劇空間 徒然模様

<< ダークナイトライジング・カミング・スーン! | main | 近況。その後のPanasonic DMP-BDT500とか。 >>
香川県にてオフ会
0
    今週の日曜日に香川県の高松市と善通寺市に徳島のAV仲間のモトさんと久しぶりに御じゃまして楽
    しいオフ会を体験させていたただいた。
     
    午前中に高松市のモモンガさん邸に伺った、朝10時過ぎに到着するともう既に先客が、、善通寺
    のKin-yaさんが後部座席を陣取っていた(笑)、Kin-yaさんの「やる気満々!」の姿勢がひしひし
    と伝わる。
     

    モモンガさんのリスニングルームは数回お邪魔しているのだが前回と違った点で大きな物は
    左スピーカーの前に陣取っていた奥様のピアノが無くなっている事とパワーアンプがJEFF 
    モデル8Tiに換えられたことだろう。さてどんな音が出るのか楽しみである。

    家でいつも聴いている女性ボーカルを掛けていただいて定位の感じを確認したのだが
    真ん中に スーッと現れる音像が非常に「柔らかく」「優しい」音調に聞こえた。

    またピアノとベースのデュオを聞かせていただいたのだが「硬く聞こえる筈の」ピアノの高域
    が角を丸くしたようにマイルドに聞こえる、、ここで「あーっB&Wの802Dはこういう音の
    聞かせ方をするんだな」と再確認した、「重箱を突っつくようなカリカリの解像感を出すので
    なくて中低域にかなり余裕を持たせた大らかな音調」、、オーケストラ向きなのかな?という
    ことは映画のサウンドトラックとかを朗々と鳴らすのにはこのシステムが良いかも、、ただ
    打撃音とかの細かい解像感を演出してほしい時にはどうなんだろう、、、という問いには後から
    訪問させていただいた善通寺のタケチャンさんのシステムがちゃんと答えてくれることに
    なる。

    モモンガさんのシステムは非常に「聴き疲れのない優しい音調」に感じられた、これは人柄を
    反映させているのかもしれないとその時悟った。なら私の音調、人柄はどうなんだろう?。


    off1.JPG



    数十万もする木製のルームチューニングボードをあっさりスピーカー後部から外されて
    いた、モモンガさんの挑戦はまだまだ続く、、活発で明るい方である。

    off2.JPG







    今回のオフ会のメインイベントで私が是非聞かせていただきたかったのが善通寺にお住いの
    Kin-yaさんが新しく入れ替えされたWILSON AUDIO のSASHAというSPシステムでの
    音だった。

    off3.JPG




    私のWILSON AUDIOのスピーカーへのイメージは「透明感があって柔らかい音調」だった
    のだが聞かせていただいてそのイメージは一瞬で崩れた、、また「この音は聞かない方が
    良かった」と後で後悔した。


    Kin-yaさんとの御付き合いは長くもう今年で12年になる、初めてお会いした時はKin-yaさん
    が高知にお住いの時でその時はPMCのスピーカーを絶賛され使い続けておられた。
    私が考えていたKin-yaさんの音質への拘りはずばり「リアリティのある音質と空間性を
    もつサウンドステージの形成」でありその形成過程を楽しんでおられるのだと考えていた、
    なのに何故PMCを捨ててWILSON AUDIOなのか大そう疑問に思っていたのだが、
    ギターデュオとフラメンコともののけ姫のサウンドトラックとテイク5を聞かせていただいて
    その疑問が吹っ飛んだ!。

    私も色んなシステムを聞かせていただいているがこれほどリアルなサウンドステージを
    体感した記憶が無い!まったく無い!、思わず口に出してしまった「凄い!」。

    スピーカーの存在が消えて楽器やボーカルのパートの位置が分離して聞こえる
    わけだがその空間描写というか空間認識が「怖い」ほど現実に肉薄してしまって
    いる、、と言ってもPMCのように「素っ気の無いリアリティ」では無くて「流麗な響き」を
    残しながら空間性に奥行きを数層形成している音場、人によってはこのリアリティを
    数分聴いていると「疲れてしまう」方もおられるかもしれないが私は非常に興味深かった。



    off6.JPG




    off8.JPG







    off7.JPG



    超低域から高域まで余裕で表現してしまう、録音されたその時その場所をリスナーの眼前
    に「移し替える」行為を観ているような凄い物を聞いてしまった感覚だった、、これが「現代
    的SP」の頂点、その金額を聞いてまたぶっ飛んだ、、AYREのプリアンプKX-Rも手に入れられ
    てハイエンドのまだその上を逝かれているような気がした。くれぐれもこの音は聞かない方が
    いい、、自分のシステムの性能の低さを思い知らされるだけである(笑)。

    ビジュアルも見せてほしいとお願いした。

    off9.JPG



    物を長く大切に使う方で三菱の三管をメンテしながら今も使われている。

    イノセンス冒頭のハダリがバトーに喰らわす回し蹴りをバトーが防御するときの打撃音と
    シヤッターに打ち付けられたハダリの打撃音がこのスピーカーでどう聞こえるか確かめたかった
    のだが、、、これは期待しすぎて肩すかしを喰らった。

    次にバトーが食料品店で暴走するシーンーで店のオヤジがバトーめがけてぶっ放すシヨット
    ガンの着弾が陳列棚に当たった時点の破裂音を聞いたが、、これは凄かった!!こんな解像
    感のあるSEはうちでは出ません(汗)。

    こんな凄いシステムを聞かせてもらって頭の中はムンムンとしながらも、現実に戻ろうと
    努力した、、いやはやそれほど凄い分解能、解像度、これが CDの音なんでしょうか?。



    最後に伺ったのは目下1000ES導入に失敗なさって肩を降ろされている同じく善通寺にお住いの
    怒りのタケチャンさん邸。前回伺った時よりもB&W 802Dの周りの力の入れようが半端では
    なくオーディオにどっぷり浸かってしまって溺れそうな御様子が理解できた。

    スクリーンは小さく見えるかもしれないが張り込み式のマリブの120インチである。
    それほどここは部屋が広くて広くて、この部屋で鳴らすのはさぞ御苦労が
    有るだろうと感じられる。B&W 802Dを鳴らしきれるパワーアンプは半端なものでは
    役不足である、逆に言うと恐ろしく使いにくいスピーカーであるが鳴った時が壮快なのかも
    しれない。個人的にはそんな想いと気の遠くなる投資はしたくない(笑)。

    off10.JPG





    うーん、これて゜はAVアンプが可哀そうなセッティング、、もうオーディオ命!と言うところ。

    off11.JPG




    off12.JPG



    映像を主に見せていただいたがこの大きなシアターを朗々と鳴らす音質が気持ちがいい、
    腰が据わっていてサラウンドも良好でサウンドトラックのオーケストラが広大に鳴り響く
    壮言さが良い。大口径のウーハーらしく中低域はなんの心配もいらないシステム形成、
    これほど大きな部屋にはこういうスピーカーが合うんだろうな、これを家でやったら
    絶対に低域飽和してしまうだろうと思った。


    香川の皆さん本当にありがとうございました。モトさん おつかれさまでした。
    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 16:34 | comments(9) | trackbacks(0) |
    先日はお疲れ様でした。おかげさまで楽しい一日を過ごせました。
    それにしてもKin-yaさんの音は凄いですね。
    私も聴かなかった方がよかったかもしれません。
    聴いたあとの自分の処の音 しばらくは聴けませんね。
    またそちらにも遊びに行きますので よろしくお願いします。
    | モモンガ | 2012/06/05 7:35 PM |
    モリヤンさん、先日はお世話になりました。

    いやー香川の御三方の変貌に驚かされた一日でした。
    皆さんがお互いに刺激となり凄いことになってましたね。

    特にKin-yaさんのとこはCDでこんな音が出るんだというぐらい
    の衝撃でした。

    今回は御誘いただきありがとうございました。
    また、遊んでください。
    | モト | 2012/06/05 8:15 PM |
    モリヤンさん、モトさん、お忙しい中遠方を拙宅までお出で頂きありがとうございました。
    その上、美味しいお土産まで頂き恐縮です。

    ・モリヤンさん
    右チャンネルのパワーアンプが不調でお聞き苦しい点があったにも関わらず、過分なお言葉を頂きありがとうございました。
    さすがにお付き合いが長いだけに、私の意図する所を十分に汲んで頂いているようで、とても嬉しく思います。
    仰る通り、私は一貫して2chのステレオ再生においてサウンドのリアリティを追及しています。PMCが好きだったのは、その音(音像)の佇まいのリアリティが素晴らしく感じられていたからでしたが、最近音像を含むサウンドステージのリアリティを再現したいと思うようになりました。つまり、これもモリヤンさんが仰る通り、録音現場の再現に他なりません。そういった私の意図を一聴しただけで理解されたモリヤンさんのスキルの高さに驚くとともに、聞いて頂いて良かった!と思わずにはいられません。
    まだまだ不安定な部分やソフトを選ぶところもあり発展途上ではありますが、モリヤンさんのお言葉を励みに頑張っていきたいと思います。
    また、最近は2chを追い込むのが精いっぱいで、AVマルチまで手が回らず、モリヤンさんに「イノセンス」をリクエストされた時には、正直心の中で「ヤバい!」っと叫んでいましたよ。
    先日劇空間にお邪魔した際に、画と完全に一体になったサラウンドを体験させて頂いた身にとって、「こりゃ絶対突っこまれるぞ・・・」、とドキドキしながらモリヤンさんの横顔を拝見していると、イノセンスの冒頭では明らかにご不満そうなご様子・・・(^_^;)
    こりゃいかん!とそうそうにコーヒーを淹れに部屋を出た次第でした。
    まあ、VW1000で目の肥えたお二人には、三管のボケボケの画をお見せするに忍びないものもありましたねー。
    あえてそこに言及されなかったモリヤンさんのご配慮に感謝!(^_^;)
    まあ、うちはHDMIの環境さえ無い旧態依然のAVシステムですので、VW1000の導入を機についに走り出した(!)劇空間の動向を楽しませてもらいつつ、ボチボチやっていく所存であります。
    また、機会がありましたら訪徳の折に、さらに追い込まれたAVを是非体験させてくださいね!

    ・モトさん
    実はモトさんとこのJBLで綾戸智絵を聴かせて頂いた時に、その魅力にドキッとさせられました。決して高解像度ではありませんが(失礼!)、うまくバランスをとって音楽のキモの部分をきちんと再現されてるんだと感心!ある意味VW1000の画と同様に驚かされましたねー。
    で、うちの力任せの音を受け入れて頂けるか、実はすごく心配していましたが・・・ホッとしています。(^_^;)
    AVの方はあんなもんで勘弁してください。
    また、お会いできるのを楽しみにしていますね!
    | Kin-ya | 2012/06/05 10:00 PM |
    モリヤンさん、モトさん、お疲れさまでした。

    我家では、だべっていた時間が圧倒的に長く、視聴して頂けたのは
    限られたディスクの断片でしたね。
    まぁ、徳島のお二人にしてみれば、「VW200の画はこの程度か」と、
    思われた事でしょう。
    モリヤンさんから指摘された、「スクリーンが小さい」と言う事も、
    いつまでも対応出来ない、答えが出せない宿題ですね。

    宝くじに当たったら、速攻で対応します。(断言)
    | タケチャン | 2012/06/06 9:20 AM |
    モモンガさん 大変お世話になりました。
    ピアノの位置が変わったのとパワーがより重量級
    にかわったこと、スピーカーのボードが硬質系に
    換わったことでボーカルの定位が決まったように
    私の耳には聞こえました。ボードが御影石に換わった
    ことで今までのように低域の振動が視聴位置近辺まで
    伝わらなくなったように感じました。ということは
    エネルギーロスが無く振動を抑え込んでいるという
    ことですよね。音の分離感もよくなりましたね。
    | モリヤン@劇空間 | 2012/06/06 2:34 PM |
    モトさん おつかれさまでした。
    刺激になってまた何か仕入れようとしているのでは(笑)。
    | モリヤン@劇空間 | 2012/06/06 2:35 PM |
    Kin-yaさん 御世話になりました。
    御世辞じゃなく本当に驚きました、アップサンプ
    もしないのに音像が高さ方向に決まって固定され
    つつ移動しているフラメンコの踊り子の移動する
    気配と床を猛烈に叩きつけて踊る気配、あれは
    どんな仕掛けがあるのか目を丸くしました。
    それと私は隣の席に移りましたが もののけの
    サウンドトラックのオーケストラの壮言さは素晴らしい。
    私もあのCD持っていますが家では鳴らないCDなので
    ホコリかぶっていますよ(笑)、いやいや良い刺激を
    いただきました、今後の音場作りの参考にさせて
    いただきます、、って到底金額的にも真似できません
    って(爆)。それと御早いご返済を(笑)。それと そろそろ
    プロジェクターですね?VW2000ESぐらいのタイミング
    でしょうか?また期待しつつ見守っています。 
    | モリヤン@劇空間 | 2012/06/06 2:48 PM |
    タケチャンさんお世話になりました。
    いただいたCD-R今朝確認しましたがハズレでした(汗)。
    広いお部屋をあれだけ鳴らしこむのですから
    御苦労なさっていると思います、迷光対策が生きているので
    再現性と発色ががぜん際立って見えていました。
    私はどうしても「大画面最初に有りき」な人間なので
    あれだけ前面の壁に余白があり視聴距離もかなり後退して
    いるのを観ているとスクリーンを大きくすることを
    考えてしまいます、やはり私はAV系の人間なのでしょう
    ね、映画のサウンドももう上がりですよね、サラウンド
    も立派、やはりビジュアル系、、ならEDGEで解像感アップ
    をお勧めします。
    | モリヤン@劇空間 | 2012/06/06 2:58 PM |
    写真を見るだけでも、圧倒されました〜。
    | 黒猫ビル | 2012/06/07 11:04 PM |









    http://gekikukan.jugem.cc/trackback/1388
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE