劇空間 徒然模様

モトさん邸にて設定の結果
0

    パイオニアのユニバーサルプレーヤーLX800のHDMI音声出力からPURE2

    をヤマハのAVプリのCX-A5200に繋いだ時に音がでない事象を何とか

    したいと午後からモトさんの御宅に御邪魔してあれこれとやってみた。

     

    結論から言うと「どうやっても音はでなかった」。

     

    設定をアオイトラクターさんに教えていただいた設定を元に変えたり

    電源を入れる順番も変えて見たりプレーヤー内の始動再生設定を

    手動にきりかえたり考え着くことは全てやったがだめだった。

     

    AVプリ側の問題ではなくパイのプレーヤーとPURE2との相性が

    あわないのだろうという結論に達したがこの相性はメーカー側に言っても

    解決はしてもらえないだろうな、、、との話で終わった。

     

     

    モトさんお疲れさまでした。残念です。

     

    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 16:50 | comments(13) | - |
    FIBBR PURE2 1本目
    0

      結局 FIBBR PURE2の1m50cmを購入してしまった。何でこうなるのか?。

      DSC03715 (2).JPG

       

      DSC03716 (2).JPG

       

      早々に接続しUHD-BD「レヴェナント」で先に導入したKING-Aとの違いを

      エージングなしの基本で見て見ることにした。以下箇条書きで。

      ☆OPPO205→SONY 745

      ●黒の落ち込みがより良くなっている、またその反面薄暗いシーンの情報が

      つぶさに見えるようになる。言い換えれば明るく見える変化だと思われ

      がちであるが輻射ノイズの干渉を避けられたので元々の情報が見える

      ようになっているのだと思う。ケーブル1本でこれだけ変わるのが

      不思議に感じる。しかし何度も繰り返し検証しているシーンなので

      違いがよく解かるのであって興味のない人が見ても区別できないレベル

      とも思う。でも価格の上で言えばKING-Aは基本的な画調は押さえている

      点でとてもリーズナブルな存在でありKING-Aだけで揃えたら安上がり

      だとも思う。

      ●KING-Aとの一番の違いは解像感の向上だろう。解像感、精細感が

      ワンクラス上に感じる。ただエージング出来ていないせいか少々輪郭が硬く

      感じられるのが気になった。これはプラグに使っているメタル素材のせいだろうか。

       

      エージングが終わっていないので何とも言えないが初対面の印象はこんなところかな。

       

      それに先日導入した音声出力側のKING-Aのエージングが進んだのでS/N比が向上したのか今まで

      気がつかなかった音がサラウンドSP中心に聞こえるようになってきた。PURE2もKING-Aも新開発

      高性能チップを使っており映像や音声に下駄を履かせるのには良い光ケーブルだと思うがこの価格から

      いうとすんなりとは手が出せない代物である。物理的にはプレーヤーとプロジェクターとの

      距離をできるだけ短くすることで、、つまりケーブルの長さをできるだけ短くすることが

      より少ない投資で導入できるコツかもしれない。

       

      PURE2を今度は音声出力側に繋いで音質の変化を検証する楽しみがまだ残っているが

      予算的にもうアップアップなので止めておいた方が、、、。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 11:03 | comments(24) | - |
      「King-A」2本目
      0

        かなり余談になるのだが『レヴェナント: 蘇えりし者』でデカプリオが演じた

        グラスという道案内人は実際にいた人の伝説を小説にしたものだということを

        最近になって知った。

         

        「レヴェナント」と言う意味は「亡霊」なのだが実はクマに襲われて死んだと

        思っていた人間が戻ってきたときに人々が驚いてグラスにつけたあだならしい。

        「蘇った亡霊」というあだなのグラスの話は伝説となり脚色した小説になった物を

        映画化したのがデカプリオ主演の物である。知らなかったのは私だけかも?。

         

        さて、「King-A」の1m50cmの物を買い足してみた。oppo205の音声出力側か

        BS4Kの映像出力を745につなぐかどちらにしょうか迷っていたところだったが。

        DSC03714.JPG

         

        しかし音声出力に使うとAVアンプ側のハンドシェイクが悪いのか全ての機器の電源を

        切り再び入れなおすと音が出なくなる。映像側の2mの物と差し替えて使っても同じく

        音がでない。つまりoppo205の映像、音声を同時に光HDMIで出力することは出来ない。

         

        だったらしかたがないのでやはり映像系のBS4K映像をking-Aで745に繋ぐこととした。

        音質より画質の変化がやはりわかりやすいと言うのは負け惜しみかもしれないが。

         

        もうこのケーブルはこの辺で終わっておきたい。

         

        | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 14:43 | comments(17) | - |
        FIBBR「King-A」
        0

          アオイトラクターさんやモモンガさんの御勧めもあってFIBBR製

          「Pure 2」には興味があったのだが個人的にはあまりにも高価で

          ありHDMI2.1規格デビュー前もあるのでなかなか手が出せないでいた。DSC03712.JPG

          しかし『本命は「King-A」』というレビュー記事を読んでこの価格なら行けるかも?と思い

          光HDMIケーブルの購入に踏み切った。

          DSC03709.JPG

           

          接続はoppo 205の映像出力から745へ2mの物となる。

           

          うちではリファレンスのUHD-BD「レヴェナント」と「LUCY」で検証してみた。

          以下箇条書きで。

          ●昨年アップデートされたD.Fオプティマイザーとの相性が良いのか立体感と

          奥行き感、精細感、解像感が上がっているのが解かる。特に立体感が顕著に

          上がって見える。また暗部階調表現力も上がっておりSONY機の弱点だった

          暗いシーンでの黒浮きの低減と相まって薄暗いシーンでの表現力が上がって

          見える。しかしこれは745の本来の性能であって光伝送により情報の損失を

          スポイルするとちゃんと見えてくるという事だろう。森林の木々や大きな倒木の

          立体感・解像感がすばらしい。

          ●極めつけはリアル4Kでの安定した解像感。役者の顔の描写は

          超高画質に特に今回際立ったのは白人の鼻の高さがより立体的に見えており

          HDRの恩恵もあって学会の講義に集まった群衆の様相が細かい。安定した

          暗部の再現性の御陰で一貫して安心して描写を見ていられる。

          ●映像出力だけ使っているのに音まで良くなった様に感じるのは気のせいかな?。

          ●元の解像度が高いほどこの伝送形態は良い方に見えるのか普通のBDではあまり

          違いは見つけられない傾向にあると思った。

          ●今度はOPPO205の音声出力側につないで音はどうなるのか試してみた。

          BDのDTS-HD MAの再現性なのだが瞬発力が上がって細部の金属音が上がった

          ように聞こえたような気がするが顕著には違いは判らなかった。

          ●OPPO205から外し今度はBS4Kチューナーを介してHDDに貯めてあった4K録画

          再生に使ってみた。「King-A」を使うのは音声と映像を分離する機器からなので

          どうかな?と思ってつないでみたのだが、、、これが一番すごかった!!。

           

          イエローストーン国立公園の山の頂から川づたいの空撮はいままで数十回と検証

          してきたが立体感が素晴らしい。S/Nも抜群で輻射除去効率が上がっているのでは?。

           

          ということでBS4K用にもう一本欲しくなるのはリーズナブルな価格設定が

          成されているからであろう。

           

           

           

          | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 09:12 | comments(12) | - |
          「VW745」の画質向上アップデート
          0

            数日前に予定通り745の画質向上アップデートを行って

            YouTubeのペルー・モロッコとUHD「宮古島」の4K/60Pの

            動画視聴をやって追加機能による画質を確認して見た。

            DSC03571.JPG

             

            ●「デジタルフォーカスオプティマイザー

            データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)に付加した機能

            で解像感の向上を図る物である。機能ON、OFFで画質の違いを比べて見ると

            ONで解像感が数段階上がるのが確認できる。しかし4K/60Pの画質は元からして

            高解像なのでこの機能が必要なのかどうかに迷う。高解像だが60Pなのか

            速い動きが出ると画面がざわつく。4Kよりも2Kアップコンに使った方が効果的

            に感じた。

            DSC03572.JPG

             

            ●「デュアルコントラストコントロール

            設定項目が無く従前と何も変わらないのだが黒が以前よりもより深くなったような

            気がする。「アドバンストアイリス3」付加した機能なのでこれを使える855では

            解かるのだが745はこれを持っていないので個人的にどう動いているのか疑問である。

             

            ●「マスタモニターに忠実な暗部階調表

            黒潰れが無く階調表現が向上したのは「宮古島」の冒頭の早朝の薄暗いシーンで

            確認し続く朝陽が昇るHDRの効いたシーンでレーザーの威力を思い知ることが

            出来たのだが久しぶりに見たのでそう思ったのかアップデートの御陰なのかは

            不明である。

             

            今回のアップデートは個人的には良く解からない物であった。

             

             

            | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 12:53 | comments(8) | trackbacks(0) |
            SONY 「VW745」秋に画質向上アップデート!!
            0

              かんかんに晴れて暑い日が続いた中続投していた稲刈りが今日の

              午前中にやっと終わった。豊後水道付近を通過した台風の影響で

              稲が倒れたのと長雨が続いたのとで今年の収穫は例年より悪く

              それによって生産者米価も後に行くほど高騰しているようである。

               

              さてそんな中嬉しい話題が飛び込んできた。

               

              「VW5000」と「VW745」を秋に画質向上アップデートするらしい!!。

              レーザー兄弟の中で「VW855」にしかなかった3つの機能を「VW745」でも

              使うことが出来より高画質に使い込むことが出来るらしい。

               

              ●「デジタルフォーカスオプティマイザー

              ●「デュアルコントラストコントロール

              「マスタモニターに忠実な暗部階調表」

               

              超高画質機能に連動するこの3つの機能をアップデートしてくれるので

              使いこなす幅がますます高まるということになりそうである。

               

              この秋って いつかな?。アップデートするということは745は据え置きだろうか?。

               

              とりあえず 嬉しい限りである。

              DSC03562.JPG

              | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 17:08 | comments(6) | trackbacks(0) |
              エージングも終わり
              0

                ランプタイム100時間が過ぎエージングも進んだのでVW745の感想を少し書いてみる。

                 

                DSC03503.JPG

                まず起動と電源オフの所要時間であるがかなり速いので助かる。手元のリモコンからの操作

                ボタンを押してからどちらも約13秒ほどでこなしてしまう。ランプタイム90時間ぐらい

                レンズ群奥のシヤッターの音が気になっていたが100時間を超えたら聞こえにくくなって

                安心した。

                 

                 

                レーザー光源プロジェクターとしての745の存在価値は老舗SONYが作るリアル4Kパネル

                の精度の高さと改良を重ねた超解像処理エンジンのリアリティークリエーション、その

                二つに加えて水銀ランプでは作れなかった圧倒的な明るさだと思う。

                 

                この技術開発はSONYがデジタルカメラで培った光学技術やパネル精度と4Kテレビで磨き

                込んだ映像作りの恩恵が功を制していると言える。総合的なデジタル技術のノウハウが

                この一台を作り出しているので信頼感は厚い。

                 

                なら、水銀ランプを使った500系のプロジェクターとどう「見え方」が違うのかと言うと

                ズバリ、UHD-BDのHDR映像が卓越してくる。

                 

                私は評論家ではないので感じたままを書いているので悪しからずだが745で見るUHD-BD

                のデイライト撮影部分のHDRで加味された解像感が今まで見てきた物とはレベルがちがう。

                 

                例えば「レヴナント」中盤から終盤までのアウトドアなサバイバルシーン。

                「ダンケルク」の序盤の街の中で銃撃から逃れるシーン。

                「ハドソン川の奇跡」の水上での救出劇の一部始終。

                「マリアンヌ」のロンドン空襲の次の日の野外でのピクニックシーン。

                「ロストバケーション」の日中の磯を上から撮影した時の岩場の水の反射、煌めき。

                 

                これらは全てデイライト下で撮影されたものであるが水銀ランプでは「眩しさ」まで

                は再生できず尚のこと野外のデティールもはっきりとは照らし出せなくていたように
                思う。しかし745で見るこれらの解像感や質感の向上は強烈なインパクトを受けた。

                 

                暗いシーンは別としてレーザーの醍醐味は逆の明るいシーンでその実力の凄さを

                感じられるのではないかな。特に何度も書くが HDR でであるが。

                 

                またそれらを感じるにはソフト側の出来上がりも重要なポイントではある。

                 

                私の使用しているスクリーンはキクチのホワイトマットアドバンスでピークゲインは

                0.8程だと思うのだがそれでもレーザーマックスレベル&HDRコントラストマックス

                だったら「眩しい!」と洩らしてしまう。プロジェクターでHDRを真に感じるのには

                これからはレーザー光源が必要なのかもしれない。

                 

                私のスクリーンは120インチだがこの明るさなら150インチを使っていて水銀ランプ機で

                暗いと思っているユーザーにはかなりお勧めできる明るさだとも思える。

                DSC03502.JPG

                SDRな従来のBDでもデジタルカメラ(4K)で撮影されたものも745は解像感高く見せてくれる。

                これもやはり野外での撮影シーンで本領を発揮するようでUHDの物と錯覚する時がある。

                 

                 

                ちよっと同じ映像を何度も何度も見過ぎたのでBS4Kが始まるまで目を休めておこうかな。

                 

                | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 09:39 | comments(6) | trackbacks(0) |
                オリエント急行殺人事件/北米盤UHD-BD
                0

                  UHD-BD「レヴェナント」再考。745で見るこの作品の画質はやはり絶品である。

                  チャプター12からラストまでの自然背景の中のサバイバルな超高解像度な趣を

                  堪能してしまう。木々、河の流れ、火の輝き、雪原の純白、山のディティールが

                  素晴らしい。やはりSONYに帰ってきてよかった と 感じる瞬間がそこにある。

                   

                  さて、先日徳島のAV仲間のモトさんに見せてもらった「オリエント急行〜」の

                  UHD/北米盤を入手して見直したのだが、、、とにかく745でこれを見ると

                  「眩しい!」、、そのせいで目が疲れてしまう。

                  DSC03491.JPG

                   

                  レーザーは出力をある程度抑制しなければ眼病につながるかもしれない。

                  この作品 解像感は人一倍だがほとんどCG描写で作られ、脚本も凝った

                  ものでは無く 知らない間に 犯人特定で ポアロの髭だけが印象に

                  残る代物だった。

                   

                  アタリハズレはあるよな。

                   

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 21:38 | comments(9) | trackbacks(0) |
                  帰ってきた
                  0

                    先日の日曜日の午後からの徳島のAV仲間のモトさんとプチオフ会を開いた。

                    DSC03487.JPG

                    もちろんSONYに帰ってきたのがその主旨でありモトさんに持ってきてもらったUHDを中心に

                    光源をレーザーに換えた画像に対する意見交換が楽しかった。

                     

                    この時点でまだまだ設定が定まっておらず中途半端なな物を見ていただいたのだがモトさん

                    にはかなり眩しく見えていたようで私もかなり目が疲れてしまった。

                     

                    特にモトさんが持ってこられたUHD:ジョン・ウイック/チャプター2の坑道での銃撃シーンは

                    かなり暗いシーンなのに「見えない物が見える」とモトさんは感心しておられた。

                     

                    UHD:オリエント急行殺人事件の列車内での金属の輝きやポワロの髭の質感の解像度の凄さや

                    切れるような暗部階調表現はレーザーの成せる業だと感心させられ今までのランプ光源とは

                    完全に異質な表現だし何をおいても奥行き感のある描写はSONYに帰ってきたと実感出来る

                    重要なポイントだろう。

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 10:16 | comments(15) | trackbacks(0) |
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    2627282930  
                    << April 2020 >>
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー
                    SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー (JUGEMレビュー »)
                    渡辺貞夫,ラッセル・フェランテ,ジョン・パティトゥッチ,スティーヴ・ガッド
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + RECOMMEND
                    + SELECTED ENTRIES
                    + RECENT COMMENTS
                    + RECENT TRACKBACK
                    + CATEGORIES
                    + ARCHIVES
                    + カウンター
                    アクセスカウンター
                    + MOBILE
                    qrcode
                    + LINKS
                    + PROFILE