劇空間 徒然模様

<< TA−N330ES | main | これなら まだ欲しいほう >>
嫌いな物
0
    男の持ち物の中で 私が大嫌いな物が二つある。
    まずは携帯電話。嫌いだ。かさばるし 重いし
    直ぐにモデルチェンジしてしまうし 料金が高いし
    所有していても 結局はレンタルしている。何故なら
    携帯電話はトランシーバーではなく単体では通話できない。
    携帯電話会社と毎月通話契約していないと使用できない
    からだ。所有しているというより借りて使っていると考える
    方が自然な持ち物である。だから嫌いだ。トランシーバーの
    方が楽しい。

    次に 自家用車を所有すること。嫌いだ。クルマが嫌いだ。
    もともと嫌いだったわけではないのだが分別がつくような
    歳になったのか 所有することが苦痛だ。まず 運転するのが
    疲れる。居眠り運転できない(笑)。とんでもく凶暴な兵器
    を運転しているのに 此の頃のRV車は「見境と節操がない」。
    所有するのに多額の維持費がかかり過ぎる。まずは税金、
    車検費用、保険へ加入、運転免許書が必要、動かすのに
    お高い燃料がいる、道がないと動けない、次に屋外に置くので
    錆びる、バッテリーが放電する、、、考えたら切がなく嫌いだ。
    高価な所有物なのに 結局は 「自動車会社から借りている」ような
    気がしてくる。車体以外に お金がかかりすぎるのである。

    ただ そんな考え方をしていたのだが 最近 コレが欲しく
    なってきた。家内に「これ 欲しいなぁ」と言うと
    「欲しかったら 買えば?」という言葉が帰ってきた。
    えーっ ほんまに 買って ええんかーっ?。なんか怖い。
    息子が成人して肩の荷が降りたら 購入を検討しようと思う。
    後 3.4年は無理だろうな。まずは息子のクルマが先か? 
    現在 私名義の自家用車は我が家には ないし(泣)。
    これだったら 税金はらっても 所有したい気になっ
    てくる。今の自家用車はステイタスを感じないものばかりであるが これは
    所有する喜びを与えてくれるステイタスが未だ薄れないでいる稀少な国産車
    だ。私の 若い時の「憧れのクルマ」だからである。オーナーには 同世代
    が多いんだろうなぁ?。RV全盛のおり最近なら若者はスポーツカーには乗ら
    ないだろう。おじさんは乗りたい。


     



     
    | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 18:02 | comments(5) | - |
    Z、好きです。
    是非とも、オープンで助手席にポニーティルのおねーさんを乗せて走りましょう(^^)。
    私はホンダS2000が憧れです。
    | tanbajin | 2006/03/09 8:28 PM |
    S2000最高ですね。
    今の車を購入の時に、奥さんに「S2000と軽にしよう」
    と言ったんですが、即 却下でした。
    セールスマンも笑ってました。

    | モト | 2006/03/09 9:06 PM |
    マニュアルとAT、それとカラーの好みも
    教えてください。私は明るいシルバーだと
    思っているのですが 皆さん どうですか?
    それとTシリーズまで上げて ボーズの
    オーディオシステムを標準で付けたいですね?
    って、、、買わん というのに(爆)。
    | モリヤン | 2006/03/09 11:57 PM |
    モトさん、男のロマンは女には判りません。
    内緒で買うのが一番かと(^^)。
    でも、今の車も渋くてカッチョええすよ。

    Zならオートマで赤、黒です。
    S2000なら、マニュアル(AT無し)で白、ブルーです。
    スポーツカーに乗るなら、目立たないと(^^)。
    | tanbajin | 2006/03/10 4:42 AM |
    家内に先ほど念を押したら「そんなん?言った
    覚えはない」という答えが返ってきました(泣)。
    おじさんの夢は はかなく散るのであった。
    ただ 「買うのだったら 私が運転出来るために
    ATでないと困る」とも言っています。どないやねん?。
    「そんなん買うのは 家を治してからやな〜」と
    リアリィティのある言葉。結局 2年は車なし やね?。
    そのほうが安全だったりして〜。
    | モリヤン | 2006/03/10 8:14 AM |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー
    SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー (JUGEMレビュー »)
    渡辺貞夫,ラッセル・フェランテ,ジョン・パティトゥッチ,スティーヴ・ガッド
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE