劇空間 徒然模様

ボヘミアン・ラプソディ /北米盤UHD-BD
0

    長かった冬の収穫を今シーズンは2月末で終えた。さぁ 春を

    満喫しよう。

     

    「泣く」「泣く」との評判いい「ボヘミアン・ラプソディ」を

    個人輸入ではなく今回はオークションで素早く手に入れた。

    DSC03542.JPG

     

    クーポンとポイントを使うと3000円台で手に入り北米アマで買うのと

    同じ金額で手に入った が 本当に「泣ける」ソフトなのだろうか?

     

    伝説のロックシンガー フレディ・マーキユリーの半生を描いた本作品。

     

    ロックグループのクイーンをよく知らない私だったが でも でも、、、

    あるシーンで涙腺が緩む 緩む 緩む、、、なんで???。

     

    脚本の勝利!!不治の病に侵されていてもそれを正直に受け入れて

    ロックンローラーとして前向きに「生きる!」意味を 歌い続ける 

    彼の姿に共感する拍手は鳴りやまない のだ。 

     

    すばらしい!!。

     

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 17:40 | comments(6) | trackbacks(0) |
    BS4Kライフ
    0

      今日は一日雨が降り数十日ぶりに終日仕事を休んだ。

       

       

      BS4Kライフだけれど忙しい中でも毎日少しずつ録画を消化するべく視聴している。

      4K画質も毎日見慣れてくると「普通に」感じて高画質に感じられなくなると

      思いきや8K撮影を4Kにダウンコンした物の中には「おーっ!!」と感嘆の声が

      出てしまう掘り出し物の撮影素材がまだまだ存在する。

       

      特に6000m級の高山や人の立ち入らない神宮など空気の澄んだロケ地での8k撮影

      物は驚愕の超高精細の映像美を体感できる。

       

      HDRな物はコントラストでも優位に立つがノンHDRな撮影もかなりの超絶物である。

      2017以前の撮影はHDRな物が少なくそれ以後の物はHDRの恩恵をかなり受けているように

      感じる。

       

      BS4KのHDR(HLG)はそのシステム上 ノンHDRの映像よりも画面全体が「暗い」。

      レーザーライトシステムで高輝度を誇る745においても輝度いっぱいで暗く感じるのだから

      水銀ランプのプロジェクターならかなり暗く感じるだろうな と想像しているのだが

      これはこれで自然界の輝きを演出するのには極上の仕掛けだとも感じる。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 17:32 | comments(14) | trackbacks(0) |
      また
      0

        AVネタは乏しく休日もなく近況報告ばかりの今日この頃。

         

        また風邪をひいてしまったみたいだ。みたいだというのも

        熱も咳も鼻水も出ないが御腹の調子が睡眠時に良くなく

        日中は体がだるく鼻が詰まって口呼吸しかできないのだ。

         

        労働による疲れが溜まっているのかと思っていたら

        今朝 家内も同じような症状を訴えていたので風邪

        だということでジキニンを飲んだ。

         

        日中は畑に居たりするので人との接触は皆無。

        インフルはうつらないと思うのだが気温の高低差が

        激しく寝冷えをしたみたいだ。

         

        仕事 休みたいな〜。

         

        | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 11:50 | comments(6) | trackbacks(0) |
        思い出します故郷の友が、、、
        0

          農作業を行っていると毎日の天気の予報が気になる が 

          天気予報はここ数年 当たったためしは ない。

           

          異常気象が続く中 南国徳島では 冬物野菜を栽培しているのに

          2月になっても 寒波は感じられず 暖かいせいで出荷相場も 安い中。

           

          「今年は暖かくていいな」と感じるのは見当違いで寒い時には

          寒く無いと経済は成りゆかん のが 常識なのだ、、、。

           

          そんな南国の暖かい中 今日の鼻歌は この曲だった。

           

          よさこい というのは「夜に来て」という語源らしく高知の隣の徳島においては

          まったく耳にすることがない文脈。

           

          しかし、この歌が頭を過ったのは 徳島があまりにも暖かかったせいだろうな♪♪♪

          | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 20:02 | comments(6) | trackbacks(0) |
          ナオミの夢
          0

            今日の徳島の最高気温は15度と異常気象が続く中、2月に入っても連日

            畑で単純で腰が痛くなる休日なしの収穫作業が続く。

             

            鼻歌を歌いながら作業を進めるのだが最近はこの歌が不思議と出てしまう。

             

            1971年って私が高校受験の際またまた深夜ラジオで流れていた曲だ。

             

            たぶんブレイクしている大坂なおみ選手の人気からナオミというフレーズが

            無意識に出てきたのだと思う。

             

            もともと歌っているヘドバとダビデはイスラエルの人達らしく「ナオミ」と

            はヘブライ語のイスラエルでも使う女性の名前らしい。

             

            そういえばハリウッドの女優にもナオミという人がいるのもその辺から

            出てきたんだな〜と思いながら♪♪♪。

            | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
            iPurifier DC 3本目&USBターミネーター
            0

              AVアンプのSC-LX59経由だと東芝製でBS4K放送のHDR(HLG)信号を

              745側で認識しなくなった事を先日書いた。

               

              手動でHLGを設定すると正常にHDR映像を見ることが出来るのだがどうも

              それでは納得いかない蟠りが残るのでAVアンプに映像信号を入れない手段を

              とってみた。

              DSC03530.JPG

               

              「ラトックシステム 4K60Hz/HDCP2.2対応HDMIオーディオ分離器」という

              物で4K HDR映像信号と5.1Chサラウンド音声を別々のHDMI端子から出力

              する。試してみたらAVアンプ経由でダメだったHLGが見事に745側で自動で

              認識されドルビー系変換で5.1Ch再生も可能となった。これでもうアンプ

              は映像がらみでは不要となる。

               

              しかし、ここでこの分離器の電源から入り込むノイズの対策が必要になってしまった。

               

              先日購入したiPurifier DCがもう一本必要になるということだ、、、しかしこれは

              安価な物でないのでネットを彷徨っていると あった!手ごろな値段で中古があった!。

               

              DSC03531.JPG

              はい、これでiPurifier DCが3本となった。
               
              しかし実はこのiPurifier DCよりも先にもう一つ手に入れてた
              ものがある。acousticrevive製のUSBターミネーターRUT-1だ。


              BS4Kチューナーの空きUSB端子にパイオニア製のクリーナー
              を突っ込んでいたのだがそれに換わってRUT-1を差し込むと
              一回り強力にノイズ除去出来てしまい惚れ込んだ逸品!!。

               

               

              以上の3品の合計金額だけでチューナーの価格を確実に上回っている。

               

              一連のノイズ処理の成果を見極めるために何度も繰り返しBS4K録画

              の「イエローストーン」の映像を見続けている。もちろんリアル放送

              の映像も記憶の隅においてそれとも比較しながらデジタルノイズが

              排除出来ているのかを確認してきた。

               

              しかし、これだけアクセサリーを投入してAVアンプ経由の方が少し解像感

              が高いのだ。おそらくアンプ内蔵の映像エハンスが効いて解像感を描き出して

              いたのだろうと思い最終的に745側シャープネスを+3〜+5まで上げて見た。

              DSC03534.JPG

               

              すると!たったこれだけの事なのに理想通りの4K HDR映像が出来上がった。

              チューナーにもノイズ対策しているのでリアルタイム視聴時も超高精細である。

               

              DSC03533.JPG

              番組序盤の谷を空撮しているシーン。左手の崖の上の先端の木のデティールが解像感たけでなく

              立体感も持って見えているか?。谷を渡る川の流れの様子が精細感を持って見えるか?。

               

              (静止画像でないので少し解像感は落ちて写っている)

               

               

               

              DSC03535.JPG

               

              熊の親子を見物する車後方の群衆の動きが解像感を持って見えているか?。

               

              DSC03536.JPG

               

              丘を越えている鹿の群衆の解像感が潰れずに「何が動いているのか」認識できるか?。

               

              DSC03538.JPG

               

              最後に地上を空撮したオープニング映像の発色、精細感、遠近感。8K映像の高級感が垣間見えているか?。

               

               

              いやいや、かなり時間とお金を要したけれどここまで超高精細に近づく過程は本当に楽しかった!!。

              輻射対策をすればHDDのようなノイズの巣でさえ克服すすることが出来ると信じていきたい。

               

              4K道はまだ続くだろう な。

               

               

              | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
              山あり谷あり
              0

                東芝製BS4Kチューナーは調子よく映っていたのだが先日のアップ

                デート以後パイのAVアンプ経由ではHDR(HLG)を745側で認識

                しなくなってしまった。

                 

                HDMIを745に直差しなら正常にHLGを認識するのでどうやらAV

                アンプが認識できないようなソフトの上書きがあったようだ。

                 

                しかし、745側で手動でHLGに設定してやると正常なHLG画像が

                出ている。745のオート設定ではダメで手動ならOK、、、何とも

                納得のいかない状態である。

                 

                個人的にはAVアンプは音声だけで映像信号は入れたくないのだが

                チューナー側にHDMI出力が一つしかないのが悩みの種である。

                 

                何かいい方法ないかな?。

                | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 17:32 | comments(6) | trackbacks(0) |
                iPurifier DC 2本目
                0

                  東芝製BS4Kチューナーに換えてからUSB-HDDへの録画もスムーズに

                  出来て重宝しているのだがリアルタイム視聴に比べて録画された画質

                  はデジタルノイズに侵され解像感、精鋭感に欠けて眠たい画に見えるのが残念だった。

                  あった。120インチの巨大な画面では少しの変化もごまかしは効かないのだ。

                   

                  ノイズ除去対策としてこの際大枚の金は注ぎ込めないのでCSスカパー4K受信、録画

                  時に使っていたデジタルノイズ除去アクセサリーを再利用することにした。

                  DSC03529.JPG

                   

                  CSスカパー4K録画時にとても有効に働いてくれたアクセサリー機器なので信頼して再利用できる

                  確信がある。、、箇条書きに。

                   

                  ◎USB-HDD側

                  デジタルノイズが一番乗りやすいディスク側なので電源とデーター伝送側に輻射対策を。

                  ●HDDとチューナーの間をAcoustic Revive USB-1.0PL-TripleCでつなぐ。

                  ●USB-1.0PL-TripleCとチューナーの間にiSilencer3.0を装着。

                  ●HDDのDC電源ユニットとの間にiPurifier DCを挟んで給電する。

                   

                  ◎BS4Kチューナー側

                  ●USB端子が接続端子ともう一つあるが空いている一つに徳島のモトさん

                  から以前いただいたパイオニア製USB型ノイズクリーナーでターミネイトする。

                  ●ACOUSTIC REVIVE製LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC 

                  ●今回新しく購入したiPurifier DC2をチューナーの電源部に挟み込む。

                   

                   

                   

                  さて、この結果強烈にノイズを抑え込んだのか「精鋭感」と「解像感」「発色」

                  「奥行き感」が驚嘆の域に勢いづく。速い動きでの残像が出なくなりコントラストが

                  高まりHDRの機能性も余裕を感じるようになった。一番意外だったのは5.1Chサラウンド

                  の音の解像感が増しリアスピーカーから音が聞こえやすくなった。音もノイズに埋もれていたのだ。

                   

                  この変化をチェックするのには「8Kベストウィンドー」の北米イエローストーン

                  録画の同じシーンを繰り返し見てみた。8Kダウンコン映像なので解像度の良さは抜群。

                  DSC03523.JPG

                   

                  岩肌の立体感と解像感が際立つ。奥に見える雪山との奥行き感も際立つ。

                   

                  DSC03524.JPG

                  湿地に見える川の模様と周りの森林のたたずまい。水の発色と緑の陸の発色。リアリティーある

                  精鋭感と空間性。

                   

                   

                  DSC03526.JPG

                  巨大な温泉と周囲の独特な色のグラデェーション。側道を歩く人の影とその解像感が凄い。

                   

                   

                   

                  とどめに!以前ジバゴさんからいただいた高品位焼物素材を活用したHi-Fi系スタビライザー

                  RS-SQUAREをチューナーの上に置いたら、、、もうリアル視聴でも感動する4K映像に到達した!。

                   

                  こういうデジタルノイズにユーザーがアプローチすることは単体チューナーだから出来る

                  のであって4KレコーダーではHDDが機械内部に最初から組み込まれているので触りにくい

                  とも感じる。ただし今回2本目を購入して加えたiPurifier DCにしろ2本購入でチューナー本体の値段を
                  超えてしまう。出費を抑えながら高画質に近付いていくことが趣味として成立するよう
                  にも感じている。がしかし まだまだやってみたいので次なる計画を立てている。

                   

                  今週末にはレストアされた「アラビアのロレンス」4K版も放送されるしこのシステムで
                  録画した物を見ることが楽しみである。

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 17:41 | comments(5) | trackbacks(0) |
                  花の定期便
                  0

                    地味な畑の収穫作業が連日休みなしで続く。

                     

                    単純な収穫している間に頭の中で流れる歌が

                    あるのだがその歌は不思議なことに私が高校受験の

                    際 深夜ラジオ放送で流れていた笑福亭仁鶴氏の

                     

                    この歌と この歌なのだ。

                     

                    頭の中でこの歌が懐かしくしかも親密にリピートしながら

                    流れている。

                     

                    高度成長期の世の中の人目に付かない裏方でしかし真面目に働く人への応援歌。

                     

                    中学生の時はそれほど感じなかったことが今 この歳になって

                    ようやくしみじみと理解できるようになった。

                     

                    だから 呼んでいるように聞こえてくるのかもしれない。

                    | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 22:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    BS4Kチユーナー2台目
                    0

                      正月明けから出荷が忙しい農繁期が続いていて中々文章を書ける時間もない今日この頃。

                      この2か月間は「小遣い稼ぎ」のために寒空の下で田畑を歩き回る。

                       

                      さて、録画機能が3月まで望めないパナのBS4Kチューナーに我慢できないので

                      メーカーに返品&返金してもらった。

                       

                      返金と同時に現在評判のいい東芝製のBS4Kチューナーを購入したがこれが良くできていて

                      感心させられている。

                      DSC03520.JPG

                       

                      梱包の豪華さや取説本の厚みからして前回の物とは月と鼈。価格の差はこちらが

                      3千円高いぐらいだ。初めからこっちにしといたら時間の無駄は無かったと感じる。

                       

                      特に東芝製で良いのはUSB-HDDでの録画設定の内容が良くて録画番組のHDD間での

                      ダビング設定も固まることなくスムーズに動いてくれる。

                       

                      パナ製使用時では「HDR10」と745側で認識していたものが東芝製では正確に「HLG」と

                      表示されるところがそもそも違ってて気持ちがいい。

                      DSC03521.JPG

                       

                      数時間HDDに録画した4K画像を視聴したがリアルタイム視聴と比べるとやはり画が眠たい。

                      こういうことは以前スカパー4K録画時に感じたことでありこの眠たい状態から先鋭感や奥行き

                      感を取り戻すにはコツコツとデジタルノイズを取り除くことにトライしていくしかないのだが

                      この行為が意外と私は楽しく遣り甲斐を感じる。

                       

                      さて、次はアクセサリー的に何を導入しようかな?。

                       

                      CATVパススルーのでは電波が弱く結局は設置金具やケーブルとセットで4000円程の

                      BSパラボナアンテナ購入。その後短時間で設置して良好な電波を確保することが出来る

                      ようになったし御金をあまりかけずにノイズ対策も楽しんでいきたいと思っている。

                      | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 13:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
                      明けまして
                      0

                        明けまして 今年のAV、、、。

                         

                        人は安楽を願うけれど それでは答えにならないと思う。

                         

                        AV趣味が おもしろい 位置にあるように 願うしかない。

                         

                        AVは 個人的な感情の極み、、いとおかし。

                        | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 18:33 | comments(8) | trackbacks(0) |
                        どうか良いお年を
                        0

                          修理に出してから20日ぶりにアキュのマルチパワーアンプのPX-650が

                          帰ってきた。

                          DSC03519.JPG

                           

                          修理に出した理由は右側のサラウンドSPから甲高いノイズが出るという物だったがあちらの方では

                          ノイズは出ていなかったらしい。症状が出なかったからか一応右側の基盤交換はしてくれたのに何と

                          送料とか全部タダにしてくれた。本当は5万円近くかかるのに、、、アキュフェイズさんは偉い!!。

                          このアンプ大事に使わせてもらいます。

                           

                          早速接続してみたがノイズは出ていない。久しぶりに各420w出力で聞くサラウンドとセンターの音は

                          AVアンプ内蔵パワーととは月と鼈の差があって映画のSEが重厚に包囲感たっぷりに鳴ってくれてて

                          頼もしい限り。基板交換してもらったので疑念も薄らぎ安心して使い続けられる。

                           

                          さて、今年も後わずか どうぞ良い御年をお迎えください。

                          | モリヤン(プログの管理者) | Accuphase | 12:44 | comments(6) | trackbacks(0) |
                          世界自然遺産 小笠原/UHD-BD
                          0

                            収穫中に水に濡れて体が冷えたのがいけなかったのか風邪をひいてしまった。

                            軽い風邪だけれど体はしんどくボーッとしている。

                             

                            年末に行われるはずだったパナのBS4Kチューナーの録画機能バージョン

                            アップが来年の3月末まで延期になったことで意気消沈。ユーザーはみんな

                            怒っていると思う。リアルタイム視聴をどれだけの人がするのか。放送視聴

                            は受け身の体制、VODの時代にこういう姿勢自体が古臭いしは延期や未定と

                            軽々しい言葉を出してくる業界の物づくりに対する責任感と信用が問われる

                            時代になってしまった。

                             

                            さて、今年最後の購入ソフトの「世界自然遺産 小笠原」が届いた。

                            DSC03516.JPG

                             

                            今回のソフトは「宮古島」の60Pとは違う3840×2160/24Pで出来ていてオリジナル

                            解像度の8Kから4Kへダウンコンバートされているシーンが混在する。

                             

                            撮影技術が進歩し24Pで動くので「宮古島」の時のような速いカメラの動きの時の

                            ざわつきがないのが特徴。特筆はサラウンド音声のLinear PCM 5.1ch 96kHz 24bit

                            の出来が良くてかなりの臨場感が楽しめる。

                             

                            解像度感的には静的な植物や岩肌、自然景観を8Kカメラで撮影しているシーンが素晴らしい。

                             

                            こういう映像は私のようにいつも地方の自然と向き合っている人間が見るよりも日頃コンクリー

                            トや人込みの喧騒の中でストレスに曝されて都会生活されている人が見る方がひと時リラックス

                            出来て価値があるのではないかと思ってしまう。美しい景色や海中の生き物を見ながらボーッと

                            するのには絶好のソフトだと思った。

                             

                            | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:31 | comments(14) | trackbacks(0) |
                            ミッション:インポッシブル/フォールアウト:国内盤BD
                            0

                              今年の年末はAV新製品の不具合や発売延期やら在庫不足やら良くないことが

                              眼に見えて多いような気がするのだが。私が先日買った4Kチューナーにしたって

                              未だに不安定要素が多いし現在に至ってもUSB経由でのHDD録画のバージョン

                              アップがなされていない。つまりリアルタイム視聴しか出来ない。

                               

                              早くなんとかしてくれ〜!。

                               

                              そんな中またまたサラウンド出来ないのにアトモス聞きたさに買ったソフトが届く。

                              ウェブショップのポイント使用で1000円台で買えたソフトなのだがBDにも

                              アトモスが入っているのがこのシリーズの好きなポイントである。

                               

                              サラウンドの点でUHD-BDと差別しないのが好感がもてる。

                              | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 11:20 | comments(6) | trackbacks(0) |
                              Matrix Reloaded/北米盤UHD-BD
                              0

                                うちのセンターとリアスピーカーのパワーを受け持つ6Chデジタルマルチパワー

                                アンプのAccuphase PX-650の右側から高域ノイズが出だしたので急遽

                                修理に出したのだが一週間が過ぎても Accuphaseのサービスからは音さたが

                                無いまま。このパワーアンプはブリッジ接続で3Chにして13年も使っていて今ま

                                でに2回修理に出している。今回もちゃんと治ってくるのか少し不安である。

                                 

                                 

                                そんな中 北米アマからMatrix Reloadedの4Kが到着した。

                                DSC03513.JPG

                                 

                                画質、音質とも満点を取る出来だというので購入に及んだのだがアトモス狙いの感が

                                強かった。考えたらDVDの時代からこの作品には魅せられているのだがその魅力の

                                ほとんどがサラウンドの出来が良いからであった。このソフトは日本語に対応している。

                                 

                                封を切って直ぐにでも視聴したいのだがPX-650が修理から戻るまでそれは待ちたいと
                                思う。現在センターとリアのパワーはパイのAVアンプLX59内蔵のパワーアンプ部を
                                非常用に使っているのだがサラウンドを楽しむのにはそれらはちよっと役不足である。

                                 

                                 

                                | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
                                   1234
                                567891011
                                12131415161718
                                19202122232425
                                262728293031 
                                << May 2019 >>
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + SELECTED ENTRIES
                                + RECENT COMMENTS
                                + RECENT TRACKBACK
                                + CATEGORIES
                                + ARCHIVES
                                + カウンター
                                アクセスカウンター
                                + MOBILE
                                qrcode
                                + LINKS
                                + PROFILE