劇空間 徒然模様

この一か月間
0

    この一か月間 南米ボリビアを走り回っていた、、、。

     

    オープンワールド・ミリタリーゲーム「ゴーストリコン ワイルドランズ 」の

    PS4版を一応クリアした。プラットホームはPS4だけではないのだがPS4に

    限っては4K&HDR10とBT.2020に対応しているので画質においては文句なしである。

     

    P_20171013_200915_1_p.jpg

     

    広大なボリビアの自然の中を陸海空を自由に走り回ってこの地を手中に収めたメキシコ系巨大麻薬カルテル

    を各部門の末端から中心部に向かって殲滅、崩壊させていく少数先鋭特殊部隊の活躍。

     

    P_20171013_200016_p.jpg

     

    兎に角広い広い世界がシームスレスに書かれておりジャングル、山岳、雪山、沼地、どの地点も同

    じ形状のない世界で戦略を立てながら作戦完了してスキル解放とレベルアップを繰り返して部隊の能力を

    高めていく。私がクリアしたのは標準レベルであるが敵AIの戦闘力は強く何度味方AI助けて

    もらったことか。すまないな〜。

     

    P_20171013_195948_1_p.jpg

     

    先日モトさんに頂いたパイ製USB型ノイズドレッシングを試しにPS4 PROの背面の端子に挿入してみたのだが

    輪郭が締まりHDR効果も上がったように感じた。内部で輻射ノイズが充満しているであろうゲーム機にこそ

    効いてくるのではないかと思う。

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | PlayStation4 | 09:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
    モトさん邸/プチオフ会
    0

      一昨日、かねてから御誘いがあった徳島市のモトさんのお宅に伺った。

      P_20171007_163202_1_p.jpg

       

      アトモス化されてから伺っていないので1年ぶりの訪問になるのかな?。サラウンド強化されてリアSPをタオックのスタンドで

      上げ、サラウンドバックも新設。SPが増えたことでマッキンのマルチパワーアンプも増設されていた。

       

      P_20171007_163247_1_p.jpg

       

      今回の目玉はOPPO UDP-205と某所でチューンされたPanasonic DMP-UB900でUHD-BDやBDを見せてもらうことで

      ある。モトさん曰く「DMP-UB900の方が画質が良くてUDP-205の方が音がいい」らしい。



      P_20171007_163222_1_p.jpg

       

      プロジェクターは私と同じ535を使用されててスクリーンは善通寺のタケチャンさんから購入

      されたマリブの120インチである。

       

      いくつかソフトを見せていただいて私が感じたのは「DMP-UB900の画は軽いが解像感はこちらが

      勝っている。UDP-205は意外にも解像感が立たないし発色は腰が据わっているが重すぎる印象が

      あった。つまりパナの映像処理技術の方がUHDに寄り添っているように感じた」。

       

      そしてサラウンド再生についてはDMP-UB900は終始「大人し過ぎる」感がある、、うちの90もそうなのかなぁ?。

       

      しかしこんなに映像比較するのも久しぶりだしいい刺激をいただきました。

      「秘密兵器」の御土産までいただき、モトさありがとうございました。

       

      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 09:29 | comments(16) | trackbacks(0) |
      ダンケルク/公開作品
      0

        10月に入り釣りのシーズンも終わる。そろそろ秋深まり涼しくなってインドアな話題も書けそうな

        雰囲気になってきたのだがAVネタは余りに少ない。

         

        そんな中、午後から時間が出来たので一人イオンシネマのULTIRA でクリストファー・ノーラン
        作品の「ダンケルク」を見てきた。

         

        この作品はノーラン作品とあってIMAXで撮影されているらしいがULTIRAでは当然シネスコ

        サイズで投影。このULTIRAの画像だがお世辞にも超高画質とは言い難いのには少し残念。

        非常に緑が強くて黒潰れも多く暗い印象。この画質なら自室の535の方が上だな、、なんて

        考えながら見ていたが特筆なのは強烈な高域のSE群。音質にかけては「こんな轟音は家では

        鳴らせない」代物である。低域も素晴らしいが高域がそれを上回るので今回の戦争物とかでは

        ULTIRAで聞いた方が得をするように思われた。徳島のULTIRAはDTS:X採用なのだが

        今日はそのシステムで鳴らせていたのかは不明。

         

        作品の物語だが第二次世界大戦、ヨーロッパ戦線でのドイツの猛攻を余儀なくされイギリス軍

        の撤退の話なのだが主人公は一人ではなく数人の群像劇。しかしそこはノーランらしく

        時間のズレを取って複数のストーリーを客観的に見せたり主観に戻したりしている。

         

        撤退の話なのだがその中をスピットファイアのパイロットの勇敢な行動を通して反撃の

        勇姿を光らせている処にこの作品の大儀があるように見えた。

         

        最後までゴーグルとマスクを付けていて解からなかったのだがトム・ハーディがそれを

        演じている。兎に角 男っぽい 作品であった。

         


         

         

        | モリヤン(プログの管理者) | 映画 | 15:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
        なんじゃ コレ??
        0

          昨夜  ゴースト・イン・ザ・シェル/レンタルBDを今見終わったのだが?。

           

          「なに?コレ〜っ?」、、、私は「攻殻機動隊」のコアなファンではないが

          コアなファンはとてもじゃないが最後まで見ないだろうと推測されるような出来上がり。

           

          「攻殻の少佐アクションのベストシーンを煮込んでべちょぺちょに作った」変な物に見える!。

           

          何と覇気がなく弱いリーダーシップが無い 少佐、、、で 外人で草薙少佐でもない。

           

          バトー、トグサ、イシカワの出番無いしタケシの棒読み演技が、、、何 それ?。

           

          暇つぶしにもならない映像とシナリオ、、素子に恋人?母親生きてる?そもそもここは日本?。

          これを高価なUHD-BDで買って見た人っているんだろうな?、、、可哀そうだな、、だが

          お金はかえしてくれません。これこそ「現金その場限り」という。

          | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 09:22 | comments(14) | trackbacks(0) |
          SONY VPL-VW745
          0

            レーザー光源を使ったSONYの500系列の新プロジェクターVPL-VW745の発売日と、

            価格が発表になった。

             

            安かったら 考えようかな? と思ってたけれど。

             

            いきなり500シリーズの延長で¥1,700,000(税別)???。で 高ぁ〜っ!。
            ランプの明るさは2000ルーメン?現状535が1800ルーメンで?。

             

            あー ネイティブ8Kパネルが出るまで これで我慢してね対策 と見た。

             

            無駄な出費の心配せずに よかったね〜

             

            news_170911_sony4k_01-thumb-240xauto-133052.jpg


             

            | モリヤン(プログの管理者) | AV機器 | 20:14 | comments(6) | trackbacks(0) |
            ラ・ラ・ランド/レンタルBD
            0

              アカデミ賞 最多受賞したラ・ラ・ランドを見てみた。

               

              主演女優賞を獲った「エマ・ストーン」といい、「沈黙」や「ハクソー・リッジ」という大作の

              主演を獲得した「アンドリュー・ガーフィールド」といい「アメイジング・スパイダーマン」

              出身の二人がこんな風に出世し脚光を浴びるとは努々思わなかった。

               

              さて、本作品オープニングから歌って踊るミュージカル仕立てなのできっと最後まで

              歌って踊る楽しい映画かなと思いきや中盤から様相を呈してシビアで単純なラブストーリー

              になってしまう。

               

              なんでこれが アカデミー賞もらうの? と思って見ていたら終盤の数分で「映画の

              マジック」を観客は見ることになるのだが物語の結末は切ない様相であった。

               

              この「映画のマジック」が受賞へと導いたのかも。

               

               

               

               結末が こうなるのなら・・・あの時 君を抱きしめていれば よかった。か?

               

              LALA.jpg

               

               

              | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 10:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
              沈黙 SILENCE/レンタルBD
              0

                好天に恵まれて今年の稲刈りは比較的順調に推移し終了した。稲刈りの途中で

                台風など襲来されたら田が乾くまでに日にちがかかり非常にストレスがかかる。

                 

                さて先日マーティン・スコセッシ監督作品の「沈黙 SILENCE」を見た。

                 

                まがい物が多い今のハリウッド作品と比べて遠藤周作原作の切支丹弾圧を

                正面から描写した重心のある力作であった。

                 

                普通アメリカ人の監督が描く江戸時代初期の日本の描写は日本人から見て

                「それはないだろう?」的な物が多い中で日本人のスタッフとの綿密な

                打ち合わせを繰り返したように見えその全ての映像が自然に見れる。

                 

                物語は師を追いかけて切支丹弾圧最中の九州に上陸したポルトガル人の

                若きイエズス会司祭(アンドリュー・ガーフィールド)の視点に立って幕府の

                惨憺たるキリスト信者への棄教(踏絵)を求める壮絶な拷問の数々を描いていく。

                 

                そこで主題となるのが司祭が感じる弱者への拷問を神が「沈黙」して見ていること。

                もう一つ私が感じたのは棄教を迫られそれに応じた司祭が生涯「沈黙」して「内なる

                信仰」を貫き通した信仰と信念の深さである。

                 

                19歳の時にこの監督の「タクシードライバー」を見て衝撃を受け、その40年後

                再び新たな彼の作った物を見て「作品の深み」を感じられたことに感慨深いものを感じた。

                 



                沈黙.jpg

                | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
                攻殻機動隊/甘く見て 甘く評価してしまう事例にして
                0

                  実は私は「攻殻」はテレビ物も含めすべて見ている。

                   

                   

                  この作品群は 「日本人でなければ理解できないし、面白く無い」のでは?。

                   

                  ハリウッド作リメイクの 「まがいもの」を高評価する向きも あるのだが。

                   

                  この作品群は 少佐の悲劇 で成り立っていると思うのだが。

                   

                  草薙少佐は幼いころ飛行機事故にあい両親をその事故で失い、同時に自分の

                  体も奪われてしまう。そこに現れた国家の戦略組織。幼い彼女に最新鋭な義体(義足や義手の延長)

                  を戦略組織が暖かく研究材料の一環とし最新の それ を提供し彼女を保護する。

                   

                  先の核戦争で活躍を認められた草薙は少佐に昇進し国家の公安の最前線で指揮を執る立場になっていた。

                   

                  その義体与えられた彼女は適性の良さも相まって「脳だけは彼女」で他は道具でも超人的な才能を使って電脳絡みの

                  難事件をチームを動かし敢然と「制圧する」。

                   

                  家族を含め自分をこのように追い詰めた 憎い悪 に 体(義体)を張って戦いを挑む、、、これが本筋

                  なのだが? ハリウッドのチャラケタのは どうかな?。

                   

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | 映画 | 19:43 | comments(4) | trackbacks(0) |
                  ワンダーウーマン/公開作品 日本語吹き替え
                  0

                     

                     


                    20170323-wonderwoman.jpg

                     

                    イオンシネマ徳島が出来てから数か月が経過するが、稲刈りの中休みに家内が

                    新しいイオンシネマで「ワンダーウーマン」を見たいと言うので先日二人で

                    見てきた。

                     

                    このブログには私の言葉で「ワンダーウーマンなんて?」という個人的な評価を

                    書いたのを覚えているのだが、、、はっきり言って「この映画は 超オモシロ かった!!」。

                     

                    それはどういうことなのかと言うとヒーローであるダイアナが「美しく」「凛々しく」「強い!」し

                    「速い!」&「そのパワーに謎が多い」というストーリーだからである。

                     

                    スーパーマンやバットマンと違い彼女は幼いころから「超戦士」として鍛え上げられ正義の元に自らの

                    存在があることを教え込まれている。だから悪に対する戦闘に対しては「無敵!」。

                     

                    この無敵っぶりが 半端では ない。

                     

                    物語が進むうちに彼女が「半神半人」の人格と解かるのだが それも女性であるが故にロマンチックなのだ。

                     

                    時は100年前の第一次世界大戦での戦火の中のドラマだということもありダイアナのミラクルな戦闘能力が

                    空前絶後にスピード感を持って描かれる脚本は女性でも楽しめる 逸品 と見た。

                     

                    超 おすすめ 作品  だ。

                     

                    ちよっと続くがヒロインを演じるのはイスラエル出身のガル・ガドット。イスラエルには兵役義務

                    があり当然彼女はイスラエルの兵役を受けておりそのあたりがアメリカ白人ではなく異色で戦闘力

                    を持ったこのキャラクターに合致したのではないだろうか。美しく戦う女!、、それが現代の

                    謎を持つワンダーウーマンなのだ!。

                     

                    追伸。「ミス・イスラエル」だよ。

                     

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | 映画 | 19:53 | comments(18) | trackbacks(0) |
                    アウトドア一色!
                    0

                      関東の方では長雨が続いているようだがここ徳島ではまったく雨が降らない。

                      天気予報では一日雨が降る表示でも曇ってたり日が出たりで予報は当らない。

                       

                      8月に入って釣果が順調でAVほったらかしで毎日釣りに行って楽しんだり

                      暑い晴れの日が続くので田んぼの畔の草刈りやって汗まみれで健康体な

                      日焼けしっぱなし、アウトドアライフで真っ黒になった。

                       

                      稲作の方も晴天が続いて順調で豊作が見込めるが来週の中旬からいよいよ

                      「暑い稲刈り」が始まる。半月かかるそれが終わるまで何もできなくなるが

                      開始までのひと時、涼しいインドアで大人しくしていたいと思う。

                       

                      暑く眩しい徳島からこの歌を送る!。

                       

                       

                      | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 16:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE