劇空間 徒然模様

Resident Evil: Afterlife [Blu-ray 3D]
0
    非売品ソフト3D-BD「アバター」に準ずる物、超える物を探してうろうろしているのだが、数週間前
    に北米から到着していたバイオハザードIV アフターライフ 3D-BDをゆっくり視聴した。

    国内盤は高価すぎて手が出ないので北米盤を入手した経緯である。

    結果から言うと「結構3Dで質感上昇している」。このソフトは2Dでは何度が見ていたのだがシナリ
    オ的には首を傾げる内容だ。今回特に顕著に魅力的だったのは「水の表現」だ、冒頭の東京
    を傘をさして歩く人々に降り注ぐ雨だがこの奥行き感が「3Dに特化して造られた過程が想像でき」
    、中盤クレアやアリスがビル内でバケモノのと水しぶきの中で戦うシーンの水の奥行き感も「面白
    いほど」奥行き感があった。 実はアバターの次は「ガフールの伝説3D」かなと思っていたのだがこ
    のバイオも結構上品質な3D描写で迫ってくる。実写でこれだけ奥行きを演出できるのは 3D演出
    が練り込まれているものと思われた。

    | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 16:59 | comments(4) | trackbacks(0) |
    レンタル3D-BD「カーズ2」
    0
      レンタル3D-BD第一弾。
       
      ツタヤレンタルで3D-BDの本数が増加したので試に借りて観た。

      3D-BD「カーズ2」を昨夜視聴。

      結果から先に言うと「これ、3Dでなくても良いのでは?」であった。
      3D、3D、3D、この言葉を付けるだけで客足が伸びるのかもしれないが3Dで凄い
      とはとても言えないしろものであった。発色は綺麗なので2Dの方が子供は見やすい
      のではないだろうか、なんでもかんでも3Dで上映するのは懸念があるようにも思えた。

      それとこのシリーズ、「この世界にはクルマしか生物?は存在しない」ところが個人的に
      「気持ちわる〜っ!」、トイストーリーでも少しは人間は登場するのに最初から最後まで
      クルマしか出てこない世界観には着いていけない、、ストーリーも「どうでもいい」的に
      感じてしかたがない。幼児はよろこぶのかなぁ、、、ははっん。

      cars2-banner-poster-011.jpg


      | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 16:19 | comments(8) | trackbacks(0) |
      専用3Dグラス ゲット!
      0
        最近ちよっとバタバタしていて更新できなかった。娘の関東への引っ越しの手伝いやら御彼岸の仕
        事の準備やら、、。
         

        SONYプロジェクター専用の3Dグラスを来客用に用意しておこうと徳島のSONYショップに
        手に入るか問い合わせたのだが 入手困難 との回答だったもので、オンラインのSONY
        ストアーに予約していた。品薄なら本家本元に予約しておく方が手に入るのが一番速いと
        考えたからだ。

        予想通り一週間以内に入荷の連絡があり今日送料無料で送られてきた。

        元箱をよく読むと メイドインチャイナ? で製作日が2012  3/13、、って三日前やん?!。
        出来たてのホヤホヤを納品してくれた。流石     SONY ですわ。

        これで我が劇空間では定員三名まで3Dに単独で対応できるようになった。


        3DGLAS.JPG


        | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 18:27 | comments(4) | trackbacks(0) |
        ガフールの伝説 3D&2D ブルーレイセット
        0
          一年に一度の「電卓叩きまくり」な数日間、、景気の悪ときは中々はかどらないで休憩ばかりして
          いる、再来週にはオフ会も控えているのでここ数日間で処理してしまいたい。
           
          3Dな日々をまだ続けている3D初期のころの作品「ガフールの伝説 3D&2D ブルーレイセット」が
          定価の55%オフで売られていたのでプチった、ストーリーも画質もよかったけれど「アバター
          越え」な精細感には出会えなかった。3D作品も大まかな所は大方当たったけれど非売品の
          「アバター3D」を超える物は一つもないという何とも残念な現状。

          しかし最近音楽全然聞かなくなったな、、まさか音楽捨てて映像鑑賞に戻って来るとは
          夢にも思わなかった、しかもあんなに拒絶していた3D鑑賞をである。


          fukurow.JPG





          ついでに書いておこう、、昨夜はレンタルBD「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を視聴。


          人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、
          衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚
          (たん)をひもとく話題作。現代のサンフランシスコを舞台
          に、1匹の猿の突然変異的な進化と自由を求める戦いが
          人類にとって脅威になっていく様が描かれる、、とか。

          私が猿の惑星を映画館で初めて見たのは中学三年のころで「続 猿の惑星」から観た
          記憶がある。一緒についてくる綺麗なお姉ちゃんがやたらと思春期の男子の心をくすぐった
          思い出がある。

          この猿の惑星:創世記はその未来の話の原点になる作品。

          「新 猿の惑星」でコーネリアスとジーラがタイムワープして現在のアメリカに
          もどってきてその現在でシーザーという赤ちゃん猿を生みそのシーザーがやがて
          成長し人類に反乱を起こすストーリーはタイムパラドックス的に語られているが
          その筋道なら本当はメビウスの輪のように無限ループして同じ話の繰り返しに
          なるとかならないとか、、若い時によく考え込んだものだが今回の創世記が
          シーザー誕生の本当の話であるという製作者側の納得が行く脚本が生きている
          作品である。

          猿を実験体にアルツハイマー病の特効薬を開発するがそれは人間には不完全な物で
          はあったが遺伝子の違う猿達には知能や神経組織の進化を速める効果をもたらす。

          人間には不完全でありこの薬に耐性を持つ細菌が発生し人類に致命的な打撃を与える
          、、なんともバイオハザードのゾンビ誕生版を「進化猿誕生」に置き換えた様なスタイル。

          ふむふむ それなら納得できる というような説得力を感じた。


          apes.jpg


          | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 17:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
          3Dな日々
          0
            3Dな日々がつづく。

            昨夜はトランスフォーマー ダーク〜3D版を眠らないで最後まで見た。
            画質は結論から先に言うとアバター3Dの驚愕を超えていなかった、
            で皆が言うように前半は話がだるく後半はゴチャゴチャで最後に あ地球の
            取り合いで最後に地球は救われたんだな、、ぽてち という感想だ。
            いったい何だったんだろう、、、音はまあまあだったな。

            今日の午前中に時間がとれたので北米で購入したBDのIMAX3D: Hubble
            を視聴。この作品2D→3D処理されている。ハイビジョンカメラで撮影した
            ハッブル宇宙天文台の修復作業を3D化している。私はこれはダメだわ、、
            観終わった後 少し眼精疲労を感じた。最近の最初から3D撮影された物は
            何の疲労感も無いが3D化されたものは体に悪い、これからこの路線は近づかない
            ようにしよう。しかしこのサラウンドの重低音は凄かった、シャトル発射の爆音は
            デジタルパワーがまたダウンするか、、という恐怖を覚えるほど強烈なものだった。


            さて久しぶりに北米と独アマから購入したBDディスクが同じ日に到着。

            HI-VI 2月号で紹介されていた4Kマスターからオーサリングされたクレオパトラ独盤と
            未来世紀ブラジル。この二作は日本語字幕が入っているのにかなり国内盤より特典は少
            ないが安く手に入れることが出来るのを知ったので購入。フォックスにしては珍しい現象。


            一番右のバイオハザードIV アフターライフ IN 3Dは北米盤で10ドル台で手に入れた。
            廉価版の国内2D盤も先日二枚で3000円キャンペーンで手に入れているので字幕
            なくても結構モノ。3Dを楽しむだけの為に購入。

            さて どの盤がラックの肥やしになるのだろう?。クレオパトラ本当に最初から最後まで
            観るのだろうか?疑問、、。 

            ynyu.JPG


            | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 16:29 | comments(6) | trackbacks(0) |
            ダークナイト・ライジング モード
            0
              近況。

              一段落したので何年間かぶりに部屋の模様替えをした。

              北米のポスター専門店からダークナイトライジングのポスターを購入したので要らない貼り物
              を取っ払ってメインの飾り物にした。今年の夏公開が待ち遠しいかぎりである。
               

              DNR1.JPG




              昨夜は家内の希望でディズニーの3DアニメBDの「塔の上のラプンツェル」を見たのだがとても美しい配色と立体感で二人で喜んでしまった。

              舌の乾かぬうちに今日3D-BDトランスフォーマー ダークサイド・ムーン」が届いた。

              DNR2.JPG

               
              この仕様が凄い事、3D-BD本編とBD本編とBD特典映像とDVD本編 計4枚仕様。

              あのー?3D本編だけで結構なのですが、もっと安くなりませんか?、、BD観る人が
              DVDは要らないでしょう 押し付け商法でしょうか?で北米とかより3D-BDは価格が
              高すぎる、、足元みられてまんな大将?。

              実はこの作品のレンタルBDを先日借りて観たのだが最初の5分で停止ボタンを押して
              観るのを止めた経緯があるのだが今回は最後まで見れるのだろうか?、まさか寝て
              しまうことはないわな。永久保存版だし、、、
              | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 16:19 | comments(14) | trackbacks(0) |
              プロジェクターのバージョンアップ完了
              0
                ということで、うちのプロジェクターはバージョンアップして3Dに対応した。
                 
                腰の方はなんとか大丈夫だった(汗)。

                ただ乗せるのに疲れた、、、

                vw10002.JPG






                今回疑似天吊り周りも250キロ耐荷重の効くレギュラーシェフも使って万全の態勢で吊るしている。

                vw10002.JPG



                第一印象を少し、1.5Hでの2D映像に関してはそれほど驚きを覚えないがこの距離からの3D
                -BDの視聴には驚きを隠しきれない。凄い!の一言であった。画面は120インチで視聴距離が2m30cm。

                vw10003.JPG

                3D-BD「アバター」(非売品)を近接視聴で体感したが、オープニングのハイパースリープから醒めて宇宙船の内部の無重力の状態で浮いている映像からして驚愕!。

                続くジャングルを彷徨いネイティリが木の上から様子をうかがうシーンーの超高精細に驚愕!、、2Dではまったくわからなかったが小さな虫が飛び回っている、夜のジャングルで襲い掛かるハイエナみたいなツルツルした野獣の集団のグロテスクな質感が高精細を通り越して、、もう 何と言ったらいいか、、超 驚愕映像!。

                懸念していた目の疲れも3D酔いもまったく無しで喜んでいる。
                 
                もう 完全に 嵌った!。
                 
                こんなに驚愕の連続は何年振りだろうか、、VW10HTで初めてハイビジョンを観た時以来かなぁ?。
                 

                2D視聴は2H視聴まででないと良さが解らない、発色も良いとは言えないな?。

                追記。
                超解像処理「リアリティクリエーション」は固定でなく可変できることを知らなかった。
                デフォルトで45で100まで上げることが出来る。まだよく解らないのだが70まで
                上げるとEDGEを挟んでいると汚くなるのでLX91から直繋ぎに変えた。
                これでLX91とEDGEの関係は消えるがこの解像感なら1.5Hでも満足して視聴できる。
                デフォルト値では ぼけて 見えていた。この可変の設定は隠れていて解りにくい操作方法だ。
                いろいろ可変値を変えて様子見することにした。 


                 


                コメント受付今回限り無しということで。ペコリ。
                | モリヤン(プログの管理者) | 3D-ブルーレイ | 16:14 | - | - |
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << September 2018 >>
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + SELECTED ENTRIES
                + RECENT COMMENTS
                + RECENT TRACKBACK
                + CATEGORIES
                + ARCHIVES
                + カウンター
                アクセスカウンター
                + MOBILE
                qrcode
                + LINKS
                + PROFILE