劇空間 徒然模様

<< うちのBD/HDDレコーダー | main | トイレの神様 >>
ACOUSTIC REVIVE 「USB-1.0SP」
0
    先日から続けているネットオーディの導入なのだか、、

    当初再生プレーヤーにVLCを使っていたがその後評判のいい
    foobar2000に換えた。後付けプラグインを装着して環境
    を整えていく無料のソフトウェアである。

    WASAPI outputというプラグインをインストールしてカーネルミキサー
    をバイパスした音を出すようにした。

    で音の方なのだが、、、。


    FB2000.JPG


















    ネット上からバイブラフォンの名手、藤井寛のモダンJAZZ96kHz/24bit版
    をダウンロードした。実はこのCDアルバムは所有しているのだ、ダウンロード
    の物とCDトラポから192kHz/24bitにアップサンプリングしたいつも聞く音
    をくらべてみたのだが、、、CDの方が音がいのである。

    CDのほうが「セパレーション、解像感、奥行き感」が相当いい、96kHz/24bit版
    は「大変ブーミーでモノラルのように聞こえる」。なぜなんだろうか。

    この時点で後悔の念が湧きUSB dac32も手放そうかと考えたりした。想像した
    音と違うからである、、、ある物を取り入れるまでは。


    FB20002.JPG



















    オーディオ雑誌を読んでいて目に付いたものがあった。
    ACOUSTIC REVIVE製のUSBケーブル「USB-1.0SP」である。
    内容はこうである。

    「現在ノートPCでは2個以上、デスクトップ型PCでは4個以上のUSBのA端子
    が設置されていますが、これらのUSBのA端子は全て同じ信号が出力され
    るため、USB-1.0SPにて信号ラインを電源ラインをプラグの時点から分離
    させる事で更にクオリティを向上、左右音場のセパレーションやS/N比は
    確実に向上させる事が可能です。」

    これを読んで使ってみたくなった、ただUSBケーブルしては大層高額な
    商品である、貸し出しを申し込んでみた。試してみよう。
    FB20003.JPG

    FB20004.JPG
































    こういう変わった形状をしている。二股に分かれている二つの端子を
    PC側の端子の空いているところに刺しDAC側に一つ刺す。
    PCの電力供給とデーター伝送を分離してしまうらしい。材質や構造も
    輻射に強い物をつかっているらしい。

    早々に音を出してみたのだが、一曲目を聴いて「これは要る!これは買わねば!」
    という言葉が出てしまった。

    この音は「劇的」変化であった、まずセパレーションとダイナミックレンジ
    がいままでのものとは違い 音の鮮度感、瞬発力が何倍も違う。
    192Kにアップサンプリングした時のような中広域の解像感はもうひとつ
    だが低域の迫力が素晴らしい。うちのKEF203からこんなに確実な低域
    を感じたのははじめてであった。

    物が当たる時の衝撃音が壮快かつ豪快、ダシッ、ガツッ、バシッと前に
    攻撃してくるような迫力である。このケーブルはもう手放せないだろう。

    逆に言うとPC内からのデジタルノイズがいかに音その物を隠してしまっている
    ということに尽きると思う、それを取り除く手段がない以上本当のHD音源視聴は
    はじまらないように感じる。

    このケーブル、エージングが三時間ほど必要と聞いているので 音像はもっと
    良くなると思う。ネットオーディオには定番なアクセサリーになるだろう。
    | モリヤン(プログの管理者) | オーディオアクセサリー | 16:24 | comments(4) | - |
    モリヤンさん

    おー!早速やられてますね。素早いっ!

    USB端子から出力される電源は、音のデジタル信号に大きな影響を与えるようですね。
    これには、いろんな対策グッズがあるようですが、アコリバからこんなケーブルが出てたんですね。
    参考になります。

    まあ、HDMIでも、音と映像の信号を分ける、なんてことが高品位再生に当たり前になってきてるんですから当然かも・・・。

    この赤坂工芸の「Collaboration」は本日の拙宅のオフ会でかけましたが、私も大好きなCDです。

    ちなみに、新スピーカーはB&Wではありませんよー(^_^;)。
    | Kin-ya | 2010/12/05 8:17 PM |
    こんな評価もあったりします。
    http://www.ippinkan.com/wireworld_audioquest_usb.htm

    チョト気になったので、参考までに。
    | 回し者じゃないですけど・・・(^ ^; | 2010/12/05 9:26 PM |
    やっぱりUSBケーブルでも音色に差が出るものなんですね。
    奥が深いですね〜。
    | 黒猫ビル | 2010/12/05 11:29 PM |
    > Kin-yaさん
    DACのエージングが終わっていないので
    音質もまだまだ期待できると思っています
    がこのケーブルは評判いいです。各誌で
    絶賛です。お試しあれ。
    え なんなんだろう また聞いても知らない
    ハイエンドの物ですね、、、大きいんだろうな。

    > 回し者じゃないですけど・・・さん
    興味深いテストの情報ありがとうございます。
    いっぴんかん ですね、、、あいかわらず。
    申し訳ないです初めに書いておけばよかった、、、
    当初から現在使用しているのが STARLIGHT STB/1m
    なんですけれど、、(汗)。これも私には高いものです。
    んで、このテスト形式ではUSB-1.0SPの良さが
    台無しの接続ですね、なんでDD変換するんだろう、
    DACから素直にアナログで出せばいいのに、、その
    先にあるのがAVアンプだし、首を傾げてしまいます(爆)。
    私のUSB-1.0SPの印象はこの文章と真逆ですww。
    でUSB-1.0SPを発注しました、 STARLIGHTはオクで
    売ってしまいましょう。

    > 黒猫ビルさん
    HTPCと同じような問題を抱えています。
    特にPCから何で出すかで音も変わってくると
    思いますね。ま やっと出発点にたどり着いた
    感じです。



    | モリヤン@劇空間 | 2010/12/06 11:27 AM |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE