劇空間 徒然模様

フォーカスが外れる
0
     寒い!ごつっい寒い!。今日も寒かったけれど明日の徳島の最高気温は3℃らしい、、
    寒さと雪に弱い南国徳島、、夏だけ元気よく阿波踊りしているだけ、、建物の中にいても
    本当に寒い。

    今日から食事の時に第三のビールを飲むのをやめて いいちこ のお湯割り飲まなければ
    体が壊れる、、。

    んで、最近うちのプロジェクターのフォーカスがずれやすい、寒くなってきてからだ。
    電源を入れるまでレンズ周りの温度は何度なのだろう、電源を入れて一本映画を
    観終わってフォーカスをチェックすると たまにボケてる。

    きっとランプの高熱でレンズ周辺の金属部分の温度上昇がきつくてフォーカスリング
    あたりかレンズ周りが膨脹してフォーカスがはずれるのだと予想する。

    それぐらい部屋の中も寒いんだろうな、、ブルブル。
    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 16:53 | comments(8) | trackbacks(0) |
    VW85のランプ交換
    0
      一昨日、SONY VPL-VW85のランプ交換を行った。大分以前に用意していた新品純正ランプ
      との交換である。

      プロジェクターを降ろすのが億劫なので自分から高い所に上る。


      VW85を購入して二年が経過した、ランプタイムは低輝度モードで1477時間でまだ
      余力はあるが確実に輝度の低下が目に見えだしたので交換。

      新品ランプが予備にあるのにランプが切れるまで低輝度で我慢して使い続けるほど
      交換ランプの価格は高くないと判断したのだ。

      VW85は個人的には最長期で使用している機体である、まだまだ使い続けたいと思っている。
      このシリーズの新型は3Dが入っている、私は3Dは余計な物と考えているので その辺に
      は手を出したくないのと VW85の性能で現時点でも十分だと思っているからである。

      つまりこの機体は使い潰すだろうと思っている。 



      KOUKAN1.JPG







      古いランプを摘出したところ、御苦労さんでした。交換は簡単。

      KOUKAN2.JPG




      私の場合XBOX360もプロジェクターで遊んでいるため使い込んでいる部類だと思う。

      さて、交換の終わった画像だが もっと輝度が上がるか と思っていたのだがそうでもない。
      起動が速くなったのとフォーカスが合わせやすくなったのぐらいしか印象にない。

      ちなみに今まで低輝度モードで使って来たのだが試に高輝度モードで視聴してみた。
      これまたそんなに眩しくない、低輝度モードもあまり変わり映えがしない、なら今回も
      低輝度で使おうかな、昔ビクターの固定画素プロジェクターを使用していたころは
      高輝度にするとファンノイズが上がりとても眩しかったことを思い出す。

      まあ そんな訳であと2年間は大丈夫。
      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 17:35 | comments(4) | trackbacks(0) |
      SONY VPL-VW85の交換ランプ
      0
        SONY プロジェクターVPL-VW85用の交換ランプが昨日届いた。

        ウェブショップの最安値店で発注したがメーカー取り寄せということで1週間待たされた。
         
        VPL-VW85のランプタイムは現在1200時間を超えているのでいつ寿命が来てもおかしくない、ランプが切れてから発注するのではプロジェクターが使えなくなる時間が耐えられないのでランプが切れる前に準備しておくのが私のやり方である。
         
        VPL-VW85は2009年の11月導入なので約一年半余りで1200時間使ったということは月単位では63時間で一日あたり2時間使用している計算であり購入後ほぼ毎日プロジェクターを使っている計算になる。
         
        私の場合 まる1日休日をとれる立場ではないので1日に何本も映画を投射することは皆無であり1日夕食後2時間コンスタントに使用している。
         
        ここに来てVPL-VW85の使用感であるが 良い機器で非常に満足している、これからもずっと使っていきたいと思っている。 ランプの話に戻るが今回SONY の純正品を選んだ。
         

        LANP1.JPG




        このランプには汎用品も存在するが個人的には信頼性が最も高い日本国製造の
        純正ランプを選んだ。こういう最も重要パーツには少し高価になるがお金は
        惜しまないでおこう。



        LANP2.JPG





        純正品らしく日本語取説と保証書がちゃんと付いている。


        LANP3.JPG





        大層厳重なスポンジ梱包で覆われていてそこからゆっくり本体を出してみたが
        結構パッケージングされていない配線でランプに結線が裸で伸びていたりして
        扱うのは注意が必要な構造をしている、そのためスグに梱包材の中に戻した。

        今度取り出すのはランプ切れの時である。


        LANP4.JPG


        | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 17:23 | comments(8) | - |
        熱中時代
        0
          来てます来てます台風北上、、


          ●箇条書き。


          ,笋辰僂蟒个靴討たSONY SXRD 3DプロジェクターVPL-VW90ES
          3Dに関する技術を何で画質に投入出来ないのか。今年はこうなると
          思っていた。3D大嫌い人間には必要の無いプロジェクターである。

          ∪萋見たBD「ハートロッカー」の感想だが。私はあまり好きではない。
          イラクにおける近代戦のリアルさはFPSゲーマーとしても感じるのだけれど
          この映画は女の監督が作ったんだよね、この人子供いるのかなぁ。
          子供の描写がえげつなく気持ち悪い。これだけ醜い子供の描写をした戦争
          映画は今まで見たことが無い。これはアメリカ本土の子供の描写でないから
          アメリカ人は正視できるんだろうな。それと中途半端なヒューマニズム
          で不完全燃焼している。特に主人公が子供の仇を討ちにアジトに乗り込む
          シーン。こんなこと絶対にありえないし仇を討てていないし意味の無い
          描写に見えた。この映画を中東のイスラム社会の人々に見せたら どんな
          反応するだろうか。それと1本筋が通っていないように感じた。
          これって米軍の宣伝映画なのか、そんな感じがした。アメリカ人なら
          受けるのだろうか、オレは受けないのでソフトをブチ売った。

          暑い日が九月に入っても続いている。軒並み35度の日本。個人的には
          いまだに野外作業続行中。暑い 暑い で熱中時代、いや熱中症時代。

          ちよっと古いけれど懐かしく見てね、この歌好きだったな〜っ!みっき〜っ!。

          | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 16:23 | comments(8) | - |
          VPL-VW85の轟音
          0
            何の不満もなく数ヶ月使い込んできたSONY VPL-VW85だったのだか、、

            一昨日の夜いつものように110インチでゲーム三昧して さて終ろうかと
            XBOX360の電源を切っ時点で背後で物凄い轟音がしているので何が鳴っている
            のかと確認してみるとVPL-VW85の強制排気ファンの音だと解った。


            それにしても大きな音なのだが辺りを見回すと室温計があったので見てみると
            何と室温が30度に達していたのだ。VPL-VW85に灯を燈した当初は「今日も
            寒いなエアコンの暖房を付けよう」としてエアコンの30度に設定していたのだが
            まさか本当に室温がそれほど上がるとは予想していなかったのだ。案の定 エアコン
            を切るとVPL-VW85の轟音は徐々に小さい音になって正常の大きさに戻った。



            念のため翌日VPL-VW85の取説を読んでみると「デフォルトでは普通の設定で
            室温が25度を越えると強制速度にファンが回り出して内部の温度を下げる」と
            書いてあった。VPL-VW85は擬似天吊りでエアコンに近い位置に在ったのも
            強制轟音ファンが回り出した一因だと思うが壊れたのでは無いかとヒヤヒヤ
            した私は未だにプロジェクターの使い方が解っていないようだと反省してしまった
            ようなし無かったよな、、気温の高低が著しいこの時期 エアコンの使い方は
            注意がいりそうだ。翌日から室温は25度に設定したらVPL-VW85は何事もなく静かに
            映像を映し出している。よかった。



            | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 18:08 | comments(19) | - |
            映画的な日々
            0
              新しく増えた仕事にも慣れては来たのだが日中の時間が大幅にそれに摂られるのも事実でなかなかブログの更新まで時間が割けないでいるのは確かだ。
               
              最近はゲームから外れてまったくやっていない。一応目標を達成したし少しゲームは休憩して毎晩WOWOW録画の消化に当っている。

              何から見て行こうか悩んだのだが国内の作品を見ていこうということで「踊る大捜査線」シリーズの「交渉人××○○」と「容疑者▲▲○○」と「アンフェアー劇場版」をみてみたのだが、、、はっきり言ってこれらのどれもが「しょーもない(関西弁)映画」だった、ああ いかん「残念ちゃんの作品」だった。「容疑者▲▲○○」と「アンフェアー劇場版」に至っては「主人公が何も活躍しない」「眉間にしわを寄せて怒っているだけ」「キャラクターに凄みが無い」「どうでもいい事件でリアリテイが無い」等などであるがこれを劇場で御金を払って見た人は怒らなかったのだろうか。何か面白い作品が見たいんだがなぁ、、、

              それとプロジェクターのSONY VPL-VW85のキャラクターも時間を掛けて映画を見ていく段階ではっきりとつかめるようになった。ズバリこの画質は非常に「淡白」である。つまり色乗りが良くない、良く言えば「はっきりした輪郭であっさりしている」だろうか。コントラストを落とし色の濃度を上げてみてもにじみが多くなるばかりで大した効果は無い。北米の作品よりも国内の最新作を見ているとこの度合いがよくつかめる。これがSONYのブラビアエンジン2のキャラクターなのかもしれない。色温度はかなり低く設定しているのでまちがいなく映像エンジンのキャラなのだろう。んなことを言いながらしばらく映画的な日々を過ごして行きたい。





              それと この春からの(春まで無いんかいっ?)気になるラインナップ。 


              | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 18:10 | comments(6) | - |
              The Dark Knight
              0
                昨夜はSONY VPL-VW85のエージングも終わっている事だしガンマや色温度設定の終った状態で黒の落ち込みを試してみようと久々に国内盤BD「ダークナイト」を視聴した。視聴と言っても見るシーンをいつも決めている ジョーカーがハービー・デントの護送車を襲いバットポッドが出現するシーンだ。

                私はこのシーンが好きで何度見ても飽きないという理由があるのも確かだ。しかし昨夜は少し前のバットマンが香港でラウ社長を拉致するシーンを見てみた。このシーンはIMAXカメラで撮影されているパートが多く解像度的には御得なシーンだと再発見した。

                ルーシャス・フォックスが単身香港に乗り込むパートから特にバットマンが大飛翔するための装備がリアルで面白い。私はこのバットマンのカッコイイ秘密兵器が大好きなのである。子供の頃からバットマンのバットケーブやモービルは私の憧れであった、子供心に「こんな秘密基地が欲しいな」と憧れた次第、この歳になってやっと自分の秘密基地が持てて私は幸せなおっさんかもしれないな、、、でVPL-VW85なのだが やはり黒側への階調表現が「急坂」である。

                つまり黒潰れが目立つ、しかし黒の中で輝度の高い物を描く能力がずば抜けているのでコントラスト感が高い。例えば ジョーカーの運転するトレーラーをバットマンがひっくり返し 引っくり返った車体からジョーカーがマシンガンをぶっぱなしながら出てくるシーンでジョーカーの向こう側の店のショールームが実に明るく解像感を持って見えている。店の中に何が置いてあるかはつきり見えるのだ、前方のひっくり返ったトレーラーは照明も無く暗いので暗い道路での遠近感が実に素晴らしい が その手前のシーンでの横転するバットモービルが暗くて良く見えないのだ。これはアイリスを切れば見易くなるのだろうか 今度試してみよう。 ということでダークナイトに始りダークナイトで終った今年の劇空間だった、今年の更新はこの記事で終ろうとしている、来年はまた新たな物に興味を抱くおやじだと自分でも想像は付くのだが大不況の中でも夢だけは抱きつつ常に前進していきたいと思う52歳である。来年もどうかよろしく。

                来月発売予定ののホットトイズ製の新ダークナイト・バットマン。このリアルなスーツが私を虜にしてしまうのだ。

                | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 16:22 | comments(16) | - |
                今更ボーン
                0
                  SONY VPL-VW85のハンドリングの続報だが。

                  非常に良い機体で喜んでいる。特に良いのは黒の沈み込みとフォーカスの精密度、発色の良さだろう。私はもともとオートアイリス反対派だったが VPL-VW85ではそのアイリスを弱で好んで使っている。違和感がまったくないからである。私はキノセンを積んでいるVW100の視聴会に行った時に初期のアドバンストアイリスの黒を見て違和感を覚え一発でこれが嫌いになった人間なのだが VPL-VW85のそれはまったく違う物に進化している。これを使ったほうが黒に安定感が出て非常に価値のある黒を出してくれる。体感では60000:1のコントラスト比をゆうに超えてしまっているのでは無いだろうか。評論家の人々がVPL-VW85を賞賛する訳が私にはよく理解できる。この機体は「上がり」だと個人的には思っている、もうこれで十分使っていける。



                  昨日届いていたもの。
                  国内アマゾンで購入したXBOX360のレース物第二段「DIRT2」と国内版BD「グラディ
                  エーター」だ。「DIRT2」はゲーム・デモを遊んでみて感動物のグラフイックに惚れて
                  買ってしまった。自分が走行したリプレイビューを見たのだが「実写」と見間違うほど
                  のリアルな描写に惚れたのだ。このオフロード&ラリー系シュミレーターもコクピット
                  ビューでドライブ出切る。私の場合110インチ画面がコクピットとなるのでゲームセンター
                  よりもリアリティは高くなり視認性には困らないし個人的に酔う事は皆無である。


















                  続いて国内版BD「グラディエーター」の画質の話なのだが。今日の朝一番で以前から
                  手に入れていた英国盤と比べて見た。私はユニバーサルからの発売だしメニュー画面
                  やロート゛画面も同じなので期待して見たのだが裏切られてしまった。この画質は
                  英国盤の物とは違うように思った。エクステンデッド版を同じ設定で同じシーンを
                  見たのだが国内盤の方の画像はシュートが強くかかりすぎ平面的で輝度の高さが低い。
                  英国盤は素晴らしい画質で喜んでいただけに残念である。何でなのだろうか?。
                  こんどWOWOW録画BD-Rと勝負させてみようかな。


















                  それと今日届いた物。今更ボーンである。

                  UKアマゾンのポイントを久し振りに貰ったので消化で前から眼をつけていたBD「The Ultimate Bourne Collection」を取り寄せた。UKアマは現在バーゲンセール中で価格がかなり安くなっているまだ持っていない方は日本語字幕入りだし買いの時期だと思う。音声はDTS HD MA
                  の折り紙付きなので永久保存版ということで、、でも私は見ないんだろうな(汗)。





                  | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 16:52 | comments(15) | - |
                  VW85
                  0
                    昨日届いていたもの。
                     
                    国内版BD「ターミネーター4」とBD「スーパーハィビィキャスト」が届いた。
                    BD「スーパーハィビィキャスト」 の方は大手AVシヨップにて第二特典でのサービス品。

                    このソフトでプロジェクターのチエックを行ってみた。
















                    早速にVW85のセッティングを始めた。いつもの様に擬似天吊りにしての設置。
                    VW85の場合 上下とも65%のレンズシフトと左右の調整が可能。
                    このシステムが支流になりだしてから設置が簡単になったことは喜ばしいのだが
                    色収差に影響は出ないのか いつも心配はしているのだが。














                    前方から見た面構え。HD750より二キロ重いだけあってその分高級感を演出している。
                    レンズはやはりど真ん中にあったほうが見ていても安定感を感じさす。レンズ周りに
                    付いたリングが存在感をアピールする。どんな機械でもこの面構えというのは
                    大事なことである。購入意欲をそそられるのもこういうところからも来る。


















                    昨夜はセッティングに時間を取られてしまって第一印象だけ書くがVW85は好感の持てる
                    仕上がりである。ただし完璧では無い。

                    ●まず黒の落ち込みだがアイリスを切りネイティブコントラストで黒を出してみたが
                    私の感覚では40000:1〜60000:1のコントラストに感じた。HD750が50000:1で
                    あったのだがこのコントラストにも驚いたがVW85のそれはその驚きよりも上の物に
                    感じる。いわば、、切れ込みのある黒。ビクター機の場合 どうしてもくすんだ黒のイメー
                    ジがあったが 今回のVW85の物はフォーカス感が特筆で「ピッタリあった黒」を出している。
                    SONYは今回 大変努力してコントラストを作ったみたいに感じた。アイリス有りと無しで
                    比べてみたが その違いが良く解らないぐらいネイティブの物が優秀であ。
                    これなら電動アイリスを付ける意味が無いと思うが。それと噂どおりに「黒の中の輝度の高い
                    描写」が美しい。ただ暗いシーンでは平坦になりやすく黒側の階調表現が足らないのか
                    ガンマの設定が違うのか「黒潰れ」してしまって暗い中を動く物の判別がしにくくなる。
                    これはユーザープリセットで「落とし所」を作らなければならないなと思った。
                    ●解像感も特筆で「キリッ」としたモニターライクな画の描きかただ。レンズが優秀なのだと
                    思うのだがハッとする立体感に出会うことがある。明るくみずみずしく抜けるような画といったら
                    いいだろうか。兎に角 フォーカスが優秀であり映画を観ていても明るいシーンでの奥行き感や
                    立体感の不足に困ることはまず無い がしかしシーンによったらグレインのようなノイジーに
                    見える物があった。これは解像感が高いのでグレインが見えているだけだろうか。
                    ●ハイビィーキャストで美人画と毛糸の玉を見てみたが非常に自然体でしかも綺麗に見え
                    発色もピーキーにはならずに美しいカラー映像を提供している。流石 SONYの映像エンジンを
                    積んでいるだけの事はある。
                    ●デフォルトでランプは「強」である、ちよっと明るすぎる帰来があるのだがセッテイングは
                    これであっているのだろうか。
                    ●月刊誌の記事のように多種多様に自分なりの画を造れる設定項目が盛りだくさん。
                    特にガンマー設定は11段もあり正直 どれを使えばいいのか解らなくなってしまうことはある。
                    ●入力に60P とDVDO EDGEを挟んで24Pとどちらが映画が自然に見えるか試してみたが
                    やはり24Pで入れる方が画に破綻が無く滑らかであった。60Pで入れると壁を映しているのに
                    その壁がザワザワするのを感じるし発色も若干落ちるように感じた。

                    兎に角まだ2時間程しか使っていないしこの手の固定画素物はエージングで変わるので
                    もう少し時間を置いてから詳しくレポートすることにする。画素欠けもないし色むらも無いよう
                    なので やれやれ という感じで、、
                    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW85 | 17:03 | comments(25) | - |
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + カウンター
                    アクセスカウンター
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE