劇空間 徒然模様

<< BD「ハートロッカー」 | main | やっと終った >>
熱中時代
0
    来てます来てます台風北上、、


    ●箇条書き。


    ,笋辰僂蟒个靴討たSONY SXRD 3DプロジェクターVPL-VW90ES
    3Dに関する技術を何で画質に投入出来ないのか。今年はこうなると
    思っていた。3D大嫌い人間には必要の無いプロジェクターである。

    ∪萋見たBD「ハートロッカー」の感想だが。私はあまり好きではない。
    イラクにおける近代戦のリアルさはFPSゲーマーとしても感じるのだけれど
    この映画は女の監督が作ったんだよね、この人子供いるのかなぁ。
    子供の描写がえげつなく気持ち悪い。これだけ醜い子供の描写をした戦争
    映画は今まで見たことが無い。これはアメリカ本土の子供の描写でないから
    アメリカ人は正視できるんだろうな。それと中途半端なヒューマニズム
    で不完全燃焼している。特に主人公が子供の仇を討ちにアジトに乗り込む
    シーン。こんなこと絶対にありえないし仇を討てていないし意味の無い
    描写に見えた。この映画を中東のイスラム社会の人々に見せたら どんな
    反応するだろうか。それと1本筋が通っていないように感じた。
    これって米軍の宣伝映画なのか、そんな感じがした。アメリカ人なら
    受けるのだろうか、オレは受けないのでソフトをブチ売った。

    暑い日が九月に入っても続いている。軒並み35度の日本。個人的には
    いまだに野外作業続行中。暑い 暑い で熱中時代、いや熱中症時代。

    ちよっと古いけれど懐かしく見てね、この歌好きだったな〜っ!みっき〜っ!。

    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 16:23 | comments(8) | - |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    なんで3Dを無理やり商品化したがるんでしょうね。
    もう消費者はあの3Dに引いているんですけどね。
    シャープも3D DLPプロジェクターを海外で発売するようですね。
    3Dよりあの・・・AKIRAのハイパーソニック??って
    ソフト増えないですよね。こういうソフトや対応するハードウエアをどんどん出してほしいですけどね。

    カリフォルニアコネクションなつかしいですね。

    ミッキーマッケンジーわたしはあのころ外人好きでした。
    レオが味見してたんだろうなあ・・

    | アオイトラクター | 2010/09/07 7:16 PM |
    >アオイトラクターさん
    3D機能を乗せるだけでVW85よりも定価で10万円も高く
    なってしまっています。この不景気に価格上乗せ
    なんて何で出来るのか不思議で仕方が無いです。
    価格据置で3D機能付録だったらまだ可愛いけれど。
    私はセルブルーレイの発売が少なすぎると思って
    います。どうして業界全体で3Dに逃げるのか
    理解に苦しみます。これ 売れませんよ。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/09/08 10:52 AM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    旦那!いまVW85を買うともれなく4本のブルーレイ3Dセルビデオと3Dゲーム4本ついてますぜ!!(爆)

    あれ、3Dじゃなくって、2次元平面画像の重ね合わせって
    感じなんですよね。これじゃあダメですよね。

    レンタルビデオやによってCSI NY シーズン5 5本
    借りてきました。今日から3日間CSI漬けです。
    | アオイトラクター | 2010/09/08 5:47 PM |
    >アオイトラクターさん
    3Dで映画を見ると落ち着かなくないですか。
    短時間のアトラクションなら楽しいかもしれないが
    映画のもつ「映像美」や「構図」「レンズの特性を使った
    カメラワーク」等もともと映画ファンが好んだ物が
    台無しになっているように感じます。映画やハイビジョン
    は2Dであるけれど十二分に立体的で奥行き感を感じます
    3Dは仰るように2次元平面画像を目の錯覚で奥行きを
    出しているのでとても不自然な画に見えますね。それと
    何度も言いますが目の健康を阻害しています。あのグラス
    って買った当初は大事に扱うけれど直ぐに飽きてリビング
    のどこへ行ったか行方不明に いや 存在さえ忘れ去られる
    無駄な物になる可能性を強く感じます。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/09/08 7:01 PM |
    モリヤンさん今晩は。

    自分も現時点では3D映画否定派です。

    錯覚を利用した現在の3D映像は、生理学的にも
    不健康だと思います。G.M.ストラットンの上下
    さかさまに見えるプリズムグラスの実験では、
    1〜2週で正立に戻ることが明らかになっていますが、
    倒立像を脳が補正しようとするのは極めて合理的且つ
    生理的な現象です。錯覚を利用した3D映像にも同様に
    脳による補正がかかると、個人差も有りますが元に
    戻そうとするために視覚疲労がおこります。

    3D映像の安全性ガイドラインを策定する委員会は、
    視覚疲労と映像酔いを認識していますが、方向性自体が
    商業化が前提となっているようで、国民の健康と安全を
    重視しているようには思えません。

    映画に集中することで映像が立体的に見えたり、その場に
    居て同じ事を体験しているように感じることがあり、
    2Dでも個人的には臨場感を十分楽しんでいます。

    錯覚ではなく空間自体に3次元の映像を映し出す技術が
    開発されるまでは、モリヤンさんの仰るよに現在の
    2D映像の技術向上が本道だと思います。
    | JEFF | 2010/09/10 1:22 AM |
    >JEFFさん
    医学的な御指摘ありがとうございます。
    ハイビジョンがあたりまえになりロスレス
    サラウンドも当たり前になる膨大な情報
    処理がハードとソフト両面で可能になった
    時点で進化がピタリと止まってしまった
    AV業界はやはり北米の好景気の波に乗って
    頂点まで登りつめてしまったんでしょうね。
    もうネタなし状態で市場も無くしてしまった
    のでしょう。仰るとおり空間自体に立体像
    を造る技術の開発が必要ですが大人数で
    見る映画でそれは物理的に無理で必要ない
    ようにも思えます。SF映画で見られる
    立体映像の技術は通信手段や記録の一部
    として用いられているのでその方向で
    開発が進められるようにも感じますね。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/09/10 6:30 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    3Dですが、先日映画館で2100円も払ってみましたが
    3Dの良さを味わえる座席の位置が中央後方しかないので
    変な位置で見ると映画を見ているというより、イライラ感を
    浴びせられている感じです。
    もういかない、絶対に要らない3D。
    身体に良くない、視神経から脳、意識障害起こしそうです。
    やっぱり家でじっくりレンタルビデオ三昧に限ります。

    | アオイトラクター | 2010/09/10 8:07 PM |
    >アオイトラクター さん
    そうですよね中央で見ないといけませんよね。
    3Dテレビ売れていないようですね。メガネ
    もオプションらしいんですけれど これって
    値崩れしてしまった薄型テレビを少しでも
    高く売るための業界の企みみたいですね。
    テレビ番組が面白くないのにテレビは売れない
    というのに。
    | モリヤン@劇空間 | 2010/09/11 5:52 PM |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE