劇空間 徒然模様

オリエント急行殺人事件/北米盤UHD-BD
0

    UHD-BD「レヴェナント」再考。745で見るこの作品の画質はやはり絶品である。

    チャプター12からラストまでの自然背景の中のサバイバルな超高解像度な趣を

    堪能してしまう。木々、河の流れ、火の輝き、雪原の純白、山のディティールが

    素晴らしい。やはりSONYに帰ってきてよかった と 感じる瞬間がそこにある。

     

    さて、先日徳島のAV仲間のモトさんに見せてもらった「オリエント急行〜」の

    UHD/北米盤を入手して見直したのだが、、、とにかく745でこれを見ると

    「眩しい!」、、そのせいで目が疲れてしまう。

    DSC03491.JPG

     

    レーザーは出力をある程度抑制しなければ眼病につながるかもしれない。

    この作品 解像感は人一倍だがほとんどCG描写で作られ、脚本も凝った

    ものでは無く 知らない間に 犯人特定で ポアロの髭だけが印象に

    残る代物だった。

     

    アタリハズレはあるよな。

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 21:38 | comments(9) | trackbacks(0) |
    帰ってきた
    0

      先日の日曜日の午後からの徳島のAV仲間のモトさんとプチオフ会を開いた。

      DSC03487.JPG

      もちろんSONYに帰ってきたのがその主旨でありモトさんに持ってきてもらったUHDを中心に

      光源をレーザーに換えた画像に対する意見交換が楽しかった。

       

      この時点でまだまだ設定が定まっておらず中途半端なな物を見ていただいたのだがモトさん

      にはかなり眩しく見えていたようで私もかなり目が疲れてしまった。

       

      特にモトさんが持ってこられたUHD:ジョン・ウイック/チャプター2の坑道での銃撃シーンは

      かなり暗いシーンなのに「見えない物が見える」とモトさんは感心しておられた。

       

      UHD:オリエント急行殺人事件の列車内での金属の輝きやポワロの髭の質感の解像度の凄さや

      切れるような暗部階調表現はレーザーの成せる業だと感心させられ今までのランプ光源とは

      完全に異質な表現だし何をおいても奥行き感のある描写はSONYに帰ってきたと実感出来る

      重要なポイントだろう。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 10:16 | comments(15) | trackbacks(0) |
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + RECENT TRACKBACK
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + カウンター
      アクセスカウンター
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE