劇空間 徒然模様

OPPO BDP-103 Blu-ray Player導入
0
    OPPO BDP-103を北米で購入し到着、その後機体の調整等時間がかかったがエージングも進
    みやっと落ち着いてきたようなので少し書いて見たいと思う。
     
    このプレーヤーを購入した最大のきっかけはSONY VPL-VW95ESの3D再生を
     もっと向上させたいという願望があった。私はプレーヤーは国内パナのDMP-BDT110
    映像プロセッサーはEDGE GREENを使って2Dも3Dも楽しんでいるのだが2Dは満足が
    いける領域にあるがどうしても3D再生に不満が残っていた。その一因はEDGEの持つ
    最大の特徴のエハンス機能が3Dでは使えなくなると言うところにあると思う。
    それと不満を覚えるのは2Dは別として1000ES使用時にリアリテイクリエーションが
    補正する3Dの高精細感に大そう驚きを隠せぬまま使っていたからである。

    1000ESを手放して後悔しているのは3Dの高画質再現を手放してしまったことだけであるが。

    95ESでもあの 質感向上 が体感できる手段はないのだろうかと高性能プロセッサーを積む
    最新北米産プレーヤーに今年は何台も手を出してしまった が そのいずれも私の欲求を
    満たしてくれるものは無かった。


    OPPO new5.JPG




    OPPO new1.JPG

     

    OPPO new3.JPG




    OPPO B.JPG



    OPPO A.JPG



    BDP-103が到着してすぐにパワーケーブルをプロケーブル製のベルデン、マリンコ非メッキ
    に使用した、落ち着いたらもう少し信頼がおけるケーブルに差し替えるのも有かなと思って
    いる。当然銘柄はキャメロットテクノロジー製ではあるが。プレーヤーと同じ価格帯になって
    しまうが 腐る物 ではないので投資価値はあるだろう。

    ボディーや操作面について気に入った事を箇条書きで。
    ●まずリモコンが自照式であるのが助かる。ホームシアター環境を意識して作られた
    ことを感じてしまう、また再生時にリモコンからセットアップに入ることが出来るのも
    気に入った。国内製だと停止してからでないと各種設定が出来ないのに。
    ●ボデイーは約5kgの金属製のブラック、重厚で頑丈な面持ちは信頼性が伺える
    デザインである。
    ●試に昔WOWOW録画したお気に入りのバーティカルリミットのBD-Rを再生すると
    ちゃんと音声はAAC5.1Chで再生できた。AVプリアンプ側でもAAC5.1Chを
    表示している。これは楽しみだ。
    ●ネットワークオーディオプレーヤーとしても使えると言うので最近ゴミになっていた
    NASをLAN接続して同軸ケーブルでノースターのDACで再生してみると結構良い
    音質、しかしスクリーンを降ろしたまま音楽は聞きたくないので使うのならHDMI経由
    で小型のモニターを手元に置いてリモコン操作で何とか使えるかなと考えてもみた。
    ●ディスクの読み込みが所有歴代1高速、だが固まってしまう時が稀にあった。

    他にもいろいろとあるのだが次の機会にぼちぼち書きたい。

    画質を語る前に少し厄介な事を書いておきたい。
    OPPO BDP-103はHDMI 2本出しなので当然映像をEDGEに音声をAVプリに
    繋いで視聴していたのだがダイアログ調整機能も働かないままセリフと映像が
    ずれるのだ、アナログマルチ出力で出してもずれる。LX91使用時にもこのような
    現象はたまに遭遇していたので こんな物か と感じたわけであるが、何とかしなければ。
    で思いついたのはOPPO BDP-103からHDMI一本出しでEDGE側で映像と音声とを
    分けて出すのだこうすると少々音質面の情報量の損失は出る可能性があるかもしれないが
    セリフと映像はちゃんと合うようになった。
    2D再生での音質と画質。
    ここからはEDGEを挟んでの感想となるのだが一言でいうと「重厚でコッテリした色乗りの
    良い画」が出たり 出なかったりである。大事な所は 出たり出なかったり というところ
    だろうか。これはエージングの過程での検証なのでこういう現象なのかそれとも 中途
    半端な画作りがこの機の特徴なのかは今現在では不明である。
    音質に付いてはHDMIでの感想に成るが 及第点 ではなかろうか。

    それで問題の3D再生能力だが、これもEDGEを介しての感想に成るのだが
    かなり興奮するほど 質感上昇と立体感が増した。
    アバター3Dで述べると、、
    ●まずジェイクがハイパースリープから醒めてから映し出されるカプセルの奥行きが
    手前方向に空間描写されている。
    ●シャトルのコクピットに二人のパイロット。天井や窓側の機器類、コンソールが手前
    方向に空間描写されているがその奥行き感が顕著。
    ●ジェイクが森に迷い木の上に隠れているネイティリ、彼らの周りに群生するこのシダ系
    植物の覆いかぶさる様の立体感と質感、精細感が顕著に感じられる。
    ネイティリが弓を引こうとするが矢先に止まる森の精の質感描写とネイティリの精細感
    のある表情と描写が素晴らしい。
    ●ジェイクがハイエナのような群に襲われかける、ハイエナの野生の質感、低い位置から
    暗い森の中を地面すれすれに撮るカメラワークのリアリティと暗部諧調表現が素晴らしい。
    ●森に飛ぶ夜光虫が異常に多く その動きが良く見える、これもいい。
    ●倒木の橋の上で森の精に囲まれるジェイク、森の精の細部まで描こうとする表現力、
    後少しこれを極めるにはプロジェクターの工学系の部品、特にレンズに良い物があれば
    1000ESのそれまで辿りつけるだろう。プレヤー内のプロセッサーでここまで表現できる
    のはBDP-103が乗せているMarvell's Kyoto-G2H video processor の効果だ
    ろうか、いかんせんこれまでの北米パナや北米SONY製の3Dの表現力とは格が違う。

    ここまで解った時点でEDGEを外した BDP-103独自の2Dと3Dの画を同じシーンで
    見てみた。当然ながら2Dに関しては描写能力低下が起こりきっちり見えていたオブジェが
    「ボケて見える」。高性能なプロセッサーを乗せいてるので単独でも頑張れるのでは?と
    思ったがだめだった。やはりEDGEは必需品である。

    驚いたのは単独の3D再生である。というのもEDGEでは3D信号をスルーしてしまうので
    何の影響力も無いと思っていたのに単独で観るアバター3Dのそれは 「硬さを無くしてしまい
    特徴のない3D再現力」であった。スルーしてしまうと言ってもEDGE側ではいくつかの調整
    項目が働いているのだと想像する。

    どちらにしても BDP-103を使うのならEDGE GREENは必需品だと確信した。
    ただし再確認するためにも EDGE側でHDMIを2本出しすることを忘れては
    いけないのだ。


    11/12夜 追伸。
    前述のEDGEからのHDMIの2本出しでないとセリフと画像が一致しない点だが
    その後この設定ではあまりにも機体の動作がおかしいためにいろいろいじってみた
    結果、103側で1080/24P設定をオンにせず1080/60Pで出力しEDGE側で
    1080/24Pに変換すれば103側でHDMIの2本だしにしてもダイアログが正常に
    一致することが判明した。このままで様子をみたいと思う。
    | モリヤン(プログの管理者) | OPPO BDP-103 | 15:41 | comments(24) | trackbacks(0) |
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + カウンター
    アクセスカウンター
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE