劇空間 徒然模様

仕入れちゃくちやくと
0

    廉価版BDなものが最近減っては来ているのが解かってきてそれなら

    コレクションしたいものは値上がりする前に入手することにした。

     

    DSC03462.JPG

     

    この2作品はレンタルしていた時に気に入った物なので送料込みで1000円で買えるうちに

    手を打った。

     

     

    シナリオと演出が優れていて賞を貰える作品ならば見たいときに直ぐに手にすることが1000円で

    出来る利便性はありがたい。

     

    安いうちに良い作品をコレクションしょう!。

    | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 20:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
    スリー・ビルボード/レンタルBD
    0

      昼間は暑く 夜 寒い。このために寝ていて体が固まってしまう 嫌な

      状態も 何とか制御出来るようになった。

       

      さて、レンタルでスリー・ビルボードを見たのだが。

       

      この主役のおばちゃん、、どこかで見た覚えが、、、

       

      あ?! 「ファーゴ」の警官役の、、、。

       

      登場人物は少なく 殺人に合った愛娘の犯人捜しのために立て看板に

      地元警察の怠慢さをアピールする 主人公。

       

      この看板のせいで街の中、、特に警察はその後 パニックに陥ってしまう

       

      が!!。人の情けと 譲り合い がここから描かれていくような そっくり触らないが

       

      人の誠意は 最悪な関係でも 絶えない ことを描きたかったのでは ないのかな。

       

      演技力と脚本の 勝利!!。

      | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 19:08 | comments(6) | trackbacks(0) |
      スターウォーズ フォースの覚醒/ BD
      0

        座って立つときに多少腰が固まってしまうが何とか腰痛も収まってきた。

        日中は暑いが朝晩は冷えるのでそれも影響して筋肉疲労が進むのだろうな。

         

        さて今更ながらオークションで「スターウォーズ フォースの覚醒 」を手に入れた。

        DSC03453.JPG

         

        ディズニーの物、特にSW物は廉価版が出ずに中古でも結構な値段なので中々てが出せずにいたが

        正規品を1800円で落とせたからラッキーな方だろうと思う。

         

        改めて視聴したがこの作品は「面白い!」。ただ今までのシリーズを追いかけて見るのは

        やめておいた方がいいと思う。追いかけないで一つの別のドラマとして見たらスピード感

        がある反面 面白い人物描写が見て取れるしそこに「冒険活劇」は生きていると感じた。

         

        それに今までのシリーズをなぞったり追いかけたその先を描こうとしても超マニアなら

        ともかく我々のような凡人は「飽きてしまう」ので逆に敵も主人公も若く中途半端なキャラクターが

        一進一退する筋の方が魅力を感じる。

         

         

         

        | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 11:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
        ジオストーム/レンタルBD
        0

          四国が梅雨入りしたというので雨が降るのを期待しても降らない。

          雨が降ってくれた方が田んぼの水入れの心配が少しは無くなるのに。

           

          天気予報当らないのならまぐれで明日こそ雨が降って欲しい。

           

          さて、昨日レンタルで「ジオストーム」を見たのだが、、、。

          なんだかなぁ?CGばかり目につくし劇中 気候制御衛星が被害を与えるのは

          有色人種の国や地域ばかり。これが白人が作る映画なのか。

           

          主演のバトラーのタフガイぶりを期待したのだがそれも無くて今回カッコいいのは

          大統領警護官の綺麗な金髪のねえちゃんだけ!?。

           

          で、期待したジオストームの凄さも感じられず御涙頂戴も中途半端やし、

          エドハリスが最初に出てきた時点で黒幕も解かってしまっているし、、、。

           

          なんだかなぁ?ハリウッド映画はいいのないなぁ?、、ネタ切れまくり。

          | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 17:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
          グレイテスト・ショーマン/レンタルBD
          0

            昨日 しゃがんで農作業中にまた腰を「いたっ!」。折角治りかけていたのに

            また一からやり直しということで今朝 整形外科で今月3回目の注射を打って

            もらった。

             

            あかんわ 今までは一回の注射で完治していたのに治ってはもらえないように

            なってしまった。しばらく動き回らずにじっとしておくことにした。

             

            さて、腰痛の中レンタルのグレイテスト・ショーマンを見た。

             

            うーん 何だかなぁ?音とか映像はいいんだけれど見終わって

            心に残るものがないのはミュージカルに慣れていないせいかな?。

             

            もう少し人物描写に時間をとっても良かったんじゃないかな。

            ストーリー展開が速すぎるように思う。

            | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 10:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
            スター・ウォーズ/最後のジェダイ /レンタルBD
            0

              田植えも峠を越えて終着地点が見えてきた。あともう少しで楽になる。

               

              時間が出来たので大層酷評の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ 」のレンタルBD

              を見てみたけれど「面白かった!!」。この作品の「どこがどう悪いのか」私には

              さっぱり解からない。

               

              しいて言えばサラウンド音響が「大人し過ぎる」ことが落第点をあげられる。

              UHDではアトモスと聞いているがこちらも評判は良くないらしい。

               

              あまり大人しいのでアンプのマスターボリュウムを上げたくなるのだが

              めんどくさいので最後まで最初の設定で見てしまった。

               

              退路を辿る反帝国軍の行方と混沌と道を見失ったジェダイの末路。

              そもそもEP6までを見ていくとルークスカイウォーカーはちゃんとした

              ジェダイとしての教育や訓練を幼い時から受けていない。

               

              つまり中途半端なジェダイなのでマスターとしての権威はないのである。

              フォースの存在を自由に操れる術ももともと完璧に持ち合わせていない。

               

              だから年を重ね信念を亡くしていくうちにその大きな力に押しつぶされていく

              自分を見つめながら静かに隠居生活を過ごしているのである。

               

              ここがマスターのヨーダやオビワンとは違う点である。

              中途半端なので弟子も中途半端に育ちその穴埋めも出来ぬままの所に

              自分を師と頼って一人のフォースの強い若い主人公が現れたのである。

               

              出来損ないの弟子と正義心に燃える若い女の共感と闘争、反発を軸にして

              レジスタンスの逃走をスピード感たっぷりに描いていて私には良く解かる

              内容だった。

               

              ヒーローはいつまでもヒーロのままではいられない という感かな。

              | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 21:07 | comments(6) | trackbacks(0) |
              「パンズ・ラビリンス」/国内盤BD
              0

                ギレルモ・デル・トロ監督つながりでアカデミー賞ならびに数々の

                受賞に輝いている「パンズ・ラビリンス」の中古をオークションで

                安く落とした。オークションでと言うのもこのソフトの廉価盤が

                なかなか現れないためである。

                DSC03417.JPG

                 

                先日、家内がアマゾンプライムで私の勧めにより視聴したらしいのだが「可哀そう過ぎて二度と

                みたくない」と言っていた。そう、この作品は主人公が可哀そうな物語なのである。

                 

                そういう意味ではジブリの「火垂るの墓」やアニメの「フランダースの犬」も可哀そうな物語で二度と

                見たくない人が多いと思うのでこれらは作者の思惑が共通している。

                 

                子供が幸せに恵まれない話は見る者にとって辛い物が長く 残る。

                 

                しかし、どうしてこんな可哀そうに成ったのかということを考えてくれよ!というのが

                制作者の意図であるのだろうと思う。

                 

                「だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した」

                 

                | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 22:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
                ドント・ブリーズ/国内盤BD
                0

                  年間レンタルでBDを数多く見ているが印象深かった作品は廉価になると

                  なるべく購入することにしている。

                  DSC03409.JPG

                   

                  この作品は印象深い。盲目の老人の家に簡単に盗めると泥棒に入った若者達が

                  とんでもない発見をしながら返り討ちに合うという筋書き。息をしたら居場所が

                  ばれるぅ。

                   

                  暗いか真っ黒のシーンが続くスピード・サスペンス物、泥棒の方に観客の

                  視点が釘付けになる。真っ暗なら目が見えなくても元軍人なら攻撃力

                  満点!。この盲目の老人?どこかで見たなと思ったら「アバター」の

                  悪役の大佐だ!あのイメージを背負って暗闇を猟奇する。

                   

                  最近プロジェクターに張り付いていて少し飽きているので暇が出来たら見ることにする。

                  眼が疲れたら音楽で癒されたくなるな〜。

                  | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  セブン・シスターズ/レンタルBD
                  0

                    X990Rの画質設定の仕上げにAndroid TV 端末 Air Stick 4Kを使って

                    YouTubeの4K動画を視聴しているのだがX990Rのe-shiftを使った

                    疑似4K画質の完成度の高さに驚かされる。535で見慣れた動画を

                    選んで見てもネイティブ4Kと比較して解像感や色彩の不足を感じない。

                     

                    ピュアダイレクトモードでランプ高を選んで見てみると程良くなり

                    535よりも奥行き感を感じさせるシーンも多々見られる。しかし4K

                    撮影動画は速い動きにはどうしても弱く撮影方法によっては引っ掛かり

                    を感じてしまうのはe-shiftのせいではないように思うのだが。

                     

                    4K動画にこれほど対応できてコントラストも稼ぎやすいのなら将来の

                    4K放送にも十分に使える機械ではないのかな。

                     

                    さて、レンタルで「セブン・シスターズ」を借りて見たのだが結構力の

                    入る良作だったと思った。一人7役こなす女優を見て、この人どこかで

                    見た顔だなぁ?と思っていたら。「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」

                    や「プロメテウス」で主演を張ったノオミ・ラパスだった。この人は確か

                    スウェーデン人のはずなのに英語のセリフが流暢だ。

                     

                    一卵性双生児の7人の姉妹を一人で演じているのだが7つの別人格を器用に

                    演じ分けているのは面白い。また物語もスピード感があって面白い。

                     

                    レンタルに困ったら ぜひ。

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 15:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
                    Transformers: The Last Knight/UK盤BD
                    0

                      年末、年始と集めたノーラン監督のUHD-BD集を根掘り葉掘り視聴して分ったのだが

                      35/70mm filmから4K&HDRにオーサリングされたソフトは従来のBDと比べて

                      際立った優秀さは見当たらないという結論である。

                       

                      最新鋭の4Kデジタカメラで撮影した物なら兎も角少し前の主流だった撮影方法で

                      撮られた作品は既存のBD視聴で解像感に何も不服は感じないということである。

                       

                      業界は公開より数年経ったもう廉価に落ち込んで日本でもBDの価格が1000円台の作品を新た

                      に4K&HDR化して再び高額で発売して儲けようとしているように感じられる。

                      そんなような背景もあり今年もUHD-BDは私には必要ないように思う。

                       

                      さて、昨年年末にジバゴさんから酷評を頂いた「トランスフォーマー/最後の騎士王」の

                      UK盤BDを取り寄せてみた。

                      DSC03373.JPG

                      もちろん日本語対応であり送料込みで1900円ほどで購入した。

                       

                      私もジバゴさんのようにこの作品のストーリーと脚本に呆れかえっている。

                      登場人物が(オートボットを含めて)敵になったり味方に成ったりで気が

                      付いたら「誰が?何のために戦っているのか?」解からなくなるお粗末さ

                      が目につく。

                       

                      なら何でこのソフトに魅力を感じたのかというと「子供のおもちゃ箱をひっくり返した

                      ようなゴチャゴチャ感」に一種の快感を覚えたからである。今回IMAX仕様の映像が

                      ほとんどになりサラウンドフォーマットもアトモスなので「ゴチャゴチャ感」が

                      前作よりもパワーアップしている。実は前作はアトモス黎明期の作品でうちにトップ

                      スピーカーをセットした際には大変お世話になった。

                       

                      前提としてはレンタルで気に入ったから購入した。新作は何でもレンタルで味見してから

                      気に入ったら廉価盤が出るまで待つか日本語に対応している海外盤が安いと直ぐにプチる。

                       

                      その続編を見て初めて分かったのだがオートボットの大きさを見せるためにIMAXで

                      撮影しているのだ。わからなかったのは私だけか(汗)。

                       

                      この映画は「何にも考えないでデカいロボットが戦う面白さ」だけ楽しめばいいのかも。

                      ドルビーアトモスのデモには持って来いのソフトであることに間違いないと思う。

                       

                       

                      | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 16:31 | comments(6) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE