウッドブラインド
              が有効だと書いてあったのを思い出し 少し高価になるけれども 幅1m30cm程で
              高さ1m80cmの物を二組注文したのが今日届いた。材質が「ステレオ」に取り上げられていた
              ものと一緒のバスウッド材を使っているようで材質には不安なしである。
              この二組を固定された110インチスクリーンの上から覆いかぶすように吊り下げるのだ。
              幕面を痛めないように スクリーン面より約15cm浮かしてブラインドが動くように
              数日前から下準備は終えているのだが 結構このブラインドは重たい。
              プロジェクターを使う時は ブラインドを上げ 音楽のみ聞くときは下ろして また
              ブラインド面の角度を調節して 理想の音質が出てくるところで止められる。
              これがもし 旨く行けば 我が劇空間で音楽のみ聞きに来て頂く方々は もう あの
              でかい白いスクリーンを目にすることは無くなるだろう。
              | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:25 | comments(5) | - |
              U-571のチーフ
              0
                今朝はのんびりと劇空間で映画を、、、
                HDDに録り貯めていたWOWOWの映画で「テルマ&ルイーズ」を見ていたら なんと
                映画「U-571」に「チーフ役」で出ていた おじさんが刑事役で出ている え? 昔からこの人
                出ているんやね?しかしU-571のチーフと年齢的に変わらんやん?。ハーヴェイ・カイテル
                という俳優さんということで 最近ではナショナル・トレジャーにも刑事役として出てい
                る。演技力のある実力派の脇役の一人だな。信頼の置ける人格者の役が多いワナ。
                もっと この人を調べていくと、、、
                え?あの映画「タクシードライバー」での あのポン引き役。ジヨディフォスターに纏わり
                着いて 彼女を食い物にし 最後にトラビスにマグナムで撃ち殺される あのチンピラ
                の役  やっていたんやね?。あの頃は 若かったんやね?。もう一度「タクシードライバ
                ー」をU-571のチーフの若い時として見てみよう。
                | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                年の瀬に、、
                0












                  年末、 ありがたいことに仕事が忙しい、、、もっと 忙しくてもOK!。

                  ちよっと一息ついて 今日はこんな風景をば。私の仕事場の裏の風景。

                  風邪も治り この一週間は ここの行き止まりのあたりを左に折れる畦道
                  を午後から30分ほど ウォーキングをしている。もちろん健康のためである。
                  こんな田舎の風景だけどウォーキングしてたら同じく ウォーキングしている
                  人に何人か合うのである。この歳になれば AVよりもクルマよりも「健康」 が
                  一番大事である。AVやクルマは お金さえあれば手にはいるが「健康」だけは
                  自分で作り出すものだと感じている。そう 大切なのは「家族」と「健康」 だ。
                  「家族」と「健康」あってのAV道というところかな、、、1月1日だけ休みをとるが
                  この日は 受験生の息子を誘って「劇空間」にて 映画三昧でいこうと考えている。
                  多分 家内も 「見せてくれ〜」と入ってくるだろうな?。家族サービスもしなくては。
                  今年も 色々あったけど、、、 来年も 何とか家族が健康でありますように。
                  | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:10 | comments(10) | trackbacks(0) |
                  抽選エントリーを始めました
                  0
                    劇空間ホームシアター40万ヒットの記念賞品の
                    HP側の掲示板で始めていますので
                    よかったら 多数 応募ください。
                    | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    プレゼントのお知らせ
                    0

















                      おかげさまでHP「劇空間ホームシアターは40万ヒットを迎えるに至りました。
                      そこで 感謝の意味を込めまして いつも御覧いただいている方々の中から
                      抽選で「dts ES」「THX」の七色の照明付きアクリルパネルを一名ずつ、「HD-DVD
                      オペラ座の怪人 ワケ有り」を一名様にプレゼントさせていただきたく思います。
                      賞品応募の説明やエントリーは「AV雑談掲示板」にて掲載し御案内する予定です。

                      | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 15:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
                      メメント
                      0
                        メメント
                        メメント

                        水曜日の午前中はキス釣りの日 だったが 八月中は やめた!。
                        昨夜 クーラーのガンガンかかったホームシアターにて よーく
                        思案したが 八月の暑さの中での釣行は ちと 体力的に耐えられない
                        と決断をくだし(そんな大そうな物でもないが)車に 積んでいた
                        キス釣り道具を全て 下ろした。やっぱり 涼しい所が ええわ〜。

                        今日の午前中は「新造劇空間」の半年振りの清掃。空気清浄器を廻して
                        いても やはり半年に一回ぐらいは手入れをしてやらねば 機器が
                        泣いているようで 掃除機をかけた。その後 録画しておいたHV「メメント
                        」を視聴した。メメントを観るのは これが初めてだが 前評判ぐらいは
                        知っていた。難解な脚本。正直言って 見終わった時点でも 何のこと
                        なのか よく わからんかった〜。今夜は 久々にJAZZでも聞こうかな〜

                        | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
                        音楽の時間
                        0
                          先週 香川へ行った時にKin-yaさんが「一晩に映画1本見ると
                          疲れて眠たくなってしまう だけど音楽を聴くのは つかれないんだ」
                          という様な事を仰っていました。私は 逆なんですね?。毎夜 一時間
                          〜一時間半 ハイビジョンを中心に録画を視聴します。そうすると
                          時間的には10時半から11時になり 後30分を音楽を聴く時間にあてて
                          リラックスするのですが、ここから眠たくなります。結構 大きな
                          音量で聴いていても 眠たい。203の音がいいからだろうか?。
                          話は変わりますが先月から物欲もりもり気味で 色んな物を
                          買いすぎましたので ここらで 自分を「干そう」かと考えています。
                          しばらく 何も買わないことにします。、、、ただ いつまで
                          持つでしょうか? 自信ないな〜。大人なんだから 我慢しましょう。
                          って 誰と 話しているのだか?。 

                          | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:34 | comments(0) | - |
                          ア●ックのポイントで
                          0
                            大手AVシヨップ ア●ックとの付き合いも20年程に
                            なります。私がAV月刊誌「HI-VI」を読み出したのが
                            HI-VIが創刊された年の何月号からですが その頃から
                            その巻末近くに毎月ア●ックの宣伝が載りはじめたのを
                            覚えています。私が27、8歳の頃ですね?当時は 1会社員
                            で新婚ほやほやもあって共働き(今も共同作業ですが)で 
                            小遣いもろくにもらえず ボーナスが出たらLDの普及版を
                            買いに大阪の日本橋でんでんタウンをうろうろしていましたが
                            東京のア●ックとも平行して お付き合いしていました。
                            当時赤ん坊だった娘が今21歳になります。当時のAVは楽しかった
                            です。何もなかったから(笑)何もなかったけれど「夢」だけ
                            は大きく「夢」を膨らますことが楽しかったです。ピュアオーディオ
                            からAVに入ってこられる方は意外と多いのですが 私の場合 根本
                            からAV(映像)で始まっていますのでソフトが手にはいらないことには
                            どうしようもなかった し音は映像の後から付いてきた と言う
                            感じがします。新婚当時14インチの4:3カラーテレビ(リモコンもなかった)
                            とビクターのVHSビデオの初号機の中古を繋げることからはじまり 
                            テクニクスのサラウンドプロセッサー(ドルビーではない)に学生時代の
                            ビクターの4チャンネルステレオのリアSPを流用したりして当時は
                            兵庫県の県営団地の4畳半の部屋でAVの黎明期を楽しんでいたのも
                            懐かしいです。それに比べ 今の若い人は贅沢だなと思います。
                            AVを始めようとしたら もうそこにハイビジョンからブルーレイまで
                            揃っている 借金して買えば 立派なAVシアターが即完成 で す か?
                            私は借金してまでAVはやりませんけどね?。若い時はお金は貯めましょう?
                             
                            考えてみたら月刊誌「HI-VI」やア●ックの歴史と私のAVライフ
                            の歴史はリンクしているようで感慨深いものがあります。
                            そんなア●ックのポイントが気が付いたら 相当貯まっていまして
                            景品と交換してみました。交換しても まだまだポイント残って
                            いますが。最近のDTSデモディスクは意外と持っていなかったんですよね?
                            二枚同時に手にはいりました。ア●ックオリジナルのTHXのクリスタルな
                            置物、綺麗七色に変色していきます、ただ こんな明るいものシアターの
                            どこに飾ろうかしら?

                            | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            エピソード3を見てきました
                            0
                              エピソード3を見てきました。4時半からの上映でしたが
                              席は半分以上空いていました。一時間5十分 最新VFXに
                              酔った時間でした。感想の方は「まあまあ」でした。
                              なぜなら この作品は「悲劇」なのと ストーリーの大方が
                              判りきってしまっている点にあります。ただアナキンが
                              ダークサイトに「なぜ堕ちたのか?」という点に 「人間の
                              弱さと哀れさと愛」を感じました。彼は 弱く 愛に渇望し
                              失うことに絶えず恐れていたのです。最大の謎解きですね?
                              これ以上書くとネタバレになりますがー
                              アミダラが美しく「可哀相」でした。あとー これはオビワンの
                              武勇伝的な作品ですね 最後まで カッコよすぎています。
                              一般的なエンターテイメントではなく ファン向きの作品のように
                              感じ ジグソーパズルの最後のピースをはめ込む為に用意された
                              作品のように感じました。ダースベーダーに改造される前の彼は
                              極めて哀れでみすぼらしいです。何かのために「悪魔に魂を
                              売り渡す」というような古典的な言葉がぴったりの作品です
                              どうか 御覧になってください。
                              | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
                              先行ロードショー
                              0
                                今日は仕事もせずに北島サンシャイン周辺をうろうろしました。
                                シネコンのある周辺。七月二日(私の誕生日)にエピソード3の
                                先行ロードショーがあるのですが その席を予約するために
                                行ってきました。今日から予約できるのですが 昼過ぎに
                                行ったんですが 予約は がらがら状態。私が希望した
                                一番良い席を確保することが出来ました。これで息子も
                                喜ぶでしょう。こういう時って ちよっと早めに動くことが
                                みそですね?
                                | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
                                     12
                                3456789
                                10111213141516
                                17181920212223
                                24252627282930
                                << November 2019 >>
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + SELECTED ENTRIES
                                + RECENT COMMENTS
                                + RECENT TRACKBACK
                                + CATEGORIES
                                + ARCHIVES
                                + カウンター
                                アクセスカウンター
                                + MOBILE
                                qrcode
                                + LINKS
                                + PROFILE