劇空間 徒然模様

「椿 三十郎」
0



















    今日は掛かり付けの内科医に毎日飲んでいる常備薬を貰いに行ったのだが
    久し振りに問診を受けてみた。この先生とは17年の付き合いになるのだが
    「●●さん?ちよっと太ったのと違う?」と言われてしまった。ドキッ!医者に
    だけは言われたくなかった。その後 血圧を計ったのだがいつもよりも高かった、、。
    やせよーっと。

    夕方 何気なく「ヤフームービー」にて公開中の映画のポイントを読んでいたのだが
    リメイクされた「椿 三十郎の評判が良くない。当然だろう。あの作品は あれで
    「完成」されているのだ。天才「黒澤明」が造った傑作なのだから 誰がリメークしても
    評判が悪いのに決まっている。三十郎役にあの俳優では なぁ?。軽い。

    で、急にちゃんとしたオリジナルを見たくなった。旧クライテリオン盤DVDは持っている
    がスクイズ仕様ではない。今年の始めに再リリースした新しいDVDが同社から発売
    に成っていると言うのは知っていたので 迷わず北米アマゾンにてプチった。
    何と 価格も「用心棒」と二本立てで安くなった感じがするのだが、、、クリスマス
    頃に到着か?。最近 面白い作品に縁遠いので 頼みの「黒澤」か?。しかし、今になって
    ただのハイデフで無いDVDを購入するとは考えてもみなかった。

    追伸、再度良く読むと「リメーク」でなく「コピー」だと言う人がいる。
    でも「コピー」とは本物とまったく同じみかけ価値のものを造る事で
    表現が可笑しくなるのではないか?。「コピー」ではなくて「真似」でないのか?。
    評価は賛否両論みたいだが黒澤作品を熟知した者としたら作っては欲しくない
    部類の作品には違いないだろう。天才が作った傑作を今になって「いじくりまわして」
    欲しくないのが人情だ。
    | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 18:47 | comments(3) | - |
    「誰も知らない」
    0
      誰も知らない
      誰も知らない

      家内にせがまれて D.WOWOW 録画の「誰も知らない」を
      見た。この作品に出てくる主人公の少年は カンヌ映画祭で、最優秀
      男優賞を獲得したことでも 有名になった。要するに 今 問題の
      「子供 ほったらかし母 父」に関する 非常に憤慨なテーマを
      母親に捨てられた子供たちの自然で迫真的な演技と演出で
      見るものを ぐいぐいと 彼らの現実世界へ引きずり込んでいく。
      この作品は 実際にあった事件を元に作られていると聞いた。
      「子供は親を選べない」、この言葉が きっちり当てはまる かなり
      深刻なテーマを描いているにもかかわらず 子供たちの 透明な
      笑顔と ゴンチチが奏でる ハートフルな楽曲が 妙に 不思議な
      浮遊感覚で 私達に 怒りと 悲しみと 切なさを 感じさせる。
      「誰も彼らの存在と悲しみを知らない」と言う意味だろう。
      子供は お父さんや お母さんの 愛情が必要なんです はい。
      今回 ぼやきなしで 邦画としては 満点!。でも かわいそーっ。
      別の意味で この母親を ぼやくかも。

      | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ULTRAMAN
      0
        ULTRAMAN
        ULTRAMAN
        今日は 天気だけど またまた 来週にかけて雨の日が多いなー。
        入梅やね?。ULTRAMANを観ました。うー??、期待していたんだけどな〜っ。
        「何ですか これ?」ではないけれど「もう少し 頑張って欲しい」って
        ゆうところやね?。物語の 中だるみはなかったので まあまあの出来
        だったがULTRAMANと接触したショックと不安の中から 「戦う意味を
        見つける?」までの過程の描写が不自然で 確認できない。この物語は
        主人公が「戦う意味」を見出すまでの過程が重要なのではないのか?。
        最近のヒーローリメーク邦画に多いのが この「意味」の欠落。
        現代の幼児や少年に暴力的な戦闘意識を与えてはいけない という
        配慮から 「野性の戦闘意識」的なイデオロギーを感じられない
        なまぬるいヒーロー像が目立つ。我々のような「勧善懲悪」的な正義
        を畳み込まれた世代から言えば 「ひ弱な正義感」「狭義の正義感」
        を主張するが それは作り手側も 「正義」に対しての白けの諦めがあるか
        らこういう物が出来てしまうのだ。「ヒーローは死なず」。これを理解し
        「弱い物のために力在る者が戦う正義」を推奨するのは 次の世代まで
        待たなくては いけないかもしれない。でやっぱり ULTRAMANはオクで
        打ち売ろうーっ。


        | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
        北の零年
        0
          北の零年 通常版
          北の零年 通常版

          約半年ぐらい HDの中で眠っていた 吉永小百合主演の北海道開拓時代
          を描いた作品を家内と観る。「何ですか これ〜っ?」。言いたいことが
          良く判らんし 謙さんの人物設定?「そんな 奴 おらんやろ〜っ」と
          言いたいぐらい 妙な展開になってくる し 吉永小百合でなくても
          ええんと ちゃうん?。 この設定では もっと若い女優でしょ? 例えば
          黒木瞳とか?八歳ぐらいの女の子のお母さん役に吉永小百合は ないでしょ
          ?。おばあちゃん やったらわかるけど〜。吉永小百合ファンには失礼な
          意見と思うけど この人物設定で吉永小百合を使うのが 失礼とちゃうん。
          この作品 絶対 シナリオがおかしいですよ 間も おかしい。
          脚本家よ? 胃に三つ四っ穴が空くぐらい 悩みぬいて 七転八倒して
          話を書いて みーっ!。監督よ? 映画は 編集が勝負やで!編集が
          出来ないと 監督の存在感 零ねん(爆)。
          これなら ソフィアローレン主演の あの 「ひまわり」を観てる方が
          涙が ちょちよぎれちゃうわ〜。またしても 邦画にやられた。
          ひまわり《デジタルリマスター版》
          ひまわり《デジタルリマスター版》

          おおっ! 浜村純の映画解説が 聞こえてくるような 気が するー。
          | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
          デビルマン
          0
            デビルマン
            デビルマン

            今日も また雨。釣行は中止して 朝から HDに録り貯めたハイビジョン
            を見た。「デビルマン」?。もう あきれちゃって 論評できない〜。
            長い間HDに入れていたのがいけなかったのか? なんですか これ?。
            「なんでも有りの めちゃめちゃ やん」。なんで 国家間の戦争まで
            出てくるねん。論外なので途中で HDからデーター削除した(爆)。
            デビルマンは人間を助けたために悪魔族から付け狙われる 正義の
            ヒーロー。それが おねえちゃんを「守って あ げ る」やもんね?。
            即 削除されても しかたないわーっ わははははっ。情けない。

            | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 18:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
            阿修羅城の瞳
            0
              阿修羅城の瞳
              阿修羅城の瞳

              最近 家内と劇空間にて 邦画を見る機会が多い。時間になると
              隣にちよこんと座っている。以前の劇空間は息子の部屋の隣に
              あったので いつも隣は息子が座っていたが 受験生には勉強
              してもらわねばならないので 座ることは減った。
              またまた 邦画の批評になるがー。WOWOW録画の 阿修羅城の瞳?。
              なんですか〜これ?。またもや理解できない。何が 言いたいか
              判らない。スピーディーな展開に見えるが 実は だらだらしている。
              敵と味方がごちゃごちゃしていて フラストレーション爆発。
              何故なんだろう どうしてなんだろう?邦画って いつから こんなに
              「おもしろく」なくなったんだろう。映画館へ行って 「これ」は見てられない
              でしょう。 うーん こうなったら 意地でも おもろい邦画を ここへ
              引きずり出してやるわ〜。毎日毎日 邦画のボヤキでは こちらも辛いし。

              | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 17:51 | comments(4) | trackbacks(0) |
              亡国のイージス
              0









                劇空間のセンターSPの KEF REFERENCE MODEL 202cである。
                いつもフロントメインのKEF REFERENCE MODEL 203の影に隠れて
                その高性能をあまり評価されていないが 今日は ちよっと使い慣れた
                感もあり話をしてみたい。MODEL 202cはREFERENCEシリーズ専用の
                センターとして開発された経緯もあり 非常に繊細かつ強靭で自然な
                ダイアログを提供してくれている。だから 作品のセリフまわしに
                不満を持ったことが ない。メインの203との繋がりもいいし 前方
                方向の音場形成が上品にまとめられている。作品鑑賞で セリフの
                ダイアログだけ揃っていない音場ほど いらいらする物はない。
                特にそれが顕著に現れるのが 邦画の作品。母国語の質感や響き方
                なのでセンターSPの優劣が 1聴で確認できてしまう。
                こういうものって やはり ばらばらに揃えるよりはシリーズで
                揃えるのにこしたことはない。MODEL 202cには写真の様にハイパー
                ・ツイーターまで装備され MODEL 203との相性はばっちりである。
                亡国のイージス
                続いて 今日も作品評。なんですか これ?。WOWOW録画で見ました が。
                「いいたいことが よくわからん」。これだったら まだまだ 「G3」
                の方が 邦画では 上級。イージス艦が乗っ取られるのだが 「誰に」
                「なぜ」というところからして よく判らない。現在 邦画界では
                トップに立つ俳優人を使いながら スピード感とシナリオの複雑化と
                単純化を取り違えて作られてしまっている。亡国とかいう難しいイデオロギ
                ーな言葉を使うことじたい 最初から 「引いてしまう」。防衛庁の協力
                もあって拵えた作品なのに 「敵」の現実感が乏しい設定の為に この作品
                で起きているテロの重大性がこちらに伝わらない。また 人物設定もあいま
                いで よく言う「だれがだれだか わからない」状態に観客を変えてしまう
                。あーあ 本当に 最近 邦画で良いものは ないな。ま ハリウッドもそ
                うだけど。
                | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
                「仮面ライダー THE FIRST」
                0


















                  ヤフオクの釣りのカテゴリー内で大人気のロッドスタンドをゲット!。
                  釣に行っても ぜんぜん釣れないので やけくそで 道具ばっかり
                  最近集めている(泣)。昔は よーく 釣れたんだけどなぁ?。
                  勘が鈍ってるんだろうなぁ、指や足腰も動きにくくなっているし
                  やっぱり歳かなぁ?。ま 身体的な衰えは置いといて、このロッドスタンド
                  は値段の割には優れものである。24本 竿が立てれる物を 今回手に入れた
                  のだか こういう手作りの物って 結構な値段で売っているのだが
                  千円札数枚で手に入るので 人気が高いのだ。私の場合 バス釣りから
                  始まり シーバス釣り 磯釣り 落としこみ釣り 堤防黒鯛ウキ釣り と
                  バスロッドの良い素材の物はオクで打ち売ってしまって 若干 本数
                  は減ってしまったが 釣り竿だけで やっぱり15本は持っている。
                  24本用を選んだのは 正解だっただろうな?。明日は 三時間だけ
                  早朝に落とし込み してくる つもり。釣りたいなぁ〜。


                  仮面ライダー THE FIRST
                  仮面ライダー THE FIRST
                  久しぶりに 作品批評。
                  「仮面ライダー THE FIRST」。高三の息子に頼まれてアマゾンでオーダー
                  して 先日 劇空間で視聴。なーんですか これーっ。
                  「原作に忠実」???。仮面ライダー のテレビ放送が始まったのは
                  今から35年前の高度成長期の真っ只中。大阪万博で景気も鰻上り
                  の頃、私は 中学1年だったと記憶している。ドラマを見て 少し
                  今までの特撮と毛色が違った物が出てきたな?と感じた。「へんしん」
                  とか歴代のライダーは「呪文」を唱えるけれど 仮面ライダー 1号
                  本郷猛は最初は「へんしん」なんて言わなかった。改造人間 本郷猛
                  はベルトの風車に風圧を受けると仮面ライダーに変身するのだ。ああ
                  なつかしい セリフ。そうなんです、高速でバイクを走らせたり
                  爆風でベルトのダイナモにエネルギーが発生すると変身出来るのです。
                  ただ 今から 思えば 「なんで?」「無風の時 どうすんのん」。
                  話が 反れたが 今回の「仮面ライダー THE FIRST」は一言「理解に
                  苦しむ」。変身が中途半端で説得力なし。高三の息子はこれとは
                  別に毎週「仮面ライダーカブト」という新シリーズも見ている。
                  私も 遠くから ちよっとだけ見ているのだが こっちのほうの
                  変身の方が 理解できる。変身にはロマンがなくてはーっ。
                  ただ 簡単に 誰でも 変身できる 「仮面ライダー 」は見たくない
                  なー。やっぱり 訓練とか突然変異とか、事故とか、選ばれし者とかで
                  理由があって正義のために「変身」するヒーローでなければ「仮面ライダ
                  ー 」ではない と思う。「ヒーローは孤独」。そんなところが「仮面ライダ
                  ー 」には欲しい。行け面のおにいちゃん出しとけば いいんだよー的な
                  冒険活劇はいやだ。「ヒーローは死なず」。そして「仮面ライダー THE
                  FIRST」はオクで打ち売ろう。高い銭獲りやがって えーかげんにせーよ ほ
                  んまにっ。プンプン。


                  | モリヤン(プログの管理者) | 邦画で ぼやこう! | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << March 2017 >>
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + RECOMMEND
                  + SELECTED ENTRIES
                  + RECENT COMMENTS
                  + RECENT TRACKBACK
                  + CATEGORIES
                  + ARCHIVES
                  + カウンター
                  アクセスカウンター
                  + MOBILE
                  qrcode
                  + LINKS
                  + PROFILE