劇空間 徒然模様

徒然に
0

    もう寒くて釣れないと諦めていた釣りに熱中していて連日AVの方は疎かにしていた。

    この年になるとインとアウト、2つの趣味を持っているぐらいが丁度いいと思う。

     

    さてまず、個人的には違和感を隠せないが535を疑似天吊りから床置きに変更した。

     

    ★アフター

    DSC03344.JPG

     

     

    ★ビフォー

    20150320_1596547.jpg

     

    ●535のランプ輝度低下によりフリッカーが気になりだしたので治らないか色々やってみた。

     

    電源を換えたりケーブルを換えたり本体を床に下ろしたりしたのだが体力の低下か天吊り状態で

    本体の上げ下げはきつい作業になってしまったのでこの際「ポン置き」で楽に暮らしたい気分に

    なった。ランプ「低」で発生する535のフリッカーだが電源は古いダウントランスから摂っていた

    のが悪かったのか別の壁コンセントから摂るようになると収まってしまった。念のためプレーヤーの

    OPPO205もダウントランスを電源にするのを止めた。

     

    相性が悪いのかそれともダウントランスも新しい物に買い替えなければいけないのかなぁ。

     

    ●来月発売予定のノーラン監督作品群の4K UHD-BDは楽しみにしているのだが素材は全て

    リアル4Kらしいのでノーランフアン以外も期待して欲しい。小耳に挟んだのだが

    リドリースコット監督作品の「グラディエーター」もリアル4KのUHD-BDで出る

    らしい。これらのことから来年は往年の人気作品やアカデミー賞作品がリアル4KUHD-BDで

    どんどこ出てくる予感がする。

     

    ●VW745の話題が全然出てこない。視聴会の話も聞かないし某ショップも前に出してこない。

    価格が価格だし手が出しにくいので他社が先行している感は否めない。ここを読んだのだが

    個人的にもあまり魅力を感じないしこんな高価なものでレーザー光源不具合品を掴んでしまったら

    不愉快な思いをするのは目に見えている。VW745の魅力はHDRと長寿命光源らしい。もし欲しいなら

    初期ロットではなく落ち着いてバクを出して修正仕込んだ完了品になってからでも遅くないと思う。

     

     

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | AV機器 | 16:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
    期待した程では(追記あり)
    0

      UHD盤「エイリアン・コブナント」の画質が気に入ってしまいBD盤は持っているのだが

      UHD盤の「プロメテウス」も欲しくなった。海外盤を調べてもこの作品のは結構な価格だった

      が国内ショッピングサイトのタワーレコードを探していると国内盤が40パーセント以上引きで売

      ってたのでポイント消化し無料で手に入れた。

       

      DSC03340.JPG

       

      しかし思ったよりは画質は良くなくこれでは手持ちの通常BD盤とあまり変わらないかも。

      しかしこの作品はグロテスクで気持ち悪いなぁ〜。

       

      さてここの情報が本当ならノーランファンならここにでているすべてのUHD盤を購入せねば

      ならないなぁ。しかしワーナー物は海外盤に日本語字幕は今まで入っていなかったし

      御高い国内盤が出るまで待たないといけないな。

       

       

      追記。>今まで入っていなかったし

       

      これは記憶間違い。ワーナーUK盤なら最近の物は日本語対応は多い。特にバットマンシリー

      ズ以降のノーラン作品は日本語に対応してるし先日買ったワンダーウーマンUK-UHDも

      ワーナー作品だった。なので少し待ってノーラン祭りではUK盤に期待したい。

       

       

      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:37 | comments(8) | trackbacks(0) |
      毎日何かが届く
      0

        晴れる日が続き冬物野菜の苗の移植を再開しているが急に始めると体に

        堪える。田を耕し畝をこしらえるが排水溝は小型重機で作るので体力もいる。

         

        さて、535のランプも新しい物に交換、205のエージングも出来て気を良くして

        ソフトの購入に余念が無い。

         

        昨日届いたのはジャスティスリーグのバットマン役で有名なベン・ アフレックの初映画監督作品

        の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」。廉価盤が出たら購入しようと以前か狙っていたのだが

        なかなか値が下がらなかった本作。私の廉価とは1000円台を言うのだが2000円より安くならない。

         

        先日、国内アマで何気なく見ていると「中古 良品」が1000円で売っていた。しかも中古ながら

        発送はアマゾンが送料無料でし配達時間指定も出来る。と言うので即プチった、、こういう

        チャンスは中々ないからだ。

        DSC03338.JPG

         

        実に評価の高いこの作品、幼児誘拐事件の捜査依頼を受けた若い私立探偵

        の目を通して誘拐に隠されたヒューマニズムと探偵の仕事における「ルール」

        とが正面対立する物語。シナリオも脚色も傑作で登場人物の一挙一動作が映画の

        中で生き生きして見えるのは演出の良さとベテラン俳優の起用が効いているのだとも

        言える。

        | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 16:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
        手元に来るまで数か月が
        0

          Amazon プライムビデオは便利なVODだが音質が今一?。

           

          以下のBDソフトを手に入れるまでに数か月がかかった。注文してももったいないと後悔していた。

          DSC03337.JPG

           

          どちらも廉価価格のソフトである、ザ、タウンは1000円以下でボーンは1300円台。

          こんなに評価の高い作品が くそ安い のにいつまでたっても購入に至らなかった。

           

          購入手続きに至って完了するのにキャンセルばかり、、それもが数回行われた。

           

          先日Amazon プライムビデオで「ジェイソン・ボーン」を視聴したのだがやはり気に入らない。

          問題は音声、、つまりサラウンドが安いっぽい。やはり映画は音も命なのだ!。

           

          ザ、タウンおよびジェイソン・ボーンも脚本の生きた素晴らしい作品なのであるが

          こんなに価格が廉価しているうちに手に入れなければ後々悔しい思いをするのは歴然。

           

          やはり手に入れたジェイソンボーンのロスレスサラウンドはプライムの薄っぺらい

          音声とは別物だしザ、タウンの映像も素晴らしい。

           

          安いうちに 良い物を 手に入れよう。、、こんなに安く手に入れられるいい時代になった。

           

           

          | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ビリー・リンの永遠の一日/SP盤UHD-BD
          0

            術後合併症の右目の調子は良くないのだが海外盤の安いUHD-BDを手に入れることは

            面白い!。ただそれがリアル4Kに近くないと購入する意味も見いだせない。

             

             

            そこで4K/60p で制作された「ビリー・リンの永遠の一日」のスペイン盤

            UHD-BDをアマ以外の別のルートで安く手に入れた。

             

            この作品自体に興味を持ったわけではなく映画初の4K/120fpsで撮影したものを

            4K/60p で再生できる点に注目して手を出した経緯がある。

            DSC03336.JPG

             

            視聴開始からまず驚嘆すべきはその映像が「映画のそれではない」と

            いうところだろうか?。元から60Pで撮影されたものであり24Pな

            映画本来のフィルムライクなそれは 無い。

             

            しかし北米産のドラマの様な雰囲気も全くなくどちらかというと

            4Kカメラで写すドキュメンタリー作品に近い見え方をしている。

             

            シーンによったら「その場でその事象を現に見ている」感じを覚えるものである。

            物語はイラク戦争で英雄として一時帰国した若い兵士の目を通して

            帰国しても自分の居場所はどこにもないんだということで戦場に

            戻る、、というシナリオ、、つまりアメリカ人には理解できても

            それ以外の者は理解しがたい領域を描いている。

             

            このソフトに手を出すのはよほどの 映像マニア なんだろうな?という 感じ。

             

            追記。SP盤には日本語字幕入り

             

            | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 19:57 | comments(23) | trackbacks(0) |
            Alien Covenant& Wonder Woman/UK UHD-BD
            0

              本当に久々、UHD-BDを2枚購入した。国内盤は高くて興味がなく当然UK盤だが。

               

              DSC03332.JPG

              この2枚は送料込みで6000円半ばで手に入った。特にエイリアン:コヴェナント は

              北米盤に比べて相当に安いし予定の到着日よりも1週間も早く届いたのでUKアマは

              大好きである!。

               

              昨夜は国内での評価が極悪なエイリアン:コヴェナントを視聴した。

              画質、音質ともにフェイク4Kながら色域拡大とHDRの御陰で申し分のない出来上がり。

               

              個人的に一週間前にBD「プロメテウス」を再視聴していたので物語にすんなり入り込むことが

              できた。コヴェナントは「プロテウス」の続編であるので「プロメテウス」を先に見るのと

              見ていないとでは「エイリアン:コヴェナント」 への評価は天と地ほど違ってしまう。

               

              大体の世評とは違って私は「エイリアン:コヴェナント」の脚本と脚色を高く評価したい。

               

              神格化したエンジニアが作った人類が、これまた神格化し新たに作った命を持たない創造物に

              裏切られる。エンジニアの世界は創造物に滅ぼされ、創造主である人類を超えるために、、創造物

              はどこへ向かうのか?。ラストで無機質な創造物はあの有機質な怪物を「わが子達」と呼んでいた、、

              創造物も神に近付きたかったのか?。何度も見直さないと理解できないSFチックな展開が おもしろい!。

               

              しかしこの筋書きが第一作の「エイリアン」にどう続くのか理解しがたい面も持っている。

               

               

               

              | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 12:26 | comments(4) | trackbacks(0) |
              OPPO UDP-205
              0

                5年間付き合ってたBDP-103&DVDO EDGEからOPPO UDP-205にチェンジした。

                 

                DSC03330.JPG

                 

                まだエージング中なので派手なコメントは差し控えたいが少し触った感じを書きたい。

                特に映像に関してそう思うのだが実際この本体を使って見て価●コムやAV評論家の評

                価がステマではないのだろうかと感じてしまう。

                 

                映像に関しては好みの画が出るようにしようと出力解像度のオートを切ってソース

                ダイレクトに変更した。つまりプレーヤーの4Kアップコン機能で出る画が気に入らない。

                UHD-BDに関して言えばPanasonic DMP-UB90の精細感のある緻密な画を見ていた者と

                しては205のそれは非常に大雑把でしかも輝度レベルの変更項目も少ない。

                 

                そういうことでUB90はメディアプレーヤーとしてもこれからも使って行きたいと思う。

                 

                UHD-BDはまだいいが肝心のBD再生をちやんとしたいのでHI-VI CASTを引っ張り出してきて

                調整してみたが下の画像の通り数値がガタガタになってしまった。

                DSC03331.JPG

                 

                 

                 

                反面 音の方であるがこちらは頗る気に入ってしまった。一番気に入ったのは2CH再生で

                バランス接続で音を出すときに「位相反転」をプレーヤーでできること。私はアキフェイズ

                のプリアンプを使っているのだがアキフェイズは3番ホットである。今まではこれを修正

                しようと変換プラグを使っていたのだが今回はそんな手間がいらない。

                 

                CD再生、USBメモリーからのハイレゾ&DSDファイル再生、SACDと聞いてみたが腰に締まりがあって

                力強く、定位もバランスもスッキリ良好。もう手持ちのトラポとDACはいらないかな?。

                 

                ESS Technology社の最新鋭DACチップ「ES9038PRO」の威力はこのプレーヤーの一番の魅力

                と見える。しかもCDにおいては特にDAC単体として使えるし逆にトラポ単体としても使える。

                 

                こんなに使いやすくて音がいいのならSACDもこれから買いあさるかも?。

                 

                あ、HDMI出力におけるサラウンドの印象も頗る良い!103と比べると微少だがDMP-UB90と

                比べるとUHD-BD再生時のサラウンドに回り込む音情報量が違うしダイナミックレンジ拡大で

                ゴツイ音が唸る!。 DMP-UB90の画が出て205の音が出たらなぁ?。

                 

                 

                | モリヤン(プログの管理者) | OPPO UDP-205 | 10:00 | comments(6) | trackbacks(0) |
                この一か月間
                0

                  この一か月間 南米ボリビアを走り回っていた、、、。

                   

                  オープンワールド・ミリタリーゲーム「ゴーストリコン ワイルドランズ 」の

                  PS4版を一応クリアした。プラットホームはPS4だけではないのだがPS4に

                  限っては4K&HDR10とBT.2020に対応しているので画質においては文句なしである。

                   

                  P_20171013_200915_1_p.jpg

                   

                  広大なボリビアの自然の中を陸海空を自由に走り回ってこの地を手中に収めたメキシコ系巨大麻薬カルテル

                  を各部門の末端から中心部に向かって殲滅、崩壊させていく少数先鋭特殊部隊の活躍。

                   

                  P_20171013_200016_p.jpg

                   

                  兎に角広い広い世界がシームスレスに書かれておりジャングル、山岳、雪山、沼地、どの地点も同

                  じ形状のない世界で戦略を立てながら作戦完了してスキル解放とレベルアップを繰り返して部隊の能力を

                  高めていく。私がクリアしたのは標準レベルであるが敵AIの戦闘力は強く何度味方AI助けて

                  もらったことか。すまないな〜。

                   

                  P_20171013_195948_1_p.jpg

                   

                  先日モトさんに頂いたパイ製USB型ノイズドレッシングを試しにPS4 PROの背面の端子に挿入してみたのだが

                  輪郭が締まりHDR効果も上がったように感じた。内部で輻射ノイズが充満しているであろうゲーム機にこそ

                  効いてくるのではないかと思う。

                   

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | PlayStation4 | 09:12 | comments(12) | trackbacks(0) |
                  モトさん邸/プチオフ会
                  0

                    一昨日、かねてから御誘いがあった徳島市のモトさんのお宅に伺った。

                    P_20171007_163202_1_p.jpg

                     

                    アトモス化されてから伺っていないので1年ぶりの訪問になるのかな?。サラウンド強化されてリアSPをタオックのスタンドで

                    上げ、サラウンドバックも新設。SPが増えたことでマッキンのマルチパワーアンプも増設されていた。

                     

                    P_20171007_163247_1_p.jpg

                     

                    今回の目玉はOPPO UDP-205と某所でチューンされたPanasonic DMP-UB900でUHD-BDやBDを見せてもらうことで

                    ある。モトさん曰く「DMP-UB900の方が画質が良くてUDP-205の方が音がいい」らしい。



                    P_20171007_163222_1_p.jpg

                     

                    プロジェクターは私と同じ535を使用されててスクリーンは善通寺のタケチャンさんから購入

                    されたマリブの120インチである。

                     

                    いくつかソフトを見せていただいて私が感じたのは「DMP-UB900の画は軽いが解像感はこちらが

                    勝っている。UDP-205は意外にも解像感が立たないし発色は腰が据わっているが重すぎる印象が

                    あった。つまりパナの映像処理技術の方がUHDに寄り添っているように感じた」。

                     

                    そしてサラウンド再生についてはDMP-UB900は終始「大人し過ぎる」感がある、、うちの90もそうなのかなぁ?。

                     

                    しかしこんなに映像比較するのも久しぶりだしいい刺激をいただきました。

                    「秘密兵器」の御土産までいただき、モトさありがとうございました。

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 09:29 | comments(16) | trackbacks(0) |
                    ダンケルク/公開作品
                    0

                      10月に入り釣りのシーズンも終わる。そろそろ秋深まり涼しくなってインドアな話題も書けそうな

                      雰囲気になってきたのだがAVネタは余りに少ない。

                       

                      そんな中、午後から時間が出来たので一人イオンシネマのULTIRA でクリストファー・ノーラン
                      作品の「ダンケルク」を見てきた。

                       

                      この作品はノーラン作品とあってIMAXで撮影されているらしいがULTIRAでは当然シネスコ

                      サイズで投影。このULTIRAの画像だがお世辞にも超高画質とは言い難いのには少し残念。

                      非常に緑が強くて黒潰れも多く暗い印象。この画質なら自室の535の方が上だな、、なんて

                      考えながら見ていたが特筆なのは強烈な高域のSE群。音質にかけては「こんな轟音は家では

                      鳴らせない」代物である。低域も素晴らしいが高域がそれを上回るので今回の戦争物とかでは

                      ULTIRAで聞いた方が得をするように思われた。徳島のULTIRAはDTS:X採用なのだが

                      今日はそのシステムで鳴らせていたのかは不明。

                       

                      作品の物語だが第二次世界大戦、ヨーロッパ戦線でのドイツの猛攻を余儀なくされイギリス軍

                      の撤退の話なのだが主人公は一人ではなく数人の群像劇。しかしそこはノーランらしく

                      時間のズレを取って複数のストーリーを客観的に見せたり主観に戻したりしている。

                       

                      撤退の話なのだがその中をスピットファイアのパイロットの勇敢な行動を通して反撃の

                      勇姿を光らせている処にこの作品の大儀があるように見えた。

                       

                      最後までゴーグルとマスクを付けていて解からなかったのだがトム・ハーディがそれを

                      演じている。兎に角 男っぽい 作品であった。

                       


                       

                       

                      | モリヤン(プログの管理者) | 映画 | 15:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE