劇空間 徒然模様

フォードvsフェラーリ /北米盤UHD-BD
0

    かなり高評価だったので北米から取り寄せて見た。

    DSC03727.JPG

     

    国内盤の発売はまだまだ先だが価格はそれとは500円ほどしか違わなかったのが

    残念。北米でもこの作品のこれはやや高価である。

     

    主役級の2大有名俳優共演とあって力の入った脚本だが最後まで見てみると

    当時のフォードの経営陣をかなり批判したお話になっているとは知らなんだ。

     

    デジタルDIは2Kらしいので彫り込むような高精細感はないがHDRを含めた画質調整

    に手こずるということは無く見やすい画質。

     

    アトモス効果も相まって自室がルマンのレース会場となる。モータースポーツが

    華々しく進化をしようとしていた時代のアナログライクな実話である。

     

    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 08:26 | comments(4) | - |
    ブラックホークダウン/北米盤UHD-BD
    0

      国内盤のUHDの価格は高い!高すぎる!!ので買えない。

      ということで北米盤のブラックホークダウンのUHDが届いた。

      価格は送料込みで2300円ほどであった、、字幕はないけれど安い。

      DSC03723.JPG

       

      このソフトは国内盤には入っていないDTS-HD MA5.1chが入っていたのでそれから聞いてみたのだが

      やはりアトモスにはサラウンド的には劣る。しかし画質なのであるが国内盤と同じシーンを字幕なしで

      比較すると北米盤の方が見通しが良く黒潰れが少ない。

       

      戦闘ヘリ群が海岸の上を通過するシーンでは海の青の色が国内盤より綺麗なのも目につく。

       

      この北米盤の発売元はSONYであるのだが国内盤はパラマウントであるので製造過程の相違が

      出てくるのかもしれない。アトモスの音質、音量は変わりが無いがこれから見るのだったら

      国内盤よりも北米盤になりそうな気がする。

       

       

       

      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 09:07 | comments(4) | - |
      ブラックホークダウン/国内盤UHD-BD
      0

        モモンガさんのブログを拝見している際にブラックホークダウンのUHDのソフトの画像が

        とても気になっていた。このソフトはここでも特に評判がいいからだ。

         

        しかし国内盤は6000円以上もする高価な物で中々手が出せる代物ではない。

        この作品はBDだと1000円程で手に入ることもあっては余計に敬遠気味になる。

        北米盤のUHDは送料込みで2300円ほどなので1000円の国内盤BDでセリフを

        予習して安い北米盤を購入することにした。

        DSC03721.JPG

         

        しかし、それがいけなかった。この1000円のBDの特典には貴重なメイキング

        映像が収録されておりこの作品の制作にあたった俳優やロケ現場や特殊映像効果

        のスタッフの熱い思いが語られておりこれらを見ているとやはり日本語字幕が

        付いている国内盤UHDが直ぐにどうしても欲しくなって買ってしまった。

         

        DSC03722.JPG

         

        2002年に公開された本作品には今では主役級の俳優達の若いころの映像を

        垣間見ることができる。ユアン・マクレガーやオーランド・ブルーム、

        そして悪役もこなすトム・ハーディ。トム・ハーディについてはどこに

        出ているのか解からず探し回ってようやく見つけた、、みんな若い頃の作品

        なので表情が初々しい。で!このおっちゃんどこかで見たな?と思ってたら

        プライベートライアンで世界の土を集める軍曹役だったトム・サイズモアで

        同じように頼れる軍人役をこなしていた。そして音楽はハンス・ジマーが

        手がけているのも素晴らしく興味深い。もしBD盤を持っているなら特典映像から

        見ることをお勧めしたい。

         

         

        素のBD(PCM5.1)を見てからすぐにアトモスなUHDを体験したのでその良さは良く解かる。

         

        結論から言うと6000円出してもこのサラウンドと超高解像度の映像の体感は高くない

        ということだろう。この作品はほとんどのシーンが激しい市街戦で成り立って

        おり上空のヘリのローター音うんぬんよりも一塊に言って「自室が強烈に戦場になる」

        というイメージである。もう18年前の作品なのにUHD化に際してサウンド

        構築を一から組みなおしてとてつもなく強烈なSE(サウンドエフェクト)群

        を研ぎ澄まさしたように感じる。このサラウンドを体感するだけでも

        6000円出してもいいのではないかとしたも思う。

         

        来月初めに本作の北米盤のUHDが届くはずでこれには国内盤にはない

        DTS-HD MA5.1chが入っている。これとアトモスを対比するのも興味深い。

         

         

        sony 745使いの方はリアリティクリエーション内のDFオプティマイザーと

        本ソフトの相性からジラツキが出るのでオフの方が安定した画像が得られるかと思う。

         

         

         

        | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:59 | comments(6) | - |
        スーパーマン劇場版/北米盤4K UHD
        0

          DSC03699.JPG

           

          スーパーマンと言えば我々昭和30年初頭に生まれた者にとっては思い入れが大きい。

           

          スーパーマンを最初に見たのは1960年代初めの幼児の頃で小さなブラウン管の

          モノクロ映像の中でビルの窓から飛び立つ勇姿を子供ながらにワクワクしながら

          見た記憶がある。そう、僕らのヒーローの原点である。

           

          1979年にドナー監督作品の劇場版を見た時は大画面の中で人が空を飛ぶ姿を

          当時最先端だった視覚効果技術を使って見せてもらった時は個人的にぶっ飛んだ

          思い出がある。劇場には4度足を運んだ記憶があり実のところを言うとAV趣味を

          始めたのもこの作品をどうしても自宅で見れるようにしたかったからである。

           

          数年後北米盤のビデオが出たのを知ったが1980年初頭はレコードの時代で

          まだLPレンタル店もなかった。しかしどうしても見たかったので取扱店から

          しかも高額有料で借り自宅の中古のビクターVHSプレーヤーの初号機で再生して

          満足していた思い出、、、当時はモノーラルで画質は最低、、画面は

          家内の花嫁道具の14インチのブラウン管テレビ、、これが私のAV始めであった。

           

           

          その後40年間現在まで新しいメディア媒体が出現するたびにこの作品の再現性の

          進化を見続けてきたわけだが4Kの出来上がりは2K並だろうと高を括って

          発売されても手を出さなかったのだがアトモス化に少し興味を持って

          今回北米からUHDを取り寄せた。

           

          結論から先に言うと「凄く素晴らしい!!」、ファンはこれは買わなければいけない!!。

           

          画質:35mmから仕上げた4K HDR。画面全体の輝度は低く少し暗く感じるが宇宙空間の

          星、クリプトン人の衣装、金属、俳優の瞳の輝き等はHDR化の本領発揮。全編を通して

          解像度が上がったせいで精細感の向上が著しく今まで「見えなかったものが見える

          ようになっている」。しかし色域の拡大による効果はあまり感じられないのは

          作品が古いせいだろうと思う。

           

          音質:画質もいいがダントツにいいのはアトモス化によるサラウンドの進化。例えば

          惑星クリプトンが崩壊する際に赤ん坊を乗せたクリスタルポッドの上部から地震の

          影響で物が崩れるシーンでトップSPから音が出ているのが感じられる。また

          惑星クリプトンが爆発するSEは重低音と噴出音の重なり合いのパワーが凄まじく

          思わず声を上げてしまった。アトモス化効果は最終まで続くので楽しい。

           

          前半はシリアスに後半は恋の三角関係をユーモラスに映像化したリチャード・ドナー監督の

          手腕が冴えわたり歴代俳優の中で個人的に最もスーパーマン&クラーク・ケントにふさわしい

          と思っている亡きクリストファー・リーブの透明感と誠実感あふれる勇姿と演技力が好きで

          何千回(うそ)と繰り返しこの作品を見続けてきた者だから4K化&アトモス化の成功を理解でき

          るし心から賞賛したいソフトである。

           

          今回サラウンドは再構築して作られたように思うし字幕のセリフもBD以前の物と別である。

          4K HDRのこのソフトの出現で私の長い長いAVの旅も達成されたといって過言ではない。

           

           

          | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:15 | comments(8) | trackbacks(0) |
          Alita: Battle Angel/北米盤UHD-BD
          0

            ほんとうにUHDで良い物が発売されない今日この頃、、やる気がないのだろう。

            この数週間の間まったくプレーヤーの電源は入れなかったのも新作が無いためかも。

             

            そんな中評判のいいキャメロン監督肝入りのAlita: Battle Angelを北米アマから取り寄せた。

            DSC03558.JPG

             

            結論から書いてしまうと個人的には?な作品だった。

            アトモス効果はある程度評価出来ても画は4KでなくBDでも十分な物かと思われる。

             

            全編暗い背景と「人」を殺しまくる設定、また主人公が何のために戦うことに執着

            しつづけるかの説明が曖昧、主人公の正義が曖昧で登場人物のキャラ設定も曖昧に

            感じられたことが残念だな。

             

            主人公が急に強くなる辺りはキャプテンマーベルを彷彿として好きではないな。

             

            原作を読んでいればこの辺は良く解かったと思われるがストーリーも脚色もあまりにも

            速い作風だし戦場が高速でコロコロ変わるし相手も変わるしで、、あと あの大きな

            目はキャメロン肝いりでああやったらしいが個人的には違和感を覚える。

             

            続編がありそうだがもう見ないと思うしレンタルBDでもよかったな と後悔。

            | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 17:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
            アクアマン/北米盤 UHD-BD
            0

              3700円まで価格が下がったので国内アマにて北米盤を購入。

              当初買うつもりはなかったが映像、音響ともに評価

              いいし国内ならすぐ着くしで買ってみた。

               

              この作品はリアル4Kでは無いのだがHDRの恩恵とアスペクトがビスタなのもあってか

              非常に高精細な佇まいであり特筆はアトモスサラウンドから来る重低音が凄い!。

              そのためうちの右側のSWの上に飾ってあるジプシーデンジャーが振動でコケてしまった。

               

              全編金属音などのSEは少ないが低域が唸りまわる!!これだけでも買って正解だった。

               

              シナリオも単純明快で解かりやすく主人公の俳優が無名なのをベテランの脇役陣がサポー

              トしているみたいだ。ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン、 ニコール・キッドマン。

               

              父親役の俳優をどこかで観たぞ〜と思っていたらSWのジャンゴ・フェット、、バーティカルリミット

              でのパキスタン軍のヘリコプターのパイロット役をやっていた役者さん。

               

              特筆は主人公を助ける王女の綺麗な事!!人間離れしているキャスティング!!。

              主役の容姿がモッサイので余計に引き立つ存在。

               

              ああ!キャプテン・マーベルよりも10倍ぐらい面白かった。

              | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 15:56 | comments(8) | trackbacks(0) |
              Captain America: 3-Movie Collection/UK盤UHD-BD
              0

                5000円少々で3本立てだったので英国より取り寄せた。

                DSC03556.JPG

                 

                狙いは画質よりもDolby Atmos化されたサラウンドを聞きたいため。

                 

                しかし現在映像を見る時間もないくらい体力疲労が激しい。

                あと一日で田植えは終わるのだが。

                | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 07:21 | comments(8) | trackbacks(0) |
                Alien 40th Anniversary/北米盤UHD-BD
                0

                  田植えの作業は後半に差し掛かかったが休む日も無く疲労だけが

                  蓄積していく。10連休が始まったばかりの時に外耳炎になってしまい

                  耳鳴りが治らなくなり休日診療当番の耳鼻科で難なく治療が出来て

                  それから一週間以上経って炎症も症状も良くなった。

                   

                  連休の時に治療してくれるお医者さんは本当に助かる。

                  しかし、当日はこの耳鼻科、午前中は超満員で午後からの

                  治療に再度訪れてやっと診察してもらえた。令和元日早々に、、、。

                   

                  DSC03555.JPG

                   


                  さて、北米からAlien 40th Anniversaryが届いた。40年?。

                  エイリアンを初めて見たのは21歳の学生時代の夏 京都の祇園会館

                  で家内とのデートの時だった。

                   

                  学生ばかり超満員で座席が無く最前列の席でスクリーン直近で映像が

                  良く解からないままに見せられた記憶が未だに残っている。

                   

                  エアコンも入っていなくて暑かったな〜。

                  40年たった今 ちゃんとした物を見せてもらおうか?。

                  北米での評価を待って購入したので手にするのが遅くなった。

                   


                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:09 | comments(4) | trackbacks(0) |
                  ボヘミアン・ラプソディ /北米盤UHD-BD
                  0

                    長かった冬の収穫を今シーズンは2月末で終えた。さぁ 春を

                    満喫しよう。

                     

                    「泣く」「泣く」との評判いい「ボヘミアン・ラプソディ」を

                    個人輸入ではなく今回はオークションで素早く手に入れた。

                    DSC03542.JPG

                     

                    クーポンとポイントを使うと3000円台で手に入り北米アマで買うのと

                    同じ金額で手に入った が 本当に「泣ける」ソフトなのだろうか?

                     

                    伝説のロックシンガー フレディ・マーキユリーの半生を描いた本作品。

                     

                    ロックグループのクイーンをよく知らない私だったが でも でも、、、

                    あるシーンで涙腺が緩む 緩む 緩む、、、なんで???。

                     

                    脚本の勝利!!不治の病に侵されていてもそれを正直に受け入れて

                    ロックンローラーとして前向きに「生きる!」意味を 歌い続ける 

                    彼の姿に共感する拍手は鳴りやまない のだ。 

                     

                    すばらしい!!。

                     

                     

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 17:40 | comments(6) | trackbacks(0) |
                    世界自然遺産 小笠原/UHD-BD
                    0

                      収穫中に水に濡れて体が冷えたのがいけなかったのか風邪をひいてしまった。

                      軽い風邪だけれど体はしんどくボーッとしている。

                       

                      年末に行われるはずだったパナのBS4Kチューナーの録画機能バージョン

                      アップが来年の3月末まで延期になったことで意気消沈。ユーザーはみんな

                      怒っていると思う。リアルタイム視聴をどれだけの人がするのか。放送視聴

                      は受け身の体制、VODの時代にこういう姿勢自体が古臭いしは延期や未定と

                      軽々しい言葉を出してくる業界の物づくりに対する責任感と信用が問われる

                      時代になってしまった。

                       

                      さて、今年最後の購入ソフトの「世界自然遺産 小笠原」が届いた。

                      DSC03516.JPG

                       

                      今回のソフトは「宮古島」の60Pとは違う3840×2160/24Pで出来ていてオリジナル

                      解像度の8Kから4Kへダウンコンバートされているシーンが混在する。

                       

                      撮影技術が進歩し24Pで動くので「宮古島」の時のような速いカメラの動きの時の

                      ざわつきがないのが特徴。特筆はサラウンド音声のLinear PCM 5.1ch 96kHz 24bit

                      の出来が良くてかなりの臨場感が楽しめる。

                       

                      解像度感的には静的な植物や岩肌、自然景観を8Kカメラで撮影しているシーンが素晴らしい。

                       

                      こういう映像は私のようにいつも地方の自然と向き合っている人間が見るよりも日頃コンクリー

                      トや人込みの喧騒の中でストレスに曝されて都会生活されている人が見る方がひと時リラックス

                      出来て価値があるのではないかと思ってしまう。美しい景色や海中の生き物を見ながらボーッと

                      するのには絶好のソフトだと思った。

                       

                      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:31 | comments(14) | trackbacks(0) |
                      Matrix Reloaded/北米盤UHD-BD
                      0

                        うちのセンターとリアスピーカーのパワーを受け持つ6Chデジタルマルチパワー

                        アンプのAccuphase PX-650の右側から高域ノイズが出だしたので急遽

                        修理に出したのだが一週間が過ぎても Accuphaseのサービスからは音さたが

                        無いまま。このパワーアンプはブリッジ接続で3Chにして13年も使っていて今ま

                        でに2回修理に出している。今回もちゃんと治ってくるのか少し不安である。

                         

                         

                        そんな中 北米アマからMatrix Reloadedの4Kが到着した。

                        DSC03513.JPG

                         

                        画質、音質とも満点を取る出来だというので購入に及んだのだがアトモス狙いの感が

                        強かった。考えたらDVDの時代からこの作品には魅せられているのだがその魅力の

                        ほとんどがサラウンドの出来が良いからであった。このソフトは日本語に対応している。

                         

                        封を切って直ぐにでも視聴したいのだがPX-650が修理から戻るまでそれは待ちたいと
                        思う。現在センターとリアのパワーはパイのAVアンプLX59内蔵のパワーアンプ部を
                        非常用に使っているのだがサラウンドを楽しむのにはそれらはちよっと役不足である。

                         

                         

                        | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
                        2001: A Space Odyssey/UK盤UHD-BD(追記あり)
                        0

                          「2001年宇宙の旅」のUK盤UHD-BDが届いたので視聴した。

                           

                          DSC03498.JPG

                           

                          日本語吹き替え、日本語字幕に対応しており映像的にも目を見張るものがある。

                          今回745のHDRオートを切ってHDRリファレンスモードを初めて使ってみた。

                           

                          兎に角今回のソフトはHDRの特性に頼る部分が多くモノリスを照らすライトが

                          眩しい!。人の顔にもノイズが乗る兆候が見られたのだがHDRリファレンスモード

                          に切り替えると余分な眩しさが抑えられて映画的には見やすくなった。

                           

                          ただ宇宙空間のシーンでの星々の輝きは後退するように感じた。

                           

                          最初からHDRのこういうことを調整して見せてくれる何か ないかな?。

                           

                           

                           

                          追記

                          あらら?国内盤は都合により一か月発売延期だそうで、、なぜ 何が?。

                          まさかBS 8Kの放送の時期を意識しての発売延期かもしれないね?。

                           

                          こんな御古い作品に何の遠慮があるのか知らないけれど。

                          もうリアルは2018を終わろうとしている時期に。

                           

                          なら発売済みで配送が速いUK盤がお手軽でっせ〜

                          | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:50 | comments(11) | trackbacks(0) |
                          Dunkirk /UHD-BD:北米盤
                          0

                            ここを見ているとかなりの画質が期待できるのでUHDを今更 買ってみた。

                            DSC03489.JPG

                            実はこの作品は地元のイオンシネマで観た経験がありあまりにもお粗末な画質と音質で

                            あったがために今までセルディスクは買わないでいた。ノーラン祭りの際に買って見た

                            UHDの画質も落胆させられるものばかりだったので尚の事敬遠していた経緯がある。

                             

                            しかしこのディスクは先日のオフ会に間に合っていればと後悔させるほどのコントラスト

                            と超解像感を体感出来る要素を持ち合わせていた。まさにレーザーで見るのにはとっておきの

                            16:9アスペクトのパートで最初から目が覚める明るさとリアルな超解像体験。驚嘆!。

                             

                            5.1chだが恐ろしい爆撃音と金属が擦れるSEの数々、、最近パイのAVプリも絶好調!。

                             

                            | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:15 | comments(6) | trackbacks(0) |
                            Mission: Impossible 3 /北米盤UHD-BD
                            0

                              関西のとんでもない台風被害の後は北海道で大地震の被害。連日連続する天災には

                              何か意味があるようにも思えてきて恐ろしい。

                               

                              さて、アオイトラクターさんのお勧めで日本語対応しているMission: Impossible 3

                              のウルトラHDを取り寄せて見た。関空が閉鎖されているのによく無事に到着したな

                              と思ってよく見たら千葉から送られてきたものだった。

                              DSC03474.JPG

                               

                              Mission: Impossible 3 を選んだのはドルビーデジタル5.1chからトルーHDに唯一換えられた

                              作品だったからだった。

                               

                              この作品は昔 HD-DVDで買ったことがあって今もそれを所有している。

                              DSC03475.JPG

                               

                              この音声はロッシーなドルデジプラスで収録されていたようだ。

                               

                              視聴して見たが当然映像も音声も安定しており買って良かったと

                              思わせる、、値段も国内盤と比べると1000円安くなっている。

                               

                               

                               

                              | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
                              ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー/UK盤UHD-BD
                              0

                                私が初めて劇場でSWのEP4を見たときは日本語吹き替えでハンソロの吹き替えを森本レオ氏が

                                担当していたことを今でも覚えている。あまり見たくはなかったのだが家内が是非というので

                                仕方なく京都の新京極の劇場に足を運んだのだった。大学生の時である。

                                 

                                そのハンソロのソロ作品が出て英国製UHD-BDは日本語対応らしい。

                                 

                                値段がリーズナブルかは確認できないが国内盤が御高かったらハンソロのファンは是非。

                                 

                                 

                                | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
                                   1234
                                567891011
                                12131415161718
                                19202122232425
                                2627282930  
                                << April 2020 >>
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー
                                SADAO 2019 ライヴ・アット・ブルーノート・トーキョー (JUGEMレビュー »)
                                渡辺貞夫,ラッセル・フェランテ,ジョン・パティトゥッチ,スティーヴ・ガッド
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + RECOMMEND
                                + SELECTED ENTRIES
                                + RECENT COMMENTS
                                + RECENT TRACKBACK
                                + CATEGORIES
                                + ARCHIVES
                                + カウンター
                                アクセスカウンター
                                + MOBILE
                                qrcode
                                + LINKS
                                + PROFILE