劇空間 徒然模様

<< これがSHM-CDだ! | main | 北米盤BD「マスター・アンド・コマンダー」 >>
親バカだけれど
0
    某大手ハウスメーカーに依頼して注文住宅を今の土地に建ててから18年が経った。
    その18年の間にうちでは二匹の犬を飼っていたことになる。
    一番最初はメスの柴犬系の雑種だった。偶然目の前を通りかかった仔犬を
    呼び止めたら こちらに帰っては来た、ちょうど自宅が完成前だったので
    番犬として飼うことになった、このメス犬は9年 家の番をしてくれた。
    そして二度目に飼ったのは オスのゴールデンレトリバー、徳島のブリー
    ダーから仔犬を直で買った、下の写真は そのゴールデンレトリバー。
    家内が新聞広告を見て見つけてきた犬だ。


    (亡きゴールデンの写真を見る度に 辛くなるので削除させていただきます)


    実は私はこのオスのゴールデンは彼が若いうちは あまり好きではなかった。
    洋犬特有の体臭がきつく よだれはガブガブに垂らしてくるしで相性は悪かった。
    しかしそんな折でも家内は大層 彼を可愛がっていた。そして月日は流れた。
    昨年の夏である 老犬になった彼は日本の夏の暑さに耐え切れずダウンしてし
    まった、この時 もうダメかと思った。しかし 彼は立ち直った。
    このころから私は彼が可哀想に思えてきて あれやこれやと面倒なことも
    彼の為に世話をするようになった 彼もそんな私に対して最大の信頼を置いていたのか
    家族の中の私にだけ自分の腹部を見せるようになっていた。(犬はリーダーにしか
    自分の腹を見せない、これは絶対服従の行為なのだ)。秋が過ぎ晩秋、彼がまた
    調子が悪くなる、良く見ると彼の御腹がパンパンに膨れ上がっている、フィラリアと
    いう犬の難病である、心臓の中に寄生虫が住み込んで悪さをする病気だ。昨年の
    晩秋にイタリア旅行に行ったが その折、旅行から戻ったら彼はもう死んでいて
    長女にまかせていたので 火葬されているものとばかり考えていた。しかし旅行から
    帰ると 彼が元気に私達夫婦を迎えてくれた。なんという生命力、しかし老犬特有
    の特徴はいなめない、愛想を振りまくが 散歩に行くのを嫌うのだ、もうそんなに
    動く事ができないのだ、、そして数ヶ月経ち パンパンだった彼の御腹がペッタンコ
    に戻り 十分元気に走り回るようになって夫婦二人して喜んでいた。しかし今年の
    八月は彼にとってあまりにも暑かった、呼吸困難を起こし始めたので 外で飼っていた
    彼を家の中に入れてエアコンも一日中かけてやった 少しでも涼しいように大事に
    取り扱いしてやった、が 少し体調を取り戻した彼は外に出たがっていた、外へ離すと
    彼は 私達の眼の届かない庭の片隅に身を隠すようにして蹲り始めた、私は尚も
    令風機を庭に持ち出し酷暑をしのぐ段取りをしたのだが、、彼は お盆前に他界した。
    ゴールデンレトリバーの寿命は9歳〜13歳と聞いている、彼は数えで今年10歳だった。
    土曜日だった、彼の葬儀をどうしょうか悩んだ、暑いので腐敗が速いので 彼が傷む
    のを見ていられなくてペット霊園の火葬を依頼した、結構な高額だったが 今では
    こうしてやって良かったと思っている。葬儀会社の担当者が彼を引き取りに来た、
    最後に頭を摩ってやってくれと その人が言う、涙が出た、父の葬儀の時にでも
    出なかった涙が込み上げてきた、彼の悪戯や人なつっこさが 走馬灯のように一瞬
    頭の中を過る、「さようなら!ありがとう」という言葉が自然に出てきた。もうしばらくは
    生き物は飼いたく無いと その時は 私も家内も考え 落ち込んでいた、、、

    お盆の忙しさが終わり ボーッとする時間が到来すると 朝から家の中でやっていた
    犬のための習慣を つい やってしまう自分がいるのに気づく。もう彼はいないのに。
    家内も同じことを言う、まだ そこらを大きな体が尻尾をブラブラ振りながら歩き
    まわったり 私が仕事から帰ると いつも門の前で私を待っている彼の姿をつい探して
    しまう自分が哀れに思えた。「最高の犬だったんだ」、そう思っている。

    そんなときから彼を亡くした為に 気持ちを落ち込ませている家内のために何とか
    してやりたくなった。犬をまた飼おう と思い出した。ただ もうゴールデンのような
    大型犬ではなく番犬になり狩猟犬で中型のオスの犬にしようと最短で決定した。
    そこで候補に上がったのが「ビーグル」のオス。しかし 徳島のビーグルのブリーダー
    の存在すら知らない。ペットシヨップも探したがビーグルの仔犬はいない。
    うーん どこにいるんだろうと ウェプを探し回った、で彼の写真を見て 一発
    で決めた!。どう決めたかというと「母犬の目が賢そうなのと 美人(美犬)」だった
    からである。静岡で7/29生まれたオスのビーグルの仔犬。もう名前も決めている。
    先方のブリーダーの方針で生後45日以上は母犬や兄弟と一緒に育てるそうで うちに
    空輸で届くのは 御彼岸後ということになっている。ちょうど先のゴールデンが死んで
    49日目に届く計算になる、これもめぐりあわせだろうか。もう 彼用のサークルもシーッ
    も買ってある 仔犬代(高い)も含めて 全部私のポケットマネーから出ている(泣)。
    で、家族の反応は というと家内は喜んで大はしゃぎ、息子と娘は冷たく知らんフリ。
    こういうもんなんだよな ただ 彼が来たら 二人ともその様子が絶対変わる自身
    がある。でも 我が家は この小さな新しい家族のせいで かなり賑やかになりそう
    である。まー 動画を見てやってくんさい、親バカだけれど。



    追伸、この動画はブリーダーの方に頼んで現在の仔犬の様子を撮ってもらったモノ。

    好評につき追加、もう1つ。
    | モリヤン(プログの管理者) | 思い出 | 16:45 | comments(11) | - |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    ご家族増えて、おめでとうございます。
    可愛すぎます。
    私も癒されました。ありがとうございます。

    私の家にも10年ほど前に「コッパスパニエル」とかいう
    種類の犬を飼ったことがありましたが、すぐに、椿山荘と
    いう結婚式場にゆずりました。

    話は変わりますが、レンタルビデオで北米TVドラマ
    「BONES〜骨は語る〜」を借りてみたら、面白かった
    ので、ここ3日間これにはまってます。お時間があれば、
    是非。

    | アカイトラクター | 2008/09/09 7:33 PM |
    可愛いですね。

    このまま大きくならなければいいんだけど・・・

    うちのは柴犬とシェパードのハーフで外見は柴犬を
    大きくした感じで、耳は立っています。

    子犬の時は相手をしましたが成犬になってからは
    全然構ってません・・・

    もうだいぶ老人ですがパワーが余っています。
    | ジバゴ | 2008/09/09 8:53 PM |
    彼がそうなのですね?(帰宅後に拝見します)かわいいんだろうなぁ!!

    私も幼少の頃(小学生)から自宅で犬を飼っており、かれこれ8匹ほど別れを体験してきました。
    (最初の犬を自宅に埋めて供養したのが悪かったらしく、3〜5匹は若くして事故に遭ってしまいました)

    大学に通っていた頃や、就職して家を離れてからも、帰宅すると真っ先に飛び付いて来てくれた犬たちも今となっては懐かしい限りです。

    本当、弱ってきて別れを体験して…でもず〜とそれまでのクセが抜けず、癒すように別の犬を飼うというのを繰り返してしまいますね。家は母親が一番寂しがっていましたね。幼少の頃、父親の涙を見たのもそういう時が初めてだった記憶があります。

    今は飼っていませんので、ペットコーナーとかを覗くのが好きです。教育的にも良いと思いますし、子供達がもう少し苦手を克服してくれたら飼いたいですね。。。(どうも、じゃれて向かってくるのが怖いらしいです)
    ただ、共働きの家ですから、日中に一人(一匹?)で置いておくのが可哀相かな?
    (実家では、そのように過ごしてきましたが…)
    | Derva | 2008/09/09 10:29 PM |
    こんばんわ とってもいいお話でワンちゃん大好きな まもるくんもウルウル(^;^;) してしまいました。ビーグルも 可愛いですね。家族の一員ですね。(*^-^*)
    | まもる君 | 2008/09/10 1:39 AM |
    かわいいにゃ〜!

    モリヤンの奥さんになりたいな〜!(あくまで妄想???)
    私んちも、ワン、ニャン、チュー、キンギョ、ベタチャン(現在ご挨拶を躾中)と歴代の皆様です。
    おんなじ気持ちになりました。ニャンが夜這いに出かけ、火傷をして帰ってきて、病院通いになると、仕事をしていても可哀相で涙が出るし、通勤のバス中でも突然出るし、結局、手術が必要で、その最中も涙が出るし、麻酔が覚めずに目を開けたままカゴの中で寝ているので、側で時々瞼を閉じてやったり、振るえだしたので(オッ!)、オシッコがしたかったからトイレに行こうと頑張ったのね。でも、動けなくて、漏らしてしまいました。拭いてあげながら、なんて良い子なんでしょうとまた涙。書くときりがないのが、我が家の可愛い良い子ちゃんたちですよね。。
    | ペペロンチーノねずこ | 2008/09/10 5:10 AM |
    そんなことがあったんですね。
    家族の一員が、ある日、いなくなることは、本当に寂しいことですし、心のどこかが開いた状態になってしまいますよね。
    そのことをあえて考えるわけでもないのですが、ふぅーとした時、考えていたなんてことも。

    そのかわりは出来ないでしょうが、また、家族が増えることによって、心のピースが埋まるといいですね。

    って、映像見てると、可愛ーーーい!ですね。
    うちも、事情があって、買えないですが、Dervaさんと同じく、子供達とよくペットショップにも行きます。
    コーナンとかで、へばりついて見ています。
    私は、シュナウザーが買いたいです。無理ですけどね!!
    http://www.dogfan.jp/zukan/terrier/minischnauzer/index.html
    ふれあいパークとかも行きます。
    可愛いですよね。
    ただ、最近はプールとかが多いですが(笑)
    | ajisai | 2008/09/10 11:11 AM |
    >アカイトラクター さん
    どうもです。湿っぽい話になってしまって
    申し訳ないです。北米ドラマはLOST4のボックス
    レンタルを待っていますが来年早々になりそうですね。

    >ジバゴさん
    ビーグルは成犬になっても あまり大きくならないので
    今回選択しました。大型犬は仔犬の時間が非常に短く
    あっというまに大きくなりましてビックリしますよ。
    雑種と違って猟犬の良いとところは表情が豊かなとこ
    ろですね、びっくりするぐらい頭もいいですね。
    ずるがしこいところも憎めません。 

    >Dervaさん
    家内とは大学の同級生です。京都の大学の近くにペット
    シヨップがありまして講義の空いた時間は ふたりで
    そこのポメラニアンの仔犬を見て喜んでいました。
    そのころから犬好きだったんだと思います。仔犬は
    カワイイですね。子供さんに見せてあげたいですね。
    それよりか私は はやく孫の顔が見たいんですが不可能
    でしょうね(汗)。私は家内と商売していますので日中
    はゴールデンを一匹 最後は庭に放し飼いにしていました。
    朝と晩だけ御飯と水を替えていましたが 犬の方はその
    ほうが楽だったみたいですね。たまに外に脱走して大騒ぎ
    していましたが そんなに遠くへは怖くて逃げませんね。

    >まもる君さん
    まもる君も愛犬飼われていましたね 私も犬は好きですね。
    死んだゴールデンはとにかく吼えませんでした、人懐こくっ
    て誰にでも合わせていましたね、散歩の時に別の犬に吼えら
    れても私の方を見て 辛そうな顔をするだけでした。決して
    吼えませんでした。これでは番犬にはならないんですけれど
    ね、そこが彼の優しいところでしたね。いい犬でしたね。

    >ペペロンチーノねずこ さん
    何をいいだすやら、坊主に惚れてどうするんですか(爆)。
    なんか いっぱい飼われているんですか 賑やかですね。

    >ajisai さん
    あ そうかコーナンでペット売ってるんですね、知りません
    でした。最近 ペットの販売に規制が掛かって 今までの
    ように沢山仔犬のおいてある店は少ないですね。カワイイで
    すけど この子 騒がしいですね、良く動くし健康的だけど
    これは 大変なことになりそうな予感がしています。
    | モリヤン@管理人 | 2008/09/10 2:19 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    またまた、かわいい映像ありがとうございます。

    わたしはいまだに3年前に亡くなった猫の映像と写真をみて
    癒されてます。

    今日は昼休みに会社の組合事務所にいって、打ち合わせ
    して、ふと目にとまったブルーノート東京などのパンフと
    割引券をもらってきました。
    リーリトナー、チャックマンジョーネ・・なつかしいなあ。

    | アカイトラクター | 2008/09/10 8:04 PM |
    ブルーノート東京なんていいですね、JAZZのメッカで
    しょうか 行ってみたい。私は初期のリーリトナーの
    ギターは好きですね、ボーカルを主体にするようになってか
    らは聞かなくなってしまいました。クロスオーバーとかフュ
    ージョンとかよばれていました。メローとかとも言われてい
    ましたバブルのころでしようか。アールクルーもいました
    ね。
    | モリヤン@管理人 | 2008/09/11 11:47 AM |
    躾のつもりで、ベタちゃんに「はい、パックン」とか言いながら、餌を食べさせていたら、そうしないと食べなくなってしまいましたぁ!
    「ご馳走様っ」と頭を下げるように調教してます(笑い)
    ちなみにベタちゃんとは4cm位の魚です。
    なんとかシーワールドの人の気持ち、わかる〜!
    魚って、すぐ人に慣れますよ。。
    | ペペロンチーノねずこ | 2008/09/15 8:02 AM |
    >ペペロンチーノねずこさん

    「?」、かんべんしてください、、、
    | モリヤン@管理人 | 2008/09/15 9:39 AM |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE