劇空間 徒然模様

<< PS3 Gets DTS-HD Master Audio Upgrade | main | やめ、やめ、やめ 供 >>
ニッポンの「課長」が危ない!
0
    私はサラリーマンを大阪で10年努めて退職してから18年が経過した。
    私がサラリーマンの頃は高度成長期からバブル経済に移行し ちようど関西
    新空港開港による好景気に見舞われて「働き易い」時代でもあった。
    われわれの時代はともかく 高度成長期には「努力」とか「根性」とかいう
    言葉がまだ生きていた時代で「モーレツ社員」とか「熱血社員」とか会社と
    一心同体で恐ろしく働く「仕事人間」が常識化されていた時代もあった。
    終身雇用制、年功序列制が神話でなく現実として存在していた時代。

    で 今日 こんな記事を見た。ニッポンの「課長」が危ない!。
    これを読んでいると 三十歳から四十歳で仕事と職場の人間関係からくる
    過労とストレスで「鬱」になる人や自殺する人が増えてると書いてある。
    だから「課長になりたくない」という。私には ちよっとピントこない言葉
    である、昇進しても給料はそれほど上がらず労働条件だけ過酷になる と
    いうことらしい。現在の日本経済、われわれ事業主も不景気で辛いが、
    労働者の労働条件も酷い状態に陥っているのだろう、私には この日本
    経済が将来 良い状態に回復するとは残念ながら思い当たらない。
    どんどん 悪くなっていくように思えてならない。今までの固定観念を捨てて
    自己防衛する時期が来ている様に思えてならない。
    | モリヤン(プログの管理者) | 時事 | 18:18 | comments(17) | - |
    モリヤンさん、こんばんわ。
    私が勤めている会社の職場はひとつの課に40名から50名
    のプロパ社員がいてその社員のうち課長と担当の間に位置す
    る主務とよばれる人が3名から4名いる。でもその主務とい
    うのが課長のサポートをするでもなく、課長になれずに年老
    いている人も多い。また、厄介なことに主査という天下って
    満足に仕事しない長老たちもいるのだ。課長は自分より年上
    の連中や担当を束ねなければならない。私から見ても体力と
    忍耐と優れた人間性、問題解決力をもたないと耐えられない
    役目である。
    給料はそれに見合うか否かは業績しだいであるが、課長は残
    業がつかない分、たいてい主務より手取りが低い様だ。給与
    から見てもうちの会社で主務から課長になりたがらない。
    また、主務は組合員だが、課長は非組合員となるため、課長
    になりたくないといっても、主務のままでいられる。
    課長になれば部長と昇進が約束されていれば、課長になりた
    いという人はもっと多いであろうが、なにせ高齢化会社であ
    るため部長なり手はネズミ並に存在するのである。
    よって、若い優秀な主務たちはなおさら課長になりたくな
    いのである。
    日本の経済は戦後復興約55年ほどの歴史。やっと2代目に変
    わってその2代目も中堅といっていいと思う。たいてい会社
    が出来て2代目社長は初代社長の遺志を受け継ぎがんばっ
    て、成長できずに現状維持し3代目で会社をつぶす。
    そう考えると日本経済も後20年もすれば倒産寸前になるの
    でしょう。いやだ、いやだ。

    今日は朝食を7時に済ませ8時から12時過ぎまで4時間ほ
    ど歩きました。少々疲れましたが、今の時期は気持ちがいい
    です。しかしどうも歩きづらいと思ったらシューズの底が
    磨り減っていていました。明日はシューズを2,3足買うこ
    とにします。



    | アカイトラクター | 2008/04/12 7:28 PM |
    やっぱり現実なんですね、ここに書かれていることは。
    長い間 企業から離れている私等にはとうてい想像
    できません。出世も出来ないし仕事も辛いしじゃ 働き
    甲斐がないですよね、放心状態ですね、日本経済も後20年
    すればと書かれておられますが そんなに持ちますかね?、
    ブラジルに追い越されるって何処かに書かれていましたが、
    それとサムプライムローンの国内損失が徐々に明らかに
    なってきましたかが銀行関係の損失は空前絶後、世界的には
    戦後以来の損失とアメリカの政府筋の大物が言っていました
    ね、都市部では解りにくいと思いますが 地方の経済はもう
    めためた です、地方も中央も繋がっていますから しいて
    言えば世界経済に繋がっていますから これからどうなるか
    は もう話すのもいやですよね。これで中国がオリンピック
    後にバブル崩壊したら、、、筋書きは出来ていますね。
    また アメリカは何処かと戦争するかも、困ったときの戦争
    でしょうか。もうその基盤的な作戦は出来上がって実行に
    うつされているかもしれません。オリンピックの後が怪しい
    ですね。この推論から行くと 日本は物理的に危ないです
    が、、、攻殻機動隊の見すぎかな?、これは 私の推論です
    から 気にしないでください(汗)。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/12 7:58 PM |
    「優秀なプレーイングマネジャーを束ねる部長の手腕が問われるわけです。課長の負担になるような雑用は、むしろ『オレが処理してやる』ぐらいのフォローをしないと、潰れてしまいますよ」と書いてありますが、僕の前の会社(外資系半導体で社員1万5千人ぐらい)はほとんどの部長は単なる管理屋で仕事や客先をよく知らず、Playing managerである課長を助けることなんてとても無理でしたね。だいたい部長職は数年で業績次第で交代(つまりクビ)してたので、正直いてもいなくてもいい存在で仕事に口出しされて邪魔されるのを皆嫌ってましたからね。つまり、実質会社を動かしていたのは課長職とその部下、そして経営者でしたね。正直、部長なんていらなかったです。

    課長職は現場からのたたき上げです。前の会社の場合、部長職は外部からとる場合が多かったです。と言うのも課長職が部長になるのを嫌がったからです。「部長がふんぞり返っている会社の課長は危ない」とありますが、部下より仕事を知らない部長ですから、やることと言ったら威張りちらすかありません。ちなみに前の会社はちょうど今リストラを始めましたね。競合他社が1社しかない寡占業界でかつずっと負け組みですから社風が非常に卑屈でした。僕は前の会社に8年間いましたが(7年目に負け犬会社に買収されたが、その前までは業界でも誇りある会社であった)、上にとてつもない変人の部長がきたので、我慢はせず一年足らずで辞めましたが正解でした。今の会社は同僚も上司も経営者も至極まともな人たちで、かつ笑い声が絶えない職場で、前の会社のように同僚や上司に足をすくわれる心配がないので、安心して思い切って仕事が出来ます。 中小企業ですので、経営者の人格・品性がイコール社風となっています。非常に居心地良いです。命拾いしました。

    多国籍企業になった一部大手日本メーカー以外は、これからの日本は量より質を求めたほうが良いですね。シェアをとるより、クオリティをとることです。オーディオの世界で名だたるブランドであるメーカーや欧州の自動車メーカーの生きかたを見習うべきです。実際そういう生きかたをしているメーカーもあります。
    | HAMA | 2008/04/12 10:37 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    私は10年前により高い給与をもらえるように転職しよう
    と外資系会社を狙ってた時期があり、でも失敗して、
    その行動が会社に知られて、結局会社に残ったのですが、
    その後、それも原因し、いろいろあり、睡眠障害から
    出社できない時期がありました。復帰後、いろいろと
    社内の職場を変え、4年前に取引がある別の会社に出向し
    3年半出向勤務後、昨年夏、今の職場に復職しました。
    既に同期は私が出向中に私より上役になっている。
    私は何で戻ってきた?と言われるような扱い。
    全く今まで経験のないことをこの半年やってます。
    でも、それはそれでいい経験だし、素直に勉強しながら
    仕事をおぼえていけます。
    給与は8年間全く上がらずです。ベースアップは毎年数百
    円。
    私の陰なる目標は50歳で退社し第2の人生を迎えること。
    そういうことを考えて今の仕事やこれから期日をきめて、
    何をするべきかを考えてみることも必要かと思ってます。
    なんか最近の私は先日書き込んだようにすごくネガティブ
    になったり、少し目標をもってみたりと、自分の中に2人
    いるみたいなところがあります。
    健康面の悩みや、他に仕事以外に悩みもありで、ただ歩い
    ていろいろ考えて・・歩いてると考えていることをがんばる
    ぞって感じになったりするんですよね。今日もいろいろかん
    がえてたら4時間歩いてました。

    私たちの年代の人間が将来の日本に諦め感をもっていると
    いうことは若者たちに大変失礼なことですよね。
    1月に糖尿病入院したしときに90歳の男性がいっしょに
    糖尿病教育の場にいまして、いろいろ話をしました。
    その男性は今、国立国会図書館の運営に名を残し、自らも
    出版社の会長でもあるという方で、太平洋戦争の末期に
    小笠原諸島に派兵されたという方。その方の言葉で
    『戦争は絶対にしてはいけないが、今日本の若者に必要なの
    は国のために数年は身をささげ、国はその若者になにかを与
    えることをすることだ。』といったことは考えさせられまし
    た。正しい意見なのか、本当にこれからの日本に必要なこと
    なのか?
    余談ですが、その男性は硫黄島で有名な栗林中道と実際に
    一緒にいたことがあるそうで、映画のようなあんな立派な
    服装ではなく、やぶれたシャツとパンツでいたそうです。
    また、手榴弾で自決したシーンについても、あの状況で
    手榴弾は残ってなかったはず、自決しようとするものも
    いなかったのでは?といってました。

    書き込みが長くなりすみません。

    明日はAVアンプ視聴の旅に行ってまいります。
    AX1800の件、どうしようかと今日歩きながら考えてお
    りました。もう少しいろいろなアンプを視聴してみます。
    | アカイトラクター | 2008/04/12 10:56 PM |
    暮らしにくい世の中になりましたね。 原因の大半とは言わない
    けど小泉内閣による「派遣の規制撤廃」による正社員の減少
    (賃金の低水準化)、「郵政民営化」等々アメリカに尻尾を振った、
    国民の暮らしを考えない(格差いいじゃないですかと平気で
    ほざいた)政策・・・。

    過っては「1億総中流」と呼ばれた日本人の暮らしは貧富の差の
    激しい厳しい世の中に変わりました・・・。
    その影では税金を私物化し横領がまかり通る「悪徳役人」を取り
    締まる法律も無い(公務員法で守られている)、財政赤字は当然
    でいくらあっても足りないでしょう・・・

    さらに小泉の置き土産、「後期高齢者医療制度」も働けなくなった
    75歳以上の老人の僅かな年金からも強制的に天引き、おまけに
    子供の扶養家族からも外されます・・・。
    大体、年金をネコババしたのは自分達、役人なのにおとがめなし。
    天下の悪法です。

    こんな世の中では労働意欲も湧いてこないでしょう・・・
    日本の将来はどうなるんでしょうか? 脳死内閣の福田政権では
    なすすべ無しですね・・・
    | ジバゴ | 2008/04/13 8:27 AM |
    今おそらく日本以外の国も多かれ少なかれ問題を抱えて運営しているような気がします。中東の裕福な産油国でさえも石油がいつまでもでるわけではないですからね。

    悪徳サラリーマンも、悪徳経営者も、悪徳政治家もいます。悪徳役人がいてもおかしくないでしょう。しかし、悪徳な人ばかりじゃないですからね、世の中は。天網恢恢です。生きて逃れられても仏の目は誤魔化せないと思えば、そういう人間を見聞きしても自分は腐らず済みます。彼らは欲に目がくらんでるわけですが、その殆どが三流な人間だと思いましょう。人格や品性までは買えませんからね。

    公務員も国民からの税収が減れば、当然雇えなくなります。GDPが減っていけば、国のサイズが小さくなるので公僕も減るのが道理です。公務員ばかりではなく、政治家や議員もそんなに大勢いらないでしょう。税収が減れば今同様の国の運営ができなくなります。ですからいずれ日本ももっと広く移民を受け入れざるを得ないんじゃないでしょうか。
    | HAMA | 2008/04/13 11:12 AM |
    皆さん 色々な御意見ありがとうございます。
    こんなんじゃ ダメですね この国は、、、

    >HAMA さん
    先を見通す力が付いておられるから出てくる言葉ただと
    感心しております。仰るように いやいや働くのは本当に
    苦痛です。楽しい職場なんて無いですが明るい職場で
    遣り甲斐のある仕事をしたいものです。それは経営者の
    質にもよるのかもしれません。一人で事業するのも大変なの
    に人を使うって事業を拡張することは本当に難しい事だと思
    います。景気の良い時代なら どうしたった儲かる会社でも
    競争激化で世界的な景気減速なこの時代で事業主は会社の
    存続ばかりに目が行って良質な職場の構築など眼中にない
    のかもしれませんね。これでは働かされる方は椅子とりゲー
    ムと一緒で椅子の奪い合い、同僚が信じられない時代になっ
    てしまった、見通しの立たない会社の将来、倒産、リストラ
    への恐怖、それによる人間関係の悪化、全てが悪循環して
    しまつているように思えますね。

    >アカイトラクター さん
    「そんな楽しくない会社は辞めてしまえばスッキリする」と
    言いたいですが、言えないのが現実ですね。御歳は何歳か
    は判断しにくいですが45歳以後で転職しても理想の職には
    就けないと思います。まして50歳を過ぎてからの転職なん
    てとんでもないです。地方のハローワークは平日 中に入り
    きれないほど職を求める人でごった返ししています。
    もし というか厚生年金を貰えるはずならば 今の会社に
    何を言われても 「しがみついて」おくべきだと私は思います
    。もし五十代に近いのなら そうするべきです。私達国民年
    金の者からいえば厚生年金は1つの財産です、その財産を
    手放してはいけないです、これさえあれば老後は何とか食べ
    て行けますから、何もなく我慢して働くのではなく厚生年金
    自給権利獲得のために頑張ってください。これを目標にすれ
    ば少しは気が楽になりませんか?、商売 我慢が八割儲けが
    二割ほどです、自分が雇われていると思わずに「労働力を売
    って商売している」と思ってください、で 要領をかまして
    儲けてください。厚生年金を手にした時がアカイトラクター
    さんの勝ちです。

    >ジバゴさん
    小泉内閣の御批判、非常に良く解ります。
    私は最近思うのですが 「もっと規制を掛けるべきだ」という
    ことです。私の時事に対する基本的な意見はこれです。
    規制を緩和しすぎて 国内の産業をダメにしてしまった の
    です。だったら もう一度 規制を掛けて産業を保護する
    べきです。反論はあると思いますが こういう態度をとらな
    いからアジアの隣国にも なめられてしまうのです。
    ヨーロッパ諸国はずっと前から これをやっています、
    規制の無い国なんてありえない、日本は逆を向いて歩いてい
    ます、規制を掛けて 小さな政府 小さな自治体 歴史のあ
    る豊かな産業構造 重税に苦しまない 将来性のある生活や
    老後の見通し ヨーロッパ諸国は皆 こうやっています。ど
    うして日本はこんなにおそまつなんでしょうか。インフレ気
    味でも いいから長寿国家でなくていいから、質素てもいい
    から 古い町並みでもいいから、所得はほどほどでいいから
    皆が笑顔で暮らせる国づくりをして欲しいですね。

    | モリヤン@管理人 | 2008/04/13 11:57 AM |
    >こんなんじゃ ダメですね この国は、、、

    僕も最近は常に自分に言い聞かせてますが、なるべく何事も悲観しないようにしてます。もう年齢なりに脳も身体も老化してますんで、気持ちがネガティブ・スパイラルになると、うつ病のような精神病だけでなく、心臓疾患や内臓疾患をも引き寄せるような気がします。必要以上に気に病むことは避けたいです。

    英語の諺で「Care kills a cat」と言うのがありますが、Alcの解説によると「病は気から。/心配は身の毒。◆西洋では、猫には命が九つあるといわれている。つまり、なかなか死なないしぶとさを持っている猫でも、気苦労で死ぬことがあるということ。そこから『心配や苦労を忘れてリラックスしなさい』といった意味合いでよく用いられる」とあります。世の中を憂いても自分の気持ちはそれに毒せず超然としていたいです。悲観しても自分だけがしょいこむことないです。うまく気分転換はかりましょう。
    | HAMA | 2008/04/13 12:37 PM |
    >HAMAさん
    HAMAさんはまだまだお若いですよ、御子さんもまだ小さいの
    に これからもどんどん稼がないとこれからが子育て大変で
    すよ、積極的に頑張ってください。一番苦しいのは我々昭和
    30年代生まれの「リスストラ世代」ですよ、50でリストラ
    されたら どうしょうもないですよ、、、うちのペットの犬
    の話をしましょう。うちは十歳になるオスのゴールデンレト
    リバーを庭で飼っています、もうおじいちゃんなのですが 
    昨年の猛暑以来体調が悪くなって動かなくなりました、動
    物って体調が悪くなると動かずにじっとしています これは
    遺伝子的に備わった情報か゛そうさせるらしいです、で
    ヨーロッパ旅行に行く前に酷い状態になっていたので 今年
    中に死んでしまうのか と思いつつ旅行にでかけましたが
    その後 少し良くなったので ほっとしていたのですが 今
    度は今年の一月の寒さでまた弱り始めました、その時も彼は
    じっと動きませんでした。で その後どうなったかというと
    春が来て 元気で庭を歩き回っています。つまり 動物は
    状態の悪い時は無理に動かず 体調が回復するまでじっと
    動かないのです。人間もこれを学ぶべきで 何をやっても
    ダメな時は 何もしないでじっとする べきなのかもしれま
    せん。何か事を起こして不幸せになるくらいなら その事案
    が終了するまで じっとしているべきかもしれません。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/13 1:14 PM |
    >人間もこれを学ぶべきで何をやってもダメな時は何もしないでじっとするべきなのかもしれません。何か事を起こして不幸せになるくらいならその事案が終了するまでじっとしているべきかもしれません。

    そうでしょうね。

    先日、東京都内で経営苦で家族心中をはかり老親や奥さんを殺し、自殺した父親が子供の腕を切り落とした事件ありましたが、そのときの新聞のコラムで「子は親の背中を見て育つと言うが、この親は最後に包丁を振りかざして家族を殺しまくった自分の姿を、生き残った子供たちに残した。今まで何のために働いてきたのか」とありましたが、人生は山あり谷ありで、谷のときはじっとしている、じたばたしても駄目、そういうふうに考えないと不幸を自分で呼び寄せちゃうようで怖いです。

    | HAMA | 2008/04/13 1:25 PM |
    私も若かった時はこういう技術を知らなかったんです。
    苦境に立たされると思わす前に突っ込んでしまうんです。
    ただ最近 「タイミングを外す」とか「事態をほっておく」とか
    「時間が解決する」とかという意味が解ってきました。
    お金の問題ですが お金より家族が一番大切ですよね?、
    一家心中するつもりで どうして自分は死ねなかったのか、
    「男義」の無い「女性的な時代」が続いていきます。
    昔「女の腐った奴」とか言う言葉がありましたが まさに
    そんな奴です。男親なら「子供の変わりに死ねる」覚悟で
    ないとダメです。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/13 1:53 PM |
    ちょうど、その渦中の状態ですので、大変、勉強になります。
    うちの業界は、冬、本当に悪いのですよね。
    そこをじっと耐え凌ぐのが、精神的にもかなり、きついです。
    未熟ですので、あれこれ考えてしまいます。
    お金を使わずして、頭を使って、何か出来ないかと試行錯誤の毎日です。
    まだ、まだ、未熟ですね。(トホホ)


    >男親なら「子供の変わりに死ねる」覚悟で
    >ないとダメです。

    本当にそうですよね。
    家族のために生きている、いかされていると思うところもあります。
    家族がいるから、今頑張れる気がしています。
    家族がいなかったら、きっと、休みまくっているでしょうね。もともと、ぐーたらですから。(笑)

    | ajisai | 2008/04/13 7:50 PM |
    >ajisaiさん
    どんな商売でも冬場は暇ですよ(笑)、私の感覚では大阪はま
    だまだ景気がいいですよ、競争も激しいけれど人口密度が
    地方とまるで違います。それと人口の流動があれば 景気も
    上向く可能性もあります。商売 我慢が八割です。これが
    十割になったら儲けが無くなります、この時に考えたらいい
    です、それと無闇に借入金を作らない事です 小さく店舗を
    構えて大きく儲ける、最小の労働力で最大の儲けを捻出する
    技術が重要だと思うのですが、借金が無ければ どんな商売
    でもやりとおせます、ただ借金に追われると いくら大きな
    店舗を構えていても 食べては行けなくなってしまいます、
    ここが重要だと思います。小さな出資で大きく儲ける、理想
    ですけれどね。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/14 12:00 PM |
    モリヤンさんの仰るとおりですね。

    うちは、まだ、ぶるぶるのマシーンのローンはありますが、(これ、結構高いのです)その他、店に関してはないので、なんとか、補填しながらもやっていっています。

    人を抱えていたら、そういうわけにもいきませんよね。

    私の友達でも、この仕事で、10人体制(これ、かなり、多いです。)で、やっておられる方がいてます。
    今、金銭面では順調だと仰っていますが、人の確保、技術の維持も含めて、気苦労が耐えないことだと思われます。(女性の中心の施術者のため、結婚で止めるパターンが多いみたいです。)
    また、近くに、大きな商業施設がやってくるみたいで、そこに、この手のお店にしては、大き目のチェーン店がやってくるみたいで、大変そうです。

    | ajisai | 2008/04/14 12:20 PM |
    そうですね 小さく大きく 軽く重たく そういう商売
    が一番機動力があります、休みは少なく人は雇わない。
    こうすれば 体はしんどいですが 気が楽です。
    でも 儲ける時は がむしゃらに掻き込む様に儲ける。
    なかなか 不景気なのでうまく行かないかもしれませんが
    工夫して長距離飛行をお互い 頑張りましょうね。
    それから 私が言っているのは 消極的な商売を言っている
    のではなく 前向きな商売を言っています、お客さんにとっ
    て本当に良い物を提供しましょう。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/14 4:56 PM |
    >それから 私が言っているのは 消極的な商売を言ってい>るのではなく 前向きな商売を言っています、お客さんに>とって本当に良い物を提供しましょう。

    これにも、納得です。
    「消極的な商売」これは、絶対だめですよね。
    なんでもいいから、何か、他の店がやっていないことを見つけてやっていく。
    いろいろとアンテナをはって、試していくことが大事ですよね。
    そういう意味では、ひとりでやっている分、思いついた施術(他のものも含めて)もすぐ取り入れて、試せるので、やっていても楽しいですし、お客様の反応を見るのも楽しいです。
    反応が悪いとすぐ引っ込めることもできますし。
    | ajisai | 2008/04/14 5:22 PM |
    どんな商売でも人を雇って仕事を教えて休みも与えて
    ボーナスも出して、、これは大変しんどい行為です。
    儲かる商売ばかりではないので 人を雇ったことが
    裏目に出てしまって自分の首が廻らなくなる場合が
    今 多いです。そうなってしまえば 良い物も作れなく
    なります、人を雇うのは 本当に難しいです、私には
    出来ません。その分 違う事に御金を使います。
    何か 楽しいことにです(笑)。人は幸せになるために
    此の世に生まれてきましたが 幸せになる努力も必要
    ですね。自分で書いていて頭がいたいです(汗)。
    | モリヤン@管理人 | 2008/04/14 6:24 PM |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE