劇空間 徒然模様

松田聖子コンサート 2011 大阪城ホール
0
    昨日の7月2日で満54歳になった。

    誕生日だからというわけでは無いのだが突然 松田聖子のコンサートツアーを家内と二人で観に行った。 私は別に松田聖子のファンでは無いのだが一か月前に何気に家内がこのコンサートを見つけて「観に行きたい」と言い出したのでしかたなくチケットの手配をしだしたのだが、、、私はウェブ上のローソンチケットで手配しようとしたのだがなぜか「後日抽選の上当選の方だけに販売」ということで仕方なく抽選日を待って 見事「当選」を得てチケット交換に出掛けた次第。
     
    そんなに松田聖子は人気があるのか?、、疑問に思いつつ当日を待った。
     
    実は私は土曜日に仕事をしなかったことがまずないのだ、それでも無理をして大阪のブロッガーの前も素通りして(笑)、大阪中央区の大阪城公園内にある大阪城ホールに愛車スバル イン゜レッサで向かった。 事前に駐車環境を調べて一番料金の安い環状線森ノ宮の青空駐車場を目的地に設定していた。

    seiko1.JPG





    20数年ぶりに走る阪神高速はナビのおかげですんなり目的地の森ノ宮に私たちを連れて
    いってくれて無事に駐車場に車も停められてJR環状線で大阪行に一駅乗ったら目的地
    に到着。

    seiko2.JPG



    開場4時で開演5時というのに3時半でもう沢山のファンが押しかけている。
    「聖子ちゃんグッズ」売り場のテントも人盛りがわんさか。


    seiko4.JPG




    こういうのが大好きな家内は絶好調で早くも「聖子ちゃんうちわ」を2つ買っている
    、私に一つ持てというのか、、と言っているうちに開場がはじまりホールの中へ。


    seiko3.JPG



    家内は以前SMAPのファンでファンクラブにも入っており毎年のように大阪にコンサート
    に友達と出かけている経験があるが私はアイドルのコンサートに出掛けるのは
    高校生の時に行った南沙織のコンサート以来である。何か なじめない、、、。

    開場から開演まで一時間あったが席についたり離れたりしている人の様子を見ると
    女性がダントツで多い。男性もいるのだが私と同世代っぽい人が単独だったり
    夫婦連れだったりと完全に中年のおっさんが目に付く次第で安心した。
    女性も子供の手が少し離れたかなというような40代の人が友達と見に来ている
    パターンが多いように見えた。何か中年以降のお祭りのような感じがするな。

    開演30分前にしても空いた席が目立っていたので 「やっぱり こんなものか」と
    たかをくくっていた私は間違っていた。開演前には大阪城ホールは満席でひよっと
    後ろの方を振り返ると立見席の人がわんさか わんさかで超満員、、さすが松田聖子!。
    立見席でも7800円ということだから抽選に当たって8400円の私たちは得かな、、、で
    開演!。収容人数11000人!。

    いやーーー凄かった!感想から先に言うと こんな音響や演出は生まれてはじめて
    体験した、それに松田聖子は歌唱力あって上手いわ!。最前列にはファンクラブの
    親衛隊のような人たちが一体となってて あ これがアイドルのコンサートか。

    ただ素晴らしいのは松田聖子は今年で芸能生活31年でもうすぐ50歳らしい、のに、
    あれだけ歌えて走れてコンサートを盛り上げて、やっぱりプロだわ、芸能人だわ。
    アイドルだった女性がこの年齢まで毎年全国ツアーを展開していまだにアルバム
    も作りつづけている人はこの人しかいないのではないだろうか。

    それに一人でこれだけの観客を集められるなんて 凄い人気だ。

    専属のバンドも上手い人を雇っていてサックスも取り入れてバンドだけ聞いていると
    フュージョンバンドの熱い演奏が楽しめたしメドレーコーナーになると若い時のヒット
    曲(私でも知っている)のオンパレードで手拍子しなかったら恥ずかしいぐらいの
    お祭り騒ぎで私は54歳の誕生日に50歳になる聖子ちゃんにパワーを沢山もらい
    ました。あっというまの3時間半が終わり、深夜の阪神高速を西へ一路四国の徳島
    の我が家を目指し 故郷の大阪・神戸を後にした。


    で一晩たった今日、まだ頭の中で「聖子メドレーが鳴っているんですけれど強烈!。
    | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 16:07 | comments(37) | - |
    Diana Krall: Live in Rio [Blu-ray]
    0
      昨日の徳島は もうこりごりの 寒さだった。

      最近は夕食時のビールは冷たすぎてやめ麦焼酎のお湯割りを楽しんでいる。
      このお湯割りは本当に体が温まって しかも糖質を飛ばしている製法なので
      体にもいい。昨夜もこれを飲んでほろ酔い気分で温まった劇空間へ、、、。

      先日のtake51さん訪問時にマドンナのコンサートツアーのBDを持ってきて
      もらって久々に音楽物の映像を見たのが尾を引いて以前に取り寄せていたが
      未だ全部視聴していなかった「Diana Krall: Live in Rio [Blu-ray]」を見てみた。

      この人は前から色んなメディアで聞いたり見たりしているのだが子供を出産
      してから激太りしたというような話を聞いたのだがこのコンサートを見る限り
      以前同様の美人で歌が上手い。


      コンサートの合間のプライベートタイムでギターだけで歌う風景が特典
      映像に収められていたが本当に歌が上手いし頭のいい女性らしく歌詞も
      詰まることなく歌う姿は素晴らしいの一言である。

      ピアノを弾くだけでも尊敬してしまうのにピアノを弾きながら歌う
      なんて それとバックの熟練ジャズメンを率いて奏でる曲はほろ酔い
      気分なおっさんの一時にぴったりである。映像があるので寝なかった(爆)。

      このBDはお勧め!決定。





      | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 16:14 | comments(4) | - |
      トイレの神様
      0
        うちの自宅は築20年を数えた。
        20年も使ったのかどうか解らないのだが最近水洗トイレの
        流れが悪くなってしまって家族からの苦情が殺到。

        明日 浄化槽業者の人に見てもらう予定になっている。

        で「便所の神様」っていたよな、、と考えて色々と検索していると
        こんな歌に出会ってしまった。

        聴く前は なんかなーと感じたが なかなかいい歌である。

        一度きいてみてくだされ。




        追記。この人 今年の 日本レコード大賞「作詞賞」「優秀作品賞」W受賞!だったわー!なんというめぐり合わせ。 トイレの掃除しよっと、、べっぴんのおつさんにならなければ。
         
        | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 16:48 | comments(6) | - |
        Sophie Milman
        0
          ベタな「ちゃぶ台引っくり返し系演歌」を聞かせて、お茶を濁したので
          今日は私も好きなjazzボーカルのSophie Milmanの今月発売の
          ニューアルバムの話題。歌を視聴してみたのだが こじんまりとした
          ライブステージ収録系の録音が好感をもてるので思わず北米にてオーダーを
          入れた。女性ボーカル特にjazzの者は人気が出てくるとオーケストラを
          バックに歌いたがるのだが私はそれが嫌いである、その時点でjazzで
          なくなりポップスに成ってしまう感じがするのだ。それと歌い方がきつい
          感じに成ってくるのもいただけない。彼女にはそれがなくて幸いである。
          このままこの感じで歌い続けてほしいものだ。

          ロシア生まれで世界を転々としカナダでデビューした20代の変り種。
          少しハスキーで力感のある歌い方がスイングと良く似合う。


           






          特報!UK-BD「グラントリノ」に日本語字幕が付いてくるデよー 旦那っ。

          | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 16:22 | comments(8) | - |
          「This Crazy Town」
          0
































            散った と思ったら また咲いてくるチューリップもありました。
            昨夜の雨に濡れて 美しいー。ちよつと 寒そう かいな?。

            This Crazy Town
            This Crazy Town
            石原江里子

            石原江里子様の「This Crazy Town」を聴いてー。
            JAZZとボサノバの中間ぐらいの軽い乗りの音楽です。
            業界では 結構 彼女は注目されているらしいです。
            歌って弾いて どちらもなさっていますが おじさんが
            聴いてみると「ちよっと背伸びして火遊びしちやってる
            お嬢さん」的な感じがします。ただ 無理はしないで
            凛としている感じが とても好感がもてました。
            きっと いいところの育ちのいいお嬢さんなんだろうな?って
            想像してしまいます。映画で例えれば「ローマの休日」の
            アン王女のような感じが 声質やイントネーションから
            醸し出されて 日当たりのいい 昼下がりのヨーロッパの
            町並みを「君と2人で歩く」といったシチュエイションが
            楽しめました。夜 聴くのだったら もうちよっと 不真面目
            でジヤジーなのが いいですけれどね? 。
            | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
            「ローマからの手紙」
            0
              ローマからの手紙
              ローマからの手紙
              ケイコ・リー,

              全国 数百万のケイコ、リーのファンの方々、昨日は つれない
              評価で 申し訳なかったです。「ローマからの手紙」を聴きましたが
              これは良いですね?(少しノイジーだけど)。弾き語りなんだ?。
              このアルバムのパーソネルはケイコ、リーのみ、それが 好印象
              かもしれない。オーケストラ物は 個人的には パスですが
              最小単位での編成で彼女の声が 引き立つんですね?。よく わかり
              ました。 話は 変わりますが 今夜 「ブツ」が到着します。
              これで 私も テイクオフです。皆さん 宜しく!。
              調子に乗って オクで またまた ある物を強引に落としてしまった〜。
              実は 以前から 気になっていた モノなのですが、今では 生産
              終了のプレイヤーなんですが〜 届いたら 見せます(笑)。
              不思議なことに これは 未だに 持っている人を 見たことがない。
              名器なのに、、、扱いは 難しい ら し い。
              | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 17:43 | comments(0) | - |
              日本 勝利。
              0
                先日 北米で発売のSONYのBlu-ray Discプレーヤーの件で
                ブログに不平 不満を書いたら。なんと アメリカで開催している
                ワールド野球で日本が韓国に勝ち決勝に進出することが できたやん。
                この おっちゃんの 御陰やで(爆)。

                最近 女性ボーカルをコレクション中。これも坂出のおじきの
                影響やろね?。ケイコ リーなんて おしゃれなボーカル物をオ
                ーダー中。結局は ダイアナに戻ってくるんですけどね?。
                仕事 多忙につき 今日は このへんで〜

                | モリヤン(プログの管理者) | 女性ボーカル | 17:57 | comments(4) | - |
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                2627282930  
                << November 2017 >>
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + RECOMMEND
                + SELECTED ENTRIES
                + RECENT COMMENTS
                + RECENT TRACKBACK
                + CATEGORIES
                + ARCHIVES
                + カウンター
                アクセスカウンター
                + MOBILE
                qrcode
                + LINKS
                + PROFILE