劇空間 徒然模様

これは 面白そう。
0
    某大型AVシヨップで「Victor DLA-HD1 対 SHARP XV-Z21000」というイベント
    を開催したらしい。やっぱり DLA-HD1 のライバルは-Z21000しかないか?。
    このイベント 立地が許したら 参加したかったな〜。
    当然 コントラスト比の戦いとなろうはずだが 黒は どっちが勝ったんだろうか?。
    前にも書いたけれどZ21000は400アンシで12000:1のコントラスト比を誇る。
    この400アンシというのは迷光対策された真闇においても100インチサイズを超えると
    かなり暗いイメージの視聴となるのだが、、、物量的にも価格的にもDLA-HD1 を凌駕
    しているXV-Z21000なのだがDLA-HD1 のスパースター的な出現の陰で その実力は
    あまり語られずにきたわけではあるが ここへきて注目されつつあるのには 何か
    理由があるのだろうと推測される。一時 私もZ21000の導入を考えたことがあるのだが
    見送りの理由になったのは「投射距離」と「吸気ファン音の大きさ」と「価格」だった。
    特に投射距離に関しては110インチを投射するのに4メーター近く必要になるので
    うちの環境では その辺が物理的に無理なのであった。ただ こういう面白そうなイベントの噂を聞くと プロジエクター使いとしては むずむずしてくるな?。Z21000の画もやっぱり一度診て見たくなってしまった。
    | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 17:34 | comments(12) | trackbacks(0) |
    HDMI変換アダプター
    0




















      来るHD1用にMONSTER CABLE製のDVI400シリーズ専用のHDMIへの変換アダプターを取り寄せてみた。素材が徹底しているのか そこらに売られている簡易な物とは比較できない
      くらい個人的には高価なものであった。実は 現在の11Kの環境ではMONSTER CABLEブラン
      ドのHDMI400/DVI-2MというDVI変換ケーブルを使っている。プロセッサーとプロジェクターはDVIで変換接続されているのだ。しかしHD1ではデジタル入力はHDMIになるため このケ
      ーブルはもう必要はなくなるのだが 新たにもう1本400シリーズのHDMI/HDMIの2メータ
      ー物を購入するのは非常に勿体無いので変換アダプターを装着して いままでのケーブル
      の寿命を延ばした訳である。HD1は29か30日発売。
      | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 17:41 | comments(5) | trackbacks(0) |
      HDMIセレクター購入
      0











        この二十日で禁煙して二年が経過したことに気が付いた。禁煙当初このブログでも
        「やめられますか?周りで止められた人を見たことが無い」とか言われて皆にからかわれた
        ことを今でも覚えているが あれから2年である。一本も吸っていない。良く頑張り
        ました。っと。そして 周りでやめた人が 一人出ました。っと。(笑)

        次期HD1用にHDMIセレクターを用意した。入力 HDMI×3ポート、最大解像度 1080P、
        専用リモコンが付き、2メーターのHDMI-HDMIケーブルが2本付録で付いていて
        価格が なんと?12800円だった!。本当にちゃんと動作するのなら 果てしなく「安い」。
        調べたところによると この商品 ウェブで出回っているらしいが 人気商品なため
        在庫があるうちに さっさと買わなければ 売り切れる代物らしい。これは 本当で
        私が在庫を確認した際は四個ほど まだウェブ上に残りがあったのに1日経って 確認
        すると 全て 売り切れていた。安堵。 これさえあればHDMI端子の少なさも克服出来る
        というものである。これを使うとHD1に最低四台のHDMI機器が接続出来る計算となり
        うちの場合 HDD/DVDレコーダー、HD-DVDプレーヤー、PS3と繋げる事ができ しかも
        1つ余る勘定なので 余裕で次世代に対応できる はずなのであるが、、、

        | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
        MONSTER CABLE HDMI400-2M
        0












          MONSTER CABLEのHDMI400-2M
          をオークションで落としてみた。モンスターのHDMIケーブル
          で2メートルの長さの物だ。ウェブで発売している物の最安値よりも六千円安く手に入っ
          たが 本当はもっと安くしたかったのだが。このモンスターのHDMIはシヨップを除いては
          なかなかオークションには出てこない代物だ。それだけ安定性があるのだろうと思う。
          現在の家のHDMI環境でもHDMI400は使っているのだが HD1到着となると今まで使ってきた
          セレクターのDVDO VP30を撤去せねばならず セレクターなしの環境では今までより
          長めのケーブルが必要になってくる その準備のために購入したのである。HD1には
          HDMI端子が二つしかない。よってHDMIセレクターの導入も必要になってくるのだが、、、
          どうしてもAVアンプのセレクターは使いたくないな。 

          | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
          これって?本当かなぁ?
          0
            HD1とVW50の画像を比較した物。左がHD1で右がVW50。
            これって?本当かなぁ?大阪で比較した時も おかしいなぁ?とは思っていたのだが。
            今回 これを見て 故意に調整しているような感じに思えた。
            | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 10:16 | comments(3) | trackbacks(0) |
            Hi-Vi を買う。
            0
              Hi-Viを約1年ぶりに買ってみた。
              HD1の情報がほしかったのと プロの眼から見た 本機の評価を読みたかった。
              私が先日出した評価に あまりにも似たコメントが出ていたので 安心した。
              ランプのメーカーも変更したので 遅くなっているのね?それは知らなかった。
              現在HD10Kを使用している評論家の目からも その評価は高く これは 楽しみに
              なってきたわい。コントラストで押し通す 画 か?その通りだと 私も感じた。

              しっかし?BDとPS3の記事の多いこと、、、北米盤「スーパーマンリターンズ」は
              BDの方が画が良いって 書いてあったな? ちよっとぐらつく言葉だけれど
              「スーパーマンリターンズ」は個人的に評価していない作品なので どうでも
              いいか?(笑)。今月号は 内容が濃くないかい?。買って 良かった。
              HD1はベタ褒めで やっぱり六年に一台の エポックメイキングだった。

              話は違うが また 風邪をひいてしまい病院で見てもらった。
              熱は高くない って言っているのに 解熱剤出してくれるし これって
              どういうことよ?。あ お腹のコンデションが悪い、今日は発泡酒呑むの
              やめとこ、、、ノロでは ないと思う。
              | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 18:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
              2000台なら 
              0
                今日は カメブログ。昨日のアクセス数は一日で1000アクセスとなっていた。
                皆さん ご苦労サンです、、、何か 探しまくっている様子が、、、
                そこで 今日は ちよっといい話(これも予想)。HD1?発売が来年である。
                他社からかなり出遅れ感があるのだが、、、そこで 商売人が考えることは?
                月産世界で千台は はったりかもしれない。このことで 注目は上がるのだ。
                現代人って 手にはいりにくいものは どうしても手に入れたくなるのが性分。
                蓋を開けたら 皆 買えていた となるかも しれない、、

                うちの子供たちが小さい頃 東京ディズニーランドへ旅行に行った際、関東の人は
                だまーって 何十分も乗り物の待ち列で立ちながら待っていた光景を 今でも
                覚えている。子供たちも 辛抱して大人と一緒に並んでいた。辛抱出来ずに
                泣いていたのは 田舎者のうちのセガレだけだった(汗)。東京の人は我慢
                強い。、、、何の 話だっけ? あ そうそう、「手にはいりにくい品物に 皆
                並ぶ」 のである この心理を突いてきているのではないだろうか?。
                これだけ時間をかけているのにHD1?発売までに千台しか出来ていないのは ちと
                胡散臭い気がする。2000台は出来るのではないか?2000台なら 皆の手元に 届く
                だろう。しかし なぁ? カタログもまだ出来ていないと 言っていたしな?。

                来年の今頃には 皆の手元に 届くだろう(汗)。金色夜叉か?ふるーっ。

                Tom Clancy's Rainbow Six Vegasを再び始めた。よーく 見てみると この
                作品 いいんではないか? GRAWより作戦行動が単純になっているし ブラインド
                ファイヤー出来るのが魅力。操作感に慣れたら なんということはなかった。
                ただし なー 英語が 理解出来ないよな? テロリストと戦うことは 解って
                いるんだけれどなー。


                | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 19:17 | comments(6) | trackbacks(0) |
                DLA-HD1を診て来た 番外編
                0
                  二日間にわたってDLA-HD1の視聴記をつづってきたわけであるが その反響には 本人も
                  驚いている この二日の総アクセス数は1400である。これは このブログ開設以来の
                  快挙でもある。みんな この機械に 相当注目してるんやね?、、、ごくろうさん。

                  ということで 今日も ほんの付録で DLA-HD1を分析してみた。ただ 私は 御金を
                  貰って書き物をしている評論家ではなく 一般市民なので そのへんを理解して読んで
                  いただきたい。批判されるのであれば お金も ちょうだい(笑)。
                  以後のコメントは 想像の域も入っているので 気にしないように。
                  ●まず DLA-HD1はどんなユーザー層をターゲットにしているのだろうか?
                  ズバリ 「黒に固執しているプロジェクターユーザー」だろう。ただ 三管オーナーまで
                  その範囲には入っていないと思う。なぜなら三管オーナーは黒以外に 発色や それこそ
                  階調表現に固執して 長い間 固定画素を否定してきたからである。DLA-HD1では満足
                  できないと思う。「専用シアタールームを確保でき なおかつ迷光対策の出来ているシアターオーナー」 。これは 当然だ。何故なら 黒に固執する階層ならDLA-HD1のコントラ
                  スト性能を楽しむなら 明るい部屋では この機体を購入する意味がなくなってしまう。
                  つまり迷光対策が出来ていて 白い壁の部分を無くすこと。昔から言っている。
                  未曾有のコントラスト性能を持っていても暗黒化された環境で それが 花開くので
                  あるのだから。それこそが「ブラックマニア」だろう。「黒に固執しているプロジェクター
                  ユーザー」ということは初心者ではないはず デバイス的には DLPか反射型液晶が有力。
                  ●ライバルとしてはどんな機体?だろう。
                  ずばり!XV-Z21000を上げる。何故?って ネイティブコントラストのライバルはこの機体
                  しか無いではないのか?XV-Z21000は12000対でDLA-HD1は15000対。ズバリ言って 電動
                  アイリスではネイティブなDLA-HD1の物に 太刀打できないだろうと感じている。
                  シャープは躍起になっていると思う。まさかビクターからこんな物がでるなんて、、
                  価格的にも やられてしまっているし 色割れなし 暗部に乗るノイズもなし、、、
                  DLA-HD1の強みは いちにもににも  電動アイリスを使わない超絶なネイティブコント
                  ラスト感だ。この コントラスト比を見て みんな 「へにょへにょ」にされてしまう。
                  ただ 黒ばかり見ていたら 良さがわからない 見るのは「白」や「輝く物体」だ。
                  視聴会当日も ビクターがあまりにも暗い素材を見せたがるので 「明るい素材を
                  見せてくれ」と頼んだのだが それが 功を奏した。これ 凄い!。

                  つづいて 私以外に 視聴された方の感想に対する私の感想。断片的に、、、
                  ●>「発色がピーキーだ」
                  そのとおりだと思った。裏返せば 健康的で 元気のある色の出し方。いわゆる体育会系
                  で明るい メリハリのある 筋肉系の発色に感じる。ただ くすみ等 ほんの若干
                  見受けられるので 完成度に期待する。悪い 発色ではない。
                  ●>「暗部階調はめんどうなので暗い部分は全部 潰してしまえ」
                  一見 このように見えたかもしれない。黒い部分が多く見えたかもしれない。
                  私も 現場では 黒つぶれ しているのか とも感じたが さにあらず 階調は
                  持っているようだ。これは階調表現豊かな11kで 同じ素材(ゲインは違うが)を
                  見直して確認しているので 電動アイリスのごとく黒つぶれは起きていないの
                  だろうと思う。
                  ●>「周辺で ビントがぼけている」
                  これも 現場で確認したが 正常範囲だった。レンズシフトの多用や設置形態に
                  よるのかもしれない。ただ これはDLA-HD1だけではなく 固定画素機 全てに
                  言えることだと思った。
                  ●>「11Kの方が 暗部階調が粘る」
                  これを言った人は 本当に 良く見ているし目が肥えている。そのとおりだと思う
                  が いかんせん 若い ハイコントラストなゴリ押しには 太刀打できない。
                  つまり アナログで大人しく行くか デジタルでパリッと爽やかに行くか で
                  あろうか、、、

                  以上 だらだらと 三日間書いてみたけれどDLA-HD1は 良いです。

                  終わりに 予約している人は自分がいつ頃 入手できるのか躍起になっていると思うし
                  先日出した 私の予想は あくまでも予想なので 気にしないでいだきたい。
                  そこで 1999年の暮に発売したSONYのVPL-VW10HTの発売当時の状況を少し、、、
                  御存じの方は 多いと思うけれど この機械もなかなか手にはいらなかったのである。
                  VPL-VW10HTは1999年11月12日発売だったが 私は この日以前の速い時期に●バック
                  にて予約していたのにもかかわらず 入手できたのは2000年の2月の月末だった。
                  この待ち時間は 相当 長く感じられた。VPL-VW10HTの月産生産量とか覚えては
                  いないのだが 個人的に三ヶ月以上待った計算である。しかも この当時 まだまだ
                  固定画素プロジェクターの黎明期で シアターを持つ人口も少なかった。それに
                  部品不足の障害も VPL-VW10HTには無かったと記憶している。が 今回のDLA-HD1
                  については どうだろう? このVPL-VW10HTと同じように 超人気商品である しかも
                  世の中 景気が まだまだ悪いのに AV商品は当たればバカ売れ シアター人口も
                  2000年の比ではなく躍進し増加傾向、、、これ 売れるわ〜っ。やっぱり五ヶ月待ち
                  決定!。だろ?


                  明日からは 違った 話 書きたい、、、ちよっと集中力 無くしてきた(爆)

                  面白い というから「デッドライジング」やってみよ〜っと。




                  | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 18:19 | comments(9) | trackbacks(0) |
                  DLA-HD1を診て来た 後編
                  0
                    DLA-HD1の実機を見る前の ずっと以前の私の予想を読み返してみたが そのほとんど
                    が的を得た内容だったのには 我ながら 驚いている。だてにプロジエクターを長く
                    やっている訳では無いようだ。

                    視聴会で聞いていた内容の書き漏れを少々、、、
                    ●ビクター曰くHD1のHDMIのバージョンは1.3でなく1.2だと説明していた。
                    1.3はSONYが進めているだけで、、、的な説明だった。
                    ●発売は1月末という事だが゜ 何日? の質問には 限りなく1月末だと
                    言う答えだった。ま 2月だろうと 私は考える。(それと 予約しても 今からだと
                    相当 時間はかかると思う。早くて三ヶ月、長くて五ヶ月。これくらいに考えていた
                    方が良いと思う。PS3どころの騒ぎではないと思う。予約しても 忘れていたほうが
                    健康には良いだろう。速くて三ヶ月ということは 五月か?連休後を予想。では いつ
                    予約した分が初回ロットに当たるか の予想は 発表日から三日以内 だと思う いや
                    二日かもしれない。詳しくは このプログの先月の内容を基準に想像してほしい。
                    何しろ 月間生産量 全世界で1000台である。北米だけでも どれだけのオーダー
                    を抱え込んでいるのか 未曾有 である。これはもうVW10HTの再来である。早くて三ヶ月と言ったのは 部品の納品に三ヶ月余分にかかるという 動かしがたい事実を計算に
                    いれての予想なので このような判断になってしまう 実際は 私の予想は 甘い
                    かも知れない。発売延期も 有り得る とも思う。これは 最近 流行だからだ)
                    ●それと 生産は 国外でなく純国産で関東の工場で管理されると言っていた。
                    もう 年末返上のフル稼働で 社員も家族も 大変だわ〜きっと。三交代 決定。
                    部品の納品工場はもっとひどい! 半年間 休みなし 三交代 決定。

                    さてさて 画質の話に戻るけど、、、
                    前回の話題にあって 私が気になったシーンをうちの11Kのシステムで
                    見直してみた。

                    >●ビクター自社製(中身はシャープ)のHDD.DVDレコのHDDから、、1080i→1080P
                    >○エピソード2の小惑星帯のチェイスから惑星タトゥーインのアミダラとアナキンが
                    >義父に逢うシーン○ 黒の 第一印象、「そんなに落ち込んでいないように感じる、
                    >周りの人は 驚いていたが 以前5500:1を常用していた私には 黒く見えない。まだ
                    >浮いているように感じた。それと気になったのは明るいシーン。タトゥーインの砂漠
                    >を歩く2人とC3POのロング。輪郭と発色が脆い。次に義父の登場。この輪郭も脆く
                    >もう少し解像感が欲しい。このことをビクター側に尋ねると レンズの品質だ との
                    >回答。その言葉で納得した」しかし 後にも先にも気になった画は ここだけなので
                    >再度 うちのシステムで ここを検証したいと思っている。

                    シャープのHDD.DVDレコが録画中でパナのHDD.DVDレコのデコーダーを使って検証。
                    C3POのロングは ソース自体の画質の脆さが起因していた。これは どの機でも
                    良くない画で見えてしまう。ただ 義父の輪郭は11Kの高級なレンズの面目躍如
                    だった。奥行き感と透明感と柔軟性を合わせ持つ義父の表情の立体感が11Kで出ている。
                    ビクターの説明どおり、HD1のレンズがプアなのであろう と感じた。続く アナキン
                    バイクの後 原住民の大型大陸移動コンテナ車と夕日 のシーンでも11Kの階調表現が
                    生きてくる。非常に 安定感があり 美しい佇まい。実はHD1 ではアナキンバイク
                    のロングのシーンは立体感がなく 平面的に見えていた。こういう中間〜低輝度レベルの
                    シーン(薄暗い夕暮れ時)は やはり階調表現が苦手なデジタル駆動の弱点が露呈してしま
                    う。アナログ駆動の正念場。

                    >●つづいて北米盤HD-DVDの視聴 1080i→1080P(プレヤーは ちと 忘れた)
                    >オペラ座の怪人」クリスティーヌがプリマドンナになる所〜ファントムの地下の帝国へ。
                    >黒近くの階調や まったく黒でない物体も 黒に見せてしまう感じ。これはデバイス
                    >のせいでなくビクターが最前言っていた カナダ産映像エンジンのせいかもしれない。
                    >あ 忘れてた 最終デバイスをデジタルで駆動しているからだ(DLPのように)。
                    >それが顕著に現れるのが ファントムがクリスティーヌを馬から下ろすシーン。の
                    >この黒い馬に階調がない。真っ黒


                    実は 白状してしまうが11Kを使っていてHD-DVDの画は 好評価していなかった(笑)。
                    つまり そんなに優秀な映像が出てくるように感じていなかった のだ。だから
                    今までHD-DVDには批判的な意見を持ち合わせていたが 場が 盛り下がるので
                    公の場では 黙っていた。HD1とHD-DVDの「オペラ座〜」を見たとたん この不満が
                    プロジェクターに起因していることに 初めて 気づかされてしまった。
                    それは 高コントラスト比表現の持ちうるパワーがHD-DVD本来の コントラスト感
                    を引き立たせているのに他ならないと判断している。この映像は素晴らしい。
                    それは 明るいシーンでも暗いシーンでもで 懸念していた ファントムの黒い馬
                    を11Kで見直しても 階調が無かった。それ以上に 本来 黒で在るべき物が浮いている
                    。それとHD-DVDではコントラストのパワーが階調表現の瑕疵を見事に カバーしている
                    のが理解できた。HD1やるならHD-DVDは必要である。もっと 凄い画が出てくるはず
                    であろう。それとHD-DVDの素晴らしさを教えてくれたHD1に感謝したい 知らずに
                    終わってしまうところだった。(なを 視聴会ではHD-DVDのみ視聴、BDは御嫌いらしい)。

                    >「MI:3」。悪の要人をトイレで拉致し 海中道で拉致し返される まで。
                    >コンバットヘリを追いかけるために 壊れた道路の端から端へ飛ぶシーン。
                    >壊れた道路を下から映すシーンで 道路を組み立てている金属が剥き出しで
                    >見えるのだが

                    黄色い爆破される高級スパーカーの黄色は11Kの面目を保って 美しく光沢を
                    保つが。例の道路を組み立てている金属の表現は 不思議にもHD1の方が
                    重厚感があった。ガンマカーブの立て方が 理にかなっているのかも知れない。
                    応答速度等 他社の機体と比較されるが 速い動きでもHD1は安定していた。
                    数値的な比較よりも まず 実際の眼で 比較したほうが いい結果が出てくる。

                    以上 2回に分けてHD1を検証してみたわけであるが 私は まったくの文系出で
                    数値的 デバイス的な詳しい 表現は出来ないのだけれど 感覚的 感受的な
                    表現で わかりやすい言葉で説明したつもりである。で どうなの? と聞かれる
                    と思うけれど 結論は 紅白歌合戦でも見ながら だらだらと 出したいと思う。
                    なぜなら 中々 生産が追いつきませんテ、この機械。のんびりしていたら 良い
                    のです。さぁ 仕事しよーつと。年末にフル稼働の景気のいい会社が羨ましい。

                    | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 18:17 | comments(5) | trackbacks(0) |
                    DLA-HD1を診て来た 前編
                    0
                      DLA-HD1を診て来た。
                      大阪の日本橋といえば デンキの街で有名であった。約20年ぶりに そこへ 行って
                      みたのだが デンキの街はオタクの街と変貌し シヤッターが閉まった店舗も
                      ちらほらと見受けられた。昔 サラリーマンで大阪で働いていた時に利用した
                      馴染みの店は今では 跡形も無く 少し残念に 思われた、、、

                      やって来たのは ●マムセンという老舗。今年の初めにSPやアキュのアンプの
                      導入時に御世話になったシヨップ。3時から視聴出来ると聞いていたが
                      二時半には もう 先客が来られており その 乗りで 私も参加させていただいた。
                      約10畳ぐらいの部屋でスクリーンはスチワートの16:9 ピークゲイン1.3の110インチ、
                      フローリングの床には黒絨緞 両翼に黒カーテン 残念ながら天井は黒化していなかっ
                      た。うちのシアターに環境的には良く似た物で あわせて 約2Hの3m程に ポジション
                      を確保。これでいつもの 視聴位置に合わせた。これなら 比較がしやすい。

                      席に着くと ビクターの企画部からか 解説の方が 関東からこられており 私が
                      現在11kのユーザーだと聞いたら 快く あれやこれや説明してくれた。
                      それを箇条書きに、、、
                      ●DLA-HD1はデジタル駆動あるので11kや12kのアナログ方式駆動に比べると 階調表現
                      は 落ちる。また11kや12kのように贅沢な仕様ではない。特に レンズとデジタル
                      エンジンは10kシリーズよりは かなりプアな仕様となる。しかし コントラスト比
                      については11kや12kのデバイスレベル5000:1に比べて20000:1なので 今日は そこら
                      辺を診て頂きたい。特に黒のの落ち込みを 見て欲しい。
                      ●DLA-HD1の開発はゲイン1.3のキクチのマリブを使って開発している。
                      ●11kや12kはDLA-HD1発売後もフラッグシップとして発売し続ける なぜなら
                      先の説明に寄るところが大きいし 階調を楽しむなら やはり これしかない。
                      後継機の発売は1年以内に考えられていない。現段階ではHD1の発売に全力を傾けたい
                      ●今日 見ていただく機械は90パーセントの出来上がり 現在 最終で詰めている
                      詰めているのは何処か の質問には 「色温度」と「ガンマ」の微調整だと言ってた。
                      ●「非常に人気商品で生産が追いつかないのでは?」の質問には 部品の納品が三ヶ月
                      ぐらいかかかってしまうので 来月以降の出荷は大幅に遅れてしまうとのこと。
                      ●ガンマーポジションは固定で四パターン? 色温度の設定も固定で数パターン
                      実際にリモコンをいじって見せてくれたが 7000〜8000の高色温度も持っている。
                      ●ランプ輝度標準モードは600アンシルーメンで高輝度モードとして700アンシが
                      ある。今日みてもらうのは600アンシの標準モードだ
                      ●レジズレ補正に対応している。レジズレ補正モード、三原色 垂直 水平に補正。
                      ●兎に角15000:1のネイテイブコントラスト比を見て欲しい   とのこと。

                      視聴に使われたメディア、作品のシーンと感想。
                      ●ビクター自社製(中身はシャープ)のHDD.DVDレコのHDDから、、1080i→1080P
                      ○エピソード2の小惑星帯のチェイスから惑星タトゥーインのアミダラとアナキンが
                      義父に逢うシーン○ 黒の 第一印象、「そんなに落ち込んでいないように感じる、
                      周りの人は 驚いていたが 以前5500:1を常用していた私には 黒く見えない。まだ
                      浮いているように感じた。それと気になったのは明るいシーン。タトゥーインの砂漠
                      を歩く2人とC3POのロング。輪郭と発色が脆い。次に義父の登場。この輪郭も脆く
                      もう少し解像感が欲しい。このことをビクター側に尋ねると レンズの品質だ との
                      回答。その言葉で納得した」しかし 後にも先にも気になった画は ここだけなので
                      再度 うちのシステムで ここを検証したいと思っている。
                      「続いてHDDから同じくWOWOW 1080i→1080P エピソード3 オープニング。
                      大宇宙 星 黄色いロゴ登場。 これは ぶったまげた。黒でなく白に。星の輝き
                      は固定画素 いやいや全プロジェクター内では トップだろう。それとWOWOWのどでかい
                      字幕の白が眩しい純白。この白をみて コントラストが優秀なのが理解出来た。それも
                      これは静音モードの600アンシのここの機でいう低輝度モードだ。やろうと思えばもっと
                      眩しくできるはず。この白を見て 個人的に 俄然 期待が膨らんできた。最初から
                      これを見せればいいのに?続く 戦闘シーン、戦艦の重厚さが極めて良好。暗部周辺の
                      階調表現も及第点は獲れている。ただ 色調には少し癖があるような感じがした。
                      どちらかといえば アニメかアクション映画向きか?ゆっくり変貌する色調を楽しむタイ
                      プではない これは予算の関係だろうな?」
                      ●つづいて北米盤HD-DVDの視聴 1080i→1080P(プレヤーは ちと 忘れた)
                      「オペラ座の怪人」クリスティーヌがプリマドンナになる所〜ファントムの地下の帝国へ。
                      「この画は はっきり言って おどろきまくった。若い女性の透明感のある様相、
                      男性の黒い背中、金属的な調度品 壁 の質感の輝き。このソフトは何度も11Kで
                      見ているので違いは 一目瞭然。HD1はHD-DVDと相性抜群 HD1とセットで買わなければ。
                      が 良い事ばかりではない。黒の落ち込み速度が速過ぎる。粘りがない。潔い。
                      暗部階調が途中でストーンと落ちる感じ 切れる感じ、、、
                      黒近くの階調や まったく黒でない物体も 黒に見せてしまう感じ。これはデバイス
                      のせいでなくビクターが最前言っていた カナダ産映像エンジンのせいかもしれない。
                      あ 忘れてた 最終デバイスをデジタルで駆動しているからだ(DLPのように)。
                      それが顕著に現れるのが ファントムがクリスティーヌを馬から下ろすシーン。の
                      この黒い馬に階調がない。真っ黒。ただ 画調はめっきり くっきり 金属色も含めて
                      発色もいい。 この馬のシーン周辺は自宅のシステムと再度比較してみたい」

                      「MI:3」。悪の要人をトイレで拉致し 海中道で拉致し返される まで。
                      「おおっ これは 凄い。 めっきりくっきり まるでDLPの画のように感じた
                      やはりコントラスト感を感じるのは 白のピーク。柔らかさをドカイシシテ 硬い
                      画。本来このデバイスが持っている特性の逆を行っている。ここが10Kシリーズ
                      と根本的に違う。これは このHD1のデバイスがリアプロ用に開発されたところに
                      原因があるのかもしれない。何か?テレビ的で劇画タッチの輪郭 色調 暗部表現
                      カリッとしていドライナな佇まい。ただ 不思議な一面も持ち合わせる。潰すだろうな
                      と予測している物体の階調を際立たせる。イーサンがライフルを組み立て コンバット
                      ヘリを追いかけるために 壊れた道路の端から端へ飛ぶシーン。壊れた道路を下から
                      映すシーンで 道路を組み立てている金属が剥き出しで見えるのだが ここは 黒く
                      つぶれるのか?と 予測していたのだが この 金属の重厚感が素晴らしい。まいった。
                      HD1はアクション大作にもぴったりだ!」。
                      極めて良好だが 価格的に性能を抑えた部分も見え隠れする。
                      贅沢にも アットホームな雰囲気 人数四〜五人で 約2時間程HD1の画を見せて
                      もらった。付録で、 考えられないけどSONYのVW50の画をビクターの係員の操作で
                      同じ素材を見せてもらった(研究用に2台購入したと言っていた 手馴れていて操作を熟
                      知していた)。ただ この感想のコメントは利害関係があるので 差し控えたいと思う。

                      後編では記憶を元に11Kをつかって 同じシーンを比較してレポしたい。つづく
                      | モリヤン(プログの管理者) | DLA-HD1 | 18:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE