劇空間 徒然模様

プチオフ会
0
    今日の午後は高知からtake51さんがプチオフ会にいらっしやった。
    御自身のオーディオシステムに疑問点があるということで なら
    拙宅で試されては という話になって、今日は御自身のお好きな
    ソフトを中心にうちのPCオーディオを交えて色々聞いていただいたが
    予想以上にシステムに好印象を貰ったのか喜んでいただいて ホットした。

    私はクラッシックは聞かないので カラヤンの「四季」を出された時には
    あわわわっ と思ったのだがtake51には好評をいただいて これまた
    良かった次第。

    オーディオルームやAVルームの手作りの構造やいままでやってきた
    私の工夫の事やなんかを熱心に聞いておられ、御自身もプロジェクター
    導入に意欲を燃やしておられる様子で 将来満足の行くお部屋を作られる
    事をお祈りしている次第。

    最後に久しぶりに「アイアンマン2」のレース場の戦いとブラックウイドー
    参上とラストまでを二人で見ていたのだが やはりこの作品のサラウンド
    も緻密に作られていると 再確認した。

    今年は高知の御自宅に伺うことをお約束してお別れした。

    take51さん お土産ありがとうございました。


    写真暗くて申し訳ない(汗)。
    TAKE.JPG
    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 17:44 | comments(6) | - |
    香川に遠征。
    0

      昨日の日曜日は久々に香川オーディオ軍団の視察を兼ねて讃岐オフ会に徳島のAV仲間のモトさんと二人で行ってきた。

      香川のオフ会は昨年の三月末以来の訪問になる。 まずは午前中に高松市内のモモンガさんの御宅へ訪問した。 今年に入って何度も御伺いの御約束をしておきながらやっと念願かなって訪問させていただいた次第だが。
       
      モモンガさん宅は今回メインスピーカをK2オーディオのSPからB&Wの802D という大型の物に変更なされた。それと懸念のあったスピーカーの前のピアノを移動されたとう二つの大変革を体感することに私は以前から興味があったのだ。

      モモンガさん宅におじゃますると地元の御仲間のヒデさんが朝早くから訪問されていた。ヒデさんとは前回の訪問時にもお会いしているので、会話は弾んだ。
       
      スピーカー裏に回ってバイワイヤー接続のSPケーブルを数種類つなぎかえるのに集中されているお二人。本当にこの人たちは「好き者」だわ(笑)。 momonga1.JPG





















      モモンガ邸のシステムの様子。

      メインSP B&W ノーチラス802 
      CDトラポ エソテリックP-0
      プロジェクター SONY VLP-VW100
      BDトラポ DENON DVD−3800BD
      AVアンプ パイオニア SC−LX82
      プリアンプ JEFFROLAND コヒレンス
      パワーアンプ JEFFROLAND モデル6
      DAC MSB PLATINUM DACmomonga2.JPG

      momonga4.JPG


































      今回メインスピーカーを換えられたことによって当然音のイメージは前回より俄然
      良くなったことは明白でモモンガさんはスピーカーケーブルをどういう組み合わせに
      するのか迷われている御様子であったが私は低価格な物の組み合わせのほうが
      定位がはっきりしてパートの音の質感も硬質になって質感向上したように感じた。

      モモンガさんは皆が嫌がるケーブル地獄に迷い込むのを好んでなさる方で
      迷い込むことを楽しんでおられるようにお見かけした。これはポケットマネーが
      裕福な紳士でないと中々不可能なことで私には到底真似ができない道楽、いや
      失礼、趣味だと思った。スピーカーを換えられて良かったように感じた。
      またピアノの位置も換えられたことによってサウンドステージ作りに余裕が
      生まれて これからも楽しくセッティングにいそしめるようにも感じた。

      後 視聴位置を正三角形の頂点に持って行かれた方が個人的には音像り輪郭が
      はっきりして最高の音場が完成するとも思った。私はこの位置の音が好きである。

      モモンガさんの好きなところは我々若輩の言葉も素直に聞いて試してもらえる
      ことである そのキャラクターが皆に愛される秘訣だとも思った。パワフルな先輩
      であるのだ。

      昼食の讃岐うどんまで御馳走になってしまって ありがとうございました。



      昼食の後有料道路を西へ向かって香川県の善通寺市へ向かう。

      善通寺市のKin-yaさんの御宅へ。

      実はkin-yaさんとは10年来のお付き合いで最初は液晶プロジェクターの
      ソニーVW10HTのオーナーとしてのお付き合いしていただいていた方である。

      私はそのままずっと固定画素派で通しているがKin-yaさんは善通寺の
      自宅を新築時に凝った専用ルームを作られて三管プロジェクターの雄であった
      三菱LVP-2001をそこに据え付けられ その後PMCの大型スピーカーを中心に
      ハイエンドオーディオの道を歩かれている。その感覚やセンスはもはや尋常では無い。

      その部屋はいつ伺っても格調高く意図的に
      整備整頓されて そこから出てくる画と音は私の刺激剤の一つとなっているのだ。
      Kin-ya1.JPG
      Kin-ya2.JPG
































      こちらはBDプレーヤーを私と同じくBDP-LX91を使われており、BDP-LX91のアナログ
      マルチ出力を使ってロスレスサラウンドを海外製のAVプリに接続して使われているが
      ここのサラウンドは何度聞いても私の刺激剤となる。ダークナイトを見せていただい
      たが今まで聞いたことがない音の回り込みを聞いてしまった、うちでもう一度確認したく
      なる。 そんな楽しみが善通寺にはあるのである。

      輪を作ってコーヒーとケーキをいただきながらざっくばらんにオデオ仲間の消息
      の話や機器の話題や仕事の話。楽しいことをしていると直ぐに時間は過ぎてしまう。

      Kin-yaさん お仕事忙しいのに 楽しい時間をありがとうございました。



      善通寺にもう御一方 徳島と交流を交わしていただいている方がタケチャンさん。
      タケチャンさんと言えばAV趣味の真骨頂だったのだ。何と所有セルDVD&BDディスク
      4000本のコレクターである。初めて見た時もいつ行ってもそのソフトの数にはド肝を
      抜かれる、、、が 最近この方が何か様子が違うようだ。

      なんとモモンガさん同様メインスピーカーをB&W 802Dに換えてからオーディオ
      の世界にのめり込んでしまわれたらしい。

      プロジェクターもモモンガさん同様SONY VLP-VW100を使われている。
      takechIan2.JPG
























      スクリーンはマリブの120インチ張り込み型、暗幕と黒画材、黒絨毯を使って迷光対策
      は万全。部屋の広さは三十畳はあるかな、、広すぎる。しかも専用ルーム。
      takechIan1.JPG




















      機器を見せていただいても以前と様子が違う。音楽を聴く体制に成ってしまっている。

      JEFFROLANDのプリアンプ
      CDプレーヤー エソテリックXIS
      パワーアンプ JEFF モデル2
      ブルーレイプレーヤー DENON DVD-3800BD
      takechIan3.JPG


















      ところでイノセンスを見せていただいたのだが この部屋の広さではもはや120インチ
      のスクリーンでは小さすぎることに気が付いた。ましてや音のバージョンアップが
      注入されているので「画の大きさが音に負けている」ことを直感してしまった。
      広い空間はうらやましいが音のクオリティが上がるともっと大きな画面が欲しくなる。
      ああ 北米ではこういう現象が起きてアナモフイックレンズや巨大カーブドスクリーン
      を導入する人が多いのだな と感じた。で タケチャンさんにそれを勧めたのは
      言うまでもない(爆)。このままでは画が大人しく見えてしまう、視聴位置を前には
      動かせないのでスクリーンのインチアップかスピーカー直前に120インチ以上の
      16:9電動サウンドスクリーンの導入が最適化もしれない。

      広い部屋は何かと物いりだなー(笑)。
      こちらでも美味しいおかしとコーヒーをいただいた。


      香川のみなさん 本当にありがとうございました。
      良い刺激をいただいて大満足で日の暮れた善通寺を後にした。

      徳島にも遊びに来てね〜。

      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 17:27 | comments(7) | - |
      オフ会しました
      0
        今日は我が劇空間でのオフ会を開催した。
         
        御招待したのは大阪からajisaiさん 御兄弟とサスケさん、高知県からはtake51さん。午後1時から四時間めい一杯のサラウンドアクションシーンずくしでサラウンドファンの当事者の私も正直疲れてしまった。もうガガガガッ ググググッの大音量と大画面で全員硬直状態に陥ったような、、、皆さんお疲れ様でした。劇空間はいかがだったでしょうか。

        ajisaiさんの弟さんのリクエストのエピソード3の上映をきっちり忘れてしまっててごめんなさい、、で時間が経つのが速かったな、、皆 好き者ばっかりだ(笑)。 で 皆さん遠方からド田舎の徳島まで来られてお疲れ様でした。ここで参加の皆さんの印象を、、
         
        ○サスケさん、、ズバリ 浪速でええがなだった(爆)。眼鏡を掛けたらタカジンそっくりで驚き。背が高い人だった、、イメージどおり ユニークな人やね。
         
        ○ajisaiさん、、前から御姿を拝見していたので違和感は無かった。真面目な方で本当に良い人というイメージ。文体と一緒で丁寧な行動と発言。プロジェクターや画質のことを熟知してられるので 相当眼が肥えている感じがした。
         
        ○take51さん、、この方はイメージが良い意味で違った。真面目な方なのだが御仕事柄か腰が低くよく仕事ができそうな感じでしかも自分の目標の音像をちゃんと持ってらっしゃる。また単独でいらっしゃつて色々他の物も見ていただいたらいいな と感じた。コンサートビデオも私はいくつか所有しているからだ。

        サスケさん、ajisaiさん弟さん、ajisaiさん、take51さん

















        でもって皆さん御土産まで頂いて恐縮してしまった。ありがとうございました。

        特に驚いたのはサスケさんのおみやげだった。コレ。

















        大阪名物「ハリセンチョップ」、、、これがお土産って ちよっと意味がわからないんですけれど、、
        何 かんがえてんねん、、、誰 たたくねん?、、 ひまな人やな(爆)。
        | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 18:34 | comments(17) | - |
        讃岐平野に
        0
          祝祭日に有料道路がETC積載車なら料金が格安になる日から二日目の昨日
          以前から予定していた「香川オーディオ軍団」とのオフ会に単身 高速道路を
          利用して参加させてもらった。今回のメインはこのブログにもリンクさせて
          いただいているモモンガさんの御宅のシステムを見せていただくことを中心に
          「モモンンガさん宅→教授さん宅→Kin-yaさん宅→タケチャンさん宅」という
          行程。香川県は徳島とは違い平野部が広く展開している、昨日は高松市〜
          善通寺市と広範囲に移動をしいられるオフ会となったので流石に
          強行軍だったが最初から最後まで気持ちよく御付き合いしていただいたモモンガ
          さんとスケジュールの連絡等を気安く引き受けていただいた教授さんに心から
          御礼を申し上げておきます。ありがとうございました。

          私は高速道路を走行するのは5年ぶりぐらいである、今回のオフ会とETCでの格安
          料金システム開始がなかったら多分一般道を使って二時間半かけて高松市まで
          走ったかもしれない、いわばチャンス到来だった。数ヶ月前に仕事のパート
          ナーの家内が息子と神戸に遊びに出かけたことの代償に今回個人的な休暇を
          もらって 心穏やかにオフ会に参加させていただいた。ただ 香川軍団との御付き合い
          はこれが初めてではなくもう九年にもなるのだが、、、

          午前中一番にモモンガさん宅におじゃました。黒い二匹のメスのワンちゃん達
          が尻尾をフリフリ歓迎してくれたのが印象的。先客が御一人先にいらっしゃつて
          いたがその方とも和気藹々とお話させていただきまたモモンガさんのお人柄の
          良さがなみなみと伝わってくる御持て成し。

          モモンガさんのシステムは専用ルームで

          プリアンプ ジェフローランド コヒレンス
          パワーアンプ ジェフローランド モデル6
          トランスポート エソテリック P-0s
          DAC MSB PLATINUM DAC
          AVアンプ DENON AVC−A1SE
          プロジェクター マランツVP12-S1
          ブルーレイレコーダー パナソニックDMR-BR500
          センタースピーカー B&W LCR6-S2





























































































          中でもパワーアンプを最近ジェフローランド モデル6に換えたと仰り
          DAC靴撚仕にどんな物を出していただくのかが楽しみな一時。
          思ったとおり「非常にリラックスできる穏やかな音質、低域がまろやかに響く面持ち
          がお人柄を表すようにも感じた、この方は優しい方なんだな」と直感したしだいだ。

          持参した手持ちの女性ボーカルを聞かせていただいたが このシステムは面と向き合って
          「サウンドステージ、音質うんぬん、精鋭感」を語る音ではなく「和む(なごむ)」空間、音
          像だと感じた。非常に居心地の良い音作りだと感じた。聞けばオーディオ暦は長くて シ
          ヨップ本位のシステム作りに振り回され 疲れて一時 離れてしまっていた時期があった
          と仰られていた。また音楽もなされていたという観点から 自分の気持ちの良い音作りを
          自分自信でコツコツと楽しんで行きたい というような大人の余韻も感じさせる人柄と
          部屋の作り方が印象的で こういうことも見習わないと良い歳のとりかたは出来ないな
          と思った次第であった。悠々とはこういう事をいうのだ。

          移動し一路 教授さん宅へ 高速、一般道で約半時間ほど。昼食に讃岐うどんを食べ
          その際 次の訪問目的地の教授さんと合流。





































































          教授さんのイメージはズバリハイエンダーだ、いつも愛媛 香川の方のブログ
          等でそのシステムの豪華さで一歩抜きん出ている。またこの方は研究熱心で
          1080Pプロジェクター導入時にわざわざ徳島の私の家のHD100を見にこられた
          経緯があり初対面ではないが 初めて肉眼でそのハイエンドの機器を見せて
          もらった。プリ、DAC、アンプがどうのこうの私には見たことも聞いたことも
          ない豪華な海外製デバイスばかりのオンパレード。知っているのは音は聞いた
          ことは無いけれど雑誌の写真で見たB&Wノーチラス801だけである。実は私は
          B&Wの音を一度も聞いたことがないのであるが このウーハーのデカさに驚く
          。これだけの大きな物を動かすパワーは500Wは超えるぞと思いきや200W以下
          だと仰っていた。で音を聞かせていただいたが「柔らかい」という一言が出る。
          詳しく言うと「奥行きが深くてしなやかで柔らかい」と印象を持った。ボーカル
          の定位はかなり深い奥行きの中にあるので ちよっと意外だった。SPの巨大
          さからもっと前の方で掴めるかと想像していたのだが、、
          しかし この方の美意識は徹底している、この方は白に拘る人だなと思わせる
          それはスクリーンを降ろした時に出る迷光も度外視してまで「ピカピカ」の室内
          だということとそれによってかなり広い空間がハイエンドな機器に似合う。
          超高級な部屋と機器類 上質な音質、ただミドルな私には余りにも高級すぎて
          「笑ってしまう」しかない存在だった、ごちそうさま(汗)。
          私が持参したBD「アキラ」をVW100+3800BDで見せてもらったのだが未だ次世代
          オーディオには対応されていなかったのでドルデジでモモンガさんと視聴。
          映像も見せていただいたので善通寺市のKin-yaさん宅に移動。

          善通寺市のKin-yaさんとは御付き合いしてもう九年が経つ、御宅によせていただく
          度に新しいマシーンが入っているので驚かされるこの方も海外ハイエンド製品
          を操りその耳の肥え方は讃岐平野のオーディオファイルから絶賛され、伝説の
          名言を残す方である。代表的なものに「フォルテシモの音がつぶれています!」、
          ボーカルがスクリーンに張り付いています」等など(笑)。というわけで今回
          訪問前に「Kin-yaさん、次世代オーディオに対応しておいてね」とお願いしたら
          流石、パイのBDP-LX91と海外ハイエンド系6Chプリアンプが揃えられていた。凄っ。
          Kin-yaさんの好きなところは理想の音や音像感を持っていらっしゃり 良い機器に愛着
          を持って長年使いこなされている姿勢である。高価で良い物を大切に使うから
          逆にコストパフォーマンスが高いのだ。今回の6Chプリも相当良い物だと見た。
          それと三管プロジェクターのLVP-2001を長年メンテナンスしながら大切に使われて
          おられ 今回もこの映像を見せていただいたが三管独特の「こってり」とした色調や
          輪郭には固定画素が永遠に追いつけない なんとも表現できない高級感が存在した。
          でさっき教授さん宅で見せてもらった「アキラ」を早速トルーHDハイパーソニックで
          聞いてみると、、モモンガさんがオープニングの最初の「太鼓の音がさっきと ぜんぜん
          違うやん!
          」、、確かに響きの質感が違う、、教授さん曰く「わざとですよーっ!」、、
          皆 大笑い!、また讃岐平野に名言が生まれた「わざとですよーっ!」。
          教授さんの次世代対応も秒読みにはいったことであろう、、、(爆)。



















          祝!6チャンネルプリアンプ導入で次世代オーディオ完全対応。






















          美味しい物までいただいてKin-yaさん宅を後にして いつも御世話になっている
          タケチャンさん宅に移動。タケチャンさんの凄いところは映像コレクションの
          その数だ なんとセルDVDやセルBD合わせて3,000枚以上、、はっきり数えたことが
          ないらしいけれど(凄っ)。私のミスでデジカメを車に忘れてきて撮ってないのが
          残念なのだが ノベルティグッズも貴重な物が多くプレデターやエイリアンや
          アイロボットのヘッドデイスプレーと喉から手が出るようなコレクションが、、、。














          タケチャンさんのシステムは

          AVセンター:インテグラ DTC-9.8
          ・パワーアンプ:前 デノン POA-T3,サラウンド ソニー N9000ES
          ・ブルーレイトランスポート:デノン DVD-2500BT
          ・プロジェクター:ソニー VW-100
          ・スクリーン:マリブ120インチ
          ・メインスピーカー:B&W マトリックス 802
          ・センタースピーカー:B&W HTM1
          ・サラウンドスピーカー:B&W DM601 S2(天吊り)
          ・サブウーハー:ヤマハ YTS-SW1000

          中でもサラウンドからの音の出方が非常に良い。かなり大きな部屋
          だが おもしろいほど映画に集中出来る空間であった。
          こちらも来る度に進化しつづけておられる楽しみな御宅であった。

          いやー タケチャンさん宅を後にすると もう外は真っ暗。好きな事を
          していると時間が経つのは速い。それと皆さんの御陰でリフレッシュ出来
          おもいっきり楽しい時間をエンジョイさせていただいた。それと毎週のように
          お互いの御宅を行き来しておられる香川軍団が羨ましく感じた次第。
          この不景気なのに「よーやる おっちゃん達」、讃岐平野は安泰だった。
          劇空間に御出でになることを約束しつつ 帰路についた次第。楽しかった。
          | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 19:33 | comments(15) | - |
          タンバジン登場!
          0















            今日も暑い日だった。香川からタンバジンさんが御訪問なされた。
            以前から「来る 来る」と仰っていたのだが仕事がお忙しいので
            今日の単独オフ会となった。タンバジンさんといえばオーディオである。
            午後から 音楽をいろいろ聞いていただいた、タンバジンさんはNorth star design、
            及びAccuphase P-5000に変更してから初めてKEF MODEL 203 を聞いてもらうことに
            なる、で感想を聞くと なるほど でかいウーハーを持つSP使いとあってMODEL 203 の
            低域の量感不足を指摘されたがNorth star designのトラポとDACがAccuphaseの高域の
            泣きを旨くコントロールしているとお褒めの言葉もいただいた。確かに低域は量感不足
            なのは私も感じているのだが スピーディーな低音を繰り出すのもMODEL 203 の得意
            業でもあるのだと説明すると納得していただけた。耳が肥えた人だけにオーディオには
            ひときわ広範囲な知識を持たれている が 持参された視聴用のCDケースの中身が
            空なのは気をつけていただきたい(笑)、一番自慢のダイアナ・クラルのCDも忘れて
            きてるし、、、疲れているのね。この夏に最高級のチューンナップを依頼していると
            言っておられた、秋にはこちらのほうからもその音を聞きに伺いたい。タンバさん、
            遠路はるばる お疲れ様でした。御土産までいただき ありがとうございました。
            秋は タンバさんち とKinちゃんち にまた伺いたいですね。 
            | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 17:33 | comments(8) | - |
            香川からの刺客
            0
              しっかしーっ、調べれば 出てくるわ出てくるわ 「うなぎ偽装事件」。ぬわにぃっ、
              「賞味期限改ざんも半年から一年延長」だって。しかも発ガン性物質「マラカイトグリーン」
              も検出されるし、うなぎ自体がもう何も信用できない。で 毎年「丑の日のウナギの蒲焼」
              の購入を頼まれていたのだが 今年は「気持ち悪い」と言って断った。何と10数年ぶりに
              断ったのだ。消費者からみれば偽装が 生産者の段階なのか、卸の段階なのか、流通
              の段階なのか、倉庫管理の段階なのか、小売の段階なのか、鰻屋の段階なのか、そん
              なこと想像もできないし まったく関係ない。口にするのは消費者、騙されるのも消費
              者、そんな消費者から見ると この「うなぎ業界」全体が知ってて 消費者に売りつけて
              食べさせていた としか思えない。だから ウナギは もう食べない。これが常識だろ
              う。騙されてまで にこにこしながら食べるバカが何処にいるだろうか、いいかげんに
              せい!。心配する事はない 「ウナギを食べなければ だまされる事は無い、ウナギを
              食べなくても死なないが ウナギを食べれば発ガン性物質を口にする確率は非常に
              高くなる」、もう いらない、いらない!。国産ウナギなんて本当に存在するのか、
              もう自分で夜釣りでウナギを釣りに行く方が 確実!。

              久し振りの オフ会。香川からKin-yaさんの紹介で教授さん(24帖のリビングでB&W ノ
              ーチラス801使い)がおいでになった。本当はタンバジンも一緒に来るはずだったの
              に。

              徳島のモトさんと午前 午後にかけて御案内。Kin-yaさんからは「徳島の高画質
              で ガッンといわせてくれ!」と命令を受けていたので そのつもりで対応しようと
              したのだが結構画質にはこだわりのある方で おもむろに見たことも聞いたことも無い
              ような高価なぶっとい電源ケーブル「Device1 ?」を取り出して 「これに換えて見せてください」と仰る。むー 若いのになかなかやるなぁ、3800BDの電源ケーブルとHD100の電源ケーブルを持参していただいた物に換えると 音質的に解像感が増大したように私には聞き取れた。画の方はモトさんも教授さんも「良くなった」と感慨深く仰っていたが、またまた 私を「ケーブル地獄」へ誘い込むのだけは ご勘弁を〜っ(笑)。Kin-yaさん、助けて〜っ。

              こんどは 是非 ハイエンドな教授さんのシステムをモトさんと一緒に見せてもらいに
              伺う事を約束してお別れした。教授さん お土産 ありがとうございました。家族が
              好きなんでよろこんでいました。
              | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 17:53 | comments(17) | - |
              オフ会
              0
                お腹がメタボである、暖かくなったし脂肪燃焼のため、成人病予防のためにも
                ウォーキングを始めた。やせるぞーっ!。

                昨日は年に数回のオフ会を催した、香川に御住まいのKin-yaさんとタケチャンさん
                を御迎えしてのイベントだ。

                午前中は徳島軍団で今 絶好調のモトさん宅で最新のパイオニアAVフンプのLX90
                とJBLの巨大システム(型番忘れた)の組み合わせ、画はソニーのVW100でBDプレーヤー
                は私と同じデノンの2500BTという 何とも私にとって 興味深い物を聞かせて 見せて
                もらった。



















                モトさんはフロント2チャンネルのみマッキンの1Ch 300Wのパワーアンプで駆動されてい
                る1Ch 300Wぐらいで無いと 大口径ウーハーは動いてくれないのだろう、、、
                私は あと各々100Wは必要かと感じたが これは物入りなので 黙っていた。
                Kin-yaさん曰く「センターのSPの口径が小さすぎる、左右と同じで無いとバランス
                が悪い」、、、ごもっともな御意見、モトさん たじたじ、、確かにセリフが小さく
                聞こえるシーンもあるが 私は もう少しセンターSPの高さを上げて再計測しなおせば
                なんとかなるようにも思ったが いかんせん左右のSPがデカイ!。
                肝心のパイオニアAVアンプのLX90、黒のスサノウの感想だが デジタルアンプということ
                でいかにも 「鳴るぞ」というかんじに見えた。で音質の感想なのだが、 どうかこうか?(笑)、実は あまりの大音量でしっかり聞きとめられなかったというのが正直なところ
                なのだ(モトさん ごめん)、というのも 試聴位置を皆が勝手に 前後 前後と換えて
                しまったために 肝心の音場を把握出来なかったのが正直なところ これはLX90が悪い
                のではなく私達が悪いのである(汗)。で 私が「U-571」をリクエストしてしまったのが
                悪かったかもしれない あの轟音は凄まじいばかりの印象しか持てないソフトだから
                である、ただ 機雷が潜水艦近くで連続爆破するシーンの あの剛鉄な爆音はうちの
                システムではとてもじやないが 出ないのは確かである。それにモトさんはSWは使って
                いないのだ フロントだけで低域を出していてあの轟音はすさまじい で 疲れた。

















                徳島ラーメンを食べてから 我が 劇空間に移動、イノセンスから始まって またまた
                U-571へ、、、だれやU-571ファンは? ソファーに三人掛けてもらって その 後で
                私は聞いていたのだが サラウンドスピーカーに近いのだ あの轟音でスピーカーが
                潰れるかと ひやひやした でっけーえ音が出ていた、 で またまた疲れた。

                今回はうちのピュアのシステムもハイエンダーなKin-yaさんに聞いていただくことが
                私としての目標でもあったので いろいろとCD再生を行ったのだが 何を言われるか
                冷や冷やものだったが Kin-yaさん曰く「SPケーブルの交換でまた違った展開も考え
                られるが システムとしては 良い」という診断をいただき ホットした。
                なんか お医者さんに診察を受けているようで ドキドキした(爆)、晴れて退院。

                Kin-yaさん タケチャンさん、モトさん 御世話になりました ありがとうございます。


                | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 18:09 | comments(22) | - |
                モトシアター訪問
                0


















                  午後から モトさん宅にお招きいただき 訪問。
                  以前からVW100HTのアドバンスト アイリスが動くのが
                  気になっていたので 御願いして これをオフにして
                  視聴してみた。結論 、「使える」。いままでVW100HTの持つ
                  キセノンランプの特性かスクリーンサイズが100インチでも
                  非常に黒が「潰れる」様に感じていた。今回も 「宇宙戦争」の
                  視聴を通して まずアイリス オートで視聴するが 人物の
                  後ろ姿、 車内での顔面の顔の影、屋内 階段周辺の情報、
                  地下室での人物の触る 腰周りの拳銃のディテイールの情報、
                  黒が絡むシーンでは やはり潰れて 情報が伝わらない。
                  (この部分は 今夜 うちの11Kでチエックして 御報告するように
                  モトさんには御約束した)。SD映像再生時には 特に このことが
                  目に付いた。早速アイリスオフで もう一度 チエックしたが
                  オンの時よりも 若干 階調が見え隠れするようになった。
                  ただ 私の目からは まだ暗い。 ので モトさんが 色々
                  設定を変えられていた。その後HV録画「バーティカルリミット」の
                  序盤を見せていただいたがHVではモニターライクでメリハリのある
                  SONYらしい画が見られた。明るさを上げても そう簡単には 白
                  飛びせず まず 安定したが画調が楽しめた。言っておくが これも
                  アドバンストアイリス オフの画である。オフで十分 使える。不自然
                  さがないし素直な 階調を獲られる。アドバンストアイリスが付いていよう
                  が 私は 個人的には オフにする方が ハイファイだと思う。
                  電気的に シーンごとに アイリスが動き回るのは 好みでない。
                  みなさん 不自然さを感じないのだろうか?。ま 好みかな?。
                  今夜 うちの機体で「宇宙戦争」の黒の階調を再確認してから ここで
                  また コメントしたい。つづいて 「キルビル1」のDTS音声を御願いして
                  聞かせていただいたが これは全篇 「使えそうな素材」の発見であった
                  。計算つくされたSEの配置と配列が楽しめる。北米盤でも 取り寄せて
                  みようかな? と思った。坂出のオジキが 観たら 倒れこんでしまうよ
                  うな音と映像であった(笑)。追伸、タケちゃんさんの御勧めで
                  国内盤DVD「アイランド」を購入したが 「車輪が道路に溢れかえる」時の
                  SE(サウンドエフェクト)は最高に質感がよく リアに廻り込んで
                  たのしかった(爆)。 
                  | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 17:29 | comments(14) | - |
                  香川単独襲撃
                  0
                    昨日の日曜日は香川軍団の御誘いで 徳島からは単独で
                    オフ会に参加させていただいた。一日で四軒のお宅を
                    見せていただくということで かなりハードに思えて
                    香川の方々は私の体調を気遣っていただいたのだが
                    本人は 楽しくてしょうがなかった。実はもっと観たり
                    聞いたりしていたかったのが本音である。香川はええわ〜。
                    香川からの参加者はRYOさん tanbajinさん ,Kin-yaさん、jiroさん。
                    まずは午前中 屋島のRYOさんの御宅にお邪魔した 独身ながら
                    マンション住まいとはリッチなRYOさん。以前香川の別の物件で
                    御伺い したこともあるのだが あの時よりも 広いスペースを
                    確保されていた。うかつにも写真を撮り忘れてしまった〜。
                    こちらのシステムは本格的なウイルソンを使ったハイエンドシステム
                    で機材の説明をうけるが 海外のものばかりで 私には???。
                    ただ昨日もコメントさせていただいたが SPの存在がまったく消えて
                    音場を形成されているのには舌をまいた。何がそうさせているのかは
                    理解できなかったが多分 全体的な総合力が そうさせるのだろうと
                    思う。私はピュアのことは まったく素人だが 三管の映像とともに
                    音声も聞かせていただいたが これも中々の物だった。ただ 1つ??
                    DVDソフトを買っているのに封も空けずにほったらかしにしている
                    ソフトが寂しそうに並べられていた。DVDも 観てやってください(笑)。

                    午後 昼食後 今回 本命にしていた(最初の目標点)坂出のtanbajin
                    さんの御宅へKin-yaさんの運転(お疲れ様です)で訪問する。
















                    まず目に付いたのは でっかくて重そうなYAMAHAのFX-3D.D SPLと
                    命名された特別?なSP。






















                    それと 一番最初に目に付いたのは 棚の中に整然と整理されたCDソフトの
                    の数。「あー この人は 音楽がすきなんだなぁ?」と思わせる。
                    それと 見通しの良い 天井の高い明るいリスニングルーム。
                    ただ あれやね この空間は女性ボーカルを聞くのに 持ってこいやね?
                    皆で視聴中にYAMAHAのFX-3D.D SPLの「高域が落ちている」と言われて
                    今まで 御使用になられていたYAMAHAのセンペケシステムと命名された
                    一回り小さなSPに変えて 女性ボーカルを聞かせていただいたが
                    私は こちらの方が好きである。何故ならYAMAHAらしい繊細さが満ち足りて
                    いるからである。FX-3Dが30年前製造、センペケが20年前製造のSPで
                    あると仰っていた。20年前というとレコードからCDに変遷する時代で
                    あったのだから その辺に 音質の設計が意図されているのかも しれない
                    な?と考えていた。センペケの方が 非常に使いやすそうだが゜ 氏に
                    よれば低域のパワー不足からFX-3D.D SPLを調達してみた と仰られて
                    いた。そこで私は こんな言葉を思い出した。「木を見て森を見ず」。
                    私なら バランスの良い 汎用的なものを素直に選んでしまう。拘り
                    過ぎたら 「音は楽しめる」が「音楽を楽しむ」時間を失う。
                    tanbajinさんには ゆうゆうとラフに女性ボーカルを楽しんでいただきたい
                    そんな気もした。ただ 御本人はFX-3D.D SPLを改良する方に 拘る
                    んだろうなぁ?。マメな方だからなぁ?。聞かんわなぁ〜っ(笑)。
                    アキュのCD.Pアキュのパワーアンプの直結でバランス接続されていたように
                    見えた。プリなしでパワーに直結しているのは 初めて見た。音量は 一定
                    にしておくらしい。これも初めて 見た。勉強になった。

                    夕方になってきた 今度は善通寺のKin-yaさんの御宅にお邪魔した。
                    長い間 ご無沙汰している間に シートやサブシートやカウンター
                    まで新調されていた。いつ伺っても その趣味の良さに感銘してしまう。
                    この もてなしの段で お人柄も伺える。聞くところによると この
                    シート群も高価なものらしい。凄い。コーヒーとお菓子を御馳走に
                    なる。実は 昼間食べた うどんの量が少なかったので(笑)おなかが
                    空いてたのよん(笑)。Kin-yaさん、ナイス。

















                    Kin-yaさんの場合 凄いのは ピュアもAVも同時にこなされている
                    ところだ それに海外製品のチョイスも実に趣味がいい。美しい。











                    jiroさんは御仕事でKin-yaさん宅には御出でになられなかったが
                    本当は 個人的にはKin-yaさんのシステムと映像を見せてあげたかった。
                    このお部屋で見せていただくのは数回目だが 音質的に 一番初期の
                    に聞かせていただいた時よりも 音に「丸み」が出て 非常に
                    聞きやすくなったように感じられた。ルームアコースティクを駆使されてお
                    られるように見えたが これらも この良い響きに貢献しているのだろう。
                    Kin-yaさんと言えば 泣く子も黙る PMCの使い手である。予告どおり
                    国内盤「宇宙戦争」の雷のから見せて(聞かせて)いただいた。
                    私も この「宇宙戦争」で音質をよくチエックするのだが この雷の
                    シーンは始めてチエックする。そこで ブッタマゲタ。雷のSEの質感が
                    半端ではない。ええええっ という感じだ。ここは モトさんにも
                    聞かせてあげたかった。続く アスフアルト亀裂、教会崩壊、地盤沈下、
                    マシン登場、殺人光線、非難 と ここら辺は うちの音質もいい勝負
                    できるのだが...(家へ帰ってから同じシーンを聞いてみた が
                    あの雷の音だけは 出なかった)。スッゴーっ。いい勉強を させていただ
                    きました。 が、 家へ帰って同じチャプターを見たのだが うちの11K
                    の映像では トムの見る オメガの時計のΩ印がはっきり見えていた。
                    Kin-yaさん?三管の調整 お願いしますーっ(爆)。
                    その後 私が持っていった dtsデモのvol9をかけていただいた。
                    これも質感の細かで雄大なSE群の数々。ただ一点?「ヒーロー」の
                    「ブルールーム」というチャプターでジエットリーが浮遊して切り込んだ
                    縄が一斉に解けて 木材がなだれ落ちる音質は うちのAD9100ESでは
                    凄い解像感と重低音がミックスされるのに こちらでは そうでも
                    なかったので思わず「あれ?」と声を出してしまった次第であった。
                    追伸、tanbajinさん は このディスクは 嫌いになったらしい(爆)
                    聞けば「ヒーローでの軍隊の放つ矢が怖い」らしい(爆)。

                    日も暮れてしまってから もう1軒 ご無沙汰している タケチャン
                    さんの御宅に伺う。お部屋に通されて 皆「絶句」。またまたDVDソフト
                    が増えている。その数は 半端ではない!聞けば約2500枚以上、、、。
                    ギョエー 個人で 持っている量ではない ない ない絶対。
                    プロジェクターをZ9000をZ11000に換えられていた。アイリスを
                    ミドルモードにして御使いで AVアンプはヤマハ。うーん、懐かしい
                    このDSPの響き。古巣に戻った感覚。やはりヤマハはえなぁ。
                    私が使用のDA9100ESに興味深々とのことで 氏もまた速いうちに
                    SONY派に逝かれるであろう。ただ 少し見せていただいたが 非常に
                    サラウンドは旨く 廻りこんでいたように感じた。これ以上 何かが
                    必要であろうか?これは疑問である。jiroさんには こちらのシステム
                    も見せてあげたかった〜。タケチャンさんには いつものアレも御土産に
                    いただいてしまった。なんか 催促してしまった かんじで 申し訳け
                    なかった。新造劇空間を見ていただいて その分 恩返ししなくては。

                    と言う事で 有意義な一日を過ごしてしまった。もうちよっと見せて
                    いただきたい美味しそうな物も沢山のこしたまま 後ろ髪(あ なかった)
                    を引かれる思い出 高松から徳島へ特急でもどった。

                    皆さん ありがとうございました。今度は 徳島で 恩返しいたします。
                    また 香川にも また 呼んでくださいまし。
                    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 19:09 | comments(7) | - |
                    SACD嫌われる の巻
                    0
                      香川 坂出からtanbajinさんを御迎えしてのオフ会は
                      非常になごやかに終了しました。徳島のモトさんも
                      一緒に参加していただき 何かと 御世話になりました。
                      今日の ほとんどが11Kによる「HVアップルシード」の上映。
                      私は お二方の後方で110インチビスタサイズを見ていたが
                      やっばり1080Pの発色は良いです。自己自賛はいいのだが
                      お2人とも 満足していただいただろうか?。このアップルシードは
                      画質、音質もさながらシナリオの展開も速く 何度でも
                      観れる作品に 間違いない。「一家に1本アップルシード」。
                      続いて残った時間で゛女性ボーカル等をKEF203とDA9100ESとAX5AViの
                      組み合わせで聞いていただいたがNorah JonesのSACDを聞いていて
                      tanbajinさんが「うちのNorahの声ではない!」と言い出したりして
                      SP自体を奥へ引っ込めたりして低域を出そうとするも 出てこない。
                      「エージング不足」と言う事で またまた 宿題をいただきました。
                      SACDマルチを聞いていてtanbajinさんが「横から音がして気色悪い」
                      と仰りだして とうとう どうしても マルチは嫌われてしまいました
                      (笑)。うーん SACD ダメですか? ということでDVDオーディオも
                      取り出して ホテルカリフォルニア さて どうだーっ!!ドナルド
                      フェゲンは? だめですか? tanbajinさん マルチだめ の巻きでした。
                      この上は 坂出のtanbajinさん宅を強襲するお約束をいただいて お別れ
                      いたしました。御二方 お疲れ様でした。
                      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 18:32 | comments(8) | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE