劇空間 徒然模様

<< 8年ぶりにPCを換えた | main | スペイン旅行記 後半 >>
スペイン旅行記 前半
0
    先月12から8日間の日程で夫婦二人で行ってきたスペイン旅行の感想をそろそろ書こうと思う。
     
    実は当初スペインではなくイギリスに行きたかったのだが英国ツアーは人気がないのか催行最低人数が集まらないので申し込んでも中止になってしまうのだ。
     
    なら、どこがいいかよーく考えたら超人気コースで出発日程が多いツアーはスペインが一番多いことが解り また10月中旬でも気温がヨーロッパの中で高く観光しやすいこの国に出かけることに決めたのであった。
     
    関空を飛びだったのはいいがフィンランド航空でヘルシンキ経由で行くスペインの空路はいつもとちがってかなり遠かった。ヘルシンキまでが10時間でヘルシンキ空港での待ち時間込の経由時間が5時間だから関空からスペインのバルセロナまでは約15時間かかっている。 私は徳島から高速バスで2時間半かけて関空まで乗り付けているのでそれを入れると17時間〜18時間かけてたどり着いたことになる。
     
    スペインはヨーロッパでも南の国であるスペインのすぐ南はもうアフリカ大陸であるのだから。 立ち寄った地は沢山あるのだが全部書くと読み手も退屈すると思うのでピックアップして感想を述べたい。 到着したバルセロナの気温は20度前後であった。私たちのツアーが来る日までは大西洋に台風がいたみたいでポルトガルなどは水難や雨の被害があつたみたいだが私たちは日程の中で雨に降られることは一度もなかった。
     
    スペインの気候は日中は暑い。太陽がすごく近く感じたのだがこれは緯度のせいだろうか。陰に入ると極端に涼しくなるのでかなり乾燥しているように感じた。 バルセロナ観光と言えば「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」であるのだ。これはガゥディが設計し今も建築中のキリスト教教会であるのだがスペインの代表的な観光スポットで世界遺産にも登録されている。

    1.jpg




























    巨大でその複雑な壁面は観るアジア人にカルチャショックを与える。ヨーロッパの世界遺
    産の多くは巨大な教会建築でこれは以前訪れたイタリアのミラノのドーモに共通すると
    ころがある。

     

    2.jpg


     


    3.jpg




    4.jpg










































    聖家族とは「キリストの家族」を祭るという意味であるらしい。塔の頂上まで工事用のエレベーターで上がれる。眼下に見えるスペイン第2の都市のバルセロナの街並み。

    5.jpg


    7.jpg




































    次に印象的なのはバレンシア地方を南下して訪れたグラナダにあるこれも世界遺産のアルハンブラ宮殿である。

    8.jpg
























    スペインという国は南から攻め込んだイスラム教徒とそれに対するキリスト教徒との戦いの場である。何度も奪われたり取り返したりの歴史があるそうな。この宮殿はムハンマド一世によって作られたイスラム建築の結晶ともいわれる王宮と庭園である。 ここにくればヨーロッパにいながらイスラム文化に触れることが出来るのだ。ここの壁面のデザインはイスラム特有の幾何学模様を象ってありキリスト教文化とはまったく異なっていた。 イスラムの王様らしくオアシスと水の庭園が美しく配置されていた。

    9.jpg


    10.jpg


    11.jpg


    12.jpg










































































    スペインと言えば闘牛とフラメンコなのだがこの時期は闘牛は終わっておりしかし本物のジブシーが踊るフラメンコはきっちり見てきたし録画もしてきた。

    やっぱり本物を目の前にすると迫力が違う。踊りの中に苦難と希望とが交錯するような情熱を感じることができた。やっぱりこういうのは年老いてみるより若いうちに観ておくほうが感動する度合いも違うと思った。


    ヨーロッパにはジプシーは多く みな定住せず職に就かずあまり善い行いはしないので嫌われているが ここの人たちは踊ることで生計をたてていて今はお金もちらしい。 このショーの後 徒歩でライトアップされたアルハンブラ宮殿を見に行った。ビールが入ってほろよい気分でグラナダの夜はふけた。

    odori (1).JPG





    ODORI2.JPG





































    スペインの文化を少し学んだ。先ほども書いたがイスラムの支配も長くあっせいか人口の90パーセントが混血らしい。 添乗員の説明をいろいろと聞いたが一番驚いたのは夕食を夜の10時に摂るのが普通らしくて よってレストランが開くのは早くて夜の 9時半で夜中まで営業をやつているらしい。またシエスタという習慣があり昼の2時から4時ごろまで昼寝タイム、日曜はキリスト教では安息日に当たるので「働くのを禁止」されていたみたいだ。 レストランが開くのが遅いので私たちも夕食は早く開けてもらって 8時半とかが普通になってしまった。
     
    スペインでは「自分の生活まで削って働きたくない」というのが常識またいで あまり働かないみたいだった。 後 天気予報は まず当たらないものらしい。 ということでイベリア半島のアンダルシアをまた南下し訪れたのはミハスという小さな町である。前方に見えるのは地中海である。

    13.jpg


    14.jpg






    16.jpg












































    スペインの人はあまり訪れることがなく日本人が好んで観光する地中海が見える白いたたずまいの小さな町である。私の中でも「ああ あんだるしあ」という気がした。異国という言葉がぴったりの夏の日差しが強い温暖な雰囲気がいい感じがした。

    17.jpg





















    さて アンダルシア地方で次に訪れたのはセビーリアという都市。 この辺から教会が多くなって記憶があいまいになっていく。 ヨーロッパの観光資源で一番多いのは大聖堂と広場だが ここもそんなかんじであった。 ただ、、、結局 大聖堂の持つ意味は「キリスト教権力の巨大さ」を見せつけるものでヨーロッパのどの国を回ってもこれはついて回る。それとアジアや北米人の観光スポットとしてキリスト教遺産は絶好の重要性も持ち合わせている観光資源だということである。 よって国家規模で観光資源のある都市や町は建築や都市整備を規制されておりこの地に来てよく見るクルマの縦列駐車が出現するのは規制により大規模な駐車場が作れないからだとフランスへ行ったときに聞いた記憶がある。 

    18.jpg


    19.jpg


    20.jpg






























































    コロンブスの墓と言われている。

    21.jpg


    22.jpg


    23.jpg


    25.jpg


    26.jpg


































































































     



    ところでセビーリアへ来てガイドが言う説明を聞き洩らさなかったのは私だけだと思う。ここのスペイン広場でエピソード2の撮影があったと聞いたのだ。ここである。記憶がいい人は覚えていると思う。アナキンとアミダラがナブーに隠密で帰る時のステーシヨンとなった場所である。アナキンがトランクを持ってあとからR2D2が階段を上がってくるシーンをここで撮影したのだ。私はすぐに思い出した。
     
    27.jpg

    28.jpg




































    追記。洞窟フラメンコショーのハイビジョン撮影動画を載せた。撮影カメラは
    先日買ったサイバーシヨットDSC-HX5V

    | モリヤン(プログの管理者) | 旅行 | 16:17 | comments(10) | - |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    スペイン旅行記楽しみにしてました。
    サクラダファミリアはTVで正面からしか見たことがなかったので、写真でいろんなアングルで見れてうれしいです。

    フラメンコって本場では周りを囲んでみるんですね。
    それだと臨場感やダンサーさんの表情も見れていいですね。
    私が新宿で見たときは学校の教室の机の並びで教壇で踊っている感じだったので、いまいちだったです。まあ、頭の中は
    別のことでいっぱいでしたが・・・

    SWEPの舞台でもある場所もあったんですね。

    地中海と空の青さはすばらしい。実際に見たい。

    スペイン人はシャカ力に働かない。14時から16時は休憩!
    これは日本人も真似したい。昼食後眠い時間帯です。
    メンタルヘルス教育で15時から20分くらい居眠りいいですよ
    って講師が言ってましたが、できるわけない!就業規則にのせてほしい。

    最後にモリヤンさん、痩せましたね。



    | アオイトラクター | 2010/11/02 7:36 PM |
    心がけがいいと天気にも恵まれますね。
    ボクが行ってみたいとしたらアンダルシア
    地方ですね。
    たしかワインがあった様な・・・?

    第二部もお待ちしています。

    HPのアドレスが変わりました。入れとき
    ますね。
    | ジバゴ | 2010/11/02 9:04 PM |
    バルセロナ、セビリアと懐かしいです。
    向こうの建築物は石造りなので迫力がありますよね。
    スペインは南北でまるで文化も、人の気質も違うとの事。
    見所も多い国ですから、モリヤンさん旅行記の続きも楽しみにしています。
    | Horka | 2010/11/02 9:18 PM |
    >アオイトラクターさん
    働くだけが人生では無いという考え方が
    あるからヨーロッパが好きなのかもしれ
    ません。フラメンコの撮影動画をアップ
    しましたので見てやってください。
    ハイビジョンからダウンコンしてるので
    画質は落ちますが。ちょうどハンディカム
    のバッテリーが無くなってしまって慌てて
    サイバーシヨットでフルハイビジョン撮影
    したのですがこのカメラいいですね。
    起動がめちゃはやいしHD画質もいいし軽いし
    撮影しやすいです。これからはビデオカメラ
    の影も薄くなりそうな予感がしました。
    それと本当に青い空で太陽が眩しかったです。
    旅行に帰ってきたら2キロ肥えていました(汗)。
    痩せなくては。

    >ジバゴさん
    ピンポンです。世界第3位のワイン生産国らしくて
    私は昼間から固いパンと現地の白ワイン飲んでいました。
    で 日本に帰ってきてから近くの酒屋でスペイン産
    ワインを買って飲んだんですが やっぱり現地のレスト
    ランでついでくれた物の方が断然おいしいですね。
    あたりまえか。後 オリーブとオレンジの畑が延々と
    続きました。大した農産国ですね。HPの件了解しました。

    > Horkaさん
    バレンシアでは10月というのに最高気温が33度も上がり
    ました。真夏なら40度にもなるらしいですね。
    本当に情熱的な国なんですがスペイン語は喋るスピード
    速いですね。どれを聞いても怒っているように聞こえ
    ました。イタリアはもっとゆっくりしたけどなぁ。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/11/03 11:42 AM |
    モリヤンさん、こんにちは。

    フラメンコ動画は「送信者のともだちリクエストを受けてください」とメッセージが出てみれませんでした。
    詳しくなくてすみません。

    働くことは必要だと思いますが、今の日本は労働と生活費の需要と供給のバランスが悪いので働いてても不安だらけです。終身雇用も崩壊してますし、社会保障年金も煙がごとくですしねえ。

    以前、北海道旅行?の写真と比較してモリヤンさんズボンの
    ひざ下がしわが多くなってたと思ったので痩せられたんだな
    と思いました。



    | アオイトラクター | 2010/11/03 3:55 PM |
    >アオイトラクターさん
    申し訳ないです、一般公開に設定しなおしたので
    観れると思います。かなりの美人ですよ(笑)。

    鋭いですね、そうなんです北海道の時は丸丸と
    肥えていました、カニの食いすぎでまた肥えて
    いましたね。あれから10キロは痩せています。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/11/03 4:08 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    早速フラメンコ見させていただきました。
    このドーム型の部屋で手拍子と楽器とダンサーの足裁きと
    息遣いや歌声を聴きながらだと迫力あるでしょうね。
    やはりバラはくわえないのですね。
    私もスペインに行ってみたいと思いました。

    気候もいいですしお互い少しウォーキング頑張りましょう。
    私は目指せ!A1c6.2!だんだんと上がってます(涙)
    | アオイトラクター | 2010/11/03 4:28 PM |
    >アオイトラクターさん
    観れてよかったです。本当はフルハイビジョン
    でお見せしたいのですが、、、努力してみます。
    タップであのリズムが取れるのか凄いですよね。
    ギターとタップの音でほとんど成り立っているん
    ですよね。ワイン飲みすぎて太りました現在
    64キロです(汗)、62キロに戻さなくては。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/11/03 5:08 PM |
    サグラダファミリアいいですねぇ。

    確か彫刻部門の主任さんって日本人なんですよね確か。

    一度実物を見てみたいものです。
    | うめ | 2010/11/04 6:37 PM |
    >うめさん
    完成次第ローマ法王がミサに遣ってくるといってい
    ましたがまだ中身は工事の途中でした。
    外壁の彫刻は見事ですね、アジア人には真似が
    できませんよ。宗教の強い国ですね。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/11/04 6:41 PM |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE