劇空間 徒然模様

モトさん邸にてプチオフ会
0

    11月に入り気温が定まらないので体調不良を少し起こしている。熱も無いのに

    風邪のような?でないような?、、年々季節の変わり目が超えにくい。

     

    さて昨日の日曜日に徳島のAV仲間のモトさんがYAMAHAの新型AVプリの

    CX-A5200を導入されたので音を聞かせてもらいに御邪魔した。

    DSC03492.JPG

     

    私はヤマハ派でないので良くは解からないのだがモトさん曰く音が良くなった、、らしい。

     

    色んなソフトを見せてもらったのだが密度感は薄いが確かに空間描写と包囲感が大きくなった

    ように感じる。そして注目の「SURROUND:AI」なのだがセンタースピーカーのセリフにも

    効いているのかシーンのカットごとに人間の肉声が響きを持ったり持たなかったりするのが

    私には気になった。YAMAHAの宿命なのかどうしても尖がったSEが「柔らかく」「響きを

    持って」聞こえてくる。SEだけでなくダイアログも響いて聞こえる。

    DSC03496.JPG

     

    DTS:Xのデモで女性の声が各スピーカーから順番に出てくる物があるのだが

    モトさんのお部屋では右半分のスピーカー群だけ響いている調整になっている

    のが少し気になった。自動補正のせいなのか?それとも仕様なのか?。

     

    DSC03495.JPG

     

    モトさんのシステムはフロントSP:B&W 802Diamond

                            プロジエクタ―:SONY VW-535

                           UHDプレーヤー:OPPO 205

     

    まだエージングが終わっていないとも思われまた時間が経ってからお聞きしたいと思った。

    モトさん、お疲れさまでした。今度は二人で高松に行きましょう!。

     

    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 15:43 | comments(5) | trackbacks(0) |
    劇空間プチオフ会
    0

      明日から田植えの準備が始まりゆっくり過ごせるのも今日まで。

       

      ということで先日伺ったモトさんとの御約束で拙宅でのオフ会を

      午後から開催。今日はモトさんにX990Rの画をじっくり見ていただいた。

       

      DSC03412.JPG

       

      御土産にパイオニア製のUSB型ノイズクリーナーをいただいてしまった。

      以前にも一度いただきそれはPS4に差し使っているのだが。

       

      モトさん宅で先日見せていただいた535との画質比較とYouTobeの4K動画の

      12bit版と8bit版の色の深みの比較等を見ていただいたのだが見ていて私自身も

      再発見することもあり得るものが多かった。

       

      モトさんお疲れさまでした。お土産ありがとうございました。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 16:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
      モトさん邸プチオフ会
      0

        徳島のAV仲間であるモトさんがシアターにB&W 802Diamondを導入されたと
        聞いて昨日午後からお伺いした。

        DSC03404.JPG

         

        DSC03406.JPG

         

        ボードもセットで手に入れられたらしくて本体の状態も

        非常に綺麗だった。

         

        DSC03407.JPG

         

        駆動するのはMcIntoshのパワーアンプで1chあたり450w?の出力。

         

        プロジェクターは個人的には懐かしいVW-535。モトさん宅で見ると大きく見えるのが不思議だ。

        DSC03405.JPG

         

        プレーヤーはうちと同じでOPPO 205。UHD-BDをいくつか見せてもらった、、いや

        聴かせてもらった。「オデッセイ」「パシフィックリム」「レヴェナント」と轟音系

        のサラウンドを中心に聞かせてもらったのだが個人的に一番良い音が出てると思ったのは

        「レヴェナント」の設定画面のBGMだった。「このスピーカーは鳴らしにくい」というのが

        今までの私の印象だったのだが今回もやはり鳴らしにくそうだ。

         

        これは香川ピュア軍団の手いや耳を貸してもらわないといけないように思う。特にK氏の、、はい。

        たぶんこのままじゃ許してもらえないでしょう。大変なことになりそうな予感がする、、ブルブル。

         

        モトさん ありがとうございました。

        | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
        モトさん邸/プチオフ会
        0

          一昨日、かねてから御誘いがあった徳島市のモトさんのお宅に伺った。

          P_20171007_163202_1_p.jpg

           

          アトモス化されてから伺っていないので1年ぶりの訪問になるのかな?。サラウンド強化されてリアSPをタオックのスタンドで

          上げ、サラウンドバックも新設。SPが増えたことでマッキンのマルチパワーアンプも増設されていた。

           

          P_20171007_163247_1_p.jpg

           

          今回の目玉はOPPO UDP-205と某所でチューンされたPanasonic DMP-UB900でUHD-BDやBDを見せてもらうことで

          ある。モトさん曰く「DMP-UB900の方が画質が良くてUDP-205の方が音がいい」らしい。



          P_20171007_163222_1_p.jpg

           

          プロジェクターは私と同じ535を使用されててスクリーンは善通寺のタケチャンさんから購入

          されたマリブの120インチである。

           

          いくつかソフトを見せていただいて私が感じたのは「DMP-UB900の画は軽いが解像感はこちらが

          勝っている。UDP-205は意外にも解像感が立たないし発色は腰が据わっているが重すぎる印象が

          あった。つまりパナの映像処理技術の方がUHDに寄り添っているように感じた」。

           

          そしてサラウンド再生についてはDMP-UB900は終始「大人し過ぎる」感がある、、うちの90もそうなのかなぁ?。

           

          しかしこんなに映像比較するのも久しぶりだしいい刺激をいただきました。

          「秘密兵器」の御土産までいただき、モトさありがとうございました。

           

          | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 09:29 | comments(16) | trackbacks(0) |
          久しぶりのオフ会
          0

            香川軍団のお客様をお迎えして午後から自室でのオフ会を開催。

             

            of.JPG

             

            手前から香川からお越しになったタケチャンさん、Kin-yaさん、徳島535同好会?の仲間のモトさん。

             

            今回はタケチャンさんのHDR御見学を中心にハイエンドオーディオユーザーのKin-yaさん御同伴ともあって

            数日かけて御歓迎の準備を進めていた。お陰で手つかずであった自室の清掃も行き届きクリーンな状態で

            お迎えすることが出来たし再生設定を集中して追い込むことが出来たと思う。

             

            タケチャンさんはBD&DVDを数千枚コレクションされている強者で500ESを現在ご使用になられている

            のだが535のHDR&色域拡張を是非見てみたいというので徳島に来県された。

             

            一方ハイエンドオーディオユーザーのKin-yaさんは実は映像にもかなり詳しい方で私の映像&音響システム

            の出来上がりを逐一評価していただきその改善に昔から御協力いただいている存在。

             

            もう一方、徳島のモトさんも最近1100ESを手放してHDRに対応するべく535に乗り換えられた強者。

             

            この4人が集まってオフ会すれば自然とマニアックな映像の話になったのは当然だがその会話が

            実に楽しいひと時を作ってくれたことは間違いない。

             

            各々の近況も加えてプロジェクターの話になると熱い自論が飛び出すことも快く気が付いたら

            拙宅で4時間以上も延々とUHD-BDのハイライトシーンを皆で見ていた。

            楽しいことをするときは時間の経過を忘れてしまい実に有意義なオフ会であったことは間違いない。

             

            みなさんお疲れ様でした。来年は香川の535を見せてもらいに行きますので宜しくお願いします(笑)。

             

            おみやげまでいただいて恐縮しております。

            | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 22:53 | comments(12) | trackbacks(0) |
            香川にてオフ会 善通寺市編 2
            0
               善通寺 二番目の訪問先はタケチャンさん宅だった。
              到着早々 怖そうなデカい犬が私たちを睨んでる〜っ。

              12月の拙宅でのオフ会で500ES+EDGE GREENで1.5H視聴した
              画を見て興奮されたのか最近のタケチャンさん宅の情報はもっぱら
              映像のことばかり、500ESもEDGE GREENも手に入れられ
              ついには120インチのスクリーンからスチワート製の160インチに
              変更し迷光対策を完全にするために天井を黒く塗装までしていた、、、。

              塗装は黒の「艶消し」でお願いします、、、でないと光ります。

              私も長い間固定画素プロジェクター道をやってきたが個人の御宅で
              160インチのスクリーンを観るのは初めてである。

              以前はかなり広いと感じられた20畳の部屋が今回は狭く感じられた
              不思議なものである。

              前回訪問時の120インチパネルタイプのマリブ。
              of take.jpg

              そして今回の160インチパネルのスチワート。
              off4.JPG

              実際120インチでもデカいのだがこの部屋では小さくかんじられていたので以前から
              「もつと大きなスクリーンが要りますよ」とは言っていた物のそれを鵜呑みにして
              本当にやってしまうなんて タケチャンさんは 「凄い!」で、天井を黒く塗るか?ぁぁぁ。

              いろいろ画像を見せてもらってやっぱり大画面がこの部屋には似合うと思ったのだが
              同じ500ES使いとしては120インチから160インチに投射面積が大きくなった分
              画面の輝度が低下して「暗く」感じたので500ESの設定を見せてもらうとランプの
              設定が「高」になっていたので内心 余計に複雑な気持ちになった。

              「低」でなく「高」で使っても160インチでは光量は不足するのか?。
              なら4Kでももっと明るいランプが必要となる。つまりタケちゃんさん?
              500ESより1100ESの方がこの環境ではいいのでは?、、と言ったら
              怒るわな〜(笑)。


              off5.JPG

              ま、その辺は設定で何とか逃げてもらって巨大画面を堪能して欲しい気持ちは
              やまやまでした。

              タケチャンさん ありがとうございました。良い勉強させてもらいました。
              | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 22:30 | comments(4) | trackbacks(0) |
              香川にてオフ会 善通寺市編 1
              0
                 高松市のモモンガ邸を後にして一路西へ 到着したのは
                善通寺市のKin-yaさんの御宅。

                この御宅?家庭用エレベーターを完備しているのだが
                今まで「なんで?」と思っていたのだが最近になって
                やっと解った。「自室に重いオーディオ機器を楽に上げるため」。

                げげ?家族への思いやりでは無かったのだ!何と家を新築するする
                時点で「オーディオのため」しか頭になかったというハイエンド
                オーディオユーザーのKin-yaさん、、、実は私は長い御付き合い
                でもう14年くらいになるかな、、なんて思いながら緊張の面持ちで
                リスニングルームに御邪魔した。


                off3.JPG

                ここへ入って一番に眼に止まるのはスピーカーのWILSON AUDIO のSASHA。
                それとプリアンプAyre R Series KX-R。最近になってセッティングを変えられ
                たのかラックを取り去り機器を床置きで並べられていた。

                Kin-yaさんのシステムというか音に対する目標性は私から見ればこの13年変わって
                いないと思われる。Kin-yaさんは最初はPMC使いで「リアルな解像度と音質と
                空間描写」に満ち溢れ以前は「大音量フェチ」的な印象を拭えなかった趣向性
                があり私はWILSONに変わってもそれは未だに残っていると感じている。
                感じているが実は私もそういう趣向が 好きなのである(笑)。

                今回ものっけからアコースティックギターやフラメンコの臨場感あふるる
                音像を聴かせてもらったのだが 以前も書いたがここまでCD音源で空間
                描写とリアリティーを追求した音像に私は一度も出会ったことが無いのだ。

                Kin-yaさん宅の凄い点は機器をアップグレードし続けているのでこういう
                凄い音になっているのではなくオーディオルーム設計時点からこの音像を
                出したいがために設計を煮詰めているという点が今花開いているように
                感じる。大音量で再生出来る環境は確かに羨ましい限りだがふと床に手を
                置いてみると不思議なことに超大音量でも床に振動を感じないのだ。

                Kin-yaさんのリスニングルームの床はわざと弾力性をもたせて作られている。

                つまり100パーセントのエネルギーをSASHAから放出するように部屋全体が
                つくられているのだろうと 私は想像した。だからあれだけの大音量でも
                音が潰れず解像度はマックスで さもそこで演者が演奏している気配まで
                CD音源で再生することが出来るのだろうと思う。セッティングを含めて。

                非常に頭のいい 誇るべき友人である。

                いつも最初に「脅かし系」の音源を大音量でサービスしていただく。
                いつも感じるのだがこのサウンドステージの立体感というか空間描写というか
                前後左右 奥 前  どうしてこんな事が出来るのだろうかと驚く。

                ただ驚くのだけれどそれに音的に近づきたいといつも思っているが 無理!。
                ただ御本人は言葉にしないけれどこのシステムを使って本当はもっと「癒されたい」
                と思っているのではないのかと今回感じた。

                「耳安めです」といいながらダイアナ・クラールの初期のオーケストラが入った
                一曲をかけてもらった時 「これがいいのである!」、ボーカルは前へストリグス
                は後方でゆったりして聞こえる。「これは素晴らしい!」と思った。

                SASHA本来の鳴らせ方はここにあるのではないかと、爆音ではなく 「寛ぎの
                音空間」のための設計なのではないのかと思った次第である。

                Kin-yaさん宅を語るのは一方通行ではだめだと思う、長い御付き合いから
                言えることは「癒されたい」と思いつつ「新しい物やりたい!」という氏の
                葛藤の現場があのリスニングルームに具現されているからだからである。

                しかし素晴らしい 音像 だった。

                Kin-yaさん ありがとうございました。

                追記
                Kin-yaさんはoppo103Dを手に入れたのに未だにLX91を御使いだったので
                理由を聞くと三菱三管が色差かRGBしか受け付けないからだと言う事だったん
                ですがoppo103DからHDMI経由でEDGE GREENに接続してDA変換で
                三菱三管に色差で入らないかな?タケチャンさんに借りられて一度試してみて
                ください。
                 



                | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 19:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
                香川にてオフ会 高松市編
                0
                   先週の土曜日の2/22に香川県のハイエンドユーザーの御宅へおじゃました。

                  参加したのは徳島からモトさんと私、高知県からtake51さんの三人。
                  take51を誘ったのはいつも音にこだわる彼に超ハイエンドなシステムの
                  音を一度体験させてあげたかったからなのだ。

                  まずうかがったのは高松市のモモンガさんの御宅、ここにおじゃまするのは
                  一年半ぶりである。パワーアンプのJeff Rowland Model 8Tiが修理から
                  戻られDACをGoldmundに変更してのB&W 802Dの音をやや癒し系のソフト
                  を談話しながら聴かせていただいた。

                  off1.JPG


                  off2.JPG

                  私は後方の席で聴かせていただいたがバイオリンの音が「まろやかで柔らかい」
                  感じで女性ボーカルの声質も終始安定した音調で非常に耳に優しい趣きだった。
                  やはりDACを変えられたことでより安定した音、スピーカーの特徴を上手く
                  使っておられるように御見受けした。試に私が持って行った「もののけ姫」の
                  サウンドトラックのOP曲を聴かせていただいたのだがアシタカに迫るタタリ
                  神の旋律が「恐ろしく」聞える筈なのになぜか「柔らかく」聞えたので
                  「これもシステムの違いと好み」が反映しているのだなと感じた。
                  さすがにウーハー口径の大きさが生きていてシンセの演奏だと言う事が
                  始めて解った旋律もあった。

                  あいにくモモンガさんはこの日の午後から120インチのスクリーンとSONY
                  VW200の設置のため業者の人が来ると言うことで讃岐うどんを御馳走に
                  なった上で私達3人で次の目的地である善通寺市のKin-yaさん宅を目指して
                  御暇することになった。モモンガさん ありがとうございました。
                  | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 12:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
                  オフ会
                  0
                     昨日の土曜の午後から拙宅でオフ会を催した。

                    かねてから500ESの性能に興味がおありになった香川の
                    タケチャンさんの御希望で開催。参加されたのは香川を
                    代表するハイエンダーの面々。
                    モモンガさん、タケチャンさん、Kin-yaさん、タイルヤさんの四人様。

                    これは恐ろしい評価攻めに逢いそう〜っ。

                    到着して聞けばタケチャンさんは我慢出来ずに500ESを導入してしまった
                    とのこと、しかも発注してすぐに届いた?「速い!速すぎる!」。
                    今回はEDGE GREENを挟んだ画にとても興味が御有りなのでEDGE有る、
                    無しをみんなで検証。

                    視聴早々に叫んだのは耳も眼も肥えたピュアオーディオ界では「超ハイエンダー」
                    で有名なKin-yaさんだった。「こんな画は観たことない!!」。
                    しかし反面突っ込み所もキツイ「ビデオ的な趣き!」「映画に見えない!」。

                    私も皆さんの後ろの3Hぐらいで観ていたのだがEDGEのオン、オフを見ていると
                    リアリティークリエーションはノーマル設定でオンになっているのだが
                    EDGEのエハンサーをオフにしてスルー状態にすると凄く「ぼやけて眠たい画」
                    になるのを確認した。またEDGEのデティールエハンサーオン(+35)にすると
                    解像度や精細感が上がることにより500ESの空間描写力が上がることが確認
                    できた。細かい部分が明瞭に再生されることにより画像のリアリティーも上がり
                    これによって奥行き感や広さの再現性が上がるということ。

                    1000ESのように高級なレンズは持っていない分EDGEでそのフォーカス力
                    不足を補えるのではないかとも思う。

                    数本用意していたソフトを見ていただき休憩を取ってお茶の時間でAV以外の
                    世間話にいつものように花が咲く。御付き合いの古いKin-yaさんからは「一生
                    ブログ活動を続けてよ」とねぎらいの御言葉もいただいたりした。
                    話で盛り上がったところで本日のメインイベントとして用意していた
                    国内盤BDの「パシフィック・リム」のハイライトシーンを視聴。

                    ここで再びみんなが吠えた!「これは凄い!! ええわー!!」、スクリーンサイズ
                    が120インチてスクリーンからの視聴距離が1.5H(約2.3m)でアスペクトがビスタ
                    サイズで巨大なジプシーデンジャーの激闘を4k超解像度+EDGEの解像度ブースト
                    で眼前に見ると3Dはもういらないくらいの超デリシャスな体感の御馳走になった
                    ようである。「このソフトは絶対買わなくてはいけないわ」という声も聞こえた。

                    午後の1時から初めて気が付いたら夕方の5時を廻っていた。楽しい事に夢中に
                    なると時間はすぐに過ぎてしまう。気の合った仲の方達なので余計に楽しい。

                    タケチャンさんは現在使用中のマリブの120インチから150インチに変更し
                    EDGEも購入することを決意されたようである。

                    来年雪解け時分にこちらから香川へお邪魔することを約束して皆さんは暗く
                    なっていく徳島を後にされた。四時間おつかれさまでした。

                    で、皆が帰った後どうしても気になったことがあってEDGEの設定を確認していた、
                    、、、あれ?1080/60Pで出画していた〜っ!道理でビデオライクに観ていた
                    はずである(汗)。金曜の夜にfuluを見た時の設定をそのままにしていたのか(大汗)。

                    off.JPG




                     
                    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 12:46 | comments(10) | trackbacks(0) |
                    香川県にてオフ会
                    0
                      今週の日曜日に香川県の高松市と善通寺市に徳島のAV仲間のモトさんと久しぶりに御じゃまして楽
                      しいオフ会を体験させていたただいた。
                       
                      午前中に高松市のモモンガさん邸に伺った、朝10時過ぎに到着するともう既に先客が、、善通寺
                      のKin-yaさんが後部座席を陣取っていた(笑)、Kin-yaさんの「やる気満々!」の姿勢がひしひし
                      と伝わる。
                       

                      モモンガさんのリスニングルームは数回お邪魔しているのだが前回と違った点で大きな物は
                      左スピーカーの前に陣取っていた奥様のピアノが無くなっている事とパワーアンプがJEFF 
                      モデル8Tiに換えられたことだろう。さてどんな音が出るのか楽しみである。

                      家でいつも聴いている女性ボーカルを掛けていただいて定位の感じを確認したのだが
                      真ん中に スーッと現れる音像が非常に「柔らかく」「優しい」音調に聞こえた。

                      またピアノとベースのデュオを聞かせていただいたのだが「硬く聞こえる筈の」ピアノの高域
                      が角を丸くしたようにマイルドに聞こえる、、ここで「あーっB&Wの802Dはこういう音の
                      聞かせ方をするんだな」と再確認した、「重箱を突っつくようなカリカリの解像感を出すので
                      なくて中低域にかなり余裕を持たせた大らかな音調」、、オーケストラ向きなのかな?という
                      ことは映画のサウンドトラックとかを朗々と鳴らすのにはこのシステムが良いかも、、ただ
                      打撃音とかの細かい解像感を演出してほしい時にはどうなんだろう、、、という問いには後から
                      訪問させていただいた善通寺のタケチャンさんのシステムがちゃんと答えてくれることに
                      なる。

                      モモンガさんのシステムは非常に「聴き疲れのない優しい音調」に感じられた、これは人柄を
                      反映させているのかもしれないとその時悟った。なら私の音調、人柄はどうなんだろう?。


                      off1.JPG



                      数十万もする木製のルームチューニングボードをあっさりスピーカー後部から外されて
                      いた、モモンガさんの挑戦はまだまだ続く、、活発で明るい方である。

                      off2.JPG







                      今回のオフ会のメインイベントで私が是非聞かせていただきたかったのが善通寺にお住いの
                      Kin-yaさんが新しく入れ替えされたWILSON AUDIO のSASHAというSPシステムでの
                      音だった。

                      off3.JPG




                      私のWILSON AUDIOのスピーカーへのイメージは「透明感があって柔らかい音調」だった
                      のだが聞かせていただいてそのイメージは一瞬で崩れた、、また「この音は聞かない方が
                      良かった」と後で後悔した。


                      Kin-yaさんとの御付き合いは長くもう今年で12年になる、初めてお会いした時はKin-yaさん
                      が高知にお住いの時でその時はPMCのスピーカーを絶賛され使い続けておられた。
                      私が考えていたKin-yaさんの音質への拘りはずばり「リアリティのある音質と空間性を
                      もつサウンドステージの形成」でありその形成過程を楽しんでおられるのだと考えていた、
                      なのに何故PMCを捨ててWILSON AUDIOなのか大そう疑問に思っていたのだが、
                      ギターデュオとフラメンコともののけ姫のサウンドトラックとテイク5を聞かせていただいて
                      その疑問が吹っ飛んだ!。

                      私も色んなシステムを聞かせていただいているがこれほどリアルなサウンドステージを
                      体感した記憶が無い!まったく無い!、思わず口に出してしまった「凄い!」。

                      スピーカーの存在が消えて楽器やボーカルのパートの位置が分離して聞こえる
                      わけだがその空間描写というか空間認識が「怖い」ほど現実に肉薄してしまって
                      いる、、と言ってもPMCのように「素っ気の無いリアリティ」では無くて「流麗な響き」を
                      残しながら空間性に奥行きを数層形成している音場、人によってはこのリアリティを
                      数分聴いていると「疲れてしまう」方もおられるかもしれないが私は非常に興味深かった。



                      off6.JPG




                      off8.JPG







                      off7.JPG



                      超低域から高域まで余裕で表現してしまう、録音されたその時その場所をリスナーの眼前
                      に「移し替える」行為を観ているような凄い物を聞いてしまった感覚だった、、これが「現代
                      的SP」の頂点、その金額を聞いてまたぶっ飛んだ、、AYREのプリアンプKX-Rも手に入れられ
                      てハイエンドのまだその上を逝かれているような気がした。くれぐれもこの音は聞かない方が
                      いい、、自分のシステムの性能の低さを思い知らされるだけである(笑)。

                      ビジュアルも見せてほしいとお願いした。

                      off9.JPG



                      物を長く大切に使う方で三菱の三管をメンテしながら今も使われている。

                      イノセンス冒頭のハダリがバトーに喰らわす回し蹴りをバトーが防御するときの打撃音と
                      シヤッターに打ち付けられたハダリの打撃音がこのスピーカーでどう聞こえるか確かめたかった
                      のだが、、、これは期待しすぎて肩すかしを喰らった。

                      次にバトーが食料品店で暴走するシーンーで店のオヤジがバトーめがけてぶっ放すシヨット
                      ガンの着弾が陳列棚に当たった時点の破裂音を聞いたが、、これは凄かった!!こんな解像
                      感のあるSEはうちでは出ません(汗)。

                      こんな凄いシステムを聞かせてもらって頭の中はムンムンとしながらも、現実に戻ろうと
                      努力した、、いやはやそれほど凄い分解能、解像度、これが CDの音なんでしょうか?。



                      最後に伺ったのは目下1000ES導入に失敗なさって肩を降ろされている同じく善通寺にお住いの
                      怒りのタケチャンさん邸。前回伺った時よりもB&W 802Dの周りの力の入れようが半端では
                      なくオーディオにどっぷり浸かってしまって溺れそうな御様子が理解できた。

                      スクリーンは小さく見えるかもしれないが張り込み式のマリブの120インチである。
                      それほどここは部屋が広くて広くて、この部屋で鳴らすのはさぞ御苦労が
                      有るだろうと感じられる。B&W 802Dを鳴らしきれるパワーアンプは半端なものでは
                      役不足である、逆に言うと恐ろしく使いにくいスピーカーであるが鳴った時が壮快なのかも
                      しれない。個人的にはそんな想いと気の遠くなる投資はしたくない(笑)。

                      off10.JPG





                      うーん、これて゜はAVアンプが可哀そうなセッティング、、もうオーディオ命!と言うところ。

                      off11.JPG




                      off12.JPG



                      映像を主に見せていただいたがこの大きなシアターを朗々と鳴らす音質が気持ちがいい、
                      腰が据わっていてサラウンドも良好でサウンドトラックのオーケストラが広大に鳴り響く
                      壮言さが良い。大口径のウーハーらしく中低域はなんの心配もいらないシステム形成、
                      これほど大きな部屋にはこういうスピーカーが合うんだろうな、これを家でやったら
                      絶対に低域飽和してしまうだろうと思った。


                      香川の皆さん本当にありがとうございました。モトさん おつかれさまでした。
                      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 16:34 | comments(9) | trackbacks(0) |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE