劇空間 徒然模様

<< ウォーキングの効果は素晴らしい | main | どっちがどっちだか >>
故郷は遠きにありて
0
    昨日の水曜日は仕事を休んで家族三人で兵庫県西宮市にある「西宮ガーデンズ」へ日帰り旅行にすることにした。
     
    ここ数日間に起こった家族のトラブルのことで私自身も精神的に落ち込んでしまっていた。実はこの西宮は私の故郷なのである。ここで生まれ30歳までここで育ち 就職し結婚をし長女が産まれた。私の自慢のふるさとなのである。
     
    徳島に移住した後も生まれ育ったこの地が懐かしいのか何度も過ごしてきた街角を夢にみたりしていた。窮地に立った今 なぜかそんな西宮に帰りたくなった。
     
    帰ったわいいが町は震災後かなり変わってしまっていたが昔の面影は少しは残っていた。そして生まれて育った町へ帰ってみた 20年ぶりに住んでいた家へ戻り も昔から知っていた人は住んでいないと思っていたら 小学生のころから世話になった近所のおばちゃんがまだ同じ場所に住んでおられると知った。
     
    確認して帰ろうとすると一緒に行った家内が「会って帰ったらわ」というのでその御宅まで近づくと家から年配のご婦人が外出しようとしておられる、、良く見ると「〇〇のおばちゃん」である 私も年を取っているがおばちゃんも年をとっているが昔と変わらない面影に思わず声を上げて呼び止めてしまった。おばちゃんは最初は私が誰なのかわからなかったようだが私が名を名乗ると解ったのか大きな笑みで私の手を握り締め再会に感激されたようだった。私の両親はもう他界しており故郷の知人としてはこのおばちゃんしかいないという実感がその時初めて悟った。涙が出るくらい嬉しかった。故郷を離れ20年四国の右も左も解らない土地で頑張ってきたから、、おばちゃんの笑顔を見たら今まで悩み悔やんでいたことがフワーッと柔らかく引いて行くのが解った。
     
    故郷は遠くにありて想うもの、、されど 壁にぶち当たった時に心を癒してくれるのも故郷のあの「笑顔」との再会。私は昔を懐かしむのが嫌いな性格で今まで前ばかり見て前進してきたが 今回は故郷に帰ってみて 良かった。

    その後おばちゃんが喫茶でお茶をご馳走すると言ってくれるので一時間以上昔話に花が咲いた。83歳、御主人を早く亡くされ子供たちとは別居し今もこの地に一人で住んでおられる。「私のこと おかあちゃんと思って また遊びにおいで」とさりげなく言ってくれた。涙がでそうになる。これを書いていても涙が出そうになる。
     
    もともと私には兄弟がいない。おやじが死んだ時には泣かなかったのに、、

    夕刻もせまりおばちゃんとも御別れし徳島への帰途についたが今回おばちゃんを尋ねて良かったと思った。年齢的にももう二度と会えないかもしれないから、ただ「おばちゃん、いつまでもお元気でいてください 僕も頑張ります」。
    | モリヤン(プログの管理者) | 思い出 | 17:26 | comments(8) | - |
    良い話ですね〜〜!!(微笑)

    83歳、でも、すごく、しっかりされておられるんですね。
    本当に、お会いになられて良かったですね。
    それは、きっと、今この時に、会うべくして会ったのだと思います。
    心のピースを埋めるために、きっと。


    西宮ガーデンズに入らしていたのですか。
    西宮北も変わりましたですよね。
    私は小学生の頃から、そこに浜学園があったので、行っていました。
    そのころは、阪急の球場のイメージ。
    阪急の球場もコンサートで行きましたが。
    その近くで、友達が足つぼのお店を出しているので、たまに、行くこともあります。
    つい最近だと、門戸厄神はこの駅経由で行ってきました。

    この駅から、うちの店まで、十数分じゃないでしょうか。

    また、関西に来ることがあれば、うちの所にもお寄り下さい。
    休憩ぐらいにはなるかと思うので。
    奥様同伴でも全然構いませんので(笑)
    コーヒーぐらいは入れさせていただきますので。

    関西に寄るところが一つでも多くあるっていうのもいいかも?しれないですよ(笑)
    そんなにお役には立てないかもしれませんが。。。。
    | ajisai | 2010/04/02 11:06 AM |
    >ajisaiさん
    おかげさまでトラブルから脱する事が出来ました。
    やはり自分の二本の足でスックとたたねば始らない、、。
    私は幼少の頃 逆瀬川にも住んでいましたし学生時代
    は宝塚ファミリーランドの遊園地でバイトもしていましので
    門戸厄神はよく存じています。西宮北口は本当に変わって
    しまいましたね。これでいいのかなぁ、、、西宮市は商業地
    ではなく昔は文教住宅都市と言われていました、高級住宅地
    の夙川や甲東園 そして隣に超高級な芦屋市とも隣接してい
    国道二号線より北側は高級地というイメージが強かったです
    。浜学園ですか 懐かしい名前ですね。今度変える時は
    ajisaiさんに御会いしに出かけます。
    | モリヤン | 2010/04/02 6:26 PM |
    こんにちは。

    懐かしい人に会えてよかったですね。

    ボクも生まれてから中学二年の終わりまで大分県の
    陸の孤島と言われる町で過ごしました。その後、親父の
    転勤で遠くの町へ、ここで十年余りを過ごして名古屋
    へ就職しました。
    ボクは名古屋から東京に出て、実家はまた転勤しました。

    そんな事情で同窓会の通知も来ないし、卒業後同じ学校
    の人には誰も会ってなくて消息も分かりません・・・

    何年か前に最初の町へ行って見ましたが、過疎化が進んで
    町はほとんど形跡をとどめず、人もほとんど目に付きません
    でした。

    辛うじて小学校時代の友人家と思われる旅館だけは立派に
    なっていました。 もしかしたらもう代が代わってるかも
    知れません。 会いに行ってみたいと思いながらなかなか
    実現してません・・・

    モリヤンさんも元気をもらった様で何よりでした。
    | ジバゴ | 2010/04/03 8:57 AM |
    >ジバゴさん
    私も同窓会なんかに参加した事が無いんですよ。
    昔を懐かしむことが嫌だった事もあるんです。
    ここ数10年我武者羅に商売やってきましたし
    後ろを振り返る機会もなかったんですね。
    落ち込んだときに故郷に足を運ぶ事も再び
    前へ歩き出す原動力になり得る事を今回悟りましたね。
    | モリヤン | 2010/04/03 11:08 AM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    家族のトラブルって大変ですよね。
    私もそれでいますごく悩んでます。
    言いたいこといえずに、一方的に言われるほうなので
    いずれはもっと悩むと思います。
    親がいる間はほっといていればなんでもないのですが
    いずれは大変なことになるんだと考えると憂鬱になり
    ます。

    私の父方の祖母は昨年6月に大分の湯布院のホスピスで
    安らかな永遠の眠りにつきました。7月に故郷の熊本に
    て2回目の葬儀と49日法要を一緒に行いました。
    6月に一周忌に熊本に行ってきます。

    西宮ですか。
    20年くらいまえの今頃に仕事で西宮駅、夙川駅に数日
    張り付いてました。阪急夙川駅周辺の桜並木はすばらしい
    光景でした。また桜観にいきたいですね。
    | アオイトラクター | 2010/04/03 9:29 PM |
    >アオイトラクターさん
    身内の揉め事の複雑さはよく解ります。
    え 夙川を御存知なんですか、夙川駅を降りて
    南の浜まで歩けますがあのあたりがアニメの
    「蛍の墓」の舞台となったあたりでアニメの画面
    の中でも夙川の風景が見て取れますね。
    「蛍の墓」の最後のシーンは高台から神戸の町を
    兄弟が見下ろしている形で終るんですね。
    夙川と言えば そんなことを思い出します。
    | モリヤン | 2010/04/04 11:17 AM |
    モリヤンさん、ご無沙汰してます。
    ご家族のトラブルとの事、大変だった事想像に難く無いですが解決の方向と言う事で安心しました。

    夙川、西宮北口駅界隈と言うともろに生活圏内ですが、ここ10年ぐらいの新参者です。
    夙川の桜並木は有名で人や出店が多過ぎで行く気になりませんが、周辺も桜が多く、わざわざ花見に行く事もありません。
    原風景で自分を取り戻す。そう言うものが宝物なのかもしれませんね。
    | ごっさん | 2010/04/04 11:40 PM |
    >ごっさんさん
    こちらこそご無沙汰しています。
    震災で御苦労されたと思いますが西宮は阪神間でも
    住みよい住宅地ですよね。ここから大阪や神戸に
    勤めにいけることが昔は1つのステータスだった
    んですよ。昔通った小学校も中学もまだ残っていました。
    その辺を通ると懐かしさが込み上げます。これは1つの
    財産かもしれませんね。
    | モリヤン | 2010/04/05 11:32 AM |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE