劇空間 徒然模様

<< ヨーロッパ旅行 スイス編 | main | モーニング・オーディオ >>
ヨーロッパ旅行、 フランス編
0
    今回の旅行ツアーの参加者を見てると夫婦で参加されている方々が圧倒的に
    多かった。私達夫婦よりも10歳前後近く上の御主人が定年退職なさった団塊の
    世代の熟年夫婦の方が殆どだった。私達夫婦が50代と若いので平日に長期間
    休暇が取れるのが不思議なのか私の職業を根掘り葉掘り聞かれてしまった。
    みなさん穏やかな紳氏淑女であった。


    ジュネーブからパリ行きのTGVに乗るときに現地ガイドから「今夜の8時からフランス
    国鉄のストライキが始るしフランスはめちゃくちゃにアバウトな仕事をするので気にしない
    ように」と念を押された事が印象に残った。TGVは7時半出発なので運良く夜遅くパリの
    リヨン駅に到着したが途中は熟睡していて景色も見ていない。夜なので見え無いのだが。

    ホテルに着き睡眠し翌朝はわりと余裕で起床。驚いた事にパリでは朝8時を過ぎても
    真っ暗。自動車は皆ライトを着けて走っている。それと驚いたのは郊外からパリの中心部に
    向う通勤の自動車の多さと交通マナーのハチャメチャぶり。こんな光景は見たことが無かった。
    イタリアのローマの通勤ラッシュも凄かったが パリは別格、前に進まないし信号がないし、、
    こんなところで住むのはいやだと誰もが思うであろう光景だった。酷すぎる。

    この日の日程はフランス西部のノルマンディ地方にある観光名所のモンサンミッシェルという
    天使のお告げで1000年前に作られた島の上にある修道院の観光である。しかしそこへ
    行くのにはバスで片道五時間を要するのだが、、、。途中の風景を見て思ったのだが
    フランスって山がない。平野と丘と森の繰り返し、森の多い国である。同じような風景が
    延々と繋がっていく。とくにノルマンディに近づくとヨーロッパ戦線の映画のシーンに良く似た
    景色が出てくるのだ。プライベートライアンの中の兵士が丘を降りてくる時のようななだらかな
    丘や森がいくつも目に飛び込んできた。ここで戦ったんだな。


    モンサンミッシェル修道院。フランスの観光名所。

















    内部ではベネジクト派の修道僧の過酷な修行が行われていたそうな。



























    朽ち果てたようだが 山道には土産物屋でいっぱいだった。世界中から
    観光客が来ていた。



















    モンサンミッシェルの観光に1日費やし翌日はパリ市内観光であった。
    パリで目に付くのはズバリ駐車禁止の標識があるのに縦列駐車しているマイカー
    であるが これはイタリアの都市部でも良く見られた。規制により駐車場が作りにくい
    という事情もあるようである。縦列駐車はその間隔が20センチぐらいで留めているが
    どうやって出るのだろう、入るところも出すところもまだ見たことがないのだが。


    翌日の観光の目玉はルーブル美術館の観光。ここの内部は大量の旅費客でひしめき
    あっている光景は凄い物があった。ヒトばかりいる。お目当てはミロのビーナス。























    本物のモナリザ。ヒトが多くて近くまで寄れない(汗)。





















    これは何だっけー?。
























    これも良く出てくる画だな 何だったっけ。






















    これ 有名らしいのだが 知らん。




















    本当に足早の観光であっという間に外に出た。次の目的地に移動するまでに
    ユニクロ パリ店の前を通った。パリで凄い人気で開店前の行列が出来て
    20分のレジ待ち状態だと聞いた。ここでもかー。





















    エッフェル塔を望む。スーパーマンが飛んでくるかな。




















    雨のパリになってしまった。凱旋門を車内から撮る。


















    昼食に出たエスカルゴ。予想よりは淡白で美味しかった。

























    午後からベルサイユ宮殿を観光。マリーアントワネットの肖像。
    フランス革命時にはギロチン処刑された。






















    ということでパリの観光は超高速に終わり だだ「見るものは全部見たぞ」的な満足感
    は残った、反面 疲れた。今回のヨーロッパ旅行は雨と雪と晴天という具合だったが
    アルプスで良い目をさせてもらったので大満足で終わる事が出来て家内も喜んだ
    ようだ。この旅行でヨーロッパはイタリア・ドイツ・スイス・フランスと主要な国は観光
    できたことになり もう当分ヨーロッパに来る事もないと思う。もし再度訪れるので
    あれば三年後ぐらいにイギリス縦断の旅もまた面白いかなと思う。ただ諸事情が許して
    くれないと思うので しばらくの間は じっとして置こうとおもっているのだが。

    人生の目標に「いつかはヨーロッパ旅行を夫婦で行きたい」という旅が可能と成って
    本当に今は幸せである。是非 諸兄もそんな思いでヨーロッパの旅をなさることを
    御勧めする。帰ってきて時差ボケが一週間続いた。



    フランスと言えばこの曲!。
    | モリヤン(プログの管理者) | 旅行 | 16:47 | comments(12) | - |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    パリですね。お仏蘭西ですね。
    イヤミみませんでしたか?

    私もモナリサとビーナスしかわかりませんでした。
    ひとつはビーナスの反乱!?なわけないですね。
    最後の晩餐は?どうでした・・絵です。

    今日はレンタルでジムキャリー主演「YESMAN」
    を借りて観ました。いつもネガティブな私がすこし
    ポジになりました。是非観てみてください。

    | アオイトラクター | 2009/11/01 10:39 PM |
    今晩は。

    12月に三男が美容学校の研修旅行でフランスに10日間ほど
    行きます。自分は3時間以上、飛行機に乗るとエコノミークラス
    症候群になりそうです・・・。

    モンサンミッシェルは有名ですね。 監獄として使われた時期もある
    そうで潮が満ちてくると海の中にぽっかり浮かんだ状態になりますね。

    8枚目はジャンヌ・ダルクで9枚目は誰かの載冠式の様ですがタイトル
    はなんだったか・・・

    パリの写真は「TAXi」が浮かんできますね。
    | ジバゴ | 2009/11/01 10:42 PM |
    こんばんは〜

    パリの渋滞ってみてみたくなりましたね。。
    どんなんなんでしょ??^^

    ただとにかくホンモノ?モナリザにカンゲキです!
    別に絵に興味があるわけではありませんけど、、、
    皆が知ってるあの絵のホンモノって、、、ちょこっと興奮気味です。。*^^*

    エスカルゴ・・・エスカルゴ・・・
    淡白でしたか、、、^^;

    | たもたも | 2009/11/02 12:09 AM |
    フランス行ってみたいんです。

    妻が昔行ったことがあって、ルーブル美術館では、本当に見る時間が無くて残念だったと言うお話は聞かされていたので、一度、腰を据えて見に行きたいと思っております。

    フランスでは、本当に、足早に観光って感じで相当お疲れになったのではないでしょうか???


    >これも良く出てくる画だな 何だったっけ

    「民衆を導く自由の女神」フランス7月革命が題材だそうです。

    | ajisai | 2009/11/02 11:26 AM |
    >アオイトラクターさん
    おフランスで聞いてきましたが貯蓄率最低らしいです。
    皆 バカンスやホリデーで旅行するために働いている
    だけらしいですね。ある意味羨ましい。大学まで学費
    は無料だとも言っていました。

    >ジバゴさん
    美術的にはナポレオンがイタリアから盗ってきた物も
    多いですね。少し調べました。上から
    サモトラケのニケ
    民衆を導く自由の女神
    ナポレオンの戴冠
    でした。確かにエコノミーは狭い座席で疲れますね。
    ビジネスの座席なんて快適そうですが。

    >たもたも さん
    パリの通勤渋滞は半端で無いです。こんなの大阪の渋滞
    の数十倍ぐらいですね、動かないし どこが車線かも
    判断できないし みんなよくぶつからない物です。

    >ajisai さん
    兎に角 ルーブルは人が多すぎます。どこから湧いてきた
    と思うぐらいの人ですね。仰る通り 高速移動の観光で
    した。行けただけで満足しています。
    | モリヤン@管理人 | 2009/11/02 12:04 PM |
    今晩は。

    うそ知識(ジャンヌ・ダルク)を書き込んですいません。
    どこかで勘違いしてそのままになってた様で・・・
    周りの人の服装を観ても年代があってませんね。
    | ジバゴ | 2009/11/02 8:50 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。

    私のオ仏蘭西のイメージって、若者は勉学に勤しみ、性にも
    勤しみ、文化を大切にし、食にはお金をかけ、住は質素な家具と、ふるくなったアパートを大切に使い続ける、ほんと質素な国民衆ってイメージですね。

    今の日本は親の年収と学力が比例しているそうですが、それ以前に親が子供にお金をかけたくなくなっている現実があるような気もします。・・どうせ大学入れても遊んでばかりだろうし・・会社に入っても出世は学閥で決まるわけでなく、
    人事運だけだろうし・・なんて実体験で子育てを考える親が
    増えているのも現実なのではないでしょうか?
    常に畝付けるのは『元気でたくましく育って欲しい』ですね。
    | アオイトラクター | 2009/11/02 9:55 PM |
    >ジバゴさん
    ジャンヌは百年戦争ですね、って私も良く
    知りませんのですが(笑)。

    >アオイトラクター さん
    昨日でしょうか フランスの若者の間で貧窮からの
    自殺率が上がっていると読みました。ヨーロッパの
    経済も疲弊しているでしょうね、ヨーロッパはずっとインフ
    レ気味なので貯蓄の習慣もないし食べる事に苦労するのかも
    しれません。子育ての話は耳が痛いです。かけたくない
    のでは無くてかけれないのだと思いますよ。親の減給や
    リストラで進学出来ない事情が大きいと思います。住宅
    ローンと教育費が現時点でも一番御金がかかることですから
    ね。クラスの殆どの子が進学塾行っているのに自分の子
    だけ行かせない親はいませんよ、ただそれも御金が無いと
    無理な話で その無理な家庭が増えていますよ。

    | モリヤン@管理人 | 2009/11/03 11:34 AM |
    モリヤンさん、こんにちは。
    いや、モリヤンさんは立派に子育てされて、自分の趣味と
    奥様やお子さんと旅行にいったり映画を楽しんだりされて
    すばらしい御父様です。

    私は独身で子育てを論ずるに足らない馬鹿者、親に孫を抱か
    せてやれないアホです。最近、そのこと自心を責めることが
    ありますし、将来の不安のひとつでもあります。

    話し変わりますが、ロッキートリロジーUKは届いたので
    すが、ロッキー1とロッキーバルボア(6枚目)はリージ
    ョンではじかれてしまいます。ロッキー2,3,4,5
    だけリージョンAでした。画質、音質は昔の作品でSD
    DVD並でした。モリヤンさん作ディスクのほうが良質
    だと思います。同時にLOST1も届きました。
    最初に日本語でLOSTシーズン1,2、5は特別仕様で
    す。っていう文が出たのでLOST5も日本語はいっている
    のかなあと、モリヤンさん報告を楽しみにしてます。
    最近はクライムアクションTVシリーズに凝っているので
    CSIマイアミばかりレンタルで観てます。
    | アオイトラクター | 2009/11/03 1:54 PM |
    >アオイトラクター さん
    親というのはいつまでたっても子供の心配
    が尽きません。うちも孫を抱かしてくれるのか
    心もとないです。それよりもまず就職が、、。
    あらら ロッキーは情報違いでしたか、買わないで
    良かった。LOSTはシーズン4は枠外ですか、到着まで
    心配ですがイギリスの郵便がストらしいです。フランスの
    国鉄がこの前ストしたので真似しているのでしょうか。
    ヨーロッパの賃金削減が厳しいみたいですね。
    | モリヤン@管理人 | 2009/11/03 4:16 PM |
    モリヤンさん、こんばんわ。
    就職も大変ですし、心配ですよね。
    結婚は縁とタイミングとなんとかここで勢いでですね。
    お仏蘭西国鉄はストですか?
    ちなみにロッキーとLOSTは発注から1週間で予定通り
    到着しました。ロッキーは一番観たかった1作目が観れなくてショックです。LOSTは2,3と追加発注します。
    5はモリヤンさん待ちで・・。

    | アオイトラクター | 2009/11/03 7:16 PM |
    >アオイトラクターさん
    自分自身の事でないので手も足もでませんね。
    結婚は凄いパワーが必要ですね、男女のどちらかが
    強引に引っ張って行くぐらいでないと成り立ちません。
    私の場合は 私がリーダーでした、今もそうですが。
    | モリヤン@管理人 | 2009/11/04 1:06 PM |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE