劇空間 徒然模様

ドルビーTrueHD 24bit/192kHz
0
    ブログも更新せず ボーっとしていた日々。体調は季節の移りがゆっくりしてきたのか
    徐々に整い出した。ストレスのせいか はたまた刺激の不足か 歳とともに気候の変化
    に慣れるのに二ヶ月はかかってしまう。若い時には考えられなかった事だ。徒然に。

    今日国内アマゾンで来年2月後半発売のBD「AKIRAを予約した、で 予約したから
    気が付いたのだが このソフトは音声が24bit/192kHz(ドルビーTrueHD)なのだ。
    余談だが 私の愛用しているイタリア・ノーススター製CDトランスポートは
    24bit/192kHzまでアップサンプリングし揃いのDACはこれをアナログ変換する。
    当然2チャンネル再生になるのだが、、、今回BD「AKIRA」はこの音質を5.1Chで再生
    出来るように製作されているという。うーん?、ちょっと前に 誰かがDENON BDプレー
    ヤーではLPCM24bit/192kHzでは音が出ない とか言っていなかったかなぁ、、私の
    持っている3800BDでも再生不可だったはずだが ドルビーTrueHDの規格なら再生は
    出来るんだろうか?、BD「AKIRA」は世界初でドルビーTrueHD 24bit/192kHzで収録と
    聞くし これはソフトを買ったは音が出ないとかでまたまた波乱を呼ぶのかな。
    それとも従来から再生可能なSONY製に買え換えなければ再生不可能なのだろうか。
    また ややこしいソフトが出てきたものである。PS3で再生するのも悔しいしなぁ。

    近況、やはり映画の視聴消化はあまり出来ていない。XBOX360(ゲームの話になると
    やはりスレが付かないんだよなぁ、ね、HAMAさん)にぞっこんで攻略の連続である。
    未だに中古で安く買った「Call of Duty 3」のベテランモードを攻略している。XBOX360
    に限らずFPS系ゲームには 三、四種類のゲームランクが存在する。まず「イージー」つぎ
    に「ノーマル」、そして「ハード」そして最難易度ランクが「ベテラン」「レジェンド」「リアル」
    「インセンス」と呼ばれるもので構成される。私の場合「イージー」をプレイすることは
    まず100%ありえない、「ノーマル」でゲームの構成を見極めて「ベテラン」ランクを楽しむ
    のが好きなのである。このランクをどこから始めるかで プレーヤーの「ゲームに対する
    趣向」 が違ってくると思う。私は オフラインのキャンペーンでとことん最後まで
    ゲームに付き合うことが好きである。ただし「ベテラン」ランクになると、「ノーマル」で
    簡単に通れた戦場が何日プレイしても通れない 痛くてストイックな思いを強いられる。
    「今回は もう無理だから あきらめよう」と何度も思うのだが 翌日 ついついコントロ
    ーラーに手を出してしまうのは 性格がしつこい のかもしれない。自慢では無いが
    価格対満足度は最高である。XBOX360を購入して2年になるが まだ10本のソフトしか
    攻略していない。この本数を伸ばさず 徹底的にしゃぶり尽くすのが私は好きである。


    とは言っても どうしても欲しいゲームは買い足してしまう。その1つが来月前半発売
    予定のGears of War 2 。XBOX360を購入したのも この第一作のグラフィツクに惚れ
    てしまったからで 私にとっては最高のTPSである。第一作では「インセン」ランクまで
    攻略し世界中のプレーヤーのプレイを助けて「ドム・マスター」の称号も持っている。
    その熱狂的な一作の続編がパワーアップしてアジア盤(日本語なし)が発売予定である。
    HAMAさんは買われるのだろうか、、、今回も 最後までしゃぶりつきたいと考える。


    次に楽しみにしているのは12月に発売予定のFallout 3。これは純粋なファースト・パー
    ソンズ・シューターではなくRPG形式なのだが、、1950年のアメリカワシントンでソ連と
    核戦争、これを逃れる為に人々は核シェルターへ逃げた、、そして200年後 外へ脱出
    した父を追って主人公も外部世界へ飛び出す。しかし そこには核戦争で荒廃した世界が
    広がっていた、主人公の外部での経験値は最初はゼロ、 父を探し 外部世界で生き延び
    るために知識を詰め込み 経験を積み 冒険を続けていく という筋書き。私が気に
    入ったのは ズバリ グラフィツクの素晴らしさと システムの面白さ 戦闘するか
    話し合いに持ち込むかはプレーヤーの意思できまり エンディングも分岐していくとい
    う。型にはまらないところが「やってみたいなぁ」と思わせるのだ。さぁ 楽しみだ。



    追伸。PS3版のFallout 3は発売延期になっちゃったんだって、あ〜あ。やっばり360だ

    追伸2。ギィアーズ・オブ・ウオー2の日本版はレーティングの門が狭すぎるのか
    発売されないようです。日本の360でもちゃんと動くアジア版御薦め。
    | モリヤン(プログの管理者) | 3800BD | 18:17 | comments(23) | - |
    快適である
    0
      Dervaさんのリクエストに御答えすべく昨夜は3800BDのHDMIビットストリーム伝送後
      AVP-A1HD側でデコードされた音と3800BDでデコードしアナログマルチ7.1Ch出力された
      音とを比較し 尚且つアナログマルチ7.1Ch時のHDMIのプロジェクター直差しの映像とア
      ンプ経由の映像の違いを確認してみた。使ったのは やはりBD「イノセンス」の
      LPCM7.1Ch。デコードという意味では曖昧だが 試験的に良く解る素材を使ってみた。
      果たして 某誌上の試聴記と同じになるのだろうか、、、
      まず3800BDからのアナログマルチ出力の音質だが 低域の解像感と押し出しがいい。
      「ガツン」としたSEの締まりも良いので ちよっと驚いた。次にHDMIビットストリーム
      でAVP-A1HDのDACを使った音との違いであるがHDMIビットストリームの方が先程の低域
      の押し出しは引っ込むが 解像度はHDMIビットストリームのほうが上を行っている。
      これはAVP-A1HD以外のアンプでも同じかどうかは解らないが 確かに解像度はこちらの
      方がいい。イノセンスのバトーが入った商店の蛍光灯のSEがHDMIビットストリームでは
      最後に左側に折れるのだが アナログマルチ出力の場合 この最後が曖昧に聞こえた。
      ここは 何度も聞いているので確かである。次にアナログマルチ出力でHDMIは画像だけ
      としてHD100に繋いだ画とHDMIビットストリームしアンプ経由でHD100に繋いだ画と
      どちらが高画質か試して見た。理論上は直でHD100に繋いだ画の方が綺麗なはずである
      が しかし現実は違った!。なんと?HDMIビットストリームしアンプ経由で音と画を
      伝送しHD100に送るほうが綺麗なのである、これはどういうことなのだろうか?。
      3800BDにもREALTAがありAVP-A1HDのREALTAも動いている つまり二重にREALTAが動く
      ことが高画質に繋がるのだろうか?、で 結果、どの組み合わせが一番理想的な画と
      音がでるかというと「音声も画像もHDMIビットストリームしアンプ経由、AVP-A1HD側で
      デコードする」接続が 一番いい質感を得たことになった。つまりHI-VIの試聴と同じ
      結論に達する。なら2500BTと同じか?と言うと そうではないと言っておきたい。
      音の解像感は似たり寄ったりだが 画が違うのだ。ロクス・ソルス社の上空を飛ぶ
      バトーとトグサを乗せた飛行機のオシリの部分だが3800BDになって初めて ここに光沢
      があり「ツルリ」としているのが見えた。解像感とノイズを抑えた技術が3800BDにはある。
      音のほうも 他の次世代オーディオを鳴らしこんでいないのでまだまだ個人的には未開
      な部分も残る、おいおい書いてみたいが。3800BDのアナログ出力を期待していた方々には
      少々 酷なレポートとなったかもしれないが、、私の場合アナログ接続し その上で
      HDMI接続もしている リモコンにて3800BD側の設定を換えてやるだけで どちらも使えて
      しまうので個人的には なんら問題も無く快適である。
      | モリヤン(プログの管理者) | 3800BD | 17:41 | comments(5) | - |
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + カウンター
      アクセスカウンター
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE