劇空間 徒然模様

OPPO UDP-205
0

    5年間付き合ってたBDP-103&DVDO EDGEからOPPO UDP-205にチェンジした。

     

    DSC03330.JPG

     

    まだエージング中なので派手なコメントは差し控えたいが少し触った感じを書きたい。

    特に映像に関してそう思うのだが実際この本体を使って見て価●コムやAV評論家の評

    価がステマではないのだろうかと感じてしまう。

     

    映像に関しては好みの画が出るようにしようと出力解像度のオートを切ってソース

    ダイレクトに変更した。つまりプレーヤーの4Kアップコン機能で出る画が気に入らない。

    UHD-BDに関して言えばPanasonic DMP-UB90の精細感のある緻密な画を見ていた者と

    しては205のそれは非常に大雑把でしかも輝度レベルの変更項目も少ない。

     

    そういうことでUB90はメディアプレーヤーとしてもこれからも使って行きたいと思う。

     

    UHD-BDはまだいいが肝心のBD再生をちやんとしたいのでHI-VI CASTを引っ張り出してきて

    調整してみたが下の画像の通り数値がガタガタになってしまった。

    DSC03331.JPG

     

     

     

    反面 音の方であるがこちらは頗る気に入ってしまった。一番気に入ったのは2CH再生で

    バランス接続で音を出すときに「位相反転」をプレーヤーでできること。私はアキフェイズ

    のプリアンプを使っているのだがアキフェイズは3番ホットである。今まではこれを修正

    しようと変換プラグを使っていたのだが今回はそんな手間がいらない。

     

    CD再生、USBメモリーからのハイレゾ&DSDファイル再生、SACDと聞いてみたが腰に締まりがあって

    力強く、定位もバランスもスッキリ良好。もう手持ちのトラポとDACはいらないかな?。

     

    ESS Technology社の最新鋭DACチップ「ES9038PRO」の威力はこのプレーヤーの一番の魅力

    と見える。しかもCDにおいては特にDAC単体として使えるし逆にトラポ単体としても使える。

     

    こんなに使いやすくて音がいいのならSACDもこれから買いあさるかも?。

     

    あ、HDMI出力におけるサラウンドの印象も頗る良い!103と比べると微少だがDMP-UB90と

    比べるとUHD-BD再生時のサラウンドに回り込む音情報量が違うしダイナミックレンジ拡大で

    ゴツイ音が唸る!。 DMP-UB90の画が出て205の音が出たらなぁ?。

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | OPPO UDP-205 | 10:00 | comments(6) | trackbacks(0) |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE