劇空間 徒然模様

HDMI道中 2
0

    画質優先でHDR対応セレクターも除外してしまったが現在プロジェクターへ4K信号を

    送っている私のお気に入りのHDMIケーブルは実は4年前に購入したSONY製と古いので

    これを新しいカテゴリーの物に変えたら画も良く見えるだろうかと思って新発売された

    この会社のPremium HDMI認証取得品を購入してみた。

     

    実は価格が安いのである1.5mで送料無料3000円を割る価格、、、最新HDMIケーブル

    も安くなったんだなぁ?。

     

    「Premium HDMI認証取得品・4K2K/60p・18Gbps・HDR対応」とあるのだが

    「Premium」っていったいなんなの?と思いつつ早速これにつなぎ変えてみた、、。

     

    いつものように4K映像を見たのだが「画面が暗い」「立体感が平坦」「解像感が落ちている」。

     

    昔HTPC(ホームシアターPC)を組んで遊んでいるときに「輻射対策を施すと画面が明るくなる」と

    いうのが基本であった。つまり今回のケーブルはノイズ対策が行き届いていないために

    画面が暗くなったと感じ画も悪く映ったのであろう。

     

    しかし、「Premium」なんだろう?4年前に購入したSONY製の方がHDRにも対応しつつ高画質

    に見えるなんてHDMIも他のデジケーと同じで突き詰めると迷宮に迷い込む気配がして怖いのだが

    もう少しその気配に浸ってみよう。

     

    あーあ ケーブル1本損した。

    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 18:20 | comments(8) | trackbacks(0) |
    その後のHDMIセレクター
    0

      この数週間出荷作業が一息つく暇もないほど忙しくてブログを書く気力が乏しい毎日を送っている。

      しかしこの忙しさも後一か月ちょっとで終わる、、って長いな〜。

       

      さて4K視聴なのだが録画したスカパー4K総合の目玉番組「THE世界遺産4K PREMIUM EDITION」

      シリーズを毎日2作見ることにしているのだが撮影機材が良いのかスタッフが良いのか解らないのだが

      どの作品も超高解像度で発色が自然で惚れ惚れする画質で4Kを楽しませてくれている。

       

      しかし先日購入したHDMIセレクターを使うようになって「随分その良さが後退している」ように

      感じていた。試にセレクターを外して4kメディアプレーヤーのSONY FMP-X7とプロジェクターを

      直接HDMI接続した条件で同じ4k映像を観てみると解像度や奥行き感、立体感が著しく良いのが

      確認できた。

       

      映像系出力側と入力側の間に別の機材を間に置き接点を増やすと解像度を主としたリアリティーの表現力が

      低下していくことは以前から心得ていたのだがセレクターの便利さに目が眩んでしまって危うく

      美味しい4Kのうま味を手放すところであった。

       

      ということでHDMIセレクターは完全に外してしまってHD-BDプレーヤーのPanasonic DMP-UB90と

      4kメディアプレーヤーSONY FMP-X7の映像出力HDMIケーブルの切り替えは自分の手でいちいち差し

      替えることにした。これにより便利さは失うが解像感とリアリティーを保持できるのだ。

       

      iasn.JPG

       

      手動切り替えするために各々プレーヤーの映像HDMI出力端子の真上の天板に白いビニールテープの切れ端

      を貼り付けて端子の位置が手探りでも解るようにし離れて設置していた各々プレーヤーを隣通しに近づけて

      置きなおした。試してみたがこれなら結構素早く抜き差し出来る。

       

      どちらのプレーヤーもHDMI2本出しが出来るのでこういうことが可能になるのだ。

       

      とにかくHDMI信号系統はシンプルな物が一番いいと思う。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 18:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
      4K HDR対応 HDMIセレクター
      0

        スカパー4Kを楽しんでいる中、数年ぶりにHDMIケーブルと4K対応のセレクターを買った。

         

         

        しかしこのHDR対応が不十分な時期のセレクター選びは慎重さが問われる。

        つまり4Kに対応していてもHDRに対応していないセレクターがほとんどなのだ。

         

        私が必要とするのはUHD-BDプレーヤーのPanasonic DMP-UB90と4kメディアプ

        レーヤーのSONY FMP-X7の信号を割振りできるセレクターである。

         

        吟味した末に選んだのは昨年末に発売したHDR対応のセレクター

        だった。Panasonic DMP-UB90からのHDR信号をVW535に安定して伝達できる

        仕様でないと使う意味がないのだ。

         

        ちなみにHDMIケーブルはSONY製の汎用型なものであるが私はSONYの物の画が

        一番好きだし信頼しているので迷わずそうなった。

         

        さて、設置配線した結果、このセレクターは見事にHDRの画像を出すことが出来た!。

        Panasonic DMP-UB90からのUHD-BDの画は勿論Netflixオリジナル作品のHDRも

        難なく出画出来ることを確認した。

         

        ついでに今話題のNetflix初のHDRアニメ『シドニアの騎士』を観てみたが切れ込む

        コントラストと宇宙空間でのバーニヤや砲撃の閃光の眩しさの表現は興味深い

        演出で好感が持てた。

         

        聞けば4K放送環境が整うのは2019年の春からだと言う。それまでの間に4Kの

        高精細とHDRの眩しさを体感するには少しは自分自身で知恵を絞って動かなければ

        手に入らないと思う今日この頃である。

         

        セレクターには後一つHDMI入力端子が残っているのでここに何を入れようかな?。

         

         

        | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 19:42 | comments(11) | trackbacks(0) |
        CS 「スカパー!4K 総合」 加入
        0

          HDRの熱も冷めてNetflix やプライムビデオのオリジナル4Kドラマにも

          おもしろい物が無いことが解りだしたのでNetflixは今月で解約した。

          同時にレンタルBDも新作に目新しい物が無くなってしまったのでしばらく休会した。


          何も観る物が無くなっていくのでラックに眠っていた4Kメディアプレーヤー『FMP-X7』

          接続しているHDDに録り込んでいた今は終了した4K試験放送「Channel 4K」の録画を

          久しぶりに535で見ることにした。というのも4K試験放送時にも色域BT.2020を採用して

          いたという話を最近耳にしたからでもあった。

           

          すると535の色域をBT.2020に設定して観てみる録画の超素晴らしいこと!!。

          500ESで見ていたときは色域「BT.709」止まりであったのでそのポテンシャルの

          懐の深さは窺い知れなかったのだが535のBT.2020は「超高精細」はもちろん

          「色の深み」「色の多さ」「安定感」のレベルが桁違いに良くなっている。

           

          例えばTHE世界遺産4K PREMIUM EDITION(総集編) のイエローストーン国立公園の

          多彩な岩肌や泉の色の深さが素晴らしい!。特に緑色と青色の「色の深み」が顕著

          に再生され色域の拡張によって4Kの精細感がより際立っことを物語っている。

           

          先日紹介したUHD-BD「宮古島」の映像などよりよっぽど安定していて色彩豊富で

          超解像度であることに驚く。

           

          これは素晴らしい「4K映像素材」だと再確認したし「もっとこの素晴らしい4Kを手に入れたい」と

          いう思いが湧きあがったのは人情という物である。

           

          しかし調べてみると4K試験放送「Channel 4K」は昨年終了してしまっているがCS スカパーでは

          有料でより内容の濃いしかも録画可能な「スカパー!4K 総合」という番組を続けていた。

          目玉はやはり30分番組となっている「THE世界遺産4K PREMIUM EDITION」シリーズ。

          その他にも海外の4Kドキュメンタリー番組や映画やドラマとラインナップも豊富で音声は

          ほとんどが5.1ChのLPCMである。これは加入しなければ勿体ないと思ったがスカパー!4K の

          場合何か1番組を契約しないと「スカパー!4K 総合」は見れないようになっている。

           

          しかたがないので取敢えず月額約500円の一番安い番組を契約しそれと基本料約400円を払って

          月額約900円で「スカパー!4K 総合」を見ることにした。

           


          今月は「パトレイバー 首都決戦 4K版 」も放送されるし「THE世界遺産4K 」をHDDにコレクシ

          ョンするのが楽しみである!!。

           

          何度も繰り返して見てみたい4K映像財産と言いたい素晴らしさ!!。

           

           

          | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 13:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
          ランボー ベストバリューBlu-rayセット
          0

            今年最初のブルーレイソフト購入。

             

             

            ram1.JPG

             

            ram2.JPG

             

             

            実はランボーシリーズのソフトは「最後の戦場」しか持っていないが事ある

            ごとにジェリー・ゴールドスミス作曲のあのランボーの勇士が甦る

            テーマ曲のメロディーが脳裏に過っていた。

             

            ランボーシリーズのBDを探したらナント3000円程だったのでついプチッてしまった。

             

            3夜連続で感慨深く試聴したのだがこのソフトは「STUDIO CANAL」製の物だった。

            画質は悪く音質はトルーHDだというのにサラウンドしていない、、、むむ?。

             

            「このセットを昔買ったことがあるのでは?」という記憶がワラワラ甦る。

            自分のブログで「ランボー」を検索したら8年前の2009年に「ランボー・トリロ

            ジーBD BOX」を購入し画質が気に入らないので手放したというような書き込みがあった。

             

            昔手放したソフトにまた手を出してしまったようである(汗)。

            でもランボーはいいな〜!。

            | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 16:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
            仕事はじめ
            0

              正月の二日間飲みまくりで食いまくり状態だったため胃の調子が最悪で

              胸焼けがきついのでパンシロンを買ってきて飲んだら大分ましになった。

               

               

              やっぱり酒をがぶ飲みをする歳では無いという事を再確認した。

              今年は何事も「大人しく」して行こうと思う。

               

              さて、三賀日中であるのにもかかわらず仕事が始まった。

              やはり体を動かしている方が調子が良いのが解る。

               

              3月中旬までノンストップ!。

               

              | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 12:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
              謹賀新年
              0

                あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいします。

                 

                さて、今年は酉年で私は年男です。

                 

                年男とともに年齢も大台に乗ってしまいます が、マイペースで気持ちだけ

                若く健康でこの一年を過ごせたら と願っています。

                 

                それと今年は徳島にもシネコンがもう一つ新しく出来そうなので楽しみに

                しております。徳島にもIMAXが欲しいなぁ〜。

                | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 10:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
                年末に
                0

                  今年も来年も「スピンオフ (派生)」と「途絶えていたシリーズの続編」な新作映画

                  ばかり出てくる様に感じるのだが。「途絶えていたシリーズの続編」等はもう前回の

                  話を忘れてしまっていて復習して見に行かなければついていけない出来上がり。

                   

                  これならほとんど「何でもアリ」な状態で話が終る気配も感じられない。

                  つまり作品を見に行く観客の「集中力」と「没入感」を剥いでしまうのでは。

                   

                  しかし世の中はそういう「雰囲気」が好きなのか結構観客が入ってしまう。個人的には

                  存在感のある見ごたえのある「まったくの新作」が出てくることを望んでいる。

                   

                  さて今年ももう終わり、個人的には今年の後半からまたAVに没入していった。

                  来年もまた前半はHDRを中心に機器を触っていきたいと思う。

                   

                  暖かくなったら釣り趣味に戻る予定。

                   

                  一年間 ありがとうございました。来年もよろしく!

                  | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 16:14 | comments(10) | trackbacks(0) |
                  宮古島/UHD-BD
                  0

                    清水の舞台から飛び降りるつもりで格安の「宮古島/UHD-BD」をゲット!。

                     

                    MIYAKO1.JPG

                    早々に先日の4K/60P再生の設定で再生するも何故か1080Pで再生されているとプレヤー

                    側で出てくる。焦りまくって一度535側のHDMIフォーマットをリセットするとちゃんと

                    4K/60P&HDRで再生出来た。

                     

                    MIYAKO2.JPG

                    プレーヤーの映像表示でHDRを確認した。うちのHDMI映像ケーブルは3年前に買ったSONY製の

                    HDMI2.0と古い物だが関係なしに再生出来ている。新しい物は必要無いように感じるのだが。

                     

                    ソフト自体の感想だが初っ端に映る宮古島の日の出?の様子の波の煌めきはHDRの効果を強く感じる。

                    しかし日中の各ビーチの様子は別にHDRで無くても解像度は高いし発色も綺麗に見えるような気がする。

                     

                    という事はHDRの効果を強く確認できる映像というのは日中よりも日の暮れ、木漏れ日、夜間の映像

                    の物なのではないかとも思った。つまり暗部の中で光る何かを撮影した物の方がリアルに映し出される。

                    日中の太陽光を浴びたビーチの様子を映してもその凄さは確認できないようだ。

                     

                    こういう明るい4K映像を体感したいのならYouTubeに混在する8Kや4Kデモ映像で十分満足できるので

                    これほど高額なソフトは必要なのかな?とも感じる。このソフトにはリプレイモードが付いているので

                    そもそも業務用に開発された4KHDRソフトなのかとも思われる。

                     

                     

                    さて、今年最後のセル・ブルーレイソフトも到着したからではないがHDRに対する個人的な熱も下がり

                    だしたように感じる。これからは高額なUHD-BDは横目で見ながら購入するのなら廉価BDを中心にして

                    行きたいと思う。

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 17:22 | comments(6) | trackbacks(0) |
                    Netflixの4K HDR視聴方法 覚書
                    0

                      535でNetflixオリジナル作品の4K HDRバージョンを視聴する時。つまり4K60Pである

                      素材を視聴する時の手順の覚書を残しておきたい。

                      hdr1.JPG

                      まずNetflixアプリ使用可能のプレーヤーPanasonic DMP-UB90側の「初期設定」→「HDMI」→

                      「4K/60P出力」の設定をデフォルトから「4K/60P(4:4:4)」に変更する。

                       

                      hdr2.JPG

                      次に535側の「機能設定」→「HDMI信号フォーマット」→

                       

                      hdr3.JPG

                      「標準フォーマット」を「拡張フォーマット」に変更。

                       

                      hdr4.JPG

                       

                      するとNetflixオリジナル作品の作品説明画面に「HDR 5.1」の印が出現するがこの段階で

                      本当にHDRでドラマが見れているかは断定できないので。

                       

                      hdr5.JPG

                       

                      もう一度535の「画質設定」→「コントラスト」が「コントラスト(HDR)」に変化していることを確かめられ

                      たら初めてNetflixオリジナル作品のHDRバージョンが視聴出来ていることを判定できる。

                      ちなみに535以前のHDR対応機ではこの「コントラスト(HDR)」設定項目が無いので確認しずらいと思う。

                       

                      以上の設定で使用、停止を繰り返しているうちにHDRバージョンが見れなくなったらNetflixの設定

                      から一度リセットしNetflixを再起動させれば正常に戻ると推測される。

                       

                      またまだ数は少ないのだがここで少しNetflixオリジナル作品HDRバージョンを見たうえでの感想を

                      書かせてもらうと、、小説「火花」のオープニングで空撮される熱海の花火大会の映像が出る。

                      この花火の輝度と向こう側に見える黒い熱海海岸方面の黒の対比が克明で花火の「熱さ」がうかがい知れる。

                      これは完全に普通のバージョンでは見られない光景。またそれ以前の白昼の熱海の海の波の輝きが眩しい。

                       

                      Netflixオリジナル作品HDRバージョン最新作の「THE OA」1話の後半、今まで薄暗く撮影されていた北米の

                      とある町から話が過去のロシアに飛ぶときに白い雪で覆われたロシアのとある町の明るい空撮に変わる。

                      この時に「眩しい!」と頭の中で叫んだぐらいの輝度の高さを体感できる。

                       

                      こういう素材を見るとHDRの高い将来性をうかがい知れる。

                      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 10:40 | comments(10) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE