劇空間 徒然模様

Shall We Dance
0

    その後のBS4Kの話題。個人的には折角の4K映像で各局がどんなに素晴らしい

    物を用意しているか楽しみにしていたのに唖然とする代物ばかりで大変失望している。

     

    映像の美しさを演出するのに「テレビショッピング」「昭和のTV時代劇の再放送」

    「奥様は魔女の再放送」「ウルトラQの再放送」「政治家参加のTV討論番組」等々。

    なんじゃ これは??。特に「テレビショッピング」は各局多くて、、普通のBSと

    変わらんやんか?。高価なレコーダー買った人は何を録ったらいいのか?お気の毒。

     

    それと何で4Kで「奥様は魔女」を見なければいけないの?、BS4Kは50年はまだまだ早いわ。

     

    さて、ぼやきながらShall We Danceが聞きたくてBD「王様と私」を安く買ってみた。

    DSC03512.JPG

     

    制作60周年記念と言うからいつの作品か調べて見たら私の生まれる一年前に作られていた。

    古いな〜!!。

     

    | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 17:12 | comments(12) | trackbacks(0) |
    祝、開局
    0

      今朝の10時からBS4K・8Kが始まるというのでスタンバイしていた。

       

      DSC03508.JPG

       

      745側の入力信号を確認してみると見事にBT.2020とHDR10の文字が確認できて一安心。

       

      DSC03511.JPG

       

      しかし広大な自然や紀行物を放送してくれると思っていたが初っ端から街角ラーメン食べ歩き番組で

      拍子抜けの連続。だがこの4Kで見るラーメンの質感とテカリが非常に美味しそうに見える。

       

      全部で4局が右旋放送を開始したみたいだが全部の番組でHDRを施しているわけではなさそう。

       

      音が一瞬途絶えたり画像に一瞬ノイズが入る現象もみられるがリアル4Kカメラで撮られた

      国内の紀行番組等はリアル感が抜群に良い。ちよっとスクリーンに近寄って見てみると

      現実にその場に居るような臨場感が漂う。日頃現実で見慣れた風景を撮った物を見せられると

      4K HDRの良さが体感できる。

       

      こんなのが普通に見れるようになったUHD-BDも現状の価格と解像感では余計に売れにくくなる

      だろうと思いながら見ていた。

       

      しかし番組表を見てみると全然ボリュームのある構成には程遠い感じがするしレコーダーは

      買わないで正解だったと痛感した。録画する物が ない。

       

      しかしHDRの効用は凄まじいと思う。

      | モリヤン(プログの管理者) | BS4K | 17:05 | comments(20) | trackbacks(0) |
      明日から始まるけど
      0

        4K BS放送が明日から始まるのだけれどここ数か月それを見るための

        準備やその他BDソフト購入やら出費が半端なく掛かってしまい

        我ながら年末に向けては財布のひもを引き締めたいと思う今日このごろ。

         

        釣りに没頭している時はAVの事なんて他人事のように無関心で

        いられたのだが今年は異常気象の連鎖なのか不漁も続いて熱意も冷めて

        インドアの趣味の方に興味が偏り過ぎてしまった。

         

        先日、一時流行していたHTPC(ホームシアターPC)の事を思い出していた。

        あの頃はDVDの時代でDVDの画質を少しでも1080Pに近づける為に

        自作でPCを組み上げて海外の専用ソフトの入手やら輻射対策をコツコツ

        と手を入れることをやっていた。

         

        DVDの画質がハイビジョンになるわけは無いのだがPCの内部のノイズを

        打ち消す対策を手作りでやっていくことは非常に楽しく夢中になったし

        御金もそんなにかからなかった。

         

        AV趣味というのは大方「受け身の」趣味である。メーカーの開発次第で

        機器の質は変わっていくしユーザーの手はそこに入っていくことは無理で

        ある。大量生産の延長線に機器の性能を楽しむユーザーの顔があると思う。

         

        しかし、HTPCは各種のケーブルを上質、高価な物に換えて行く行為以上に

        ユーザーがAVに積極的に参加出来る貴重な手段であり楽しみだったように

        思う。

         

        当然今はそんな楽しみ方はない。

         

        そんな感慨を胸にして明日、とうとう4K放送が始まる。

        | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
        冬支度
        0

          自室の暖房にエアコンは使わない主義なので冬は電気ヒーター

          を使っていたのだがその大きさと明るさから視聴中に非常に

          気になっていたのでアイリスオオヤマのセラミックヒーター

          買って見たのだが。

          DSC03504.JPG

           

          空気を汚さず瞬間暖房可能というフレーズ、かなり小さい機体

          でこれで暖かくなるのなら良いな と思っていたのだが

          暖房、高でも低でもファンの音は変わらずその音が極めて

          大きいので・・・ホームシアターで使うのはどうかな?と

          思い出した。昼寝するのには良いかもしれないな。

           

          3000円台と価格も安かったし ま いいか。

          | モリヤン(プログの管理者) | 劇空間 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
          エージングも終わり
          0

            ランプタイム100時間が過ぎエージングも進んだのでVW745の感想を少し書いてみる。

             

            DSC03503.JPG

            まず起動と電源オフの所要時間であるがかなり速いので助かる。手元のリモコンからの操作

            ボタンを押してからどちらも約13秒ほどでこなしてしまう。ランプタイム90時間ぐらい

            レンズ群奥のシヤッターの音が気になっていたが100時間を超えたら聞こえにくくなって

            安心した。

             

             

            レーザー光源プロジェクターとしての745の存在価値は老舗SONYが作るリアル4Kパネル

            の精度の高さと改良を重ねた超解像処理エンジンのリアリティークリエーション、その

            二つに加えて水銀ランプでは作れなかった圧倒的な明るさだと思う。

             

            この技術開発はSONYがデジタルカメラで培った光学技術やパネル精度と4Kテレビで磨き

            込んだ映像作りの恩恵が功を制していると言える。総合的なデジタル技術のノウハウが

            この一台を作り出しているので信頼感は厚い。

             

            なら、水銀ランプを使った500系のプロジェクターとどう「見え方」が違うのかと言うと

            ズバリ、UHD-BDのHDR映像が卓越してくる。

             

            私は評論家ではないので感じたままを書いているので悪しからずだが745で見るUHD-BD

            のデイライト撮影部分のHDRで加味された解像感が今まで見てきた物とはレベルがちがう。

             

            例えば「レヴナント」中盤から終盤までのアウトドアなサバイバルシーン。

            「ダンケルク」の序盤の街の中で銃撃から逃れるシーン。

            「ハドソン川の奇跡」の水上での救出劇の一部始終。

            「マリアンヌ」のロンドン空襲の次の日の野外でのピクニックシーン。

            「ロストバケーション」の日中の磯を上から撮影した時の岩場の水の反射、煌めき。

             

            これらは全てデイライト下で撮影されたものであるが水銀ランプでは「眩しさ」まで

            は再生できず尚のこと野外のデティールもはっきりとは照らし出せなくていたように
            思う。しかし745で見るこれらの解像感や質感の向上は強烈なインパクトを受けた。

             

            暗いシーンは別としてレーザーの醍醐味は逆の明るいシーンでその実力の凄さを

            感じられるのではないかな。特に何度も書くが HDR でであるが。

             

            またそれらを感じるにはソフト側の出来上がりも重要なポイントではある。

             

            私の使用しているスクリーンはキクチのホワイトマットアドバンスでピークゲインは

            0.8程だと思うのだがそれでもレーザーマックスレベル&HDRコントラストマックス

            だったら「眩しい!」と洩らしてしまう。プロジェクターでHDRを真に感じるのには

            これからはレーザー光源が必要なのかもしれない。

             

            私のスクリーンは120インチだがこの明るさなら150インチを使っていて水銀ランプ機で

            暗いと思っているユーザーにはかなりお勧めできる明るさだとも思える。

            DSC03502.JPG

            SDRな従来のBDでもデジタルカメラ(4K)で撮影されたものも745は解像感高く見せてくれる。

            これもやはり野外での撮影シーンで本領を発揮するようでUHDの物と錯覚する時がある。

             

             

            ちよっと同じ映像を何度も何度も見過ぎたのでBS4Kが始まるまで目を休めておこうかな。

             

            | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 09:39 | comments(6) | trackbacks(0) |
            4Kチューナー TU-BUHD100
            0

              12月1日から始まるBS4K放送に向けての準備としてパナソニックの

              4Kチューナー TU-BUHD100を購入した。

              DSC03499.JPG

              いまだに衛星放送に頼っているのかと腹を立てながら自室のCATV宅内配線から

              もBSパススルー出来てセッティングを進めたのだが当初OPPO 205のHDMI入力

              につなげば簡単に音声と映像が分離して使えると思っていた算段が壁にぶち当たった。

               

              BS放送の音声と映像がずれてしまうのである。これでは使えない。

               

              BS4K対応は当初音声と映像が分離できて2Tバイトもあるハードディスク付きのしかし10万円以上

              はするパナの最新レコーダーを買って備えようと考えていたのだが地デジもBS放送もそんなに

              録りためない自分の環境からしたらかなりオーバースペックだと考え直した経緯はある。

               

              さて今回のこのチューナーはHDMI出力を一つしか持っておらず秘密兵器?の205技が

              使えないのなら個人的には最も嫌いなAVアンプで映像と音声を分けなくてはいけなくなった。

               

              私のAVプリとして使っているパイオニアSC-LX59という廉価・型落ち版アンプは価格に似合わず
              18Gbpsの伝送帯域によるフルスペックの4K映像に対応している。アトモス等にも完全対応しており

              非常にお得な逸品なのでとても気に入っている。BS4Kチューナーを導入されAVアンプに入力されるかたは

              AVアンプ側が4Kに対応できているか確認されることお勧めする。

               

              もう一つの問題が4K放送のUSBハードディスク録画が未だ不可能で12月下旬までに行われる

              バージョンアップで可能になるらしい。はやくしてくれ〜!。

               

               

               

              | モリヤン(プログの管理者) | SC-LX59 | 09:24 | comments(10) | trackbacks(0) |
              2001: A Space Odyssey/UK盤UHD-BD(追記あり)
              0

                「2001年宇宙の旅」のUK盤UHD-BDが届いたので視聴した。

                 

                DSC03498.JPG

                 

                日本語吹き替え、日本語字幕に対応しており映像的にも目を見張るものがある。

                今回745のHDRオートを切ってHDRリファレンスモードを初めて使ってみた。

                 

                兎に角今回のソフトはHDRの特性に頼る部分が多くモノリスを照らすライトが

                眩しい!。人の顔にもノイズが乗る兆候が見られたのだがHDRリファレンスモード

                に切り替えると余分な眩しさが抑えられて映画的には見やすくなった。

                 

                ただ宇宙空間のシーンでの星々の輝きは後退するように感じた。

                 

                最初からHDRのこういうことを調整して見せてくれる何か ないかな?。

                 

                 

                 

                追記

                あらら?国内盤は都合により一か月発売延期だそうで、、なぜ 何が?。

                まさかBS 8Kの放送の時期を意識しての発売延期かもしれないね?。

                 

                こんな御古い作品に何の遠慮があるのか知らないけれど。

                もうリアルは2018を終わろうとしている時期に。

                 

                なら発売済みで配送が速いUK盤がお手軽でっせ〜

                | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:50 | comments(11) | trackbacks(0) |
                ガンコなおばちゃん
                0

                  745もエージングが進みレーザー光源が持つ鋭いコントラストの凄さが

                  やっと理解できるようになりはじめた。990Rと比べて浮いていると

                  思われてた黒の表現も目が慣れてきたのかそれとも実力なのか

                  ストんと落ち込んでいくSONYらしい黒が映画をカリッと見せる。

                   

                  さて廉価化した「スリー・ビルボード」のBDを買った。

                  DSC03497.JPG

                   

                  アメリカの頑固なおばちゃんを演じているのは「ファーゴ」で妙な警察署長も演じた

                  フランシス・マクドーマンド。おばちゃんと言ったが調べたら私と同い年であった。

                  アカデミー賞主演女優賞は伊達ではなく演技力が物語に深みを与える。

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 09:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
                  調子悪いわー
                  0

                    11月の最高平均気温は16度くらいなのに毎日20度を超す異常さ。

                     

                    農作業やっても酒を飲んでも昼寝してても、、、体調が悪いわー。

                     

                    寒く無ければいけない時に 暑い って やっぱり地球がおかしいのは確実!。

                    季節の変わり目にいつも体調悪くなってたけれど 今年は特別に 御腹が気持ち悪い。

                     

                    予定していた香川遠征も 来年に なるかもね。

                     

                    | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 19:21 | comments(6) | trackbacks(0) |
                    モトさん邸にてプチオフ会
                    0

                      11月に入り気温が定まらないので体調不良を少し起こしている。熱も無いのに

                      風邪のような?でないような?、、年々季節の変わり目が超えにくい。

                       

                      さて昨日の日曜日に徳島のAV仲間のモトさんがYAMAHAの新型AVプリの

                      CX-A5200を導入されたので音を聞かせてもらいに御邪魔した。

                      DSC03492.JPG

                       

                      私はヤマハ派でないので良くは解からないのだがモトさん曰く音が良くなった、、らしい。

                       

                      色んなソフトを見せてもらったのだが密度感は薄いが確かに空間描写と包囲感が大きくなった

                      ように感じる。そして注目の「SURROUND:AI」なのだがセンタースピーカーのセリフにも

                      効いているのかシーンのカットごとに人間の肉声が響きを持ったり持たなかったりするのが

                      私には気になった。YAMAHAの宿命なのかどうしても尖がったSEが「柔らかく」「響きを

                      持って」聞こえてくる。SEだけでなくダイアログも響いて聞こえる。

                      DSC03496.JPG

                       

                      DTS:Xのデモで女性の声が各スピーカーから順番に出てくる物があるのだが

                      モトさんのお部屋では右半分のスピーカー群だけ響いている調整になっている

                      のが少し気になった。自動補正のせいなのか?それとも仕様なのか?。

                       

                      DSC03495.JPG

                       

                      モトさんのシステムはフロントSP:B&W 802Diamond

                                              プロジエクタ―:SONY VW-535

                                             UHDプレーヤー:OPPO 205

                       

                      まだエージングが終わっていないとも思われまた時間が経ってからお聞きしたいと思った。

                      モトさん、お疲れさまでした。今度は二人で高松に行きましょう!。

                       

                      | モリヤン(プログの管理者) | オフ会 | 15:43 | comments(5) | trackbacks(0) |
                      オリエント急行殺人事件/北米盤UHD-BD
                      0

                        UHD-BD「レヴェナント」再考。745で見るこの作品の画質はやはり絶品である。

                        チャプター12からラストまでの自然背景の中のサバイバルな超高解像度な趣を

                        堪能してしまう。木々、河の流れ、火の輝き、雪原の純白、山のディティールが

                        素晴らしい。やはりSONYに帰ってきてよかった と 感じる瞬間がそこにある。

                         

                        さて、先日徳島のAV仲間のモトさんに見せてもらった「オリエント急行〜」の

                        UHD/北米盤を入手して見直したのだが、、、とにかく745でこれを見ると

                        「眩しい!」、、そのせいで目が疲れてしまう。

                        DSC03491.JPG

                         

                        レーザーは出力をある程度抑制しなければ眼病につながるかもしれない。

                        この作品 解像感は人一倍だがほとんどCG描写で作られ、脚本も凝った

                        ものでは無く 知らない間に 犯人特定で ポアロの髭だけが印象に

                        残る代物だった。

                         

                        アタリハズレはあるよな。

                         

                         

                        | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW745 | 21:38 | comments(9) | trackbacks(0) |
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << December 2018 >>
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + RECOMMEND
                        + SELECTED ENTRIES
                        + RECENT COMMENTS
                        + RECENT TRACKBACK
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + カウンター
                        アクセスカウンター
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE