劇空間 徒然模様

ロスト・バケーション/UHD-BD 北米盤
0

    ブラックフライデーの時に北米アマにて注文した日本語対応の「ロスト・バケーション」/

    UHD-BD が一週間もかからないで昨日到着した。価格は送料込みで3000円程だ。

     

    国内盤UHD-BD が5500円以上もするので日本語対応の安い海外盤を探すのも一つの趣味に

    なってしまっている。こんな御時勢では同じ物ならちよっとでも安く買いたいのは人情だろう。

     

    以前アオイトラクターさんに勧められたのだが「パニック物」ということもありあまり

    興味を示さなかった作品であったがレンタルBDで見た時にBDでもかなりの高画質で

    あったのでより解像度の高いUHD-BD を買い求めてみた。

     

    早速家内と二人で昨夜見たのだがこのソフトのHDRはただものでは無い!!。

     

    レンタルBDの4Kアップコンでは見えていなかったのだがそのHDR効果は今年

    発売されて入手したUHD-BD の中では「レヴェナント」と肩を並べるぐらい

    驚異的な物を見せられた!。

     

    その物とは「波」「波紋」「飛沫」「泡」というように海でないと観られない

    「輝く自然現象」である。特に波の撮影は突出しており「これほどリアルな

    波の動き」は今まで映画でも釣りビジョンの録画視聴でも見たことのない画である。

     

    私は長く釣りを趣味にしているので海における波や潮目を目にしてきた経験から

    しても昨夜見た海の情景は「リアルを通りこしている」感じでもある。

    つまり製作者が意図的にこしらえた画像なのかもしれない。

     

    水の陰影描写や諧調表現が豊かなので磯の上でもがく主人公の周辺や波間を漂う

    シーンの空間描写が奥行き感がありより広々と映し出されているのも素晴らしい!。

     

    数種類のカメラを駆使して撮影されているのかいきなり扁平に感じるシーンが

    僅かに混在するが解像感は置いといて兎に角HDRの威力を目のあたりにするには

    効果的なソフトだと思う。リアリティが倍増すれば恐怖感も倍増すると感じた。

     

    評論家によるとこのソフトのマスターは2Kらしいがソニー・ピクチャーズは「すべて4Kマスタ

    ーを使ってUHDブルーレイを制作しています」と謳っているのでリマスターされているのかも知れない。

     

     

    それとDMP-UB90の画質設定はなぜか「設定2」できっちりと合った。

     

     

     

    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:08 | comments(11) | trackbacks(0) |
    オデッセイ/UHD-BD 国内盤
    0

      夏に手に入れた独逸盤の「オデッセイ」のUHD-BD だが535に変わった後もHDR視聴や

      各種設定に使うリファレンスソフトになって大変重宝している。

       

      この作品、コントラストの表現も素晴らしいのだが全編「光る物」「輝く物」が多数

      描かれてい。宇宙服のヘルメットのバイザー、帰還用ポッドの金属、ソーラー発電パネル 

      、探査用ビークル等等HDR化を感じさせてくれる物やシーンが数多い。

       

      4K高解像度とHDR、そして色域の拡大化は500ESのSDRを凌駕していることは間違いなく

      それとともに535のコントラスト設定の自由度の幅の拡大はHDRの持つ空間描写の拡張

      を目のあたりにするといっても過言ではないと思う。

       

      何気なく試聴していても「おおっ!」という言葉が独りでに出てしまうシーンに出合えるのが

      楽しい。

       

      そんな「オデッセイ」の独逸盤なのだが残念なことに日本語に対応していない。レンタルBDを観て

      ストーリーの内容は把握しているつもりでもこんなに美しい画像を観ているとやはりセリフの内容を

      日本語で理解したくなるのは人情である。

       

      そこで迷いに迷ったあげく結局、個人的には超高価な国内盤に手を出してしまった。

      mar.JPG

       

      これで日本語字幕で話を追える、、と思っていたのだがこの国内盤と独逸盤の画質が余りにも違うのだ。

       

      つまり独逸盤より画質が劣って見えるのだ、、へ?何で?あらあらどうしょう?高かったのに!。

      日本語字幕の輝度が高すぎて画像に影響しているのかと思い字幕を消して視聴しても物足りない。

      535側のコントラスト(HDR)の値を触っても独逸盤のように切れ切れ、パリパリ、ピカピカな画は

      出てこないのでパナのプレーヤ側に作ってある「国内盤パシフィックリム」用の「設定2」に変えてみると

      あらま?割と行けるようになった!。

       

      DVD時代に北米盤と国内盤では黒レベルが違う、、とかいう定説があったのだがUHD-BD でも同じように

      国によって明るさや黒レベルの差が出てくるのだろうか?。はたまた日本国内盤だけ他国とは違うショボイ

      マスターで作られているのだろうか?。

       

      後者なら「くそ高い銭かえせ〜!」と叫びたいのは私だけだろうか?。うん?なら「独逸盤UHD-BD パシフィックリム」

      なら今手元にある国内盤より画質が良くなるのだろうか?。これも確かめなくてはいけないのか?。

      | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
      X-Men Apocalypse/ UHD-BD独盤
      0

        X-Men ApocalypseのUHD BDが独逸アマから届いたので早速視聴した。

        国内盤と比べる約2000円ほど安く手に入るがブラック・フライデーの

        北米盤よりは高かったので少し後悔。どちらも日本語対応だ。

        x.JPG

         

        このソフトはHDRに関して評論家による評価が非常に高かったので購入した経緯が

        あるのだが蓋を開けてみると「それほどでもない」。ほとんどが輝度の高いシーンで

        綴られるのはX-MENが明るいイメージのヒーロー物だからかもしれない。バットマン

        ならそういうわけにはいかないのだろう。しかし殆どのシーンがCG合成で作られており

        4Kの高精細や発色の良さなどHDRの利点は感じられないのは極めて速いアクション

        シーンの連続が売りの本作品だからではないだろうか。

         

        HDRは置いといて作品の中身なのだが個人的には馴染めない作り方だ。このシリーズは

        言わば「スタートレック」的な造り方だと思う、つまり登場人物の「若返り」でもう一儲け

        してやろうか、、的な作風。劇中のTVで「ナイトライダー」が映っていたので時代設定が

        80年代なのだと思うのだがXメンのコスチュームや乗り込んでいく輸送ジェットが未来的

        すぎてリアリティを感じさせないし「もうちよっと綺麗なジーンいなかったの?」と思わせる

        ぐらい若い女優陣が「ぶさいく!」(爆)に思えるのだ。

         

        それとシリーズ(若帰り)前作を観ていないと話が繋がらないシーンも多々あるし戦うラスボス

        の弱さや設定からみて「別にXメンで無くてもいい話なのでは?」と感じるあたりはXメンは

        もう時代に合わない作品なのでは無いかとも思うのだが?。

         

        次はもう買わないだろう。

         

        | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
        温故知新
        0

          私は昔の事をじくじく書くのは嫌いなのだがここにきてオーディオビジュアル

          な趣味も来るところまで来てしまったな?という感慨もあって戸棚に一つだけ

          残っていたセル・VHSビデオを取り出して昔を振り返る。

           

          ij1.JPG

           

          ij2.JPG

           

          34年前私は大阪でサラリーマン、で新婚の25歳。レンタルビデオ店もまだ微塵も無い当時

          AVモドキの私の見るソフトはテレビの映画劇場の録画(勿論モノーラル)でそれを大事に

          せっせと再生するだけだったがボーナスをもらった折のこずかいで定価1万円もする

          当時最先端だったステレオ音声の「レイダース」を梅田の32番街で買ったのを今でも

          覚えている。

           

          新婚でサラリーも安い私にはそのソフトをビクターのVHSデッキ初号機の中古で何度も

          テープが擦り切れるのではないかと思えるぐらい見入った記憶もある。

           

          victor5.jpg

           

          まだマトリックスサラウンド機器が出る前の話でテレビも家内の花嫁道具の14インチカラーテレビ

          であった。よく考えるとVHSデッキがモノーラル再生なのでソフトがステレオでも意味が無いのだ。

           

          ステレオ再生はそれから数年待たなければ出来なかった。

           

          しかしそのころのAVが一番楽しかったのは将来への夢が無限にあったからだと今になって思える。

           

          | モリヤン(プログの管理者) | 近況 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
          HDR覚書
          0

            HDR対応につきまだまだ統一されていないUHD-BDの映像設定、輝度レンジをどの程度の

            余裕をもたせておけばベストの映像を出せるのかかなり悩む。

             

            そこで今現在で追い込んでみた各種設定を残しておきたい。

             

            ここで問題になる設定は535よりもプレーヤーであるDMP-UB90にある。

            535はコントラスト(HDR)設定を持つことによって輝度、色域、解像感の利点

            をかなり明るい映像でも使えるようになっているのでそこは頼もしい限りだ。

             

            色域は別としてプレーヤー側で最大にしておきたいものは輝度であるそこで。

             

            st1.JPG

             

            輝度高域と輝度中域を最大にすることにした。これにより光源の描写や光の反射の描写が

            顕著に出てくることが確認される。しかし輝度中域を持ち上げすぎると画面全体が荒くなる

            ので半分程度までで抑えることにした。どうしても「輝く」描写が見たいのでこうするのが

            人情だとも思う。

             

            st2.JPG

             

            明るさや黒レベルは好みなのでこんなもので行けると思う。

             

            ただ私がよく見る「パシフィック・リム」のUHD-BDだけは上の設定では白が飛んでしまう

            ので設定2で別の物を用意する。明るさをかなり抑えた。

            st3.JPG

             

            st4.JPG

             

             

             

            次に535の設定であるがこれはいたって簡単でコントラスト(HDR)(これはHDRの信号を

            535側で確認するとオートで出現する物で既存のコントラスト設定とは別物)を数種類

            作っておくだけで対応できる。個人的に「マックス」「85」「65」と三種類作ったが

            一番汎用性のある設定は今のところ「85」である。明るい画像で色域拡張を感じられ

            よく輝くので使いやすいレベルである。

             

            st5.JPG

             

            ちなみにランプ「高」でアイリスは「リミテッド」。

             

            エキスパート設定は当然このような設定に。

             

            st6.JPG

             

            現在はこういう感じだがまだまだ変わる余地はあると思う。

            | モリヤン(プログの管理者) | VPL-VW535 | 17:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
            Black Friday Sale/26 to 27 November (追伸あり)
            0

              今朝北米アマゾンから妙なメールが届いた。先日注文した「Independence Day Resurgence /UHD-BD」の事

              のようだがまだ発送していない、、というような内容だった。妙な勘が働いて売り場へ行ってみるとあらら?

              安かった本品がまた安く売られているではないか。これ出来るだろうか?と思い先日の注文をキャンセルしたら

              出来た!。よくよくウェブページを見ると「Black Friday Sale」とある、そうあの噂の「Black Friday Sale」を

              やってて安いのである「Independence Day Resurgence /UHD-BD」(日本語対応)が送料込みで3000円!!。

              安い!!安い!!あー安い!で買いなおした。

               

              そこで他国でもBlack Friday Saleやっていないか調べると英国アマゾンでもやっていた。ここで日本語対応の

              UHD-BDはと思い出すと「Oblivion」があった。で、「Oblivion/UHD-BD」の価格をシュミレーションして

              みると何と送料込みで!2300円!そう2300え〜ん!!やすすぎるやん?。すぐプチった!。

               

              そこで日本のアマゾンでもやっているかと戻ってみると、、、やっていない。なんで?。

               

              兎に角来年の11月もBlack Friday Saleを覚えておいてそれまでは買い控えようと思う。

              皆さんもご一緒に!!。

               

              これでまたHDRの素材が増えて嬉しい!!。

               

              11/28追伸。よくよく考えると上記の二品は要らない物なのでキャンセルし北米アマにて評価の高い「ロスト

              ・バケーション/UHD-BD」だけ購入した(汗)。この数か月BDを買い過ぎたしカードの支払い請求が怖い!。

              | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
              The Legend of Tarzan (Blu-ray 3D)/UK盤BD
              0

                今年2枚目の3D版BDを英国アマから取り寄せた。今回日本語対応で送料込みで2600円台。

                 

                tar.JPG

                もともとDolbyAtmos仕様だということで通常版を買おうとしていたが

                3Dパッケージもそれほど金額が変わらないと知りこっちに変えたという経緯がある。

                パッケージもホログラム仕様で海外盤はこの辺の作り方が憎い。

                 

                家内がどうしても早く見たいと言うので同梱の非3D盤を先に観たがこちらにも

                日本語字幕が入っていた。UHD-BDも制作されていることもあって普通のBDも

                超高画質で大変満足した。時間が出来れば3Dの方を一人で観てみたい。

                | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                スター・トレック イントゥ・ダークネス/UHD-BD 国内盤
                0

                  やはり日本語字幕がないと海外から取り寄せたソフトは途中までしか見ない

                  ようになってしまう。これでは本当にもったいない話なのだが国内盤のUHD-BD

                  の価格が高すぎるのでそれは敬遠したくなるのが人情だが、、、

                   

                  st 2.JPG

                   

                  どうしても最初から最後まで物語に没入したくなり海外盤を持っているのにスター・トレック イントゥ

                  ・ダークネスの国内盤を買ってしまった、、と言っても5000円以上は払いたくないので楽天ポイント

                  を消化して3000円台で手に入れた。これをHDRとBT.2020モドキ で見たらさぞかし綺麗なんだろうな〜っ?。

                   

                  | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 16:13 | comments(35) | trackbacks(0) |
                  Star Trek /独盤UHD-BD
                  0

                    今年はもうUHD-BDは買わないぞ!と思っていたのに価格の安さと日本語に対応してるので

                    つい買ってしまったドイツ盤。なんと送料込みで3500円以下である。

                     

                    st.JPG

                     

                    4Kリマスターとアトモス仕様であり、そもそもUHD-BDはこうでなくてはいけないと思う。

                     

                    全編視聴したのだがやはりリアル4Kの解像度は素晴らしく特にCG使用のVFX部分の解像感は

                    並みのBDを軽く超えている感じでみえる。それと日本語字幕がないと個人的に物語に

                    没入出来ないことが解りだしたので本ソフトのような仕様は非常に助かる。

                     

                    しかし、どのUHD-BDを買ってもパッケージに貼られている「HDR」のシールが気に食わない。

                     

                    「HDR対応ならどう見えるのだろうか?」という妄想をむらむらと生じさせてしまうひどい

                    シールである。

                     

                    しかも今年は後一本UHD-BDを買うはめになってしまった。

                    | モリヤン(プログの管理者) | Ultra HD Blu-ray | 09:05 | comments(8) | trackbacks(0) |
                    10 クローバーフィールド・レーン/レンタルBD
                    0

                      最近はレンタルブルーレイソフトにもドルビーアトモスフォーマットの物も増えてきた事を

                      以前ここで書いたのだが今回のレンタルソフトもその一つ。

                       

                      「10 クローバーフィールド・レーン」って土地の住所の事だと思うのだが作品の内容も

                      解らずに数合わせで借りたソフト。

                       

                      地球外生命体に奇襲された恐怖とシェルターに監禁される恐怖を描いたものだ。話の

                      内容は大したことはないが囚われの身でありながら賢く行動力のある若い女性の主人公

                      の描き方が物語を引っ張っていく。

                       

                      このソフトも超高画質で映し出され著しく驚いたのはドルビーアトモスのサラウンド音声の凄さ!!。

                       

                      今まで体感したことが無いようなのっけから出る超絶な衝突音は凄い!!自室のサラウンドスピーカーが

                      「壊れたり、倒れたり」するのでは無いかと数分間心配になったほどの超解像度のサウンドエフェクト。

                      兎に角「びっくりした〜!!」。それと物語中盤で出てくる地上の異星人が乗る宇宙船のエンジン音

                      の超ウルトラ重低音の凄さ!!。うちはSWのすぐ後ろにサラウンドスピーカーがあるので振動でこれまた

                      スピーカーが倒れないかが心配だったぐらい物凄い地響き。

                       

                      ストーリーは大したことないのだがドルビーアトモスの真の力を見せつけられる、いや、聞かされた一作だ!!。

                      未見でアトモスシステム完備の方は是非体感なされよ!!。

                      | モリヤン(プログの管理者) | Blu-ray | 10:32 | comments(8) | trackbacks(0) |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + RECENT TRACKBACK
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + カウンター
                      アクセスカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE