劇空間 徒然模様

130万ヒットありがとうございます。
0
     表のカウンターを観たら130万を超えていました。

    最近はAV機器の話題に触れることもなく大した映画評論も書いていないのに
    わざわざアクセスしていただき恐縮するばかりです。

    私が「劇空間」というHPを立ち上げたのは2000年の春でしたからそれから数えると
    11年間何やかしAV機器と触れ合ったり同志の人と交じり合ったりしてきました。

    ただ 最近は「AV機器のフォーマット」の頭打ち感や景気は最悪な状態、震災からの自粛
    など悪条件が付いて回ったり取ってつけた様な3D規格賞賛な業界への反感もあったり
    してあれだけ進化を続けてきたホームシアター熱も一気にクールダウン。

    個人的にはこれからはAV趣味は穏やかに推移していけば十分なくらい進化したと
    思っています。AV趣味もピュアオーディオ趣味のように「奥が深く」いつまでも続けられる
    貫録を持つようになれば おもしろく なると思うのですが。どうなんでしょうか。

    これから先の10年後 わが劇空間がどのように変化していくかは推測できませんが
    自分ではPCオーディオを中心に音楽を楽しみながら映画にも今まで以上に
    寄り添っていきたいと考えています。

    これからも宜しくおねがいします。
    | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 16:31 | comments(26) | - |
    年の瀬に
    0
      今朝の徳島の私のウオーキングコースの風景である。

      今年もよく歩いた、今日も強風の中 午前午後と二回歩いた。
      歩くことが健康維持の薬だと考えているから続けられる。

      今年一年振り返って「最高だが最悪な一年」と言いたい。

      最悪だったのは徳島の景気である、地方都市の経済は年々悪くなる
      一方であるからして、、来年は統一地方選挙でこれまた御金が動かなくなる。

      実は政治のことについては色々思うことが沢山あるのだが もう何を書いても
      この国の政治は良くなることは無いので書かないことにしている。これも最悪。

      ただ個人的生活は最高に思うように運んだので これが幸せかな と最後の
      言葉にしたい。

      一年間 ここでお付き合いしていただいた諸兄の来年の御発展をお祈りして
      締めくくりたいと思う、どうか良い御年を御迎えください。


      YUKI.JPG
      | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:09 | comments(12) | - |
      めちゃめちゃ寒かった
      0
        数日前にブログに書いたのだが うちのBD/HDDレコーダーの SHARP BD-HDW30
        で録画したWOWOW録画にブロックノイズが乗ってしまうという不具合があった。

        先週の水曜日の午前中に「コクーン歌舞伎」をリアルタイムで見ていたのだが
        放送視聴中にもブロックノイズが大量に出だしたので これはなんとかせにゃ
        いかんわい ということでまずはアンテナケーブルから見直すことにした。

        うちのBSアンテナケーブルは二階の屋根にもう十数年も這わしてあるのだが
        このケーブルの劣化でどこかで破れて内芯がむき出しになっているのだろうと
        予想した。ということで屋根部分のケーブルの取り換えをまずやってみた。


        マスプロ製F型コネクタ付 同軸ケーブルを20メーター用意した、これだけで
        2,000円ほどで買える。これをもって2階の屋根にあがって古いケーブルと
        の交換である。

        今日の午後の徳島の最高気温が5度ということで昼から風が出てきてしまい
        ちよっと不安もあったが屋根に上がってみた、風が強い(汗)。

        風が強いので作業中は寒いの何のって、、、スイスのユングフラウヨッホに
        登った時もめちゃめちゃ寒かったけど 屋根の上も寒いわーっ!。

        何とか古いケーブル部分をバイパスして比較的新しい軒の下のケーブルと
        接続した。これでまだノイズが出るようならアンテナ自身の故障かすきま
        ケーブル部分が劣化しているということだろう。

        部屋に戻って配線し直しアンテナ感度を見てみたが利得が+3ほど上がっており
        WOWOWも30分見たがブロックノイズは出てこなかった。このまま出ないで
        ほしいのだが。


        CAVELE.JPG
        | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:03 | comments(6) | - |
        110万アクセス達成
        0
          しかし暑い日が続きすぎ。ほとほと体調を乱されてしまいだるい、、、。

          暑いのでシアターに入ることを嫌がる人の話を他のブログで読んだのだが
          うちでは朝一番にすることはシアターのエアコンのタイマーを設定して
          おいて夕食後には涼しい状態でシートに座れるようにしている。

          兎に角暑いので 何もする気が無くなってしまうのだが、、みんな どうだろう。

          話は変わるのだが当ブログ「劇空間 徒然模様」が110万アクセス達成しましたので
          御礼申し上げます。最近全然更新出来ていないのに沢山のアクセスしていただき
          申し訳ないような、、、暑いとブログも更新しにくい、それと使用PCが丸八年以上
          更新しているので動かない事 動かない事、そろそろ新しいBD内臓VAIOに買い換える
          時期が来ているのかも。重くて動画もまともに見れない。
          | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:20 | comments(13) | - |
          「劇空間ホームシアター」100万ヒット達成!
          0
             劇空間ホームシアターというホームページを立ち上げてから10年が過ぎその時から
            引き続いているカウンターが100万ヒットを超えた。実際にはこのブログ内部のカウンター
            は既に100万を超えていたが表のカウンターとしては昨日越えた。

            他のジャンルの人気ブログ等直ぐに超えてしまう数字かもしれないがAVを中心テーマと
            してコッコッやってきた オヤジブログとしてはこの数字は大きく嬉しい限りである。

            あーこの数字が御金の金額なら、、、(爆)。

            10年前にSONYの液晶プロジェクターの銘機VW10HTを手に入れた喜びから、それと
            同じ志を持つ10HTのオーナーと交流したいがために始めたホームページがこの
            ブログの前身であるのだが 運の良い事に近隣の同志や遠く関東方面のAVフアイル
            からも御便や御好意をもらって何とか10年間物書きを続けてこられたのは書き込んだら
            答えて書き込んでくれる方々の御好意があってこそだと感謝してる。

            100万ヒットを記念して何かキャンペーンやりたいのは山々なのだが如何せん景気の
            不調もママ成らぬ今日この頃なので何もやらないがAVの火が消えかかっていく気配
            が感じ始めている世界的大不況の中でも自分らしさをこれからもこのブログを媒体に
            して表現していけたら より幸せだろうなと思っている。これからもマイペースでAVと
            関わって行きたいと切に思う。


            この10年間の御購読と100万回のアクセスをありがとうございました。

            | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:25 | comments(20) | - |
            ダークナイト上映中
            0
              当シアターの入り口付近である。
              左へ入ると劇空間となるのだが長年ポスターを「スパイダーマン3」の物を貼っていたのだが飽きてきたので何かいいポスターを探していた。実は廊下の壁の汚れ隠しなのである。

























              北米のポスター店を探していたら「ダークナイト」の渋いポスターを見つけた。これは国内ではなかなか手に入らないバージョンでウェブ上では売り切れてしまっている物。アマゾンでもこのタイプは
              手にはいらない。


























              送料を入れると二千円以上になってしまったがこれでうちも「ダークナイト上映中」と、
              いい雰囲気で部屋にはいることができるようになった。

              | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:01 | comments(14) | - |
              シンプル イズ ベスト
              0

                AV界はまったくのネタ無しに陥ってしまった。したがって当ブログも更新を怠り勝ちになってしまっている。


                仕方が無いので当シアターのメイン画像を先日手に入れたデジ1でフラッシュ無しで
                撮って遊んでみた。


                直下の画像がAV用のフォーメーション。スクリーンにダウンライトの光が反射して
                逆光になり自慢のKEFが見辛く映っている。このスクリーンと視聴位置との距離は
                2Hを取っている。つまりスクリーンの高さ×2の長さの距離がスクリーンから視聴
                位置までの距離である。人によっては「近すぎるのでは」と言われる時があるのだが
                画像を見てもらうとたいがい納得する。
                 




                 

                 




                こんどは直下の写真はピュオーディオ用の写真。キクチ製の電動ホワイトマットアドバンスを
                巻き上げた様子である。巻き上げはリモコン一押しで完了。スピーカーの位置はスクリーン
                の側近に位置させスピーカーと視聴位置との距離は視聴位置が正三角形の頂点になるように
                測定し位置決めさせている。そしてスピーカ面が視聴位置にどちらも向くように配置させいてる。
                スクリーンから2Hの距離は一定なのでスピーカーの位置決めは意外と簡単なのである。
                前述の正三角形を取る方法はオーディオの基本である。しかしそれを守っていないハイエンダ
                ーの部屋を見ることがたまにあるのだが。スピーカーの後ろにある木製のルームアコースティツク
                モドキは実はニトリで安く買ったスノコを艶消しの黒ペイントで塗ったものであるがスノコの利点は
                面積の全体が音を反射させるのではなく音が抜ける余裕があるので臨機応変にセッティングして
                好みの音場が作りやすいと私はかんがえているからである。それとスノコの手前の部屋の角
                に当る部位の暗幕の後ろ側には合板をもぐりこませている。つまり部屋に角を作らないことで
                音の溜まりを防いでいる。実はこれを設置してから長くになるが定位感と解像感の密度の上昇
                が確実に感じられるようになった。このアイデアもオーディオ雑誌の初心者向けのアイディア
                である。しかしハイエンダーの部屋に遊びに行っても未だに角のある部屋で鳴らしているものを
                良く眼にする。好みの問題かもしれないな。センタースピーカーは本当は除けてしまいたい。
                しかしそれは出来ないのでスノコで反射面を使って定在波対策と定位上昇対策を行っている。
                センタースピーカーの後部にクッションや安物の吸音材の素材を置いて低音のこもりを回避
                しているのだがこれは気休めかもしれないな。中央部には何も置かない。この部分に色んな
                ルームチュナー製品を試用で借りて置いてみたがどれも良い結果は得られなかったからだ。
                個人的には あがり の部屋と音質なのでもうこれ以上足す物も引く物も無い。シンプルイズ
                ベストである。


                | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 17:22 | comments(12) | - |
                「ヒーロー」
                0
                  さぁ激動の年が始った。 今年に関してはどの業界からも良い材料はまったく聞こえてこない。
                  複合金融商品を中心に疲弊した北米経済の底割れが二段 三段 四段と今年の秋以降に迫っ
                  てると指摘する有名アナリストさえいるのだ。そうなれば米国債は価値を大きく下げドル安は空前
                  の物となり文字通り恐慌の姿を現し始めるという、米国債を大量に保有している中国や我が国は
                  大きく値を下げたドル:円換算で償還してもらっても もはや紙切れ同然となるカラクリが 見え隠れ
                  するとも囁かれている。どうするんだ 先が読めない 見えない年が始った。何かにしがみついてい
                  なければ容易く振り落とされてしまう、振り落とされたら最後、二度と元の位置には戻ってはこれな
                  いそんな時代だか とりあえず頑張ろう。

                  元旦の昨日は 喪中であるにもかかわらず午後からビールとオードブルを食べ夜はオホーック
                  から取り寄せた本場のタラバ蟹鍋を家族で楽しんだ。禁酒を解くのは正月とお盆だけと決めて
                  いるので今夜からはまた禁酒。これが自分を守る手段なのだ。いじめているワケではない。

                  バイトが休みだったので午後から息子と二人で見るのを用意していたBD「3:10決断の時」を
                  視聴。ラッセル・クローとクリスチャン・ベールの競演の西部劇で評判が良かったので買って
                  みたのだったが、、、どうも最近の新作で「当り」を引いた記憶がない。この作品も個人的には
                  「ハズレ」だった。何故なら「ありえない結末」に後半から違和感が漂っていたからだ。リメーク
                  らしいが悪役は悪役で死んでもらわなくては西部劇は面白くない というところだろうか。
                  中途半端な悪役ではこちらの気分も不完全燃焼を起こしてしまう。悪役がラッセルとはミス
                  キャストかもしれないな。今年は当りの映画を見たいものだ。ちなみに息子は楽しんだよう
                  だった。

                  それと 紅白歌合戦から聞こえてきた歌の中で これいいのでは と感じた物を貼り付けて
                  おきたい。オヤジを励ます応援歌、がんばろうぜ 全てのおやじたち!これを聞いて欲しい。
                  (CM部分はプチッと消してね 歌詞字幕が見れます)

                  | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 16:28 | comments(11) | - |
                  その後のバットモービルの巻
                  0
                    音質低下の問題の種、その後のバットモービルの巻(サスケさん風に)。

                     でフロント左スピーカーの左側面にあったバットモービルを移動させた。
                    御覧のようにスピーカー周辺に余裕のある空間を作った。

















                    右スピーカーの右側面に鎮座していたバットポッドをかなり後退させて 
                    こちら側にも余裕の空間を作った。 
















                     で 部屋後部に新たにブラックと塗装のワイヤーラックを購入し設置、最初はバットモービルを二階に置いていたがそれでは下の人々が影に隠れて見えなくなるので バットモービルとオリジナル・バットマンを一階に置いた。これではバットモービルの壮観なボディが見えにくくなるが音のためにはここしか置くところがないのだ。バットモービルよりもオーディオ空間を取ったというところだろうか。 














                     
                    やっと日の目を見れて喜んでいる人々。音のほうだが俄然よくなった・定位が確実に元のように良くなり楽器の位置配置も確実に確認できS/N改善、解像感上昇した。なによりも大きな物体が無くなったので音楽に集中できるようになったのが大きい。これにて一件落着、、って古いな。
                    | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:58 | comments(4) | - |
                    思うに
                    0
                      今日は ちよっと一考察。

                      世の中 本当に不景気である。それは皆同じく知っているのでこれ以上は書かないで置こうと思うのだが、AVを趣味にして今思っていることを少し書いてみたくなった。

                      まずハードについて。
                      画質 音質共にであるが 日本のAV環境は家庭用としては最大限まで登りつめたと私は考えている。この先スーパーハイビジョンが出現しても特に家庭での映画鑑賞はもうこれ以上の必要性を感じない。それは映像デバイスでもロスレス音声でもどちらでも言えることでメーカーもそれを知っているのか 3D映像に進出しようとしているが私はこの動きに着いていくつもりは毛頭ない。

                      家庭では3D環境は習慣として根付かないことが解りきっているしいくら高画質リビング用テレビがあっても地デジもBSも放送番組の内容がこんなにもオソマツならテレビのリモコンを触る興味も失せてしまう。格安で数多くのキャパシティを持つメディアは「100円レンタルDVD」である、ハイビジョン液晶テレビで100円レンタル DVDを借りてきて家族で見るのだ、その家族が団欒に集まる機会も今の日本では珍しくなってきた、パパはサービス残業で帰ってこない、ママはパートでまだ帰ってこないお兄ちゃんは塾で夜遅くまで帰ってこない、ボクもこれから公文に行きます、、で家の中は空っぽ、、これではリビングに高性能なテレビはいらない。しかも家族一人一人に別々のPCを持つ時代、テレビ番組見ないで好きな画像をPCで見る時代。あ あっ。

                      3Dの話に戻るが やっと団欒に集まった家族が わざわざ専用グラスを掛けて夕食を食べながらお粗末な芸人のクイズ番組を3Dで見るだろうか 見ないよ。

                      ソフトについて。
                      来年は少しは弾みもついてセル・ブルーレイは発売されると思う。巷にはコンテンツのDL販売に駆逐される と言う声も聞こえるが我らAVオヤジはお気に入りの作品を買い続けるだろう、、しかしだ、個人的にはこの数を減らそうと考えている、買うのは 「この作品 面白くて二回以上見るだろうか」ということを十分考慮したうえで購入クリックボタンを押したいと考えている。この辺が音楽CD とは違うと思う。

                      音楽CDは不思議なことに何度でもプレーヤーに乗せて聞くのだ、だが映画作品の殆どは一度見るか 見ないかで大金を叩いて購入するのだ。この辺がAVよりも歴史が長いオーディオの強みであり魅力であるのだろう。 これは1つは音楽CD再生は聴覚だけ使うためイマジネーションの世界観が膨大に広がる、再生機器をバージョンアップするごとにその世界観が激変していくのだ。昔のAVもその領域にあったが 今は違う。先程述べたように最高水準まで到達しており比較的安価な資材で最高の映像音響空間を構築できてしまうからだ。視覚と聴覚は贅沢な質感で満たされてしまっている。

                      逆に言うとAV機器は非常に贅沢に安価に作られるようになってしまった。 話を戻すが このように音楽CD再生は視覚を刺激する物でないので人間の満足感が中途半端な位置にある、これはいつまでたっても埋まらない渇望感の中でもがいて苦しむ趣味世界がそこにあるのだ、同じCDの同じ曲順で日々再生を繰り返し その埋まらない渇望を埋めようと努力するところに魅力が詰まっている。その目指す所は個人個人の個性が生きており オリジナルな再生空間構築という楽しみに繋がる。だからCDはどんどん買っても惜しむ事はないだろう、またいつか聞く機会があるからだ。 しかし映画作品ではそれが少ない。というより 例えば未だに同じ作品のVHSや LDを繰り返して見ている人は何人いるだろうか、いないわな。

                      つまりメディアの変革が大きすぎて新しいフォーマットに順応することが多忙なだけで オーデイオのようにゆっくり腰をおいて 1つのメディアを味わいつくす時間が今まで無かった。しかし もう変革は止めてももいいのではないだろうか。オーデイオのようにCD再生が基準となってもいいのではないだろうか。それではメディアが売れないって、、そうだろうか 他のDLメディアが登場してもオーディオ趣味は健在なのだが、、そうではないのだろうか。
                       
                      だから私は「二度以上再生する」ブルーレイだけを買っていくつもりだ、後はWOWOW録画かレンタルで借りていけば十分ではないか。全部買ってコレクションする意味はもう無い。
                      | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 18:03 | comments(19) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE