劇空間 徒然模様

エージングも終わり
0

    ランプタイム100時間が過ぎエージングも進んだのでVW745の感想を少し書いてみる。

     

    DSC03503.JPG

    まず起動と電源オフの所要時間であるがかなり速いので助かる。手元のリモコンからの操作

    ボタンを押してからどちらも約13秒ほどでこなしてしまう。ランプタイム90時間ぐらい

    レンズ群奥のシヤッターの音が気になっていたが100時間を超えたら聞こえにくくなって

    安心した。

     

     

    レーザー光源プロジェクターとしての745の存在価値は老舗SONYが作るリアル4Kパネル

    の精度の高さと改良を重ねた超解像処理エンジンのリアリティークリエーション、その

    二つに加えて水銀ランプでは作れなかった圧倒的な明るさだと思う。

     

    この技術開発はSONYがデジタルカメラで培った光学技術やパネル精度と4Kテレビで磨き

    込んだ映像作りの恩恵が功を制していると言える。総合的なデジタル技術のノウハウが

    この一台を作り出しているので信頼感は厚い。

     

    なら、水銀ランプを使った500系のプロジェクターとどう「見え方」が違うのかと言うと

    ズバリ、UHD-BDのHDR映像が卓越してくる。

     

    私は評論家ではないので感じたままを書いているので悪しからずだが745で見るUHD-BD

    のデイライト撮影部分のHDRで加味された解像感が今まで見てきた物とはレベルがちがう。

     

    例えば「レヴナント」中盤から終盤までのアウトドアなサバイバルシーン。

    「ダンケルク」の序盤の街の中で銃撃から逃れるシーン。

    「ハドソン川の奇跡」の水上での救出劇の一部始終。

    「マリアンヌ」のロンドン空襲の次の日の野外でのピクニックシーン。

    「ロストバケーション」の日中の磯を上から撮影した時の岩場の水の反射、煌めき。

     

    これらは全てデイライト下で撮影されたものであるが水銀ランプでは「眩しさ」まで

    は再生できず尚のこと野外のデティールもはっきりとは照らし出せなくていたように
    思う。しかし745で見るこれらの解像感や質感の向上は強烈なインパクトを受けた。

     

    暗いシーンは別としてレーザーの醍醐味は逆の明るいシーンでその実力の凄さを

    感じられるのではないかな。特に何度も書くが HDR でであるが。

     

    またそれらを感じるにはソフト側の出来上がりも重要なポイントではある。

     

    私の使用しているスクリーンはキクチのホワイトマットアドバンスでピークゲインは

    0.8程だと思うのだがそれでもレーザーマックスレベル&HDRコントラストマックス

    だったら「眩しい!」と洩らしてしまう。プロジェクターでHDRを真に感じるのには

    これからはレーザー光源が必要なのかもしれない。

     

    私のスクリーンは120インチだがこの明るさなら150インチを使っていて水銀ランプ機で

    暗いと思っているユーザーにはかなりお勧めできる明るさだとも思える。

    DSC03502.JPG

    SDRな従来のBDでもデジタルカメラ(4K)で撮影されたものも745は解像感高く見せてくれる。

    これもやはり野外での撮影シーンで本領を発揮するようでUHDの物と錯覚する時がある。

     

     

    ちよっと同じ映像を何度も何度も見過ぎたのでBS4Kが始まるまで目を休めておこうかな。

     

    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 09:39 | comments(6) | trackbacks(0) |
    オリエント急行殺人事件/北米盤UHD-BD
    0

      UHD-BD「レヴェナント」再考。745で見るこの作品の画質はやはり絶品である。

      チャプター12からラストまでの自然背景の中のサバイバルな超高解像度な趣を

      堪能してしまう。木々、河の流れ、火の輝き、雪原の純白、山のディティールが

      素晴らしい。やはりSONYに帰ってきてよかった と 感じる瞬間がそこにある。

       

      さて、先日徳島のAV仲間のモトさんに見せてもらった「オリエント急行〜」の

      UHD/北米盤を入手して見直したのだが、、、とにかく745でこれを見ると

      「眩しい!」、、そのせいで目が疲れてしまう。

      DSC03491.JPG

       

      レーザーは出力をある程度抑制しなければ眼病につながるかもしれない。

      この作品 解像感は人一倍だがほとんどCG描写で作られ、脚本も凝った

      ものでは無く 知らない間に 犯人特定で ポアロの髭だけが印象に

      残る代物だった。

       

      アタリハズレはあるよな。

       

       

      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 21:38 | comments(9) | trackbacks(0) |
      帰ってきた
      0

        先日の日曜日の午後からの徳島のAV仲間のモトさんとプチオフ会を開いた。

        DSC03487.JPG

        もちろんSONYに帰ってきたのがその主旨でありモトさんに持ってきてもらったUHDを中心に

        光源をレーザーに換えた画像に対する意見交換が楽しかった。

         

        この時点でまだまだ設定が定まっておらず中途半端なな物を見ていただいたのだがモトさん

        にはかなり眩しく見えていたようで私もかなり目が疲れてしまった。

         

        特にモトさんが持ってこられたUHD:ジョン・ウイック/チャプター2の坑道での銃撃シーンは

        かなり暗いシーンなのに「見えない物が見える」とモトさんは感心しておられた。

         

        UHD:オリエント急行殺人事件の列車内での金属の輝きやポワロの髭の質感の解像度の凄さや

        切れるような暗部階調表現はレーザーの成せる業だと感心させられ今までのランプ光源とは

        完全に異質な表現だし何をおいても奥行き感のある描写はSONYに帰ってきたと実感出来る

        重要なポイントだろう。

         

        | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 10:16 | comments(15) | trackbacks(0) |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + カウンター
        アクセスカウンター
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE