劇空間 徒然模様

期待した程では(追記あり)
0

    UHD盤「エイリアン・コブナント」の画質が気に入ってしまいBD盤は持っているのだが

    UHD盤の「プロメテウス」も欲しくなった。海外盤を調べてもこの作品のは結構な価格だった

    が国内ショッピングサイトのタワーレコードを探していると国内盤が40パーセント以上引きで売

    ってたのでポイント消化し無料で手に入れた。

     

    DSC03340.JPG

     

    しかし思ったよりは画質は良くなくこれでは手持ちの通常BD盤とあまり変わらないかも。

    しかしこの作品はグロテスクで気持ち悪いなぁ〜。

     

    さてここの情報が本当ならノーランファンならここにでているすべてのUHD盤を購入せねば

    ならないなぁ。しかしワーナー物は海外盤に日本語字幕は今まで入っていなかったし

    御高い国内盤が出るまで待たないといけないな。

     

     

    追記。>今まで入っていなかったし

     

    これは記憶間違い。ワーナーUK盤なら最近の物は日本語対応は多い。特にバットマンシリー

    ズ以降のノーラン作品は日本語に対応してるし先日買ったワンダーウーマンUK-UHDも

    ワーナー作品だった。なので少し待ってノーラン祭りではUK盤に期待したい。

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:37 | comments(8) | trackbacks(0) |
    ビリー・リンの永遠の一日/SP盤UHD-BD
    0

      術後合併症の右目の調子は良くないのだが海外盤の安いUHD-BDを手に入れることは

      面白い!。ただそれがリアル4Kに近くないと購入する意味も見いだせない。

       

       

      そこで4K/60p で制作された「ビリー・リンの永遠の一日」のスペイン盤

      UHD-BDをアマ以外の別のルートで安く手に入れた。

       

      この作品自体に興味を持ったわけではなく映画初の4K/120fpsで撮影したものを

      4K/60p で再生できる点に注目して手を出した経緯がある。

      DSC03336.JPG

       

      視聴開始からまず驚嘆すべきはその映像が「映画のそれではない」と

      いうところだろうか?。元から60Pで撮影されたものであり24Pな

      映画本来のフィルムライクなそれは 無い。

       

      しかし北米産のドラマの様な雰囲気も全くなくどちらかというと

      4Kカメラで写すドキュメンタリー作品に近い見え方をしている。

       

      シーンによったら「その場でその事象を現に見ている」感じを覚えるものである。

      物語はイラク戦争で英雄として一時帰国した若い兵士の目を通して

      帰国しても自分の居場所はどこにもないんだということで戦場に

      戻る、、というシナリオ、、つまりアメリカ人には理解できても

      それ以外の者は理解しがたい領域を描いている。

       

      このソフトに手を出すのはよほどの 映像マニア なんだろうな?という 感じ。

       

      追記。SP盤には日本語字幕入り

       

      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 19:57 | comments(23) | trackbacks(0) |
      Alien Covenant& Wonder Woman/UK UHD-BD
      0

        本当に久々、UHD-BDを2枚購入した。国内盤は高くて興味がなく当然UK盤だが。

         

        DSC03332.JPG

        この2枚は送料込みで6000円半ばで手に入った。特にエイリアン:コヴェナント は

        北米盤に比べて相当に安いし予定の到着日よりも1週間も早く届いたのでUKアマは

        大好きである!。

         

        昨夜は国内での評価が極悪なエイリアン:コヴェナントを視聴した。

        画質、音質ともにフェイク4Kながら色域拡大とHDRの御陰で申し分のない出来上がり。

         

        個人的に一週間前にBD「プロメテウス」を再視聴していたので物語にすんなり入り込むことが

        できた。コヴェナントは「プロテウス」の続編であるので「プロメテウス」を先に見るのと

        見ていないとでは「エイリアン:コヴェナント」 への評価は天と地ほど違ってしまう。

         

        大体の世評とは違って私は「エイリアン:コヴェナント」の脚本と脚色を高く評価したい。

         

        神格化したエンジニアが作った人類が、これまた神格化し新たに作った命を持たない創造物に

        裏切られる。エンジニアの世界は創造物に滅ぼされ、創造主である人類を超えるために、、創造物

        はどこへ向かうのか?。ラストで無機質な創造物はあの有機質な怪物を「わが子達」と呼んでいた、、

        創造物も神に近付きたかったのか?。何度も見直さないと理解できないSFチックな展開が おもしろい!。

         

        しかしこの筋書きが第一作の「エイリアン」にどう続くのか理解しがたい面も持っている。

         

         

         

        | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
        やっぱりUHD-BDって、、、
        0

          本物とか偽物とか4K-BDに対する批判めいたサイトも登場している。

           

          リアル4K素材で無いのにUHD-BDって、さすがに腹が立つ昨今であるが。

          売れないのか?人気も無いのか?2Kで事が済むのか、、、新作UHD-BDの

          発売の予告が途切れてしまっている。たぶん売れないのだろう。

           

          先日、海外の旅行者が日本に来て驚いたことの中に「レンタルDVD屋」と

          「CD販売」だというバラェティー番組の特集を見た。

           

          海外先進国ではどちらも「昔のこと」らしい、よって日本に旅行に来たら

          それがまだあることに日本の古さを感じるという。

           

          そう海外では「ビデオオンデマンド」が支流になりつつあるのだ。

          まして4KUHD-BDを買うなんて最もガラパゴスならしい。

           

          そんなこんなで私が個人的に今感じることは「4KUHD-BDは売れない」し

          現時点で「まがい物の4KUHD-BD」を掴まされるリスクが大いにある と

          いうことだろうか。それに価格高すぎるのでマニアですら敬遠するだろう。

           

          なら今どういうライフスタイルが一番に賢いかと言うと、、レンタルBDを

          借りて気に入った作品があるのなら間をおいて安くなったセルBDかセルUHD-BDを購入

          することが一番経済的AVライフではないかと思うのだが  どうだろう?。

          | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 19:59 | comments(19) | trackbacks(0) |
          宮古島/UHD-BD
          0

            清水の舞台から飛び降りるつもりで格安の「宮古島/UHD-BD」をゲット!。

             

            MIYAKO1.JPG

            早々に先日の4K/60P再生の設定で再生するも何故か1080Pで再生されているとプレヤー

            側で出てくる。焦りまくって一度535側のHDMIフォーマットをリセットするとちゃんと

            4K/60P&HDRで再生出来た。

             

            MIYAKO2.JPG

            プレーヤーの映像表示でHDRを確認した。うちのHDMI映像ケーブルは3年前に買ったSONY製の

            HDMI2.0と古い物だが関係なしに再生出来ている。新しい物は必要無いように感じるのだが。

             

            ソフト自体の感想だが初っ端に映る宮古島の日の出?の様子の波の煌めきはHDRの効果を強く感じる。

            しかし日中の各ビーチの様子は別にHDRで無くても解像度は高いし発色も綺麗に見えるような気がする。

             

            という事はHDRの効果を強く確認できる映像というのは日中よりも日の暮れ、木漏れ日、夜間の映像

            の物なのではないかとも思った。つまり暗部の中で光る何かを撮影した物の方がリアルに映し出される。

            日中の太陽光を浴びたビーチの様子を映してもその凄さは確認できないようだ。

             

            こういう明るい4K映像を体感したいのならYouTubeに混在する8Kや4Kデモ映像で十分満足できるので

            これほど高額なソフトは必要なのかな?とも感じる。このソフトにはリプレイモードが付いているので

            そもそも業務用に開発された4KHDRソフトなのかとも思われる。

             

             

            さて、今年最後のセル・ブルーレイソフトも到着したからではないがHDRに対する個人的な熱も下がり

            だしたように感じる。これからは高額なUHD-BDは横目で見ながら購入するのなら廉価BDを中心にして

            行きたいと思う。

             

            | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 17:22 | comments(6) | trackbacks(0) |
            OPPO Digital Japan UDP-203試験販売?
            0

              先日話題にしたOPPOのUHD-BDプレーヤーなのだが速い動きがあって

              OPPO Digital Japan の方で日本仕様のUDP-203購入予約が今日の正午

              から始まったので売り場に見に行った。12月末お届け予定。

               

              え?9万円!?、、、高いなぁ!!確か北米仕様は6万円台だったのでそれから

              比べると非常に高く感じるなぁ。

               

              しかも「ご購入に当たっての注意事項:こちらは新製品の試験販売(プレオーダー)」となります、、、

              初期不良があるかも知れません?的な但し書きが書いてある。

               

              価格といいこれはどう考えても人柱用予約販売で個人的には数か月は様子見るということで。

              | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:28 | comments(11) | trackbacks(0) |
              OPPO UDP-203 /4K Ultra HD Blu-ray Disc Player
              0

                今朝、北米のOPPOからOPPO UDP-203の詳細と価格 等を告知するメールが

                届いた。実は数か月前からメール発信の登録をしていたのだ。

                 

                 

                日本円にして6万台であり想像していた価格よりかなり安い。

                 

                 

                だれか人柱になりたい人いますか?。

                | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 09:32 | comments(9) | trackbacks(0) |
                LUCY/UK盤UHD-BD ふたたび!
                0

                  SDRからHDRへの転換を得ていままで見てきたUHD-BDを再度視聴することに

                  なったのだが一番「化けた」ソフトは「LUCY/UK盤」であった!!。

                   

                  lc.JPG

                   

                  購入当初にSDRで見た印象を私はこうブログに綴っていた、、、、。

                   

                  『全編通して「4Kらしさが全く感じられない」という印象を受けた。

                  つまり普通のBDとさして変わらない映像で出来ていた。』

                   

                  そうあの時は確かに普通のBDのアップコン画像的にしか見えなかったのだがHDRで

                  見てその評価の低さは吹っ飛んだ。この作品はあまり暗いシーンは少なくリアリテイが高い

                  明るいシーンが多く「HDR素材」としては優秀。反射する物や空間描写の質感や輝き方

                  は手持ちのUHD-BDの中では3本の指に入ると思う。

                   

                  特に前半部分の台湾のホテルでのシーン:「運び屋のおっさんのサングラスのフレームの輝き」や

                  「朝鮮語を話すボスの部屋の質感、空間描写」それと「ヨハンソンの顔の吹き出物や髪の毛のの質感

                  、輝き方、高解像感」。「モーガン・フリーマンの講演会場の解像感やフリーマンの顔の照り返しや

                  緻密な質感」等等見ていて「おおっ!!」と驚嘆の声が出るほどのSDRからの変わり様が素晴らしい!。

                   

                  HDRで化ける一本!!。

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:39 | comments(4) | trackbacks(0) |
                  ロスト・バケーション/UHD-BD 北米盤
                  0

                    ブラックフライデーの時に北米アマにて注文した日本語対応の「ロスト・バケーション」/

                    UHD-BD が一週間もかからないで昨日到着した。価格は送料込みで3000円程だ。

                     

                    国内盤UHD-BD が5500円以上もするので日本語対応の安い海外盤を探すのも一つの趣味に

                    なってしまっている。こんな御時勢では同じ物ならちよっとでも安く買いたいのは人情だろう。

                     

                    以前アオイトラクターさんに勧められたのだが「パニック物」ということもありあまり

                    興味を示さなかった作品であったがレンタルBDで見た時にBDでもかなりの高画質で

                    あったのでより解像度の高いUHD-BD を買い求めてみた。

                     

                    早速家内と二人で昨夜見たのだがこのソフトのHDRはただものでは無い!!。

                     

                    レンタルBDの4Kアップコンでは見えていなかったのだがそのHDR効果は今年

                    発売されて入手したUHD-BD の中では「レヴェナント」と肩を並べるぐらい

                    驚異的な物を見せられた!。

                     

                    その物とは「波」「波紋」「飛沫」「泡」というように海でないと観られない

                    「輝く自然現象」である。特に波の撮影は突出しており「これほどリアルな

                    波の動き」は今まで映画でも釣りビジョンの録画視聴でも見たことのない画である。

                     

                    私は長く釣りを趣味にしているので海における波や潮目を目にしてきた経験から

                    しても昨夜見た海の情景は「リアルを通りこしている」感じでもある。

                    つまり製作者が意図的にこしらえた画像なのかもしれない。

                     

                    水の陰影描写や諧調表現が豊かなので磯の上でもがく主人公の周辺や波間を漂う

                    シーンの空間描写が奥行き感がありより広々と映し出されているのも素晴らしい!。

                     

                    数種類のカメラを駆使して撮影されているのかいきなり扁平に感じるシーンが

                    僅かに混在するが解像感は置いといて兎に角HDRの威力を目のあたりにするには

                    効果的なソフトだと思う。リアリティが倍増すれば恐怖感も倍増すると感じた。

                     

                    評論家によるとこのソフトのマスターは2Kらしいがソニー・ピクチャーズは「すべて4Kマスタ

                    ーを使ってUHDブルーレイを制作しています」と謳っているのでリマスターされているのかも知れない。

                     

                     

                    それとDMP-UB90の画質設定はなぜか「設定2」できっちりと合った。

                     

                     

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:08 | comments(19) | trackbacks(0) |
                    オデッセイ/UHD-BD 国内盤
                    0

                      夏に手に入れた独逸盤の「オデッセイ」のUHD-BD だが535に変わった後もHDR視聴や

                      各種設定に使うリファレンスソフトになって大変重宝している。

                       

                      この作品、コントラストの表現も素晴らしいのだが全編「光る物」「輝く物」が多数

                      描かれてい。宇宙服のヘルメットのバイザー、帰還用ポッドの金属、ソーラー発電パネル 

                      、探査用ビークル等等HDR化を感じさせてくれる物やシーンが数多い。

                       

                      4K高解像度とHDR、そして色域の拡大化は500ESのSDRを凌駕していることは間違いなく

                      それとともに535のコントラスト設定の自由度の幅の拡大はHDRの持つ空間描写の拡張

                      を目のあたりにするといっても過言ではないと思う。

                       

                      何気なく試聴していても「おおっ!」という言葉が独りでに出てしまうシーンに出合えるのが

                      楽しい。

                       

                      そんな「オデッセイ」の独逸盤なのだが残念なことに日本語に対応していない。レンタルBDを観て

                      ストーリーの内容は把握しているつもりでもこんなに美しい画像を観ているとやはりセリフの内容を

                      日本語で理解したくなるのは人情である。

                       

                      そこで迷いに迷ったあげく結局、個人的には超高価な国内盤に手を出してしまった。

                      mar.JPG

                       

                      これで日本語字幕で話を追える、、と思っていたのだがこの国内盤と独逸盤の画質が余りにも違うのだ。

                       

                      つまり独逸盤より画質が劣って見えるのだ、、へ?何で?あらあらどうしょう?高かったのに!。

                      日本語字幕の輝度が高すぎて画像に影響しているのかと思い字幕を消して視聴しても物足りない。

                      535側のコントラスト(HDR)の値を触っても独逸盤のように切れ切れ、パリパリ、ピカピカな画は

                      出てこないのでパナのプレーヤ側に作ってある「国内盤パシフィックリム」用の「設定2」に変えてみると

                      あらま?割と行けるようになった!。

                       

                      DVD時代に北米盤と国内盤では黒レベルが違う、、とかいう定説があったのだがUHD-BD でも同じように

                      国によって明るさや黒レベルの差が出てくるのだろうか?。はたまた日本国内盤だけ他国とは違うショボイ

                      マスターで作られているのだろうか?。

                       

                      後者なら「くそ高い銭かえせ〜!」と叫びたいのは私だけだろうか?。うん?なら「独逸盤UHD-BD パシフィックリム」

                      なら今手元にある国内盤より画質が良くなるのだろうか?。これも確かめなくてはいけないのか?。

                      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE